襖ふすま

襖の張替えは、1,450円と全国トップクラスの激安価格の当店で!!
高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程や経費を見直し、
ふすまの張替え価格をお安く致しました。
交換、修理、修繕と新調もお任せ下さい。
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安価格レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。


              クリック>>襖ふすまの種類


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)                 雁皮(ガンピ)の花
和紙襖の原料がんぴの花

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙です。

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もありました。
繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色(鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。
引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。平安時代の貴族達の住宅様式は、部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した寝殿造りと言われるものでした。今で言うパーティションとして、屏風などを使用していました。やがて屏風などに代わるものとして、障子が中国から入ってきました。そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」と呼んでいました。
「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」を意味するものであった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に 絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が襖に使われるようになり、襖と障子が明確に分かれて行きました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。また、障子は明障子(あかりしょうじ)と呼び分けられる事もあります。
武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。そして今に残る数々の襖絵が描かれ有名絵師が登場しました。そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。


■襖は日本の美しい伝統技術で再確認する襖の素晴らしさ

いくら世の中の変化がめざましいといっても、襖と関わりをもっていない日本人はいないといえます。それほど襖は日本人の生活と深い関わりをもっています。しかし、その襖について考えてみる日本人は少ないです。あまりにも身近にありすぎて、日本人の生活に溶け込んでしまっているからです。襖は、座敷の世界に独特の空間や味わいを生み出します。造形の美しさが部屋に落ち着きや格式を与えます。
職人が丹精を込めて入念に造り上げられた襖には、技術の集積や製作者の造形へのあざやかな手運びといったもの、あるいは座敷としての味わいや美しさを感じられずにはいられません。襖には、空間に独特の粋を作り出す表現の豊かさがあり、出来映えの妙をみせてくれます。襖はあまりにも身近になりすぎて、無意識になっているのが実情です。伝統や造形への創意工夫を集積してきた襖の技術の妙があるのです。
襖は日本人の生活習慣のなかで、普段は目立たない存在でありながら、軽視することのできないものです。襖のある座敷から生活作法が生まれて、茶道は育まれ、社会的な秩序を形成する土壌にもなったのです。襖のある空間のひろがりは、造作の丹念さや柄の妙など、その技術そのものから生じているといえます。そのような意味でも伝統を重ねてきた襖の技術の見直しは、古くて新しいテーマといえます。
襖の素晴らしさを探ることや、長年にわたって集積してきた伝統技術の妙技を新しい時代に生かしていくことが、今後ますます必要になります。座敷のもつ安らぎ感や落ち着き、静かな佇まいといったものが、襖の存在と切り離して考えることはできません。襖のある座敷の味わいや美しさを知り、日本住宅における素晴らしさを再認識し、より良い座敷への欲求思考が高まることは、日本人にとって素敵なことです。
襖が単なる住宅部品ではなく、より良い座敷空間を作り出すための座敷造形です。襖という日本独特の造形は、日本人の生活の知恵によって生み出された傑作といえます。襖の伝統性や気候風土との適応性、そして生活への結びつきといったものを考えてみると、襖という日本独特の造形を表現するには、そのような言葉がぴったりと当てはまります。今こそ再び襖の魅力を再確認することが、グローバル社会だからこそ大切になってきます。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

畳と襖の調和と建築に対しての襖などの関係性

襖の起源を追うと、最も原始的な形式は開口部を必要に応じて塞ぐことのできるものです。そして屋内の空間を仕切って部屋を作るためには土壁以外に、仮設的で可動的な壁が誕生したのです。そしてそれを開いて出入りができ、また必要に応じて全部取り外し屋内を広く使用することもできるのです。こうした関係から襖は、建築に対して構造的関係はもたないのです。これは畳と共通する点があります。
それは畳が古く円座、菰にはじまって、置き畳へと推移していく過程と襖が共通するのです。つまり源氏物語絵巻などに見る当時の住宅にあっては、畳は高貴の人、あるいは見上の人に対する高座として敷く置き畳として、板敷きの床に一部敷かれていたのです。現在の座布団に相当する役割から進化、発展してきた流れをみると、畳も襖同様に、当時は建築に対して構造的関係はもっていなかったといえます。
襖と同列の屋内空間を装飾装備する道具として、共通的な立場にあったといえます。畳や襖に関しては、置き畳などの敷きつめる段階に入り、近年は住宅産業下における一部勢力となりながらも、住宅建築に関し建築士もしくは大工の多くは畳や襖の制作に関して、畳業者や襖業者に一任し、建築生産の一環として、畳や襖をとらえようとしています。昔は襖の制作に関しては、経師と呼ばれる表具師にその制作が一任されていたのです。
それは襖が建築に対して、構造的関係をもたないからだということは先にも述べましたが、畳についても江戸時代をはじめとした武家社会、あるいはそれ以前の貴族社会にあって畳刺、畳師として、その技術が重宝がられ、時代の推移する昨今にあっても畳、襖、あるいは表具の世界は技術がしっかりと温存され、伝統性の一面を見せています。畳と襖は、日本建築の内部構造、近年ではインテリアを作り出すものという考えもあります。
そして畳と襖は、その歴史に共通性を多く残しており、日本の住宅建築の平面と立体を構成する主力要素として現在の存在価値を高めています。またその調和システムに日本在来住宅の特徴があると言わしめるまでに成長してきているのです。近年における畳と襖がその伝統性を脱却して、建築生産の一環として徐々にではありますが、その立場を見直される傾向は、日本住宅建築の多様化も関係しています。


伝統的な襖を用いて和室を楽しもう

日本の伝統的な住まいの造りである和室には、壁や扉などではなく用いられる襖があります。部屋の間仕切りで、簡単に動かしたり取り外しもでき、重さもそれほどでもないので女性でも簡単に持ち運びが可能です。鎌倉時代あたりからは文化の発展とともに襖に芸術的な要素も含まれるようになり、様々な作品が生み出されてきています。1枚で絵になるものであったり、部屋全体で作品になるものなどがあって、重要な文化財として指定されている物もたくさんあります。
昔の襖は、基本となる周りの枠組みに中には板などがあり、その板に周囲の部分だけをのりづけした下貼りの和紙が何枚か貼られ、その上に表紙となる和紙がさらに貼り付けられた作りになっています。こうして何枚も重ねられる構造は中に空気の層を作るためのもので、この層があることにより保温が高まり、冬の寒い時期に部屋の暖かな空気を保てるようになっているので、暖房器具が発達していなかった昔でも部屋の温度を保てているのです。さらに、通気性の良さも備えています。
現在売られている襖には昔のような何枚も重ね張りしたものではなく、板にべったりと1枚だけ表紙の和紙が貼られただけのものや、貼られていても下地と2枚だけのものなどがあります。この方法が取られるようになったのは、安い値段で売るためと量産を行うために考えだされたものであるため、保温などの機能はないので、暖房器具で部屋の温度をしっかり管理しないと寒さを感じたりしやすいですし、梅雨の湿度が高い時期は襖についた水分が蒸発しにくく、カビが出来ることがあるので、除湿も考慮しなければなりません。
和室の襖を買い換えたい時、購入は表具店で行うことが出来ましたが、今は表具店として店を構えているところは少なくなり、インテリアショップなどで取り扱いがあります。ですが、伝統的な街並みが残っている地域ですとまだ本格的な襖を取り扱っている表具店も残っていますので、そのようなところから取り寄せしてみるのも良いでしょう。インターネットで販売を行っているところが多いので、離れた地域に住んでいても簡単に誰もが買うことが出来ます。
襖の枠組みがまだしっかりしているが、和紙の部分がボロボロになったりくすんでしまった時には、貼り替えを依頼することが出来ます。このとき、どんな和紙を貼ってもらうかで部屋の雰囲気も変わってくるので、表装選びは重要です。参考となるカタログなどから選ぶときには、柄の大きさに注意しましょう。狭い和室に大きな模様の柄がある襖は圧迫感を与え、より狭い印象にしてしまうことがあるためです。襖に光が当たるとある程度色の反射がありますから、部屋の色合いからも考慮したものを選ぶと失敗がありません。

和室空間における襖の多様性と和洋折衷での襖

座敷を中心とした日本の住宅に、洋間という異なった空間が積極的に採り入れられるようになって、伝統的な日本住宅の建築造作にも大きな変化が起こり、いわゆる和洋折衷型の様式が、新しい日本住宅の定型として定着するに至っています。その洋風化傾向のなかで、あえて洋室のなかに和室空間を設けようとする傾向もみられます。そして畳や襖の施行の面でも多様化への一面をみせています。この発想は、和室のよさを採り入れていこうとする欲求から生じています。
このような洋室空間のなかに、襖などの和室の世界を併存させようとする志向は、いわ襖の良さが見直されてきた一端として、興味ある動きといえます。すなわち襖の味わいや親しみが、その空間構成のうえで軽視できないものであることを物語っているのです。日本の住宅は、もともと畳や襖を使用する、座敷を中心とした構成で成り立ってきました。平安時代における寝殿造りや、室町時代以降の書院造りに御座敷きないしは、座敷を中心とする空間構成をみることができます。
もちろん、座敷の中心となっているのは、襖や畳敷きです。その後、明治時代から昭和時代にかけて、欧米風の洋室を採り入れる新しい志向が急テンポに高まり、いわゆる和洋折衷型の空間構成が、日本住宅の定型として定着したのです。そうしたなかで、洋風化とは裏腹に、洋間空間に和室を採り入れる傾向が生じているのは、畳や襖などの座敷空間を求める志向が、改めて高まってきたためといえます。洋室の一部に和室空間を設ける併存タイプも生じています。
これは、いわゆる襖の安らぎ感や見た目、あるいは襖の味わい、和室空間のひろがりといったものが、人々の欲求や志向の対象となっていることを物語っています。あるいは、洋風化に対する一種の反動ともいえます。いずれにしても襖の多様化が、その襖をつくる技術や施行面に対しても、多様化への対応を余儀なくさせ、それに伴って、過去にはみられなかった新しい襖の施行分野をひろげていくことは、大いに興味深い状況だといえます。
洋室の一角に四畳半や六畳という和室空間を設け、和洋折衷型の空間構成をとるパターンがあります。またホテルのなかには、洋室の一角にベッドが用意されているにもかかわらず、襖と畳の六畳間が、床を少し高くして併存されているものもあります。一面では、畳敷きと襖の多様性と合理性が重宝されている印象ですが、別の面では、洋室のなかに和室空間を設けて、襖と畳を用いた独特の空間形成を図ろうとする装飾性があることも見落とせません。


伝統の美襖、熟練された職人の技が一枚の絵画のように甦る、
襖、間仕切りの魔術師

襖には、和襖と量産襖があります。木材で枠を組み和紙の下張りを幾重にも施して表紙を貼った物にに対し、量産は段ボールやプラスッチクなどの安価な素材を使用しています。また、作成する工程に於いても違いがみられます。和襖は木枠のみに糊付けするため通気性に優れていますが、紙一面に糊付けした量産は通気性も悪く湿気をきらいます。一般的な素材は杉や桧を使用し、日本家屋の和室の仕切りに使う建具としての役目を果たしています。
襖は取り外しも簡単な上、保温効果の働きで冬は暖かく、湿度調節の機能を備えているため日本の気候に適しています。押入れに使用することにより湿気対策としても力を発揮しています。本来は絹などの布張りでしたが、唐紙が日本に入って以来、厚手で保温性の優れた唐紙障子として普及してきました。和室から洋室まで幅広く利用され、取り外しも簡単なことから、広い空間の演出も自由自在です。また、紙を貼りかえることも可能です。
襖は、無地のものから、凝った細工を施したものまで様々あります。現在のニーズに合わせ消臭、防炎などの機能を兼ね備えた製品も多く出ています。襖の引手も多種あり、部屋の雰囲気に合わせてアレンジが楽しめます。美しく描かれた襖絵は、室内独自の個性を引き出してくれます。センス溢れるモダンな柄から、日本古来の伝統的な柄まで用途に応じて数多くあります。単なる間仕切りだけではなく装飾の役目もあるのです。美しい間仕切りとしの襖です。
襖紙は、簡単に貼り替えのきく粘着シート型のものも数多く出ています。価格も手頃で破損しにくいという利点がありますが、やはり上質の和紙の持つ風合いはだせません。質の良い素材は表具師の技術を上げる要素のひとつでもあります。古来より芸術的評価の高いものが多く残されています。匠の技が集結した日本独特の襖を私たちは大切に守り続けていかなければなりません。生活様式がどんなに変化しても失ってはならない日本の伝統がここにあります。
襖を選定する上で重要となることは、設置する場所と建物の形にあるようです。洋式の室内に、和風の形を取り入れてもアンバランスな違和感をもつことになるでしょう。室内に調和した斬新なデザインや、時代の流れと共に新しい感覚の発想から生み出された襖が数多く誕生しています。古くから受け継がれてきた伝統の技を失うことなく、一歩々歩み続けてまいります。これからもお客様の要求に答え、より良い製品を提供するために努力を致してまいります。

障子のお話し  歴史と現在生活における障子の役割について

和室を設けることが少なくなっている現在の家屋建築ですが、古くから和室や障子は日本人の生活に関わってきました。障子の文字は遮るや隔てる、ふさぐなどといった意味があり、元々は部屋の中と外の境目にある建具を総称するものとされていました。したがって現在よく見られるふすまもこの中に含まれていました。現在の障子は、あかり障子として区別されていたもので、このほかにも種類がありました。このように障子は、古くは平安時代から現在に至るまで、日本人に欠かせないものとなっています。
障子にはたくさんの特徴があります。これらの特長を生かして家屋の建築が行われてきました。それは日光を柔らかく部屋の中に届けると言うことです。障子を通して差し込んだ光は、部屋の中のいろいろな方向に拡散します。そして自然な明るさを保ったまま、部屋全体が均等に明るくなります。窓際だけが明るくてまぶしく、部屋の隅は暗いといったことがよくありますが、障子を使った部屋ではこのようなことがありません。したがって証明の均質度も高まると言うことにつながります。
このほかには、障子には夜間照明効果を高める力があります。障子紙に使われているのは和紙ですが、この和紙の光の反射率は50パーセントから60パーセントとされています。したがってこの和紙の部分に光が反射することによって、部屋の中の証明効果を大幅に上昇させることができるのです。また優しい光が、部屋の中の柱や建具ともよく合うので、部屋の中全体を美しくすることができます。照明器具に和紙が使われているのも、このような効果があるからなのです。
また障子には優れたデザイン性があります。障子に使われているのは木と紙なので、その色の調和が室内を美しく調和させてくれます。また引き締めるところはしっかりと引き締めてくれるので、部屋の中のアクセントとなります。また障子の枠にはいくつかのデザインがあります。どのようなデザインを選ぶかによっても、部屋の中の雰囲気を自由に変えることができます。現在はこのように部屋のインテリアとして重要視されていることが多いです。
障子は部屋の中の温度調節にも最適です。冷房を使っているときには、ガラス窓と比べると、部屋の中の熱の流入が半分ほどに減少することがわかっています。また暖房を使っているときには、替え明日窓と障子の間の空気の層が、熱の伝導率の低い木の効果で放射冷却を防ぎます。したがって、窓際だけが非常に寒いと言うことを防いでくれるのです。また障子には多孔性という性質があります。これは障子紙の特徴で、自然に換気や清浄化を行ってくれるのです。

襖は定期的に張替えするのが良いです。

和室にある襖ですが、障子程度であれば人によっては手軽に張替え修理ができるものなので、自分自身で張り替え作業を行ってしまおうと思っている人も少なくはないです。しかし、これが障子ではなく、襖になってしまうと話は別物と考えた方が良いです。和室にある襖や畳、さらには障子に関しては、張り替えが必要になってくるものですが、襖と障子では張り替え作業の技術力はかなり大きく異なってきます。できるだけ、きちんとした張替え作業を行いたいなら、襖張替えはお金がかかったとしても、襖を張り替えしてくれる専門の業者に仕事を依頼したほうが良いです。張り替えをするタイミングで、今までとは大きく異なったものを取り付けたいという場合でも、きちんとプロが対応してくれます。襖は我が国に古くから伝わっている最高レベルの伝統品です。ですから、張り替えをするときは費用はかかるものの、素人の自分が行ってしまうと、かなり難しいものですし、素人が張り替え作業を行ってしまうと、かなりバランスが悪くなってしまう可能性が出てきてしまいます。ですから、お金はかかってもプロに任せて張替え作業をきちんと行ってもらった方が良いです。これで見違えるほどの襖が仕上がります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします。

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
とにかく、現物見本を見て下さい。
全国にお伺い致します。    

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

 T様邸
襖、戸襖張替え  N様邸
襖張替え  S様邸
襖張替え 畳表替え  S様邸
襖張替え

 M様邸
襖張替え キャラクター柄

 N様邸
襖張替え

 M様邸
襖張替え工事

 F様邸
襖張替え施工

 N様邸
襖張替え

 A様邸
襖張り換え

 S様邸 襖張り換えF様邸 
畳表替え

 H様邸
襖の張替え

 I様邸
襖張替え施工

 N様邸
源氏襖張替え

 N様邸
襖張替え


 N様邸
襖の張替え工事

建具施工例
 H様邸

       

日本家屋にあった引き戸 襖 襖について考えた時その情報を得るのに、以外に苦労するその呼び名の由来や、古書の中にも見つけるのが難しい。絵画でも「源氏物語絵巻」に漸く見る事ができる。建筑史の中にもその構造などは、見つけられない。日本人にとって身近であり過ぎて、記録や資料として残されていないようだ。世界的にみても、溝を彫った鴨居や敷居を上下に設けて、戸を横に滑らせて開け閉めをする引戸と言うもの自体が、珍しいものである。遠くオランダには、西欧では珍しく引戸があるが、それは、日本の長崎の出島を通じて日本から伝わったものと言われているそうだ。もともと、襖や障子に限らず、古くは遣戸と呼ばれた戸板を含めて、日本では引戸形式が出入口に多用されたのは、早くから屋外で使う履物は脱いで家にあがる。この「あがる」と言う言葉自体が示しているのだが木造の高床式が発達していたからであろう。後世には外部への出入り口は板戸・格子戸・腰高障子(下部は板戸で、上部に桟格子に紙を張って明り障子にしたもの)を用いてはいるが、土足で通るところでは敷居の溝に土砂が溜って傷みやすいから、引き戸はかえって不便とも言える。便利な点は、2枚の襖を引き違いに並べておいて、どちらからでも開けられる様にすることことで、引き戸を開ける時に扉が占有する空間が必要ないところ。常に開閉する扉の前には、当然ながら物は置けないが、もう片側には物を置いて塞いでも、出入りはきでる。と言う点が日本の様に、狭い空間家に適していたのではないか。また3尺・6尺の規格が定まる以前の古いふすまには大きくてやや重いものもあるが、普通は木枠の中に格子を組んで下張をした上にやはり紙を張ったものであるから、軽量であるし、いわゆるドアの様に造り付けではないから必要に応じて取り外しが容易にできると言うことである。

日本はあるものを最大限に生かし、それをまた再利用するということが古来から行われています。襖は日本にしかない建具です。土足で入らない家屋のために屋内で生活する畳とともに発展してきました。障子から発展し襖になり、それは芸術性や美しさも加わってきました。時を経ると襖は単なる仕切りや戸という建具ではなく、美術品として進化をしていきました。襖の役割は生活で使うことよりも素材が紙ということに着眼し、絵や文字を書くことを試みました。主に絵や書画などは戦国武将や高貴な身分のものが、作品を作らせました。襖に絵を書くということは、時代背景も大きく影響していました。襖のには金箔を施し、その上に絵を描かせる。金箔は権力と富の象徴として、多くのものにそれを知らしめる目的があったのです。その結果、襖は建具から美術品に取って代わり作品の一部は後世にまで伝わっているのです。襖の優れたところは風を通さないつくりであるということが一つ。もうひとつは素材が紙なので、破れても張替えがきくという利点があります。日本人は木で作った戸は表に使いました。家の内部は紙が素材の建具を使いました。紙を使う理由は日本の環境が湿度が高いこともあります。紙は湿気などの水分を吸収する役割があります。その風土により、建具としては長く使われているのです。素材に着眼し美術品にまで昇華させる。そして紙の性質を利用し室内で仕切りとして使う。張替えもできる襖は日本人の知恵の結晶なのです。