全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東海、中部地方、全国にスピーディーに対応します。

愛知県全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳たたみ表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみたたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳たたみ表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

網戸アミドを使う際の素材の選別

扉を使う時はその種類を確認すべきです。また扉の品質は現代の技術にも関わっています。今は家具の技術が進化しているので、ある程度の道具は高品質になっています。特に網戸も以前よりも壊れないように変化しています。ここに関わっているのが素材の強化なのです。網戸は強度の問題を抱えているので、それを解決するために動くべきです。使用している網戸を強化するなら、素材の部分で高度な技術を探すことが大事です。特に最近では誰でも手軽に網戸の交換が利用できます。つまりそういった選択の中で素材を判断することができるのです。網戸をメンテナンスするなら素材の選択でも注意することが理想です。自由に家具の交換ができる時代の中では、常に個人の知識が結果に影響しています。網戸の交換では素材の知識を持っている人間が有利です。専門知識は優れた素材を厳選するためにも使えます。結果的にはそれがより耐久性の高い網戸の獲得に繋がるのです。当然のように高品質な網戸を使った方が家族のためになります。扉は家を守るので重要な意味を持っています。網戸が持つ役割は外敵から家を守ることです。そして網戸が本来の力を発揮するためには、壊れている部分が少ないことが条件になっています。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖ふすまの利便性とそれを維持する考え

襖の役割は普段の生活においては仕切りや目隠しでもありますが実際にはその他の面でも優れた機能性を持っていて、誰もが知らずにその恩恵を受け取っていますが知らない人は気付く事さえ無いのが現状でもあります。それ故に襖の維持管理を疎かにしたり間違った手法を取ってしまう事も多くその様な行為は価値を損ねてしまう事もあるので、出来れば襖に付いてある程度は知った上で扱うのが望ましい事でもあるのです。襖の基本的な構造は枠でもある組子と言われる部材とそこに貼り付けて使う上張りと呼ばれる紙、そしてそれを固定したり扱いを容易とする縁と開け閉め用の引手に分ける事が出来ます。注目すべきは上張りが紙で出来ていてその内部に空間がある事でこれは単に軽くするだけでは無く、湿気を適度に保つと言った役目を担うので適切な状態に維持されていると快適な空間を得るのにも役に立つのです。ただそれを機能させる為には襖の上張りはある程度の年数が経てば張替えてやるのが重要で、劣化し過ぎるとそうした能力を発揮出来ないばかりか表面が剥がれてゴミを生み出す原因と成る可能性もあります。この張替えにおいてもただ実行に移すだけでは駄目なので専門店等を利用する形が最善であり、そうする事で正しく襖を使い続ける事も可能と成ってくるのです。

(明り障子の発明)
最初ははめ込み式の亘り障子もあったのだが、やがてはこの開閉を利用して出入り出来る障子が普通になる。
これは、これは「鳥居障子」とも呼ばれたと述べたが。この名称は十三世紀から十五世紀頃まで用いられていたらしく、その初めも明らかではなくてあまり用例も見えず、後に「ふすま障子」の名称が一般化すると子の呼び名は消えていく。では、その後世まで通用した「ふすま」と言う名称が何によって付けられ、何時頃から出て来たかのかと言うとじつはそれも定かではない。「下学集」などの中世の辞書から見て「襖ふすま障子」と言う言葉は、おそらく十四世紀には、使われていたと考えられるが文献記録では、通常は依然として「障子」と言う言葉だけで表現されていて、ふすまを想定して記すことは無かったようである。それが16世紀になると次第に「ふすま」或いは「襖ふすま障子」と呼ぶのが普通になってくる。それが一方では「明り障子」と呼ばれた別の建具の発生と普及があったことからくるようである。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳たたみやふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖ふすま紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖ふすま、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


尾張国と三河国との相乗作用

愛知県は日本のほぼ中央に位置して、太平洋に面した内湾である伊勢湾・三河湾に沿ってひろがっている。総面積は5146km2で、人口は平成11年の統計で約700万人で全国第4位である。県の西南部は伊勢湾に面して、内陸部の濃尾平野を木曽川・庄内川等が流れる。北部から東部に掛けては丘陵や山岳地帯である。南部に突出する知多半島と渥美半島に囲まれた三河湾一帯は沖積平野で渥美半島の東部は外洋の遠州灘に面している。気候は概して温暖であるが山間部では、冬季の冷え込みが厳しい。農業はビニールハウス栽培を主体とし花卉の生産高は日本一である。愛知の県名の由来については『万葉集』の「あゆち」に由来し、それが律令制下で愛知と言う郡名に採用されたと言われるが、確証はない。現在の愛知県は、明治5年(1872)11月に尾張の国を改称した愛知県と三河国(額田県)が合併する形で成立した。面積を比較すれば、尾張は三河の2倍ほどあり、両国は境川によって区切られていた。この川は国境線でもあった。しかし両国とも海陸交通の要衝で、自然の障壁が大きかったとは言えない。沿海部は回船によって結ばれ河川交通も盛んであった。県西部の尾張地方は、木曽川を挟んで美濃国と接していた。古代から国境を越えた人々の交流は盛んだったが、河川の氾濫で川の流路がたびたび変わり、その為に紛争が起こることもあった。尾張地方は、古代から中央との関係が深く、鎌倉時代は六波羅探題の管轄下で西国の扱いを受けていた。室町時代には、守護職をめぐる攻防の末に斯波氏が実権を握ったが、その下で守護職を努めていた織田氏はやがて尾張の覇者に成長する。県東部の三河地方は、豊川の流域が穂の国、矢作川流域が三河の国と二つに分かれていたが、7世紀の中ごろに合体して三河国となった。遠近江国や信濃の国との関係が深かったが、中央の記録に登場する事例は少ない。鎌倉幕府の成立時には、源頼朝の知行国として東国政権の支配下に入ったが、後に尾張と同じ六波羅探題の管轄となった。室町時代には幕府をささえる経済的基盤としてのご料所が置かれたが、政所執事伊勢氏の被官である土豪の松平氏が徐々に勢力を伸ばしていった。ここで徳川家が芽吹いて来たのである。そしてやがて戦国期の動乱の時代を迎えるが尾張・三河の勢力が重要な意味を持つようになり、その後の日本を形作って行くのである。
愛知県の地理的な考察

愛知県は地形的に見ると、三河高原の山地・丘陵部に大きく分けることができる。平野部は濃尾平野・岡崎平野・豊橋平野に区分される。濃尾平野は木曽川流域の平野で、東西約40キロメートル、南北約50キロメートル、面積1,800km2と関東平野に次ぐわが国第の平野である。濃尾平野は犬山を扇頂とした岐阜・一宮・岩倉を結ぶ半径12キロメートルに達する木曽川の大扇状地と、以南沖積地からなっている。この扇状地は洪積大地に沖積した砂礫層が薄く被覆したに過ぎない。東部の洪績台地には隆起が認められ、東高西低の濃尾平野である。木曽川は上流から大量の土砂を運び濃尾平野を縦横に流れていたらしく、中世には岐阜市の南を墨俣方向に流れていたが、江戸時代以降これの改修にに大きな努力を払い、昭和34年にようやく現在の形に完成したのである。木曽川は濃尾平野の海岸線を南下させるのに大きな役割を果たしているが、それにもまして17世紀以降の海面干拓新田開発の進行は顕著で、鎌倉時代の海岸線に比して約10キロメートルも南下している。なお濃尾平野には尾張丘陵とよばれる洪積台地が連なり、この台地の辺緑をしめる10〜15メートルの熱田台地という低位台地面に名古屋の主要市街地が形成されている。この熱田台地の北西端に名古屋城が、南西端に熱田神宮があり、貝塚などの遺跡が発見されることなどから、かってこの台地は岬状に海中に突出していたと想像される。要するに濃尾平野はその周辺の洪績台地が、人人の生活の舞台となり、大きな役割を占めていたのである。矢作川流域の岡崎平野・豊川流域の豊橋平野はともに沖積平野である。岡崎平野の周辺には洪積層台地が広く、かっては乏水地域として開発が遅れたが、都筑弥厚らの努力によって明治用水の通水えをみ、開発が急速に進んだ。豊橋平野周辺の丘陵地帯も豊川用水の完成で、その将来は十分に期待できよう。木曽山脈の南緑部を美濃三河高原といい、その愛知県側を三河高原というが、この高原は愛知県の東北部の広い地域を占める、いわゆる隆起準平原状の高原で、高度400メートル〜800メートルのなだらかな起伏の多い山地である。愛知県の最高峰茶臼山はこの高原中の長野県との県境そびえるが、この県内最高が1,415メートルという数値は本州の各府県中では千葉・大阪に次ぐもので、いかに愛知県は低い山々で構成されていかを物語るものである。三河高原の地質はほとんど花崗岩で、これの風化したサバ土が多く、あまり森林資源の蓄積が期待できないと言う面もある。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳たたみQestion

 愛知県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳たたみの張替え工事例

N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 畳たたみと障子の張替え工事

 K様邸 縁無し畳たたみ施工

H様邸 半帖縁無し畳たたみ

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳たたみ表替え工事

S様邸
和紙カラー畳たたみ表 施工事例

N様邸 襖ふすま、和紙畳たたみ張り替え

襖ふすま張替え施工

T様邸 畳たたみ襖ふすま張替え

襖は素材に木などを用いて作られた骨組みの両面に紙や布を張ったもので、そこに縁や引手を付けたもののことをいいます。日本家屋には欠かせない建具の1つで、主に和室の仕切りとして使われます。襖障子や唐紙障子と呼ばれることもあります。中国伝来の言葉である障子とは異なり、襖は日本人により命名された建具の名前で考案された当初は表面が絹裂地張りとなっており、そのため襖障子と呼ばれていました。源氏物語にも数多く襖に関しての記述を見て取ることができ、古来から日本で欠かせない建具となっていたことがわかります。源氏物語の中では、襖に歌を書きつける話も何度か登場します。また、引き違いの襖障子をありふれた情景をして描いているためこの頃には貴族や上流階級の邸宅において襖がかなり普及していたと判断することが出来ます。源氏物語絵巻においても、大和絵の描かれた襖をみることができ室内の間仕切りとしてだけでない活用方法をみることが可能です。平安時代の寝殿造りの内部において、建てこみ式の障子としてしつらえに応じて建てこんだり、取り外したり出来る可動式の壁として副障子というものが登場しました。この副障子に、鴨居と敷居という2本の溝をつくり引き違いに動くようにしたものが今日の襖の原型となっています。このような内部空間を間仕切るための発明は寝殿造りの住宅の公私の明確な分離にもつながり、人々の暮らしに大きな変化をもたらす重大な転機となりました。襖の表張りのことをから紙といいます。から紙は、紋様を刷り込んだもので、ほかにも襖には多くの下張りが行われています。下張りの手順は、骨縛り、蓑張り、べた貼り、袋張り、清張りなどの数多くの工程があり数々の和紙を幾重にも丁寧に張り重ねることで出来上がります。これらの工程は、組子の格子を紙の引きで固定し、木材のひずみを防止する効果やふくらみのある風合いをもたせる効果があります。また張り重ねることにより丈夫になり耐久性もあがります。一般に使用される襖のほかにも、現在では様々なタイプの襖があります。例えば、襖の一部に格子窓を配置した源氏ふすまがあります。これは中抜きふすまとも呼ばれデザイン的な意匠を楽しめる襖です。また、縁を付けずに仕上げた太鼓ふすまや、太鼓ふすまの中にもチリ落とし切り引手、透かし貼りなど様々な仕様のものがあります。近代的なものとしては、洋室も増えた日本家屋でよく使われる和室と洋室の区切りに使われる戸ふすまやリビング戸ふすまといったものもあります。