全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でも
トップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

福岡市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替えご成約の方に 新しい引き手取替え無料サービス 只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

耐久性の高い網戸に交換

網戸の交換を検討している方は、耐久性の高い網戸に交換してしまえば、トラブルを極力避ける事ができます。同じ網戸でも耐久性に大きな違いが発生しており、耐久性が高い程、長い間使用する事ができるようになります。決して難しくはなく、耐久性の高い網戸は、多くの業者で取り扱われています。特に小さい子供やペットがいる家庭には、耐久性の高い網戸は必要不可欠です。不用意に網戸に衝撃やいたずらを実施してしまっても、安心して使用する事ができるようになるからです。耐久性の高い網戸は、そこまで高い金額で販売されている事はありません。多くの人が安心して購入する事ができる金額に定められているので、お金に余裕がない方でも全然問題なく購入する事ができます。それに加えて、事前に網戸に関するトラブルを回避する事ができるので、魅力的な網戸になっています。耐久性が高い網戸はこのような理由によって、高い人気を誇っています。もしも検討している方は、速やかに交換する事で安心して使用していく事ができます。このように快適に使用していく事ができるので、現在では耐久性が一定以上に保たれているものを使用している方がほとんどで、事前にトラブルを回避しています。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみのメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

日本伝統の建具である襖ふすま

襖というのは古くは襖障子や唐紙障子と呼ばれていました。なぜ障子という言葉がついているかというと、現在では襖と障子は別々の建具ですが、元々障子とは室内の間仕切りなどを目的に使用される建具を総称した言葉だったためです。障子という言葉そのものは中国由来の言葉ですが、襖は日本で誕生した日本独自の建具で、平安時代に考案されたといわれています。当時の貴族の邸宅は寝殿造りに代表されるように、室内に壁などが極端に少ない構造をしていました。そのために必要に応じて屏風や衝立などで間仕切りをして、個別の空間を作り出していました。そんな状況の中で誕生したのが襖だったのです。なぜ襖という言葉になったのかは諸説ありますが、衾(ふすま)という古来の寝具がありますが、これらに関係して名づけられたという説や、また空間を臥せるという意味で臥す間、すなわち襖になったという説などがあります。いずれにせよ平安時代に貴族の邸宅などで用いられるようになった襖は、その便利さから多くの場所で使われるようになります。屏風などが実用品という色が薄れていったのと対照的に、襖は実用的な建具としてやがて一般庶民にまで普及するようになります。時代ごとに若干の変遷はあるものの、今日に至るまで使用され続けている、まさに日本伝統の建具です。

▲このページのトップへ

福岡の歴史 戦国以降

戦国期には入ると兵火に焼け、一時荒廃したが天正15年(1587年)九州を平定した豊臣秀吉が那珂川東岸に方10町の町割による都市計画を実施して復興し、現在の博多地区の原型が完成された商業地区として発展してきた博多に対して、那珂川南岸の福岡地区は慶長5年(1600年)、豊前中津から筑前へ移封となった黒田長政が、博多西方の草香江に突き出た福崎の丘陵上に、舞鶴城を築き、城下に武家屋敷、町屋を形成し、先祖の居住地である備前国邑久郡福岡にちなんで福岡と呼んだのが都市的起源とされる。以来近世を通じて博多は商人町として、福岡は筑前黒田藩52万石の城下町として発展してきた。明治22年の市制誕生のとき、博多と福岡が市の名称を争い、1票差で福岡市に決定したが博多への愛情が深く、中心駅を福岡駅とはせず博多駅としたというエピソードが残っている。現在も博多どんたく・博多織・博多人形など、博多を冠した名称が数多い。市に産業別人口は、商業、サービス業を中心とした第3次産業が78%(昭和60年)を占めて他を圧倒しており、極めて商業、消費都市的性格が強い。また全九州を管轄する中央官庁の出先機関や、東京、大阪に本社を置く各種企業の支社・支店が集中し、九州大学をはじめとする教育機関、テレビ放送局、九州最大の地方新聞である西日本新聞社などがあって、九州地方の政治・経済・文化の中心地となっている。繁華街は西鉄福岡駅周辺の天神・渡辺通りやJR博多駅界隈にあり、高級品のブティックからムード満点のパブまで、ハイセンスな地下ショッピング街も充実している。那珂川の中州や川端通りも賑やかな街で、こちらは大人中心の歓楽街となっている。市街地郊外では、稲作・野菜園芸・果実栽培・畜産など、多角的な都市近郊型農業が行われている。工業は食品製造や印刷・出版などの軽工業が主なもので、博多織、博多人形・高取焼は国指定の伝統工芸品として名高い。漁業は博多漁港を根拠地として行われており九州では下関・長崎と並ぶ漁港だけに、魚市場は活気に満ちている。市内の見どころは、はこ崎宮・香椎宮・聖福寺・崇福寺などの著名な古社寺や、大濠公園・海の中道海浜公園などがあり、北部の玄界灘沿岸、志賀島・能古島一帯は限界指定公園に指定されている。文化施設も多く、有名な国宝金印の見られる福岡美術館をはじめ福岡県立美術館・福岡市立歴史資料館・福岡市立埋蔵文化財センター・九州エネルギー館などがあり、博多どんたく・博多山笠といった盛大な年中行事も見逃せない。

福岡県福岡市について

九州の最大の都市である福岡市のある福岡県は、住居環境や個性的な地域性から生活しやすい県です。その福岡県での中心は福岡市ですが、新幹線の発着口として本州との交通の利便性も最良です。また国内国際線のある空港が、福岡市内から地下鉄で連結されています。ですから規模的な都市としては、中間クラスの福岡県の存在ですが、生活環境は他の都市と比較すると生活しやすい多様な利点が魅力です。それはまず、快適な生活の住居環境です。
その福岡での賃貸物件は、九州内の地方都市に比べても同額に近い賃貸料金です。それに食費等の生活必需品の価格も近郊に農家の地域がある為に安定した物価の福岡県です。また福岡県の経済産業は、製造業の労働場所や商業施設の多さから就労率も他の九州地域と比較すると高いのです。また有名な大学の集中する地域のある福岡県では、活気あふれる若年層の労働力があります。それに若年層からの経済効果である、需要供給の商業産業が繁栄しています。
その為に労働の求人が高く、生活費の出費が比較的に安定した生活が出来ます。ですから快適な生活水準が、福岡市では楽しめるのです。そして、娯楽施設も多様な地域にありますから楽しめる福岡県の生活環境です。また韓国との近い距離に位置する福岡県は、国際的な地域性の歴史があります。その海外の隣国である韓国との交流には、フェリーで韓国は釜山まで航行している港のある福岡県福岡市です。ですからグローバルな一面を除かせる福岡県の今後の観光地域や商業地域に期待が持てるのです。
ですから福岡県内に居住する人も多くなっています。そして福岡県の生活環境の良好さは、個性的な博多弁などの方言にあります。また福岡人の人間性の暖かさや人情味が厚いことが、福岡県での住居希望者が高い人気の秘密です。それは、個性的な博多弁を聞くことで理解が出来ます。どこか親しさと安心感が感じられる福岡人の人情が、言葉に出ているのです。その為に利便性や生活環境だけではなく、人間関係においても生活がしやすい福岡県です。
また福岡県は、弥生時代からの太古の歴史的な遺跡が多数あります。その歴史の神話は、卑弥呼伝説でも知られる福岡県です。また鎌倉時代からの神社の建築や大宰府の天満宮がある事でも知名度の高い福岡県です。それは歴史の史跡の観光名称が多様にある事で、余暇を利用して訪れることが可能です。また有名な温泉地等も隣県にある為に観光地めぐりの便利な地域環境です。そして主要な都市への交通網も整っている為に大手企業の支社等が多様にある事も今後の福岡県の繁栄を約束しています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 福岡市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

福岡市博多区 T様邸
畳表替え 襖張替え

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え