仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

福島県スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


福島県について

福島県は、東北地方の南部に位置し、県庁所在地は福島市。人口1938千人、総面積13783km2で面積は北海道、岩手県に次ぐ第3位。都道府県別の人口は第18位である。太平洋に面し奥羽山脈の東西にまたがっている。
太平洋と阿武隈高地に挟まれた「浜通り」、阿武隈高地と奥羽山脈に挟まれた「中通り」、奥羽山脈と越後山脈に挟まれた「会津」の3地域に概ね分けられる。現在の福島県は、1876年8月21日に磐前県(いわさきけん。浜通り)と福島県(1876年以前)(中通り)と若松県(会津)の3県の合併によって成立した。県名の福島は、当時県庁所在地だった福島町から採ったものである。
「福島」の名は福島城として使われたのが最初とされている。
人口の大きな自治体は、人口順に郡山市、いわき市、福島市となっているが、3市とも30万人前後である。商業統計では郡山市・福島市・いわき市の順、都市圏人口では郡山都市圏、福島都市圏、いわき都市圏の順である。3市はそれぞれの分野に特化し、行政機能が集中する福島市、経済・交通の中枢で商業・内陸工業・流通都市となっている郡山市、広大な面積を持ち工業・観光に特化するいわき市となっている。また会津地方の中心都市で史跡が多く存在する歴史都市会津若松市も県の重要な拠点となっている。

福島県会津若松市と言えは、会津藩

会津若松は、戦国時代には数多くの大名がこの地を治め、江戸時代には会津藩の城下町として栄え、そして幕末の戊辰戦争時には、旧幕府派(東軍)として最後まで抵抗し激しい戦場と化した会津若松。特に、鶴ヶ城(会津若松城)に立てこもった白虎隊が、一ヶ月続いた篭城戦の後、最終的に降伏した史実は有名です。郷土料理としては、江戸時代から明治初期にかけて会津藩の武家屋敷や庶民のご馳走として広がった「こづゆ」が、また郷土玩具では「赤べこ」が代表的です。

会津若松市のある会津平とも呼ばれる会津盆地には、喜多方ラーメンでおなじみの喜多方市もあります。また、会津盆地から北側には米沢盆地、東側には郡山盆地、そして西側には越後盆地があり、各種交通機関によって各地と結ばれていて、観光などを通してそれぞれの都市との交流も頻繁に行われています。それから、南側には会津高原が広がっていて、日本百景の一つにも数えられている尾瀬国立公園もあります。会津若松市の西側を阿賀川が、東側は猪苗代湖に面しています。

会津若松の主な観光名所を幾つかここに挙げておきます。[会津若松城]日本100名城の一つに数えられています。1384年(至徳元年)に葦名直盛が初めて館を築き改修を経て、戊辰の戦役で新政府軍の一ヶ月に及んだ猛攻にも落城しなかった事から、難攻不落の名城と謳われるようになりました。そんな若松城が石垣だけを残して取り残されたのは、明治7年のことですが、再び鶴ヶ城として蘇ったのは、昭和40年9月のことでした。

[会津武家屋敷]江戸時代の会津藩家老西郷頼母の屋敷を中心とした歴史的建造物が軒を並べる屋外博物館の会津武家屋敷となっており、赤べこや起き上がり小法師の絵付体験なども出来ます。[御薬園]室町時代に霊泉の湧き出したこの土地に、葦名盛久が別荘を建てたのが最初といわれ、国の名勝に指定されている徳川時代の代表的な大名型山水庭園です。鶴ヶ城の東に歩いて15分の所にあり、中央に心字の池を配した回遊式の借景園、また薬草園からこの名が付けられたといわれます。

[旧滝沢本陣]国の史跡に指定されている会津藩の本陣跡です。国の重要文化財に指定されている書院づくりの茅葺き屋根の建物のあちらこちらに、弾痕や刀傷が残っていて、戦いの痕跡を留めています。この他にも、まだまだ沢山の見所名所があります。例えば、会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅までを結んでいる只見線の列車に乗って、車窓から見える美しい風景を楽しんでみるのもいいかもしれません。自分なりのプランを立てて、会津若松を訪ねてみては如何でしょうか。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 福島県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸畳と障子の張替え 

K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸和紙カラー畳表

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

 N様邸 襖ふすま張替え施工

普通の畳は4年から5年で日焼けや傷みが目立ってきますので、裏返しを行い、さらにそれから6年から8年程度で張替えを行うのが一般的ですが、住んでいる環境や使い方によっては長く使えたり。短期間で痛んでしまったりします。
高級品の畳なら20年持つものもあります。普通に畳の上を歩いていて変な感触だしたり、ふにゃふにゃしてきたら張替えを行う目安です。表替えなら1日で終わってしまうこともあり、短期間ですべて張替えすることもできます。
畳の平均的な寿命は個人の家の状況よって変わり何年と決まっているわけではありません。畳の経過年数によって変わってきますが、それだけでなく手入れの仕方、敷かれている状況や畳の使い方などによって傷み具合も大きく変わってきます。
部屋の模様替えをしようと考えている方は。ついでに畳の張替えをしてみるのもいいと思います。部屋をリフレッシュできますし、部屋全体の雰囲気が変わります。表の張替えでは畳床までは交換しないので、踏んだ感触はまったく変わらないこともあります、
この張替えは、基本的に素人では出来ません。畳屋さんへ依頼することになります。1度業者に連絡を取って張替えを行うべきかどうかプロの目で見てもらうのが一番良く、しっかり信頼できる所に依頼するようにします。