全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

岐阜県郡上市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳はいつ張り替えるべきか

引っ越したばかりの物件が和室だった場合、敷いてある畳は大抵の場合、青い色をしている。
しかし、それも半年も経てば色が青から黄色へと変色し、数年使い続けるとその色は茶色という、味が出ているような、ただ腐っているだけなのか。
ただ、いつも迷ってしまうことがある。
いつ畳は張り替えるべきなのか、と。
茶色くなったからといって別に変な臭いがしている訳でもない。しかし、入居した時に見たあの青々しい畳を思い返すと、どうもこのままでは汚れて見えてしまうのは、果たして考え過ぎなのだろうか。
畳を張り替えるための値段を考えると、けっこう値段は馬鹿にならない。
それなら、いっそのこと畳の上に敷物をして畳があまり痛まないように工夫した方が良いだろう。
頻繁に張り替えるのは逆に無駄遣いと言えるかもしれない。
どちらにしろ、畳を張り替えるタイミングというのは、どうやら畳の目がボロボロになって、寝っ転がったら体がチクチクしてしまうほどになってきたら替え時のようだ。
そもそも畳は和風の雰囲気を出すにはもってこいの代物である。下がカーペットで和風を演出するのは中々難しい。
現在畳を扱っている物件は年々減少傾向にあると聞くが、1人の日本人としてこの悲しい事態は何か防ぐ手立てはないものかと考えてしまうものである。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


岐阜県郡上市は、岐阜県中部に位置する人口42000人、総面積1030km2の市で、市内にある大日ケ岳に長良川の源がある。旧郡上郡八幡町の郡上踊りが全国的に有名である。この八幡町地域は永禄2年(1559年)、遠藤盛数が町の中央に在る八幡山に城を築いてから、城下町として発展した。その後城主は何度か交代したが宝暦8年(1758年)丹後宮津の城主青山幸道が4万8千石で入城してから青山氏は7代続き明治を迎えることとなった。青山氏は民政に意を注ぎ馬市を開いたり、領民の娯楽として盆踊りを奨励したりして、今日の郡上踊りでも知られる旧八幡町と成った。
(八幡城)
吉田川の清流と共に八幡城は郡上踊りには、欠かせない景物と成っているが、この城は吉田川・小駄良川を自然の豪とした陽要害の山上に在る。初めてここに築城したのは、遠藤盛数で、今を去る約400年前の永禄2年の事である。城主はその後、稲葉・遠藤・井上・金森とたびたび交代したが宝暦8年丹後宮津から青山氏が入郡して明治まで続いた。城は最初は山城であったがその後二の丸、三の丸・隅櫓などを備えた平城となった。現在の天守閣は昭和8年に再建されたものである。
(郡上踊り)
起源は明らかではないが、寛永年間の八幡藩主遠藤慶隆が、藩内の民心の融和をはかるため、無礼講の盆踊りを奨励したのが、始まりと言われている。毎年7月から8月にかけては、毎晩の様にどこかの町内で踊りがある。特に8月13日から16日までの4日間は、町をあげて夜どうし踊り明かされる。全国から集まりその数三十五万人と言われる。

郡上市をなすもう一つの主な旧町に白鳥町がある。白山山系に属し大日岳・天狗山・芦倉山・丸山・銚子ケ岳等の高峰が続きこれらの山々によって旧美濃国と旧飛騨国とが分かれていた。現在この辺りは白山国立公園の一部で、登り千人下り千人といわれて多くの参拝客を迎えていた。現在でも白山国立公園の表玄関であり、この地方の産業・経済・交通の中心である。この町の観光は、スキーで有名で多くのスキー場があり毎年多くのスキー客で賑わう。

有名企業 特産品)

食品サンプル製作を初めて事業化して成功した。岩崎グループの設立者である岩崎瀧三の出身地である。全国シェア50%以上を占める食品サンプルの発祥地であるとされる。市内の八幡町には食品サンプルを製造する岩崎模型製造株式会社が有り、現在でもここを拠点に全国へ出荷が行われている。
また国産豚肉を100%使用し、添加物や保存料を極力使用していないプレスハム明宝ハムも特産品で、郡上市明宝気良にある第三セクター「明宝特産物加工株式会社」の通称であり、この会社で生産されているハムの名称である。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 岐阜県郡上市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

畳張替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え