全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

岐阜県海津市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

寒い冬が過ぎ去ると、大活躍するのが網戸です。爽やかな風を部屋の中に入れてくれます。そして虫が部屋の中に入るのを防いでくれます。しかし、掃除がしにくい場所でもあります。掃除をするのは、年末の大掃除の時だけという人も多いでしょう。網戸の掃除をしていないと、カーテンまで黒ずんでしまいますのでこまめに掃除しましょう。そこで、網戸掃除の方法を紹介します。網戸は雑巾を濡らしていきなり拭いてしまってはいけません。埃や砂などの汚れが丸まってしまい、細かい網目に入り込んでしまうのです。そうすると、取り除くのが大変だからです。簡単な方法は、掃除機を使う事です。しかし、掃除機でいきなり網戸を掃除してしまっては、うまく汚れを吸い取る事は出来ません。なので、少し手間ですが、網戸の外側に新聞紙をガムテープなどで貼り付けます。そして、網戸の内側から掃除機をかけていくのです。この方法で掃除すると、網戸が見違えるように綺麗になります。もっと簡単に掃除を済ませたい人は、お金は掛かりますが、ドラッグストアなどで、網戸ワイパーと言う簡単に掃除出来る物も売り出されているのでお勧めです。網戸を綺麗に掃除して、夏を迎えたいものです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の使い方で是非知っておきたいこと

畳は天然素材を使っているので、普段の手入れが必要です。掃除することはもちろんですが、日干しをすることも大切な手入れとなります。まず掃除ですが、掃除機をかける時は傷をつけないように、畳の目に沿って行うことが大事です。また、湿気に弱いので水分を含んだ布で拭かないことも覚えておくことです。長く家具を上に置いておくと、その部分はくぼんでしまうものです。そのような時は、軽く霧吹きで水を吹きかけてから、濡れタオルを上にかぶせてアイロンでじっくりと水分を蒸発させるように当てると修復します。日干しで気をつけることは、使用している面に陽を当てないことです。直射日光を当ててしまうと、劣化してしまうからです。かならず裏面を日に当てるか、あるいは陰干しにしておきます。また、室内にも日差しが入る場合には、畳に直接当たらないよう配慮することが大事です。畳は両面を使用することができますが、大体7〜10年ほど経てばかなり傷んできます。そこで次には畳表を張り替える作業を行います。イグサを新しくすることによって、新品のように生まれ変わることになります。もし中心の畳床が傷んでしまったならば、その修復も行ってもらうことが必要となります。

襖はとてもすばらしいもの

和室にある襖ですが、これは扉の役目も果たす場合もありますし、押し入れを隠すためのものもあります。基本的にはこのような内容になってきますが、それだけではないのが襖の良いところです。具体的にはどのようなことが言えるのかというと、襖があることで湿度をしっかりとコントロールしてくれます。これは我が国特有のものであって、とても素晴らしいです。さらには、襖はとてもすばらしいデザインのものが多いです。デザインが素晴らしいということは、見ているだけでもとても気持ちが良いものです。ちょっと和室そのものの雰囲気を変えるときに、襖の張替えを行ってみても良いです。とはいうものの、とても繊細なものですから、張替え作業は緻密な計算が必要です。緻密な計算をきちんとしてくれて、襖を綺麗に張替えるのであれば、襖や畳、さらには障子の張替え作業を行ってくれる専門の業者にお願いします。このような業者は全国各地に存在しています。全国各地に存在している中でも、頼りになってくるのは地元にある業者です。基本的に地元の人びとに愛されているような業者がポイントです。対応能力もとてもよく、さらには地域密着のところなら、安心して仕事を任せることができます。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


治水対策との長い長い闘いの歴史 海津市

海津市は、岐阜県の南西にある市で人口36000人、総面積112.31km2の市で2005年3月海津町、南濃町、平田町が合併して市制を施行した。
西には養老山脈があり、濃尾平野の三大河川の内、東に木曽川・長良川・西に揖斐川が流れる。その合流地点のデルタ地帯にある、この地域は海抜1mにも満たない低湿地帯で、市内では多くの輪中が見受けられる。昔から河の氾濫による水害の災禍を幾度と受けてきた。そして宝暦3年(1753年)にようやく幕府は、薩摩藩に命じて治水工事を行わせたが、この工事は困難を極め、多く尊い犠牲者と莫大な費用の上にようやく完成された。この工事に幕府は、薩摩藩の家老平田靱負を総責任者に奉行・足軽・下人等を合わせて947名のを工事にあたらせた。
しかしこの工事が難航した責任を取り、平田靱負は自刃したと言う悲劇もある。今、県立公園に成っている千本松原は、この時の薩摩藩士により植えられた松の苗が立派な松原と成って今日まで残ったものである。昭和13年に、平田靱負他84名の薩摩藩の犠牲者を祀る治水神社が松原の北端に建立され、薩摩武士団の遺徳を偲んだ。毎年4月25日、10月25日に治水神社で行われる治水神社例祭には、多くの水防関係者を始め、遠く鹿児島からも参拝者がある。しかし明治に成り、1887年(明治20年)から1912年(明治45年)に行われた木曽三川完全分流工事が行われた。オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケが作成した計画に基づいて施工された。単に「三川分流工事」、あるいは宝暦治水と区別する意味で「明治治水」とも呼ばれるて大きな成果を挙げた。その後大正期と昭和になっても大掛かりな治水工事が行われたが、今も治水対策には心配が尽きない。
この地域には豊臣秀吉の稲葉山城(岐阜城)攻めの際機転をきかして建てられた一夜城跡もある。主な農産物はみかん、トマトなど。
(宝暦治水)
1753年(宝暦3年)、徳川幕府は琉球との貿易によって財力を得ていた薩摩藩を恐れて、毎年氾濫による被害が多発していた木曽三川の分流工事を薩摩藩に命じる。工事費用は薩摩藩が全額負担、大工などの専門職人を一切雇ってはならないとした。露骨な弾圧政策に薩摩藩は幕府への反発を極め、このまま潰されるくらいなら一戦交えようという過激な意見まで噴出したが、平田が「民に尽くすもまた武士の本分」と説破して工事を引き受けることとなり、平田は総奉行となる。
40万両にも上る工事費用を捻出するため大坂豪商から借金を重ね、幕府へもたびたび専門職人の雇用許可を要請するも許可は下りず、工事のやり直しを命じられることがしばしばあった。工事に派遣された薩摩藩士達の過労や伝染病による死亡が相次ぎ、また幕府に抗議して切腹する薩摩藩士達も続出した(この時には、本来監視役のはずの徳川家からも、薩摩藩に同情して抗議の切腹を行う武士が二名いたほどである)。この件に関して、平田は幕府との摩擦を回避するため、切腹した藩士たちを事故死として処理している。薩摩藩は最終的に病死33名、自殺者52名という多大な殉職者を出している。
分流工事は着工より1年3ヶ月ほどでようやく完成したが、平田は藩への多大な負担の責任を取り自害、享年50。遺体は山城国伏見の大黒寺に葬られ、遺髪は鹿児島城下の妙国寺に埋められる。藩主島津重年も心労で、後を追うように翌月に27歳で病没している。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

岐阜県海津市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え