全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

岐阜県高山市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


飛騨高山の高山祭と白川郷について

飛騨と言えば高山を思い浮かべます。情緒あふれた誠に心洗われる街です。
長い歴史があり、地理的・文化的条件などもあって、東西交流と支配の起点と成ってきました。昔から飛騨を征服した支配者が本拠地にした。歴史的にも文化的にも飛騨地方を代表する都市です。高山祭は、非常に盛大なお祭りで、全国から観光客が集まる。正しくは1月17日の荒神社例祭に始まり、10月10日の秋の高山祭まで、46の神社に及ぶ祭礼を総称したもの、一般的に知られているものは。春の日枝神社の山王祭と秋の八幡神社の八幡祭の事を言う。
また近隣の白川郷は、岐阜県にある日本の伝統建築の一つ「合掌造り」で有名な集落です。1995年に「白川郷・五箇山の合掌造り」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。白川郷の合掌造りの家では、現在も住居として利用されていますが、世界文化遺産が生活の場として利用されていることは大変珍しく、数例しか存在しません。茅葺きと掌を合わせたように丸太組みする建築技法が合掌造りの名前の由来であるとされています。また、茅葺きとこの建築方法は、雪下ろしの手間の軽減と雨をしのぐ為であると考えられており、実際に同じ合掌造りの家でも地域によって屋根の傾斜角度が異なるなど、それぞれに特徴が見られます。世界には石造りやレンガ、木造など様々な建材や建築技法を用いた建物がありますが、そうした様々な建材や技法が用いられる背景には、その国の気候や環境など様々な要素が絡み合い、それがその地域独特の文化を形成しているのだということが分かります。一般に白川郷といえば、大野郡白川村の下白川郷を指しますが、高山市の荘川町や清見町など他の地域を上白川郷と呼び、同じ合掌造りの建築物でも上記のような違いが確認できます。白川郷でのイベントは、毎年2月ごろに行われるライトアップが有名ですが、夏でも雪に触れることができる「雪おくりまつり」や田植えやかまくら、ゲンジボタルの観賞など四季折々のイベントがあります。白川郷の合掌造りの家は現在も住民がおり、観光客が利用する道路は、生活のための道路でもあります。観光客の増加による、渋滞やマナー違反が住民の生活を脅かす要因ともなっています。実際に生活をしていることが、白川郷の特徴でもありますので、生活と観光の両立をどう図っていくかが、白川郷の課題となっています。白川郷の環境や文化を守るためには、観光客の皆さんの協力が不可欠です。
(高山陣屋)

敷地内の土蔵は、元々慶長年間(1600年前後)に高山城内に建設され、1695年(元禄8年)に現在地に移築されたものである。建物の屋根は熨斗葺(のしぶき)、柿葺(こけらぶき)、石置長榑葺(いしおきながくれぶき)など、いずれも板で葺かれている。これは飛騨が雪国であるとともに木材の生産地であり、当時の瓦では雪で容易に損耗してしまうのに対して、木材は入手が容易であったためとされている。
敷地と建物内は有料で一般公開され、内部には江戸時代の歴史資料などが展示されている。表門の手前では毎日朝市が催されており、高山市内においては宮川朝市と並び陣屋朝市として親しまれている。

岐阜県の北部である飛騨地方の中心都市、高山市。合併を経て、今では東京都の面積よりも広い面積を持っている。
高山市といえば、やはり観光地として多くの人に認識されている。高山市の古い町並みは、小京都と呼ばれるに十分に値する場所である。
高山市は古くから観光地として知られていたが、ここ数年観光客に大きな変化が現れている。
それは外国人観光客の来訪である。
街を歩けば、平日、休日問わず、外国人観光客とすれ違う。その要因は、高山市がフランスのタイヤメーカーであるミシュランの旅行ガイドで、京都と奈良と同じ三ツ星を獲得したことによる。それを契機に高山市を訪れる外国人観光客が激増している。
当然、高山市としてもそのニーズに応えるべく、食事メニューや案内標識等の多言語化を進めてきた。
その努力もあり、外国人観光客は増える一途である。
夜の居酒屋やバーで外国人と話すという、昔の高山市では考えられないことが、今まさに当たり前の光景になっている。
古くからの日本の文化が今でも残る高山市で、外国人観光客との交流を楽しめるという、いい意味でのミスマッチを、これから高山市を訪れる日本人観光客には楽しみの一つとして感じていただければ幸いである。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 岐阜県高山市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え