東大阪市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国レベルでも仰天の激安価格、料金を実現しました。
東大阪市内全域迅速にお伺いします。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。
安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替えご成約の方に 新しい引き手取替え無料サービス 只今キャンペーン中!!

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸のお掃除について

網戸のお掃除には毎回とても苦労させられます。気づいた時には網戸が真っ黒になっていて、この網戸を使って良いものだろうかというほどひどい汚れがついています。この時にいつも使っているのが雑巾です。雑巾で汚れを拭くのですが、なかなか綺麗にならない挙句に、何枚もの網戸が家にはあるので網戸1枚掃除するだけで本当に疲れきってしまいます。ただ小さい子供もいるため、網戸とは言えども出来るだけ清潔にしたいです。そんな時に知ったのが網戸の掃除方法です。以前テレビでその特集をしていて、とても良い方法だったので真似をしてみました。その方法とは網戸の掃除に雑巾を使うのではなく、お風呂で体を洗う時に使うナイロンタオルを使うのです。ナイロンタオルはとてもしっかりした生地なので、網戸の付着した汚れをしっかりときだしてくれるとのことでした。実際に使ってみると、なるほど網戸を傷めることなくしっかりと拭き取ることが出来てとても便利でした。またその時に使ったのがセスキ炭酸水です。粉末状で売っているものを水で溶かして使うのですが、ドラッグストアに行ったら液状のものが売っていたのでそれを使いました。確かに汚れがどんどん落ちて、お掃除に最適なものだと思いました。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳やふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



東大阪市は、昭和42年2月に布施、平岡、河内の各市が合併して出来た人口504千人、総面積61.814km2の市で西方を大阪市に接し、北は大東市、南は八尾市、東は生駒山系を挟んで奈良県生駒市と接しています。数々の古墳群や南北朝時代の遺跡や野崎観音・石切剣箭神社などの文化的価値の高いものから、全国的にも有名な多くの中小工業所など、非常に表情の豊かな都市です。また鴻池新田会所は国の重要文化財に指定されています。江戸時代には、河内木綿、衣摺の撚糸、足代の鋳物・鉄瓶の生産などで知られていたようです。

大阪府東大阪市は大阪市の東側に隣接する都市であり、その人口は大阪市と堺市に次ぐ、大阪府内では第三位を誇っています。東大阪市は東京都大田区と並ぶ、日本の中でも中小の町工場が多い地域として知られており、東大阪市内には大規模な工業団地も多く、商工業が盛んな都市として発展を続けています。また東大阪市は商工業が盛んなだけではなく、大阪市のベッドタウンとしての性格も強いのが特徴です。
東大阪市は大阪市の東隣りにあって、市内にはJRや私鉄の駅がたくさんあることから、交通の利便性にとても富んでおり、短時間で大阪市まで通勤や通学をすることができますので、大阪府内で不動産を選ぶ際にも、東大阪市は人気の高いエリアとして知られています。大阪空港から門真市までを走っている大阪モノレールの延伸計画もあることから、今後もますます鉄道網は充実され利便性の向上が期待できます。
東大阪市内の住宅には古くからの一般住宅と、新興住宅地、マンションが混在しており、特に東大阪市の中心部には大きなマンションが多数建設されています。特に比較的新しく開通した近鉄けいはんな線の沿線には大規模な高層マンションがたくさん建設されており、近年はこのエリアの人口が急増しています。近鉄けいはんな線は大阪市営地下鉄の中央線と相互乗り入れをしており、一本で大阪市の中心部まで行くことができます。
東大阪市にはこのようなマンションの他にも一戸建て住宅もたくさんあります。東大阪市のエリアは、奈良に都が作られた奈良時代から交通の要衝として街道が整備されていたため、その当時から人口が多く、市内には古くからの戸建て住宅もたくさん存在します。大阪市に近い東大阪市の西部にある布施エリアなどは、新興のマンションなどと共に、古くからの戸建て住宅もたくさん密集しているエリアになっています。
東大阪市の東部の生駒山に近い石切エリアは、東大阪の中でも高台にありますので、高台からは東大阪のみならず大阪府下を一望でき、特に夜景が綺麗なエリアとして有名です。このエリアも近鉄けいはんな線の沿線を中心に大規模なマンションが多数建設されており人口も増えています。また東大阪市の花園エリアには有名な花園ラグビー場があり、ラグビーシーズンには大勢の人が訪れています。

大阪のイメージ

大阪のイメージと言うと、食文化、漫才、落語、町工場、大阪人の性格等々多様な印象が世間にありますが、なかでも大阪市内と河川との関係は意外に歴史的にも密接な繋がりがあります。大阪市の地名には水や河川にちなむもの(船や橋など)が多くあります。難波、北浜、船場、淀屋橋、天神橋など水や河を連想させる地名であり、今でこそ、その面影は息を潜めておりますが、かつての大阪は舟が縦横無尽行き交うまさに「水の都」そのものでした。そうした河川や運河が交通の主要な手段であり、瀬戸内海各地や九州、さらには大陸との交易によって、大阪の産業を下支えしてきたのです。また、娯楽のひとつとして舟が使用されることも日常でした。遊覧用に造られた屋形船に遊山客が乗り込み、花見の名所などを川から眺めて楽しんだり、道頓堀の芝居見物も舟で行ったり、住吉大社や野崎観音などへの参詣にも舟は利用されていたそうです。しかし、戦後になって、陸上交通が台頭してきたことで、水上交通は衰退し始め、また工場から出される排水などによって、水質環境が悪化していきました。こうした河川の整備や水質問題に取り組むきっかけとなったのが、昭和25年に近畿地方や四国地方に大きな被害を与えたジェーン台風でした。海に面している大阪は、台風によってもたらされたダメージは大きく、多くの高潮被害を受けたことで、高潮の防御対策や環境整備のために、多くの河川が埋め立てられ、生活歩道などに変化を遂げていったのです。しかし、それでも現在(平成25年)の大阪市内では、33河川、総延長146kmに至り、大阪市の面積の約1割を水面が占めています。また、河川の水質改善や環境整備はさらに進められ、大阪の水をめぐる環境は劇的に回復しつつあります。そうした水都大阪をさらに促進させようと、大阪府や市だけでなく、経済界に市民やNPO法人等が加わり、人間活動としての河川を礎に美しい水都の街づくりが進められています。また、大阪市内の各地を舟で巡るクルージングも盛んに行われ、清涼感を味わいながら、大阪の街並みを川面から楽しめることができます。また、浪華八十八橋と呼ばれたほど橋の多かった大阪だからこそ、陸上では渡りなれた橋を下からくぐるのも楽しみのひとつです。こうした河川の整備により、大阪はかつて賑わいを見せた水の都に変化しつつあります。大阪に住む私自身、大阪の人々がもっと河川を身近に感じ、河川と共存することで、日々の生活がより豊かになることを期待しています。

大阪府東大阪市は大阪府の東部に位置する市で、東部は生駒市と隣接する奈良県との県境になっています。東大阪市は約50万人の人口を抱え、中核市の指定を受けています。東大阪市の東部は生駒山系が連なる高地になっていますが、大部分は大阪平野に属する低地が広がっています。そうした地形を何本もの天井川が流れているため、東大阪市は過去に大きな水害に見舞われたこともあります。東大阪市は中小企業が集まっている市として全国にその名を知られていて、「モノづくりの町」を前面に打ち出しています。人工衛星の開発に取り掛かるなど、東大阪市の中小企業が持っている技術力には定評があります。ただ、近年では工場の跡地に住宅が建てられるなど減少傾向も見られます。東大阪市を特徴づけるもうひとつのポイントがラグビーです。東大阪市には高校ラグビーの全国大会が行われる花園ラグビー場があります。高校生ラガーマンにとって聖地とも言える花園ラグビー場のある東大阪市は「ラグビーのまち」も標榜しています。また、作家の司馬遼太郎が執筆活動を続けた土地でもあり、自宅として暮らしていた敷地には司馬遼太郎記念館が設けられています。庭からは生前の状態のまま残された書斎を見学することができます。

大阪府、東大阪市は「ラグビーのまち」として有名です。東大阪市のマスコットキャラクターは「トライくん」です。こちらはラグビーにあこがれる少年をイメージしたキャラクターです。東大阪市には「東大阪市花園ラグビー場」があります。こちらはラグビーの聖地とよばれている場所でたくさんの試合が開催されます。こちらのラグビー場の近くに「花園公園」があります。こちらには巨大な遊具があり無料で遊ぶことができ、子供連れに人気があります。広い芝生の広場もあり、休日にはピクニックを楽しむ家族連れでにぎわいます。東大阪市には「枚岡神社」があります。こちらは大阪のパワースポットとして知られている由緒のあるお寺です。毎年盛大な秋祭りが行われることで知られています。東大阪市はモノづくりのまちとしても知られており、中小企業が多数集積している工業都市です。中小企業の工場もたくさんあります。東大阪市役所の最上階には展望ロビーがあり無料で入れます。大阪の夜景を楽しめるスポットとして人気があります。東大阪市には「御菓子司モモヤ」というお菓子屋さんがあります。こちらは地元でよく知られる人気のお店で「大栗」という栗の入った和菓子が人気です。

0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 東大阪でのたたみ、ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

                    

施工可能地域

東大阪市内全域にお伺いします
      

大阪府東大阪市 K様邸
畳と襖の張替え工事 事例

大阪府東大阪市 N様邸
畳襖張替え

大阪府東大阪市  Y様邸
障子張替え  

大阪府東大阪市 N様邸
襖張り換え 障子張替え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

大阪府東大阪市 H様邸
畳表替え

 Y様邸 障子張替え

大阪府東大阪市 Y様邸
畳表替え

大阪市 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

大阪府東大阪市 B様邸
畳襖の張替え

大阪府東大阪市  G様邸
畳襖障子の張替え

S様邸
畳表替え施工事例

お客様の声

畳の良さと言えば寝ころんだ時の寝心地とあとはその緑の香とも言えます。新鮮な畳のにおいはなぜか落ち着いてしまうというひとは世の中にはたくさんいます。やはり自然の緑のにおいはひとの何かに語りかけるのです。
多少の汚れなどは自分で綺麗に出来るかもしれません。どうやって綺麗にするのかというと、今ではホームセンターなどで汚れを落とす洗剤が手に入るのは誰しもが知っていることともいえます。しかし、汚れ以外の畳の傷を手入れするのは難しいです。
例えばタバコの吸い殻や消し忘れで畳の一部が焼けてしまったときなどは自分自身の手で修復するのはかなりの困難とも言えます。まず素人ですと、なにをどうしてよいのか普通はわかりません。しかも下手に修理をすると危険も生じます。
危険というのは大げさかもしれませんが、引っ越しでその家を出なければいけない状況になったときに予想以上の金額がかかってしまう可能性も出てくるのです。畳が多少汚れているだけでも畳全面張り替えになって多額な金額を請求されることもあるのです。
畳が多少汚れても放置するのではなく、比較的リーズナブルな価格で修理してくれる業者もあるので、一度見積もりを出すのも手のひとつとも言えます。やはり綺麗な畳の上で生活するほうが気持ちが良いものでもあります。

襖を活用することによってできる
空間づくり

和室には必ずと言っていいほどあるもの。それが襖である。大部屋などになると、複数見ることが出来るだろう。普段何気なく使用している襖を活用することによって、快適な空間づくりが可能である。ここでは襖を閉める場合とそうでない場合の2つを紹介していこう。まず1つ目。襖を閉める場合。家にあまり部屋数はないが、大部屋があるという家では特にあてはまる。来客があり、来客用の部屋が用意しきれない時には、大部屋の襖を閉める。そうすると部屋数が増え、スペースが確保できる。この逆を利用して、襖を開ける場合を考える。急な来客によって、大きな会場を用意しなければならなくなった。そういう時には襖を思い切って開け、部屋と部屋をつなげるのだ。そうすると、部屋が広くなり一気に解放感が出る。こうしてスペースを確保出来る。このようなことは和室ならでは出来ることだ。この襖というシステムに似ているものは、海外ではあまり見られない。和室でしかできないのだ。普段見ているからこそ、あまり活用しようと思わない人もいるかもしれないが、襖というシステムは単純でいて、奥が深い。襖という1枚の板だけでガラリと部屋の雰囲気が変わる。ルームメイクなカギともいえる存在かもしれない。