全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

東広島市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳ふすまの伝統

次の世代へも必ず引き継いで生きたいものに、古来から伝わってきた日本の文化、和室があげられる。和室には欠かす事の出来ない襖や畳、障子もそれと同等であるといえるであろう。昔からの情緒あふれる日本家屋和室は忘れてはならない物だと言える。
隣の部屋との間仕切りのための建具として「襖」はもち入れられてきた。その間仕切りを取り払えば、とたんに大きな部屋となり大人数の客の持て成しにも重宝していた。臨機応変に対応できるのがこの襖の魅力でありメリットであると言えるだろう。
襖は、和紙で出来ている。和紙を幾重にも張り合わせて作られているのである。このような大変な苦労で作られた和紙は、やはり味わい深いものがある。部屋の中にいるだけで落ち着かせてくれるし、清浄管理や湿度調節までやってくれる。
日本の梅雨という、誰にでも嫌われる時期の湿気さえ、襖は調整してくれているのだ。そのお陰で湿度高い日にでも快適に過ごすことが出来るといえるだろう。間仕切り建具としてだけではなく、空気管理もしてくれる襖には感謝しなければならない。
毎日快適な暮らしを届けてくれる襖でも、長い間使い続けているとあまりいいことではない。だんだんと機能や効率も落ちてくるので、張り替えが必要になってくる。張り替える場合には専門の業者にお願いするのが一番良いと言えるであろう。

畳の歴史と、畳の居住性について

畳敷き、というのは、日本古来から造られてきた居室空間である。寺社建築の盛んな、奈良時代からの記録がある。初めは、平らな敷物として使われ、平安時代になってから、現在の厚みのあるスタイルとなったと云われる。
寺社建築から、神殿造り、そして現代の木造建築につながる、数寄屋造りと様式が移るなか、室町時代に、部屋一面に広く畳を敷き詰める仕様が現れ始めた。その頃には、殿様の寝床に厚みのある畳を敷いたり、足のある台に畳を載せた、床子(しょうじ)というイスの様な物もあった。
平安時代には、貴族や高官が、自分達の権力を象徴する為に、起き畳として使い、縁の色や柄によって、身分を表したという記録がある。桃山時代がら、江戸時代に移る頃、茶室の発展に伴い、数寄屋風書院造りと発展し、炉の位置などにより、畳の敷き方が決まり、それに伴い日本独特の正座が生まれた。
江戸時代になってから、御畳奉行(おたたみぶぎょう)という役職が作られる程、武家、特に将軍や大名にとって、重要なものとなってきた。江戸時代後期には、畳の職人制が確立され、そこから、庶民の住まいに普及してきた。
普及に伴い、日本の独自の部屋の広さを示す、符号として使われる様になって、現在に至る。本来は、中に乾燥したワラを詰め、イグサで、畳表を造る、というものだが、今は簡易な材料を中に入れたり、暑さ15ミリの薄いものまであり、洋室の床に敷く事もでき、使い方が多様化している。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


広島県東広島市について1

東広島市は広島県のほぼ、中央にある市です。
東広島市の面積は635.16平方キロメートルで、総人口数は推計で19万1320人となっています。
東広島市の市の木はマツで、市の花はツツジとされています。
東広島市に隣接している自治体は広島市や竹原市、安芸高田市や三次市や呉市、三原市や安芸郡熊野町や世羅郡世羅町や、豊田郡大崎上島町です。
東広島市は瀬戸内海沿岸地域と中山間部地域の標高差が大きく、広島県内で最も広い盆地としても有名です。
そのため昼間と夜間、夏と冬などの寒暖の差が大きい地域でもあります。
その寒暖の差を利用した酒造りが東広島市の、中心地でもある西条の酒どころとして有名になる所以でもあります。
東広島市は酒どころとしても有名ですがその他にも、新鮮な魚介類とりわけ牡蠣などが有名です。
また畑の青魚として近年注目を集めるエゴマの、生産地としても知られていてエゴマ油などの加工食品なども注目を集めています。
日本国内の主要生産地としても有名な赤煉瓦なども、安芸津の赤土から作り出されたものです。
東広島市には数多くの史跡がありその中でも、国の史跡でもある秋国分寺跡や日本の歴史公園百選にも選ばれている、三ツ城古墳などには多くの観光客が訪れています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 東広島市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え