枚方市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でもトップクラスの仰天の激安価格、料金を実現しました。
枚方市内全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

枚方市内の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。
安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸を活用して夏を楽しむ

蒸し暑い夏に網戸越しの涼しい風を感じる、そんな昔ながらの夏の光景はクーラーの普及によってあまり見られなくなってしまいました。都市を中心に40℃近くまで気温が上がる事も珍しくなく、連日のように熱帯夜が続くようになってしまった現在の日本にあって、それは致し方のない現象ではあります。網戸で自然の風を取り入れたところで、そもそも外気が体温を超える様な温度であった場合には、いくら窓を開けていても熱中症の危険があります。しかしクーラーにあたりすぎると健康を害する恐れもあり、あまり使いすぎるのはよくないのも事実です。夕方や朝方など気温の低い時間は網戸にして扇風機をかけ、日中の暑い時間はクーラーを使う、といったように一日の中でも網戸を活用しつつクーラーの風に当たりすぎないようにする工夫が必要でしょう。夏場に網戸で外の風を感じるというのは、季節を肌で感じるという側面があります。建物の中にこもりがちな現代生活において、季節を肌で直接感じる機会は減っています。網戸越しに伝わる匂いや温度は、普段忘れがちな季節の移り変わりを感じさせてくれます。また網戸越しに感じる空気の変化によって、天気の急変を知る事も出来るでしょう。網戸を活用して自然の風を取り入れることは、非常に魅力的な行為なのです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。

襖の良い面を活かす為の工夫

襖はかつては障子と同種であり明確に商品として差別化が図られたのはずっと後の事で、後発な分だけ機能性と言う点ではある意味では障子の方が先進的な面も持っています。ただ襖にも良い面があって特に近年では装飾を施せると言う点が注目を集める様に成り、インテリアとしての強みを活かす形で障子と併用されて利用される事が多く成ってきてもいます。しかしながら襖はその構造的な面から完全に外部からの視線や明かりを遮断すると言う役割を持ち、ある意味では障子とは真逆の存在ですがかつては同種であった事から共通した機能性も持ってはいます。その一つが湿気を適度に保つと言う物でこれは何れにも和紙が使われている事が関係しており、それ故にこの部分が適正な状態であるかが問われてもくる様に成っているのです。ただし襖が和紙を利用する形で湿気等の調節を行ったりしている以上は劣化が避けられない事情も抱えていて、それ故に一定の間隔で張替えと言う作業を行わないと各種の利点を失う事にも成ります。それだけならまだしも最悪な場合は襖その物が湿気を撒き散らす存在と成り兼ねず、健康被害を引き起こす物と成る可能性もあるので決して軽視しては行けない事でもあるのです。


山田池公園がある枚方市

枚方市は大阪府の北河内地域にある市です。日本書紀もその名が見られるなど、古い歴史を持つ地名です。1889年に枚方町が発足し、1938年には2町3村と合併しました。市制が施行されたのは1947年のことで、大阪府では12番目に誕生した市です。1955年には津田町を編入しました。枚方市は京都府、奈良県と接しており、東部には山地が連なっています。また、船橋川や天野川など複数の河川が存在します。瀬戸内海式気候に属しており、降水量はあまり多くありません。枚方市の東部地域の名産品として知られているのが河内そうめんです。元々は農家の副業としてはじまり、最盛期には数十軒で作られていましたが徐々に数を減らし2012年に最後の1軒が廃業してしまいました。しかしその後、地元住民によって技術継承の取り組みが行われています。枚方市には複数の公園が存在しますが、大阪府営山田池公園もその一つです。水生花園ではスイレンやハナショウブの花を見られます。園内にある春日山は鳥獣保護区に指定されており、多くの野鳥が棲息しています。枚方市には京阪電気鉄道京阪本線と交野線、JR西日本学研都市線が走っており、枚方市駅が中心駅です。第二京阪道路の枚方東インターチェンジもあります。

故郷の枚方を紹介。枚方は大阪と京都の間にある良いところです。

枚方はあまり全国的には有名ではないと思いますが、私はこの町で育ちました。
そんな枚方を紹介したいと思います。枚方は大阪と京都の間に位置する便利な場所に位置した町です。町の中心を縦断する様に、国道1号線が有りこの道沿いにはファーストフードやクルクル寿司等の飲食店が多く有り大型の電気店やバイク、くるま屋さん等も並んでおります。また、国道から路地に入っていくと昔懐かしい街並みもみられる様な何でもある町です。
国道1号線と並行するように淀川呼ばれている川が流れており。更にその川に合流する様に小さな川が多々流れております。枚方の私の実家のそばにも小川が流れており小さい頃は、よくその川で魚を捕まえたり、ザリガニをとったりしました。淀川の川辺にはゴルフ場もあり、その脇を通っている旧国道と我々が呼んでいた道は、国道1号線が渋滞している時や景色を楽しみながらドライブしたい時は裏道としてよく利用しました。
枚方では、この様に都会的な部分と自然が広がる風景が楽しめます。枚方市内の近くには、昔日本に漢字をもたらしたとされるワニ博士と呼ばれる方のお墓もあります。
しかしどうやら本当にワニ博士が実在したかどうかから検証する必要が有る様でもあります。しかしこの博士のお墓とされる場所は、ワニ公園と呼ばれ多くの木が茂っており奇麗に整理維持された感じの良い憩いの場となっている。また、枚方にはワニ公園と同様に大きな公園として山田池公園も有ります。
枚方の交通手段としては、道も整備されているので車やバイク、自転車でも移動可能ですしバスや電車も走っているので不便は有りません。
電車はJR線と京阪線が有り、大阪市内や京都市内までの移動も不便は無いです。バスは、100円バスもあって枚方市内の主な病院等を経由する様にコースが設定されております。また、枚方では多くの小学校や高校、更には大学もありバスを利用して多くの学生が登校している。こうして記事を書いていて改めて感じましたが、枚方は本当に便利な町です。
最後に枚方で唯一全国区で有名とも言える場所に、枚方パークが有ります。枚方パークには、私が子供の頃に親と一緒に遊びに行った記憶が有ります。小学生の頃は、交通費節約の為に友人と自転車で遊びに行った思い出も有ります。その頃の枚方パークは、どちらかと言うと子供が楽しめる乗り物が多かったのですが、その後今の枚方パークは一度リニューアルされ大人も楽しめる乗り物が追加されました。大人も子供楽しめる様になった枚方パークに一度遊びに行ってみて下さい。ぜひ枚方にお越し下さい。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

クリックして下さい
畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域
枚方市内全域にお伺いします
 

大阪府枚方市 F様邸
畳表替え

大阪府枚方市 S様邸
襖張替え

大阪府枚方市 I様邸
たたみの表替え 施工事例

大阪府枚方市 N様邸
 障子張替え 

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

 H様邸
畳新調 工事

 I様邸
畳表替え

最近畳替えをしていますか。畳替えの時期は、大体次のように言われています。
表面をひっくり返す「裏返し」の場合は3年、表面自体を替える「表替え」の場合は5〜7年、「新品への交換」の場合は10〜20年です。「裏返し」は早ければ早いほうが仕上がりも綺麗であり長持ちします。
「表替え」は茶色く日焼けしたり、汚れ・擦り切れ・毛羽立ちが目立つようになった時が交換の目安です。特にやぶれて穴が開いてしまった場合は、早急に「表替え」を実施しておかないと、そのまま畳床をいためてしまうことになります。
畳床は、歩くとフカフカするようになってくるとほぼ寿命で、そうなった場合は新品へ交換するのが良いでしょう。
また最近は畳の敷き方も変化が見られます。従来は、「祝儀敷き」「不祝儀敷き」と決まっていました。
、最近では、縁なし品が流行するようになり、縁無し半畳の市松敷きが大変よく見られるようになりました。またこれにとどまらず、畳に、面白く、アート感をもたせるような試みも最近登場してきています。そこで行われるのは、一畳と半畳の組み合わせを変えたり、色自体を変えたりということです。
このような少し変わった畳替えを検討するのも一つの方法でしょう。

里山が今ものこる枚方市

大阪府枚方市は京都府と奈良県の府県境に位置しており、寝屋川市、交野市、高槻市、三島郡島本町、京都府の京田辺市と八幡市、奈良県生駒市に接しています。 枚方市は生駒山地に連なる山々がある山地地区、そこから続く山麓地区、山麓地区の西側の丘陵地区、さらに淀川と淀川に注ぐ河川付近の低地地区で形成されています。枚方市の市域の大部分が丘陵地区となっています。 1947年(昭和22年)8月1日に、市制施行により枚方町が枚方市となりました。 枚方市の歴史は古く、「ひらかた」の地名は古事記や風土記、日本書紀などにも登場しています。また、江戸時代には枚方市には大阪街道の宿場町「枚方宿」が置かれ、淀川水運の港としても栄えました。現在でも当時の様子を知ることができる一部の建物がのこされています。 枚方市の観光スポットとしては、「にほんの里100選」にも選ばれた東部地域の里山があります。枚方市の東部地域には日本の原風景でもある里山が今ものこされており、地権者・市民・行政が協力することで保全の取り組みも行われています。枚方市北部には、市制35年を記念して建設された市民の森があります。花しょうぶ園や、野鳥を観察することができる鏡伝池、芝生広場などがあります。

枚方市は大阪府の北に位置した市となっています。大阪府民のほとんどが、枚方市と言えばひらかたパークを挙げると思いますが、それほどひらかたパークは有名ですし、枚方市を代表するスポットだと言えます。ひらかたパークは地域の遊園地として利用されることが多いのですが、夏場に解放されるジャンボプールがとくに有名で、この時期は周辺からもたくさんの方が来場されます。一時期低迷しかけたこともあったのですが、某有名人の方たちがこちらを盛り上げてくれたことにより、最近はかなりの集客数があります。そのため枚方市にとってはひらかたパークはとても大きな存在だと言えます。また枚方市には大型のショッピングモールもありますし、駅前はかなりの賑わいを見せているため、生活に便利な街だと言えます。このように枚方市は商業施設も行楽地もあり、住みやすさは快適だと言えますが、大きな河川が流れていることもあり、街並みはとても穏やかで落ち着いた雰囲気があると言えます。河川沿いには100世帯以上の住宅地やマンションが立ち並んでおり、この辺りでは気持ち良い風など自然が満喫できる生活を送ることができます。この地域は枚方市でも人気のエリアになっており、河川敷で散歩やジョギングをされている方たちもたくさんいらっしゃいます。もちろんバス路線も充実しているのでどこへ行くにも便利です。このように枚方市は住環境が整った街だと言えます。