全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

福井県全域にスピーディーに対応します!!

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



家の状態を確認することは、快適な生活をするために必須です。快適な生活の実現には、不便をなるべく少なくすることが重要で、加えて、心のストレスを軽減することも重要です。そのため、生活をしていて、不具合を感じないように家に手を入れましょう。
現在、和室の重要度が洋室に比べて低下しているため、和室の状態をきちんと確認することが減ってきています。特に畳は、状態の確認をするという意識が少なくなっています。洋室の床はフローリングであるので、痛むとすぐにわかります。
畳は、そうはいかないのです。かなりひどい状態になって初めて痛みを自覚します。そうなる前に交換をすることがおすすめです。畳は、状態がよければ香りもよく、適度な柔らかさがある、素晴らしい床です。ストレスが軽減されます。
ではどのように畳の状態を確認するかというと、まず、色です。イグサの色を確認してください。緑色ではなく、ほとんど茶色になってしまっていたら、もう交換のサインです。加えて、畳の縁を足で踏んでみて、違和感があるくらい凹むと交換してください。
畳は、構造が表面のイグサのござと芯材からなっています。芯材が崩れてしまうと、畳の下の木構造にも悪影響です。そうなるまえに、交換しておきましょう。ござのグレードによって価格が異なりますが、芯材の交換も念頭に置いておきましょう。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


福井県の特徴

海の愛嬌ものにタツノオトシゴというのがいる。福井県の輪郭をたどると、この愛嬌ものにやや似ている。広い越前地方が上半身で、細長い若狭地方が尾部にあたる。頭の部分が米どころ福井平野で福井市をはじめ芦原温泉・東尋坊・三国港などがある。背中には大野市・勝山市から奥越の高原を背負い、胸の部分には、武生市・鯖江市などの古い城下町がある。そして鉛色の空の下に飛沫を上げる越前海岸が腹部で、尾部のつけ根に木ノ芽山嶺が横たわり、海岸線は敦賀市・小浜市へ続いている。そしてその先端にある高浜町は、くるっと巻いた尻尾の先端を連想させる。福井県は、昔の越前・若狭の二国で、京都に近いため、早くから北陸の玄関として開けた。江戸時は松平家の城下町福井と、酒井家の城下町小浜を中心に発展し、明治4年、福井・敦賀の2県となったが、のちに合併して敦賀県になり、さらに分割されて石川県と滋賀県に編入されるという曲折に富んだ運命を辿ったが、同14年、旧若狭・越前の二国が両県から独立して、ようやく今日に見る福井県が誕生した。福井県という言葉を聞いて、人は一体何を思うであろうか。北陸、裏日本、どちらも、日なた、からは遠い印象与える。若狭は自然までが暗い。海は紫紺の水をたたえて澄んでいるが、その色は暗く、若狭富士といわれる青葉山も、姿は美しいが、裏日本特有の、暗くどんより重い色がある。水上勉氏の小説の読者は、氏の語る人々の貧しさと不幸を、福井県の自然と結びつけて思い描くにちがいない。またある人は、晩鴉波にひくく、みな声なく飛び、天また昏く、雲また疾し、彼方町の家並は窓を閉じ、と三好達治がうたったような、寂寛の風景を想像するかもしれない。しかしそうした自然の寂しさは、私たちの胸のそこにある、故郷という懐かしい言葉と、どこかで触れ合うものではないだろうか。寂寛の旅情、福井県の旅には、自分の心をもう一度きびしく振り返されるものがある。そしてそれが、この旅の魅力の一つでもある。50年前、機織り工場に通う女工さんたちの、カラコロとなる下駄の音に、福井の町の朝が始まる、といわれた福井市は、いまも織物の町として栄え、人絹織物と化繊織物では全国のトップクラスに立っている。福井を訪れた人々は、その町から芦原温泉・東尋坊・あるいは永平寺などに散っていく。みなと敦賀は、ロシア貿易に生きてきた異国情緒の漂う町である。

北陸道は古くは越のくにと呼ばれ越前はその玄関口として早くから大和文化に同化してその北辺を為していた。

石川県は、日本海側のほど中央部に位置し、石川県・岐阜県・滋賀県・京都府にそれぞれ県境を接していて西北方は日本海に面している。石川県は旧越前・若狭の2国からなるが県庁所在地の石川市をはじめ武生・鯖江・大野・勝山・敦賀などの主要都市は越前に属し若狭には小浜市がある。北陸道は古くは越のくにと呼ばれ越前はその玄関口として早くから大和文化に同化してその北辺を為していた様である。このことは県下から青銅器時代の遺物である銅鉾が数個出土されしかも井向で発掘されたものが銅鉾出土の北限に当たり弥生時代の後期には近畿を中心とする銅鉾文化圏に属することが推察される。

むかし北陸路を旅する者の最大の難所は木ノ芽峠であった。越の名の由来はこの峠にあったと言われている。これより東北を嶺北、西南を嶺南と呼んでいる。嶺北を地理的にみるとその西北越前平野があり、平野は三方を山で囲まれている。平野の西は丹生闇が走り山地を隔てて越前海岸がある。南方にあって東西に走っているのが越美山地、東北方にあって連山を為すのが加越山地と呼ばれている。この他越前中央には越前中央山地がある。
丹生山地と越前山地の間には越前平野に続く武生盆地、加越・越美・中央の3山地の間には大野盆地があり、越前平野と共に主要な生活の舞台となっている。
県の南方を走る越美山地は古生層からなり標高1200m前後の高原性山地で能豪白山・冠山等の高山がある。この山地には木ノ芽山陵から南東に小浜市から南東に走る熊川断層との間に多くの交通路が通じている。嶺南地方は若狭湾の大陥没に伴うリアス式海岸の典型をなし入り組んだ副湾を抱いている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 福井県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

福井県福井市 T様邸
畳表替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に
出来上がりました。

S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

R様邸 和紙カラー畳表替え

S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

福井県永平寺町について

曹洞宗 永平寺の所在地
福井県吉田郡永平寺町志比5−15

福井県永平寺町は禅の里として密かに話題になっている地域でもあり、参拝する人にとっては「聖地」と称されています。都会の喧騒を離れてこういったところへ行けば、人の温かさや思いやりも十分に感じ取ることができるのです。
また永平寺町では参拝客に対して、手厚いおもてなしをしていくような行動も示しています。商売を繁盛にするためそれぞれの露店で工夫をしていくような状況も出ていて、地域全体が盛り上がっているという特色も見られます。
永平寺町民は現実問題として、永平寺を誇りに思うという人が多いといううれしい情報も出ているのです。地元に誇りを持つことができるというのは、地域を潤すには必要不可欠な話題であるので、こういった内容はプラス的であると見られます。
さらに永平寺町では子供への教育にも、力を注いでいるということで有名です。将来永平寺町に貢献してみたいという子供を増やせば、世代を超えての地域活動もできるといった可能性も出てくるのです。またこうした行動は、今実を結んでいます。
以上の要素を含めていけば、永平寺町は「住みやすい街づくり」をすでに実行しているということになります。同時にこれまでの伝統も尊重していることから、地域創生当った側面にも期待が持てるような状況も出ているのです。