全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を激安価格、低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

播州地方一円にもお伺い致します。
姫路市、明石市、加古川市、相生市、三木市、高砂市、小野市、加西市、
宍粟市、たつの市、西脇市、加東市、播磨町、神河町、市川町、多可町等
もお伺い致します。

兵庫エリア全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸アミドを全部張り替えるとき

家じゅうの網戸を張替えよう、という話になった場合、かなりの時間と労力が必要です。まずは、ホームセンターに行って、必要な網戸をに貼る網を購入する必要があります。このとき、必要な網の量は、すべての網戸を計測するだけでなく、網戸毎に違う大きさのものを、効率よく切った場合を想定して、必要な網の量を決める必要があります。幾分、切れ端が発生してしまい、無駄になる部分も出ることから、できる限り、配分を調整するためにはセンスが必要になる場合も有ります。次に、網の種類を決めることになります。一言で網戸と言っても、その色や網目の大きさにより、種類が結構そろっているのです。とにかく網戸で虫をシャットアウトしたい、とにかく通気性を確保したい、などと網戸に対する要望に合わせて、選ぶことになります。外部から見えにくくするためには、黒っぽいものが用意されているので、それを選ぶとよいでしょう。そして、現在の網戸を外し、新しいものを張替えていくことになります。このとき、網戸が汚れていることもありますので、簡単に掃除しておくほうがよいでしょう。一枚一枚の手順はそれほど難しいものではないため、じっくりと腰を落ち着けて楽しむながら作業をすることが、きれいにするコツと言えます。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみのメンテナンスも忘れずに

皆さんの家にある畳は定期的に交換を行っていますか。自宅に和室などがあるという人は少なくないと思うのですが、そのような人の中でも自宅の畳の交換を行っている方はあまり多くないのではないかという印象をうけます。
畳の交換を行っていない人というのは、特に交換を行っていなくても汚れなどがなければ問題がないと思っている方が多からではないでしょうか。しかし実際には定期的に交換を行わないと衛生的にも問題が発生してしまいます。
畳というものは植物なので、人の汗などを吸ってしまい品質がどんどん劣化してきてしまいます。場合によっては畳の見えていない部分にかびが生えてしまっているパターンもあるので、定期的な交換はとても重要だといえます。
そのような交換を行う際には畳業者に作業を依頼することをおすすめします。業者によっては畳を購入することで、古いほうのものを引き取ってくれたり、設置を代理で行ったりしてくれるサービスもあるのでうまく利用しましょう。
畳の交換を行っている業者も、最近ではインターネット上にサイトを設けている業者も多いので、そのようなサイトを利用して畳の業者の比較を行うのもおすすめです。きちんと交換をして清潔に保てるようにしましょう。

新しい襖ふすまで心地よい部屋に


襖は、平安時代から日本人に愛されている、日本独自の建具です。主に、和室の間仕切り、押入れの扉に使われています。最近では、住宅の洋風化にも合うよう様々なバリエーションの襖紙や、縁、引き手などがあるので、家の雰囲気に合わせてインテリアを楽しむ事ができます。
襖ふすまは、湿気を吸収する効果や、空気中の有害物質やホコリを吸収する機能があります。梅雨時期などに、たるんでいるのを見かけた事があると思いますが、あれは、湿気を吸収しているのです。ただ、やはり年数が経つと、劣化し、本来の機能を保てなくなります。
そこで、定期的な張替えを行うのが良いのですが、素人が襖紙の張替えを行うのは難しいので、専門業者にお願いしましょう。年末に、畳や障子の張替えを行うお宅が多いと思いますが、その時、一緒にお願いすると少し安くなります。
襖は何度でも張替える事ができる、大変エコな建具です。襖ふすまには、いくつか種類があります。種類によって張替え金額が変わりますので、業者にお願いする前に、ご自分でも知っておくと良いでしょう。襖の種類は、源氏、押入れ、天袋、仏前戸(2枚開戸・4枚折戸)などがあります。


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


神戸市中央区について

県庁所在地である神戸市は、古く奈良時代から『大輪田の泊』として知られた歴史を持ち、現在もわが国屈指の国際貿易都市である。大阪と並んで西日本工業地帯の中心をなす都市でもある。古くから開けた市内には、五色塚古墳・処女塚古墳、平家滅亡の哀史を物語る一の谷・ひよどり越え等の史跡、大山寺・如意寺・転法輪寺・生田神社等の古社寺が多い。一方市内には回教寺院・異人館・関帝廟などがあり、他の都市には無い異国情緒豊かな華やいだ風光に恵まれている。また遠近の訪問者の多い六甲山、名湯有馬温泉もあって自然・人文の観光資源も豊富である。
人口1538千人、総面積552.26km2。9つの区で構成される政令都市である。広大な市域は、東は芦屋市、北は三田市、西は明石市に境を接し南は大阪湾に面して開けている。市域の大部分は、六甲山地とこれにつらなる山地が占め、南部の海岸沿いに平野がひらけ市の中心地が東西に細長く形造られている。市の歴史は古く、奈良時代から瀬戸内海の重要な港として知られていた。この地福原荘を領有した平清盛は、大輪田の泊を改修して対宋貿易の拠点として鎌倉時代からは「兵庫津」と呼ばれ、明や琉球の船で賑わい江戸時代は、裏日本から下関回りで出てくる船の出入りで賑わった。慶応4年(1868年)1月、下田条約によって兵庫港を開港した際、外国人との紛争を恐れた幕府は、開港場として兵庫港(兵庫津)を避け、当時一寒村だった神戸村を選んだ。明治に入って古い港町兵庫港付近、外国船停泊地としての神戸港付近とが双子都市として発達したが、その中間地に県庁・福原花街さらに同7年神戸駅が開設されて、一つの都市を形成するようになった。明治22年に市制を施行した当時は、人口3.5万人に過ぎなかったがその後に湊・林田・池田・須磨町・六甲村・西灘村・垂水町などを編入して人口も90万人を超えて、市域も115km2に拡大した。その後も周辺の町村を編入して現在に至っている。一方神戸開港は、国際港都への道と同時に商業都市化の道も急速にたどることとなった。明治5年諸外国との貿易が開始されると、生田川口付近に外国人居住地が設けられ、貿易商社が軒を連ねるようになった。その後大手企業の工場が続々と誘致さえ、工業都市としても急速に発展していった。中央区は、1980年に、葺合区とフラワーロード以西の生田区が合併してできた区である。明治期の開港とともに発展をはじめた地域で戦後に行政機能が移転してきたことにより神戸および神戸都市圏の都心としての役割をなしている。震災前後までに、開港当時からの領事館もこの地から「神戸」の名を冠して大阪に移転したものの、まだ名誉領事館・国際機関が多く存在している。
三宮、異人館が並ぶ重要伝統的建造物群保存地区の北野町山本通、神戸ルミナリエと近代建築のライトアップで有名な旧居留地、中華街の南京町、神戸港ウォーターフロントのメリケンパーク・神戸ハーバーランド・ポートアイランド・神戸空港(マリンエア)・東部新都心のHAT神戸などがある。

敬老の日発祥の地 川辺郡多可町

現在の兵庫県川辺郡多可町で、1947年(昭和22年)9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされます。当時の野間谷村の村長であった門脇政夫氏が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開いたもので、9月15日になったのは、ちょうど農閑期にあたり気候も良い所からこの時期に定められた。
1948年7月に制定された「国民の祝日に関する法律」において、こどもの日、成人の日は定められたものの、老人のための祝日は定められなかった。そこで門脇氏は1948年9月15日に開催された第2回「敬老会」において、9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日とすることを提唱されました。門脇氏は県内n他の市町村にも祝日制定を働き掛け、大きく気運が広がって行きました。そして1950年からは兵庫県が「としよりの日」を制定しました。
また老人福祉法により9月15日を老人の日、これより1週間を老人週間と定められました。この様に川辺郡多可町は、敬老の日の制定に大きく貢献しています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 兵庫県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 畳と障子の張替え

 K様邸 縁無し畳施工

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸 和紙カラー畳表

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

 N様邸 襖張替え施工


T様邸 畳襖の張替え

兵庫県の
神戸フルーツ・フラワーパーク

兵庫県の神戸フルーツ・フラワーパークは、兵庫県神戸市北区にあり交通の便もよく車などでアクセスしやすいです。駅からの無料送迎バスもでているので車を所有していない人でも安心できます。ここは四季を通して様々な遊び方ができる施設でもあります。アミューズメント施設だけでなくホテルや温泉もあり思い出深い結婚式をあげることもできます。色々な施設があるので家族で遊びに来るのに向いています。それぞれの世代が楽しめる場所となっています。
神戸フルーツ・フラワーパークは、名前の通り花と食べ物を楽しめる場所でもあります。フルーツの収穫の時期になると訪れる人も増加します。敷地内に綺麗に植えられた花はみているだけでも心が和みます。季節により楽しめる花も違っているので1年に再度訪れても楽しみがあります。花が綺麗なので写真撮影にも向いています。施設内は散歩をしながら花をゆっくりと楽しめる造りとなっています。たくさんの果樹園もあり収穫の時期に費用を払うと収穫体験をして食べることができ人気のスポットとなっています。宿泊施設もあるので結婚式をあげるのにも適しています。花が綺麗な施設なので結婚式をするには最適です。温泉があるので宴会や同窓会などの席にも適しています。みんなが集まって笑顔になれる場所がここにはあります。遊園地や自然や動物とふれあうことができる施設があるので家族旅行でも楽しむことができます。家族そろって子供も大人も楽しむことができグルメを味わう事ができる施設なのです。
ここはグルメでも人気がある施設です。ワインや神戸のおいしいグルメをたくさん堪能することができますしお土産も売っています。料理もデザートも充実して神戸フルーツ・フラワーパークでしか味わう事しかできないおいしさがそこにはあるのです。動物を近くで楽しめる場所もあり猿のショーや馬に乗れる体験ができる場所もあります。パターゴルフやゴーカートといった自然の景色を利用した遊びも楽しみの1つといえます。
物作りの体験教室などもありここで経験できる事は広がりがあります。家族やカップルの思い出作りとなることは間違いない施設です。気の合う仲間と集まれる場所でもあります。楽しい要素がたくさんあつまって1つのテーマパークとなっている施設が神戸フルーツ・フラワーパークです。また、イベントなども開催されていて何度訪れても楽しめる場所です。色々な世帯で訪れるにはそれぞれの楽しめる要素が含まれているので訪れるのに選ばれやすい施設となっています。