仰天の激安価格で畳たたみたたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみたたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

茨城県スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸アミドを使って負担軽減

食品工場では、防虫のために、工場の建屋のあちこちに対策を施しています。特に、外気を取り入れるときには、虫も同様に入ってくることから、フィルターを付けておく必要があるのです。ただし、このフィルターをいきなり使用すると、高価なフィルターがすぐに詰まってしまい、経費が掛かってしまいます。そういった時に、活躍するのが網戸です。網戸は大きなゴミをシャットアウトしてくれることから、第一段階のフィルターとして大きな力を発揮してくれます。網戸には大き目の虫が引っかかったり、枯れ葉などの植物片を止めてくれたりするのです。網戸の目の大きさを変えることで、二重にすることも可能であり、最外部に大きめの網戸を、次の段階で小さめの網戸にすることで、外気を滞りなく流通させることができます。網戸の網がゴミで詰まってしまった場合には、丸洗いが可能であり、メインテナンスも簡単です。また、破れてしまった場合でも、網戸の張替えは比較的簡単に行うことが出来、コストも安くつくのです。工場と聞くと、すぐに専用のフィルターを付けなくてはいけない、という固定観念を捨てることで、安価で、効果の高き防虫対策をすることができる、というわけです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳は、日本の住宅で、伝統的に利用されている敷物で、板状の畳床の表面に、い草を編み込んで出来た畳表をかぶせ、縁には畳表を止める為の畳縁と呼ばれる帯状の布を縫い付けたものです。一般的な大きさの規格としては、京間、中京間、江戸間、団地間 等の4種類が代表的です、
利点としては、夏は涼しく、冬は暖かい、多湿の時は水分を吸収し、乾燥時にはそれを放出することにより、保湿、断熱効果、吸湿、放湿作用に優れており、い草の香りは森林浴のようなアロマテラピー効果で、心身ともにリラックスする鎮静効果が期待できます。
日に焼けて黄色く変色したり、傷が出来たりして傷んできますので、メンテナンスとして、新しい畳を敷いてから2〜3年の時期に、表に張られているい草のゴザを表に返して、再利用して張り直す裏返しを行います。早めの時期に裏返しをして美しさを保ちます。
3年から5年程度の時期に、表替えを行います、畳床はそのままに、新しい表と縁を新品に張り替えます、新しい表のい草の香りには、森林浴効果、鎮静効果があり、ストレスを解消し、リラックスさせる効果があります。
10年から20年程度で、弾力性が無くなり、凸凹や大きな隙間が出来るようになったら、畳を構成する床、表、縁の部材を交換することも出来ますが、寿命だと考えられますので、新品に入れ替えて部屋も心もリフレッシュを行います。
襖の便利さと快適さを考えてみた
和室といえば襖です。襖は季節ごとに表装を張り替えて気分を変えることもできます。少しの力で開くので開け閉めも簡単です。和のアイテムは畳や掛軸などたくさんありますが、襖はたやすく暮らしに取り入れられます。出来れば障子と襖でセットで揃えたいところですが、襖だけでも和室の優しいイメージになります。襖は防音性は低いと思いますが、人の気配をどこかに感じていたい人にとってはぴったりだと思います。襖は真横に開くので、ドアのようにスペースも取りません。破れても簡単に修理出来ます。取っ手のところもホームセンターでお好みのものを買って取り付けれられるので模様替え気分が味わえます。家のなかに和室がひとつあるととても和みます。畳のいぐさのにおい、障子越しからのやわらかな光、襖だけで仕切られているので窓からの空気を家中に通すことが出来て衛生的です。高齢者も増えてきているので、襖のように開けやすく閉めやすい仕切りは重宝されると思います。子どもにも開け閉めしやすくて使いやすいですね。隣の部屋の音が何となく聞こえてきて孤立感もありません。ノックの代わりに声をかけて開けても良いかを確認するのでコミュニケーションにもなりますし誰がきたかすぐにわかって安心です。襖のある暮らし、いいですね。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


茨城県について

茨城県は関東地方の北東部に位置する県で、もとの常陸国全域と下総国北部にあたります。茨城県の人口は約290万人で、日本の総人口の2.3パーセントを占めており、静岡県についで全国11位、政令指定都市を持たない県ではもっとも人口が多いですが、人口が分散されており、人口30万人以上の年は存在しません。面積は約6000平方キロで、国土の約1.6パーセントを占めています。県内の市町村数は44で、うち市は32、郡は7で、その下に10の町と2の村があります。
茨城県という名称は廃藩置県後間もなく行われた県の統合の際に、茨城郡の水戸に県庁が置かれたためにその郡名が採用されました。茨城県の茨城という名は、一説に賊を討つために茨の城(柵)を気随tz事に由来し、常陸国風土記の茨城郡条には「穴に住み人を脅かす土賊の佐伯を滅ぼすためにイバラに穴を仕掛け、追い込んでイバラに身をかけさせた」とあります。また、万葉集由来とされる歌があり、この故事にちなむ茨城(うばらぎ)という地名がみられます。
茨城県の茨城の読みについては、「いばらぎ」と読まれることがおおいですが、正式には廃藩置県以来「いばらき」と読むことが正しいと定めています。実際茨城県に住んでいる人の方言である茨城弁の発音ではカ行が濁音あるいは鼻濁音化する特徴があり、茨城弁を使用する人は自分では「か」と言っているつもりでもそれ以外の人には「ぎ」といっているように聞こえてしまうため茨城県内外で「いばらぎ」と理解されているという説もあるようです。
茨城県の名所の1つとして牛久大仏があります。牛久大仏は茨城県牛久市にあるブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120メートルあり、立像の高さは世界で3番目ですがブロンズ立像としては世界最大の仏像です。ならの大仏(14.98メートル)が手の平にのり、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある自由の女神の実質的な像高(33.86メートル)の3倍近くの大きさがあります。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られました。
茨城県の名産品といって1番に名前が挙がるのは納豆です。納豆はおともと関東以北で広く生産されていましたが、明治時代に水戸でとある納豆店が当時開通したばかりの水戸駅の駅前広場で旅行客に対し納豆の販売を始めました。このアイデアは見事成功し、納豆は水戸のみやげ物として高い人気を得ることになりました。この販売方法は納豆の流通に革命的な影響を与えました。土産物の納豆はそれぞれの地域で食卓にのぼり納豆といえば水戸というイメージが定着することになりました。

茨城県は山や川・湖などが多くある自然が豊かな地域です。科学技術に関連した施設が多く存在していて、筑波研究学園都市などがあり日々研究が行われています。つくばエクスプレスを利用することで、東京からも45分程度でアクセス出来る場所にあります。つくばサイエンスツアーと題して見学のコースがあり、学校の課外学習授業だけでなく、家族などの旅行でも訪れ学ぶ事が可能です。
人気の食べ物がいくつか茨城県にあって、水戸の納豆が有名です。歴史がとても古く小粒の大豆で作られていて食べやすいのが特徴です。大豆のイソフラボンや食物繊維・アミノ酸などが含まれ、酵素であるナットウキナーゼなどが体の健康に効果的であるとされ、食卓に欠かせない存在として長年親しまれています。茨城県で収穫量が多い栗を利用した商品もたくさん作られ、和菓子や洋菓子がおみやげ品としても数多く生産されています。地ビールの醸造所も多く、茨城県ならではの味を楽しめます。
日本の三公園の一つとして有名な偕楽園が茨城県にはあって、無数の梅が植えられていて、白梅や紅梅を2月下旬ころから楽しむことが出来ます。早春の梅を楽しめるだけでなく、春の桜や5月ころにはツツジ、秋にはもみじや萩の花など年間を通して絶景を堪能できます。開園時間が定まっているため、遅れないように出向く必要があります。一番の見頃は各季節に祭り期間があるので、その時期を目安にすると見頃を逃してしまう心配が無くなります。
茨城県の霞ヶ浦では、とても品質の高い淡水真珠の養殖が行われています。昔は養殖の質は悪いとされていましたが、技術が発展し本真珠と比べても劣らないものが作られるようになり、悪い品質のものを流通させない努力とパフォーマンスを行うことで、全国的にも霞ヶ浦の淡水真珠が有名となり出荷量が増えたほか、加工を行う技術も高まってアクセサリーなどが作られ、販売も行われています。茨城県を訪れた観光客にも人気の製品となっています。
夏になると、茨城県ではたくさんの花火大会が開催されます。優れた花火職人の魂がこもった鮮やかな彩りを楽しむことが出来ます。開催地や大会の日時などは茨城県のホームページ等から確認を行うことが出来ます。茨城県には白鳥の飛来地もあって、大塚池公園・菅生沼・北沼湖畔・古徳沼などにおいて、早い時には10月の中旬ころから飛来があります。誰でも見に行くことは可能ですが、白鳥を驚かせるようなことやいたずらなどをせず、マナーを守った見学が必要です。


施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 茨城県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳たたみの張替え工事例

N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳たたみと障子の張替え工事 

K様邸
縁無し畳たたみ施工
お洒落に出来上がり
ました。

H様邸
半帖縁無し畳たたみ

S自治会様
障子張替え

お茶室の畳たたみ表替え工事

R様邸
和紙カラー畳たたみ表替え

S様邸
和紙カラー畳たたみ表 施工事例

N様邸
襖、和紙畳たたみ張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳たたみ襖ふすま張替え

シックハウス症候群対策

家を建築する時には、さまざまな化学薬品や物質を含んだ建築材料が使用されます。化学薬品や物質によりシックハウス症候群にかかる可能性がありますが、100%天然素材の建築材だけで家を建築するのは不可能に近いことです。そこで建築材だけに天然素材を求めるのではなく、シックハウス症候群の原因になる化学薬品や物質を除菌や解毒する作用がある襖紙を使用した襖にすると、家の中でも安心して生活することができます。シックハウス症候群を防ぐ襖には天然素材のあるものが使用されています。それはホタテの貝殻です。ホタテの貝殻には天然の除菌や解毒作用があります。また貝殻は軽量ですので、頻繁に開け閉めする襖に使用するのにはとても適した天然素材なのです。ホタテ貝の襖紙には特殊加工が施されていて、細かい気泡のような模様のあるのが特徴です。ホタテの襖紙に張り替えることで、シックハウス症候群をはじめアトピーなどアレルギー疾患にかかるのを防ぐことができます。建築物の化学物質だけでなく、カビやダニのフンなどに対しても除菌や解毒作用がありますので空気清浄機のような役目を果たしてくれるのです。この特殊加工のホタテ貝の襖紙はホームセンターなどではなかなか手に入れることができませんが、インターネット通販や専門店で手に入れることが可能です。また専門店によっては、ベテランの職人さんがお手頃な値段で襖の張り替えをしてくれる場合もあります。