全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

石川県全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


石川県の産業

石川県の基幹工業は繊維工業と機械工業のニつで、しかも近代工業と伝統工業が並存して発展している点に特色がある。繊維工業は、絹・人絹織物と、近年著しい発展を示している合成織物で主体をなし、隣りの石川県とともにわが国でも屈指の広域工業地帯を形成している。主な生産地は、金沢・小松・加賀の各氏と羽咋市を中心とする隣接各町で、金沢の加賀友禅、小松の小松綸子、加賀の羽二重、羽咋の能登上布などは全国にその名が知られている。また特色の一つは、小幅織物が少なく輸出用の広幅織物を主としていることで、とくに長繊維織物では全国一の生産量誇っている。機械工業は、繊維機械・建設機械・輸送用機械の製造が盛んで、主に加賀地方に工業郡立地している。なかでも小松市にあるコマツ製作所は有名で、ブルドーザーの生産量では世界第2位を誇り、ほかにパワーショベル・トラクター等の建設機械、大型プレス・小松マイプレスなどの産業機械を生産している。また、繊維機械の製造は、繊維工業と密接な関連を持って発達したもので、市場占拠率は全国の90パーセント強を占めている。しかし、全体的に見ると経営規模が小さく、中小、あるいは零細企業が多い。本県は、わが国でも京都と並んで伝統産業の盛んな土地柄である。全国的に著名なものばかりであるが、例えば、金沢の九谷焼・大樋焼・加賀蒔絵・象嵌・金箔・輪島の輪島塗、山中の山中塗などがあり多彩を極めている。いずれも藩政時代に盛んになったもので、古い伝統のままに行われており、現在でもその生産構造にはそれほどの変化が見られない。なかでも輪島・山中塗等の漆器の生産量は全国第1位で、金箔は全国生産額の約95.5パーセントを占めている。石川県の鉱業として、主要なものに非鉄金属の陶土と珪藻土がある。本県はどちらかというと地下資源に乏しい県であるが、陶土と珪藻土の埋蔵量は無尽蔵と言われている。陶土は九谷焼の原料で、本県の窯業盛大さをうらづける資源となっており、また、衛生陶器・硬質陶器の原料として県外にも大量に移出されている。小松市・辰口町・鳥越村などが主な生産地である。一方珪藻土は七尾市と珠洲市で量産され、レンガ・カワラ・コンロ・カマド等の原料として利用されている。なかでも七尾市のコンロは、全国トップの生産量を占めておりは、羽咋市の珪藻土は、切り出し珪藻土、としてその名が知られている。藩政時代以来、米どころとして知られた石川県は、今でも稲作を中心とした農業県である。北陸農政局の昭和60年の調査によると、県全体の農家数は5万7,050戸、内訳は専業農家3,370戸、兼業農家が5万3,748戸となっており、全国的な傾向にみられるように農家の兼業化が著しい。また総耕地面積4万7,620ヘクタールのうち、田4万115ヘクタール、普通畑5,891ヘクタール、樹園地1,617ヘクタールとなっている。米の主要生産地は、加賀地方の金沢平野である。金沢平野は、水田農業として日本で最も進んだ平野の一つで、大々的に機械力も導入され、耕地も整然と整備されている。また、農家の経営規模も大きく、単位面積当たりの収穫量も高い。わが国有数の早場米の産地として知られている。
石川県金沢市の伝統産業

金沢の伝統産業は九谷焼・大樋焼の陶磁器をはじめ、加賀友禅・加賀蒔絵・金箔・象嵌・桐工芸など多彩を極めている。これらの産業は藩政時代の歴代の藩主によって奨励され、特に5代綱紀の時に頂点に達した。綱紀は藩租利家の設けた藩営工芸所の性格を持つ細工所を整備拡大して優れた職人を招いて政策に当たらせた。その名品を収集して「百工比照」と命じた。その基礎は17紀後半までに出来あがったのである。
(九谷焼)
金沢・小松・加賀・3市と寺井町で生産される色彩陶磁器の総称。起源は諸説紛紛としているが、江戸時代初期に加賀藩支藩大聖寺の初代利治の命で、後藤才次郎が九州有田の陶法を学んで、領内江沼郡九谷村で製陶したのが始まりとされている。創業後約50年の元禄5年(1692)に一時絶え、それからおよそ120年経った文化4年(1807)、加賀藩の招きで、京都の名陶工青木木米が卯辰山麓の春日山窯で再興して、文政7年(1824)には大聖寺の吉田窯を開窯した。中絶前九谷村で焼かれていたものは画家久隅守景が絵付けしたもので、今日「古九谷」と呼ばれている。以後のものを「再興九谷」あるいは単に「九谷」と称して区別している。九谷焼きは伝統的な画風と洗練された上絵付けの彩色に大きな特徴がある。上絵付けのうち赤地に人物を描いたものが木米風、緑、黄、紫、藍の4彩を施したのが吉田屋風で、飯田屋風は赤と金彩模様で描かれている。
(加賀友禅)
江戸時代元禄年間(1688〜1704)を中心に活躍した京都の絵師、宮崎友禅により始められたと伝えられる。友禅染の本場、加茂川染とも称され、既にあった加賀友禅を母体として発達した着彩模様の染め物である。加賀友禅は、山水や花鳥など狩野派や土佐派の絵模様を基調として発達した画風で、加賀友禅五彩と呼ばれた。すおう・あい・おうど・すみ
を主色に、ボカシの組み合わせによって織りなされた華麗優雅なもので、世界で最も美しい染め物と賞讃されている。近年は高級和風として脚高を浴び、急激に需要ものびているが、職人不足などの問題を抱えている。
(加賀蒔絵)
蒔絵は漆で絵を描いて金箔や銀箔を蒔きつけて仕上げる技法で、漆工のうちで最も美術的な日本独特の工芸として世界的に知られている。加賀蒔絵は、寛永年間(1624〜44)3代藩主利常が、京都から五十嵐道甫を招いた奨励したのに始まり、正保年間(1644〜87)には江戸から推原市太夫が来沢して印籠・香合などの数々の逸品を制作した。製品は高級調度品や茶道関係の繊細華麗なもので、「加賀蒔絵」として珍重された。現在の金沢を中心とする蒔絵はその伝統を受け継ぐもので、製品に茶道具や各種装飾品がある。輸出品としても重きを為している。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 石川県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え