全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

かほく市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳の歴史とイグサの効果

畳は日本の古きよき文化です。畳の原型となるものは、縄文時代のムシロといわれています。その後各時代で形を変えながら、江戸中期には一般庶民にも畳が普及しました。平成の現代では、こだわりの高級志向のものから環境に配慮したものまで、様々なタイプがあります。
畳の原材料は、イグサとよばれる多年草の宿根性草本です。硬くて弾力にすぐれており、江戸時代までは感染による炎症を抑える効果があるとして、イグサを薬草と使用していたという記述もあります。現在では食中毒細菌や腐敗細菌に対して抗菌作用があることがわかっています。
イグサはスポンジ構造になっており、私達の環境にある様々な有害物質を吸着する効果があります。またイグサに含まれるフィトンやバニリンという成分は、リラックス効果をもたらすとされ、畳の癒し効果として注目されています。
このように畳には、リラックス効果をはじめ、抗菌作用や脱臭作用、有害物質を吸着する働きなど様々なメリットがあります。夏には暑さを遮断し、冬には断熱材の働きをする温度調節効果や、優れた吸放湿度性による自然のエアコン作用があります。
畳を長持ちさせるには、5〜6年での表替や裏替がおすすめです。作業は畳業者に依頼することが望ましいです。部屋の荷物はそのままで、新規の場合でも1日あれば作業は完了します。床の掃除や拭き上げも行ってくれるので、施工完了後すぐに使用することができます。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


かほく市の歴史と観光名所について

かほく市は、米どころとしても有名な石川県の中部に位置しています。 有名な観光の名所である兼六園がある金沢市の、近くでもあるのです。 JR線を利用すれば、往復でも五百円程度で済んでしまうほどの近さにあるので、金沢市で働いている人の多くが住んでいる市でもあります。
江戸時代には、能登地方と加賀地方を結ぶ重要な街道に位置する宿場として栄えていたが、歴史的には室町じだいにはすでに加賀国の河北郡として知られていました。 現在のかほく市の大部分が、かつて河北郡と呼ばれていた場所がはいります。
かほく市という名前になったのは、平成16年のことになります。 この頃日本全国で、村や町が合併されていました。 かほく市も、河北郡宇ノ気町と七塚町および高松町が合併してできた新しい市なのです。 人口は、35000人前後で徐々にですが増加の傾向が見られます。
市役所などは、分庁方式を取り入れており、かほく市役所は旧宇ノ気町役場が使用され、旧七塚町役場は七塚庁舎、旧高松町役場は高松庁舎とされています。 市議会の議員定数は18人で構成され産業としては、ゴム紐等の繊維産業が盛んであったが、近年は減少しつつあります。
空路でかほく市を目指すのならば、小松空港が最寄りの空港となります。 東京と仙台からなら60分、福岡からは75分で札幌だと85分かかり、小松空港からかほく市までは、車だったら50分といったところです。 かほく市の観光名所は、創建した時代が不明なほど古くからある賀茂神社や貝塚があります。

施工事例 お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 かほく市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え