加古川市内全域スピード対応!!

加古川市の畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張替えと新調は、
業界ハイクラスの技能士の施工と全国トップクラスの激安価格、
料金の当店に!  国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸を最新のものに張替える

今家で使っている網戸が古いものであるならば急いで張り替えることをおすすめします。なぜならば今の網戸は昔のものと違ってかなり高機能な建具となっているからです。メッシュの細かい網戸がその代表であり、非常に高品質で多機能なものとなっています。網戸といえば虫の侵入を防ぐためのものであるというイメージですが、メッシュの細かいものは花粉などのほこりの侵入も防ぐことができるのです。そのために室内のほこりの量が減り、空気清浄機を購入するよりも効率よく室内を綺麗にすることができます。さらに雨が降っていて風の強い日でも問題なく使用することが可能となっているのです。雨を通さないのに風だけを通すことができるので、天気に関係なく窓を開けることができます。網戸をしっかり張替えている家は少ないですが、今使っているものがいつから使っているかわからないのであれば急いで張替えるべきです。ホームセンターなどで張替えサービスを行っていることがよくあるので、近くの店を調べてみるといいでしょう。道具をそろえれば自分で張り替えることもできるので、比較的小さい網戸で練習してみるとやりやすいです。網戸をしっかり運用すると室内環境をより快適にすることができます。しっかりと網戸を最新のものに交換し、虫や花粉の侵入を防ぎましょう。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳たたみの効能

昔から、私達日本人は畳とともに生活をしてきました。畳がある部屋で過ごすと、ほとんどの日本人は落ち着くことができます。それくらいに、畳は日本人の生活にとって欠かせないものといえます。 実は意外と知られていませんが、畳には人間の生活を快適にする色々な機能があります。代表的な機能の一つが、抗菌力です。畳の原料であるイグサには、非常に強い抗菌力があるからです。ですから、夏などの高温多湿の時期に発生するサルモネラ菌、大腸菌などの繁殖を抑えてくれる作用があります。ですから、人間の健康を守ってくれているといえます。 その他の機能については、部屋の吸音と遮音効果があります。イグサには、たくさんの量の空気の層があります。この空気によって、大きな音を吸収して外部に漏れるのを防ぎます。その効果は、フローリングの部屋に比べて、音を約半分にするといわれています。 上記のように畳には、色々な作用があります。しかし、畳は毎日使用するに連れて、知らず知らずのうちに磨耗しています。きちんとメンテナンスをしていても、約30年経過すると劣化してしまいます。なので、畳の表面がくすんだり、臭いが気になる場合は交換時期と言えます。その場合は、専門の業者に頼めばすぐに交換してくれます。値段もリーズナブルなので、気軽に相談すると良いです。

多様なデザインの襖

デザインが色々とあって、室内の印象を変える事ができるのは襖です。自然の絵が印刷された襖は年齢関係なく支持を得ています。襖に関しては消耗品なので、古くなってきたら交換をする必要があります。また、日光の影響により変色する恐れがあるので、この点にも注意をする事が大事です。定期的にお手入れをする事により襖を長持ちさせる事が可能となっています。結果として、何年にも渡って使用する事ができて、経済的な負担を抑えられます。お手入れをしないと張り替えの頻度が多くなり、余計な出費が増えるので留意をしなければならないです。襖の張り替えに関する基本的な知識がない場合は、業者に依頼をした方が無難となります。丁寧に襖の交換をしてくれる事が、業者に依頼をする事のメリットとなります。デザインや値段に関しては襖によって違います。そのため、担当者と時間をかけて話し合いをした後に契約を交わす事が大事です。簡単に契約を交わすと契約後のトラブルの原因となるので細心の注意を払う事が重要となっています。襖の張り替えを行ったら、実際に使用します。襖はカビが発生しやすいので、定期的に換気を行う事が大事です。換気を怠るとカビが生じる可能性が高くなります。


加古川市で加古川かつめしを食べて観光名所を元気に歩いていく

加古川市は総人口25万人以上の兵庫県の特例市です。特例市とは日本の大都市制度の一つであり、そのメリットとして今まで以上の人口増加、企業進出、住民に密着した公共機関、その他の機関の発達や多大な経済効果などがあります。また許可や規制なども市が独自に行えるので、住民の要望が届きやすい環境も期待できます。加古川市のイメージキャラクター(ゆるキャラ)は、かっつん&デミーちゃんです。これは加古川名物のかつめしをイメージしたものです。
加古川市にはかっつん&デミーちゃん以外にもう一つキャラクターがあります。それはウェルピーです。ウェルピーは加古川市が平成12年にウェルネス都市宣言を行い、今から10年ほど前に加古川市に誕生したキャラクターです。ウェルピーはウェルネス都市のシンボルキャラクターとして、加古川市に誕生しました。ウェルピーのウェルネス都市宣言モニュメントは、加古川ウェルネスパークにあります。
ウェルネス都市宣言とは全市民がより良い環境の中で、生き生きと暮らすことが最大の目的でありテーマでもあります。生き生きと暮らすためには体と心が元気であること、それは健康であることでもあります。市民の健康を第一に考えて出来たのが、加古川ウェルネスパークです。ここは巨大な複合施設で、公園、スポーツ施設、音楽ホール、図書館、レストラン、クッキングスタジオ、セミナールームなど何でもあります。
加古川市でも1位、兵庫県でも1位の人気を誇る観光名所の一つとして1300年の歴史を持つ日岡神社があります。日岡神社は安産の神様として大変有名です。JR加古川駅から加古川線で1つ目の駅にあり、各季節のイベントはホームページで確認できます。またここには大きな森や遊歩道があるので、時間のある方はぶらぶら歩くことをお勧めします。日岡神社に次ぐ加古川市の観光名所として有名なのが鶴林寺です。
鶴林寺は加古川駅から少し離れますが、バスで行けます。鶴林寺は室町時代、平安時代などの国宝、重要文化財だけではなく、鶴林寺美術館も併設され加古川市内の指定文化財も見ることが出来ます。そのため充分な見応えがあります。あちこち出かける体力をつけるには、加古川名物のかつめしです。これは皿に盛ったご飯の上にビフカツか豚カツをのせドミグラソースをベースにしたタレをかけ、茹でたキャベツが添えてあります。かつめしマップもあり、けっこう奥が深いです。

兵庫県加古川市について

兵庫県加古川市は兵庫県の南部に位置する市で、南には播磨灘が広がっています。加古川市を横断するように一級河川の加古川が流れていて、南部には市街地が形成されています。北部は公園やゴルフ場が点在するなど緑の多い地域です。加古川市内にはJR神戸線や加古川線、山陽電鉄本線などが走っていて、多くの加古川市民が通勤や通学に利用しています。また、神姫バスや加古川市コミュニティバスなどの運行もあります。神戸市や姫路市といった大都市へのアクセスにも便利で、加古川市はベッドタウンとして発展してきました。高度経済成長期やバブル期を経て、加古川市の人口は順調に増加してきましたが、2000年代に入るとその伸びも緩やかになっています。市街地の広がる南部に比べると、北部の人口減少が目立っています。加古川市の気候は温暖で降水量が少ない典型的な瀬戸内海式気候です。この地域は古くから豪族が支配していたと考えられ、古墳などが市内各地で見つかっています。加古川市は国際的な友好や交流を深めるために、ブラジルのマリンガ市やニュージーランドのオークランド市と姉妹都市の提携をしています。市内にはマリンガ通りと名付けられた道もあります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
姫路市内全域にお伺いします

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域  

 施工・工事の事例です

兵庫県加古川市 H様邸
畳表替え 障子張替え

兵庫県加古川市 T様邸
 琉球りゅうきゅう畳 新調 

兵庫県加古川市
M様邸 畳表替え

兵庫県加古川市 
K様邸 畳表替え

 W保育園様 和紙畳表の張替え

  M様邸
畳表替え 襖張替え S様邸
畳表替え 襖張替え

 S様邸
和紙カラー畳表

自然と歴史が調和するまち、加古川市

兵庫県南部の播磨灘に面している加古川市は、加古川の水の恵を受けて発展したきたまちです。 加古川市の海岸線には我が国有数の鉄鋼工場があり、播磨臨海工業地帯の一翼を担っています。内陸部には伝統を生かした靴下や建具など、特色のある地場産業が営まれています。 その一方、加古川市内には国宝などを多く所蔵している鶴林寺をはじめとする寺院や、素晴らしい眺望と自然が満喫できる高御位山など、加古川の清流と豊かな緑のある文化遺産の多いまちでもあります。 加古川市の名物料理に「かつめし」があります。これは、ご飯の上にビーフカツをのせ、デミグラス系のたれをかけたものを洋皿に盛り、お箸で食べるというものです。これは戦後間もない頃に加古川駅前の食堂で考案された、「お箸で気軽に食べられる洋食」というルーツからきているそうです。今では、加古川市内のスーパーで専用のたれが販売されていたり、学校給食のメニューにも取り入れられたりしています。 また、加古川市の北部には加古川食肉センターがあり、ここで高品質な牛肉が製造されていますが、その処理工程での不要物となった内臓物を土鍋で炊いて食べるホルモン鍋も、加古川市の名物料理です。 加古川市では、市民が選んだおすすめスポットがあります。加古川駅前や寺院、公園など、市民の憩いの場所が60ヶ所選ばれています。

兵庫県加古川市は、兵庫県の播磨地方東部に位置している都市です。総面積は138,48平方キロメートルあり、平成28年4月1日時点での総人口は266,450人となっています。市章は加古川市を流れる一級河川「加古川」を中央に配置し、その両岸に発展していく加古川市を表現しています。市の花は「つつじ」、市の木は「くろまつ」が制定されています。加古川市は県下最大の一級河川「加古川」下流域から河口に位置しており、古くから水の恵みによって発展し続けてきました。市内には豊かな自然が溢れており、自然の中で健康的に暮らしていけるまちづくりに取り組んでいます。この健康的で生き生きと暮らせるまちづくりのため、加古川市では様々な行事が開催されています。加古川ツーデーマーチはウォーキングイベントで、播磨路をを舞台に自然や歴史、文化と触れ合いながらコースを巡っていきます。最大40キロメートルのコースがあり、全国から多数の参加者が訪れています。また加古川マラソンは加古川の豊かな自然を体感しながら走ることができるマラソン大会で、毎年多くの人達が参加して賑わいをみせており、いずれも加古川市を代表するイベントとして多くの人に親しまれています。

兵庫県加古川市について

兵庫県加古川市は兵庫県の南部に位置する市で、南には播磨灘が広がっています。加古川市を横断するように一級河川の加古川が流れていて、南部には市街地が形成されています。北部は公園やゴルフ場が点在するなど緑の多い地域です。加古川市内にはJR神戸線や加古川線、山陽電鉄本線などが走っていて、多くの加古川市民が通勤や通学に利用しています。また、神姫バスや加古川市コミュニティバスなどの運行もあります。神戸市や姫路市といった大都市へのアクセスにも便利で、加古川市はベッドタウンとして発展してきました。高度経済成長期やバブル期を経て、加古川市の人口は順調に増加してきましたが、2000年代に入るとその伸びも緩やかになっています。市街地の広がる南部に比べると、北部の人口減少が目立っています。加古川市の気候は温暖で降水量が少ない典型的な瀬戸内海式気候です。この地域は古くから豪族が支配していたと考えられ、古墳などが市内各地で見つかっています。加古川市は国際的な友好や交流を深めるために、ブラジルのマリンガ市やニュージーランドのオークランド市と姉妹都市の提携をしています。市内にはマリンガ通りと名付けられた道もあります。

お客様のお話

先日、祖母宅のすべての古い襖の張替えを業者に依頼しました。もともと祖父祖父の死後、元気をなくし自分の部屋に閉じこもりがちだった祖母の様子を家族が察知しやすくするためにリフォームを考えていたのですが、見積金額が予算をはるかに超えてしまい、知人に相談したところ襖や障子を張り替えてみてはどうかという話になりました。知人は障子と襖の張替えだけでも家全体の雰囲気が明るくなるから、祖母の気分も前向きになる可能性があると言いましたが、正直なところ半信半疑でした。それでもリフォームよりは随分と安価な見積もりをもらったため、とりあえず障子と襖の張替えのみを試しにしてみることにしました。祖母は祖父と暮らした家の襖が変わってしまうことに、大変抵抗を感じていたようで、説得するのに苦労しました。業者の方が必死で同じような柄の襖を探してくださったことも大きかったと思います。 実際に、襖の張替えが終わると祖母の顔色も急に明るくなったように見えました。今は元気を取り戻り明るく前向きに暮らしている祖母を見ると、家の側面の大部分を占める襖は家の中の印象を変えるだけでなく、住む人の心にも影響を与えることを実感しました。襖を張り替えてもらって本当に良かったです。