全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

鹿島市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳は良い業者によって生きてくる

畳は専門に扱う店もありますが和室の建具を総合的に扱っていてその業務の一つとして扱っている所も多く、それぞれに良さや拘りがあって使い分ける必要も時と場合によってはあります。 ただ気を付けるべきは張り替えは出来ても多くの対応能力が備わっているかどうかであり、特に専門的な技術と経験を必要とする畳の場合はその当たりを重視する必要もあるのです。 実際に畳の張り替えに関しては襖や障子と言った物よりも高い技術と専用の工具等が必要であり、また張替えを行う人間の技量にも左右される面もあるので実績を調べる必要もあります。 これらを考えるに畳の張替え業者は慎重に選ぶべきでもありますが作業後に長期的な判断も必要となるので、一回や二回程度の利用ではなかなか業者の見極めも難しい事情もあります。 こう言った事を無くす為に近年では畳を扱う店舗の多くが様々な媒体を通じてのアピールに乗り出しており、価格面だけではなく業績や保証といった物に関しても言及する様になって来ているのです。 選ぶ場合にはそれらを参考として多くの専門店を見比べて行けば良いのですが、最近では更にネットへも進出してきているので検討するのも簡単なので活用すると良いのです。

襖の張り替えは

 本襖の張り替えを行う際には、まず最初に隠し釘を抜いて、襖の枠や持ち手を全部取り外す必要があります。業者に頼めば、あっという間に襖を分解してもらうことができますが、何の専門知識も持っていない素人の場合は、隠し釘が打たれている場所すら見つけ出せない場合が多いです。隠し釘を抜かずに無理に分解しようとする人がたまにいますが、襖そのものを壊してしまう可能性が高いです。襖の張り替えをするために襖本体を壊してしまうようなことがあっては、意味がありません。ですので、無理をせずに最初からプロの業者に任せてしまうようにするのが一番です。  そもそも襖紙はとても大きいので、素人ではその取り扱いが手に余ってしまいます。1枚物の大きな紙を、たるみや歪みを生じさせずにキレイに張るという作業は、簡単ではありません。張り替え経験のない素人には至難の業としか言い様がありませんので、安易に自分でやろうとしない方が賢明です。業者に頼めば、短時間で美しく仕上げてもらうことができますので、たとえ料金がかかったとしても、満足することができます。また、襖を外したりはめ込んだりする作業も全部任せてしまうことができますので、助かります。襖は案外重たいので、業者に張り替えを頼むのが望ましいです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


茨城県鹿島市について

鹿島市は茨城県南東部に位置し、潮来市や神栖市などと隣接している自治体です。鹿島市の総人口は約66000人で、鹿島神宮の門前町として古くから発展しました。鹿島市にある鹿島神宮は東国三社の一社となっており、全国に600社あると言われている鹿島神社の総本社です。鹿島神宮は由緒正しい古社ですが、千葉県にある香取神宮と共に「勝利の神様」としてご利益のある神社として有名です。また鹿島神宮は神の使いである日本鹿を飼育しています。この鹿島神宮の鹿を、奈良県にある春日大社の創社時に贈ったという伝説が残されています。鹿島市はJリーグの鹿島アントラーズの本拠地としても知られています。チーム名のアントラーは英語で鹿の角の意味で、鹿島神宮の鹿にちなんでいます。鹿島アントラーズは、Jリーグ発足後初めて1つのシーズンで3つの主要な大会に優勝する、国内三冠を達成したクラブとして多くのファンを有しています。鹿島市内には県の所有する茨城県立カシマサッカースタジアムがあり、鹿島アントラーズのホームスタジオとして様々な試合が行われています。鹿島市は市ぐるみでサッカーでの町おこしを実行しており、鹿島神宮への参道脇にはサッカーボールのモニュメントが作られています。

茨城県鹿島市は、茨城県の南東部に位置している都市です。総面積は92,96平方キロメートルあり、平成28年2月1日時点での総人口は66,775人となっています。市章は鹿島市の頭文字「カ」も字を図案化したもので、鹿島灘の波頭をアレンジして躍進・発展・融和・団結を象徴しています。市の花は「はなます」で、鹿島市では公園・駅・道路などの愛称にも使われるほど親しみのある花です。市の木は「松」で、大空に向かって雄大に伸びゆく姿が未来へ羽ばたく鹿島市にふさわしいとして制定されました。市の鳥に制定されているのは「きじ」で、日本の代表的な「きじ」は、市内の林や神宮の森などで見ることができます。鹿島市の古くは鹿島神宮の門前町として栄えた地域で、1960年代以降は鹿島開発によって工業都市として発展してきました。鹿島港を中心とした鹿島臨海工業地帯を形成しており、企業城下町として全国的にも知られています。また近年ではJリーグ鹿島アントラーズのホームタウンとしても名を馳せており、関東でも有数のサッカーの街として知名度を上げています。鹿島市の名称については佐賀県にも同様の名称「鹿島市」が存在しているため、「嶋」の字で表記されていますが、市内では鹿島の地名が多く使われています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 鹿島市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

久しぶりに実家に帰省し、いつもは元自室のベッドを使っていたのですが、子どもが生まれたので和室に布団で寝たところ・・・なんだか鼻がむずむずするのです。田舎の広い実家は現在両親と祖父の3人暮らし、3人では部屋を持て余しており、私が泊まった和室は普段は物置状態。帰省に合わせて母が物を片付け、掃除や風通しをしてくれていたのですが、畳はもう何年(というか十年以上)も張替えていません。おそらく、裏返したり干すということもしていません…。調べてみましたら、当然ながら畳には寿命があるとのこと。日常の掃除では取りきれないダニやカビがどうしても発生するため、4〜5年での張替えが必要ということです。 小さい子どもがいると、遊びやすくベッドやソファからの転落の危険が少ない、そして一緒に横になりやすい和室は本当に便利ですし、何よりも日本の風情が感じられます。そんな和室の畳、手間と費用はかかりますが、自分でできる定期的なお手入れをしながら、寿命がきたときには思い切って張替えをして、結果的に長く、畳の風合い豊かな和室を楽しんでいきたいものです。そして、様々なライフステージに対応できる和室や畳の生活を日本の大切な文化としてとして継承していきましょう。