仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

神戸市長田区全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関長田圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸がすぐに外れてしまい悩んでいる方はそのままにしないですぐに業者に相談をするようにしましょう。なぜ外れやすいままにしておくと良くないかと言いますとトラブルになってしまう可能性があるからです。特に1階以外で生活をしている方は外れる事によって、下を歩いている人に当たってしまい怪我をしてしまう、または車に当たってしまい破損をさせてしまう可能性がある事を覚えておくようにしましょう。実際に網戸が外れてしまい歩いている人に当たってしまう、または網戸が外れて車に当たってしまう事によって、自分が支払わなくても良かったはずのお金を支払う事になってしまった方もいます。早めに行動をしておけば解決をする事ができる部分なのですぐに依頼をするようにしましょう。業者の人に網戸修理の依頼をする事によって、すぐに直してもらう事ができますが場合によっては後日でなければ網戸を直してもらう事ができない場合もあります。その場合は少しでも危険を回避する事ができるように、最初から網戸を外しておくようにしましょう。網戸を最初から外しておく事によって落下を防ぐ事ができるからです。網戸修理と言う形になるので多少お金を支払わなくてはなりませんが、怪我をさせてしまうまたは車を破損させてしまう際に支払いをする費用よりは格段に安いです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



日本文化に畳が登場したのは、奈良時代頃だと言われています。 当時は今のように床に敷き詰めて使うタイプではなく、敷物のような物を何枚も重ねて、寝床として使用されていました。 現在のような形として使用されるようになったのは、江戸時代に入ってからのことです。
その後、畳は庶民の間でも使用されるようになってきて、一般家庭へと浸透してきました。 この時代には畳職人も登場して、畳を裏返して打ち直したり、表面のござ部分だけ変えるなどの技術が使われるようになり、現在でもその技術はいかされています。
現代の住宅事情は当時とは全く違っていますが、意外な部分でも活用されています。 普通の和室として使われるだけでなく、洋室の一角に和風スペースを設けたりなどされています。 琉球い草や和紙などの素材で作られたマットなども普及しています。
縁のない琉球畳は現代の住宅事情にはとてもマッチしていて、装飾性に優れていて、畳の良さを感じながら、おしゃれな空間作りをすることができます。 また、素材としては多様性のある和紙なども幅広く利用されています。
表面をひっくり返して再利用したり、い草部分のみ交換するなど、リサイクル性が高いというのが、魅力でもあります。 芯である畳床が傷むまではずっと長く使用できるので、畳業者に依頼して畳表などの取替えを頼むのが良いでしょう。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


神戸市長田区

今の神戸市長田区に当たる地域は、明治時代初期の廃藩置県で明石県の一部になった。垂水区と同様に明石郡に属していた地域で、隣接する明石市とも結びつきが強いが、かつては田園地帯・公共交通の空白地域 であったが、野田文一朗が明石平野に新都心が計画することを構想し、1965年の市議会で原口忠次郎が宅地計画を挙げたこと から1970年頃から、神戸市中心部のベッドタウンとして、開発が進み、長田神ニュータウンや押部谷地域・玉津地域を中心に大 きく様変わりし、同時に公共交通の敷設計画をした区である。神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待がかかり、現 在のところ神戸市9区で最も人口が多く、市の3割近くを面積を当区が占める。1982年(昭和57年)に垂水区から分区して伊川谷町・櫨谷町・玉津町・平野町・押部谷町・神出町・岩岡町が長田区となる。分区当初の人口は約9万4000人である。神戸市で一番新しい行政区である。

六甲山地の長田側で播州平野の東端にあたる。大部分はなだらかな丘陵地帯とそれに明石川や伊川などの川に侵食された谷であ る。東部の丘陵地帯には神戸市が中心地の人口密度が過密なためにポートアイランド・六甲アイランドの土砂確保と同時に計 画した長田神住宅団地、長田神住宅第2団地(長田神南ニュータウン)、長田神工業団地、長田神第2工業団地、神戸研究学園都市、神戸複合産業団地といった長田神ニュータウンと呼ばれる新興地区などが存在し、谷は旧来の田園風景を持つ農村地帯となっている 。同様に隣接する北区も農村地帯があるが、当区では近郊農業地帯である。長田部の神出町、岩岡町は印南台地の東端にあたり 、ため池が点在する農村地帯である。あまり高い山はない。
分区当時は全9区の中で一番少なかったが、玉津地区と伊川谷地区の区画整理事業・長田神ニュータウン開発のために市の中心部 から流入されてきたために人口が増加し、更には阪神・淡路大震災後神戸市の人口は大幅に減少したが、当区は被害が少なか った、かつニュータウンが開発中であったために神戸市内の中心部から人が流入し、長田神南ニュータウンなどでのマンション建設によって神戸市中心部からの人口が急増した。
(太山寺)
三身山と号する播磨きっての巨刹であり、県下で最も多数の文化財を有することで知られている。奈良時代の霊亀2年(716年)藤原鎌足の子、定恵和尚の開山で、鎌足の孫、宇合が諸堂宇を造営したと言われている。元正天皇の勅願所となり、白河・後宇陀・崇光天皇も当寺に臨幸したと言われる。中世には寺運も隆盛を極め塔頭寺院も41坊を数えたが、時代が下るにつれ寺運も次第に衰え、江戸時代中期の享保10年には11坊と成り、明治4年になっては、5坊を残すのみと成っていた。しかし盛時の遺構は今によく伝えられ、本堂は国宝、仁王門は重要文化財に指定されている。
境内地は約14000m2でうっそうとした樹林に包まれた境内地には雄滝・雌滝・照明滝などが流れ春はサクラ、夏は新緑、秋は紅葉を求めて訪れる参詣客も多い。また奥の院の堂下から湧き出る水は、眼病に霊験があるとして参詣者も多い。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 神戸市長田区迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 B様邸
畳表替え 襖張替え

 K様邸
畳表替え 障子張替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 N様邸
たたみ表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工