京都市伏見区内全域スピード対応!!

京都市伏見区での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

網戸の張替えも激安で請け賜ります。
国内産ダイオ化成竃ヤ使用 網戸の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみの文化

日本の伝統的な文化として、畳があります。この上で寝転がったり、お茶をすると、心が落ち着くものです。これは、日本人の心に畳が癒しを与えるからです。昔からのものに触れると自然と気持ちが安らぐものなのです。
そして、この畳は交換をしなければいけません。通常、4年から5年で裏返しというものを行います。さらに、7年から8年で表替を行います。住環境や使い方でこの期間は変わってきます。丁寧に扱えば、その分長く使うことができるのです。
また、交換の目安もあります。それは、イ草の色を見てください。始めは美しいグリーン色です。そしてだんだん銀白色と変化し、黄色となります。さらに、褐色へと変わり赤みを帯びた黄色と変化します。黄色になると、交換の目安です。
しかし、交換となると何かと大変です。まず、畳を準備します。畳は重いので購入店から家に運ぶのに一苦労です。また、交換し終わったものを捨てるのも大変です。他にも、畳替えのための材料をそろえる必要があります。
そこで、業者に替えてもらうと良いでしょう。手間がかからず、値段も手ごろなところが多いものです。また、業者に頼むと様々な畳がそろっています。今は、おしゃれで実用的なものもあるので検討してみると良いでしょう。

畳たたみの効能

畳は、非常に便利な機能を数多く有する床材です。洋風のおしゃれな生活に憧れてフローリングの床にする人が多くなってしまったために、畳が敷かれている純和風の部屋を目にすることが少なくなってしまいましたが、ここ数年、畳が持つ機能を見直す動きが出てきています。
畳は、い草や藁などの天然素材で作られています。最近は、合成樹脂や紙、新建材などが使用され、工場で大量生産される畳が登場してきましたが、昔ながらの手法で作られる畳は、芯材に藁が使用され、畳表にはい草が用いられるようになっています。
このい草は多孔質という特徴を持っていますので、空気中に存在する有害物質やCO2を吸着し、室内の空気を常に清浄に保ってくれます。また、湿度が高すぎる時には湿気を吸収し、室内の空気が乾燥している時には溜め込んである水分を放出するという、調湿機能も有しています。
さらに、適度なクッション性がありますので、足腰が衰えてきた老人やヨチヨチ歩きの乳幼児には、最適な床材だと言うことができます。吸音性もありますので、子供が多少走り回っても、あまりうるさく感じないで済むというメリットもあります。
それらに加えて、畳表に使用されているい草には人間の心を癒す香り成分が含まれていますので、心の底からリラックスすることができます。畳が古くなればその機能も衰えてきますが、張替えによって簡単に機能を回復させることができるので、とても便利です。

畳たたみの癒し効果

畳には天然素材の持つ心地よい安らぎやくつろぎがあり、日本が独自のもので古くから日本人に愛されてきました。 畳の部屋に居るだけで、なぜかリラックスして落ち着いた気持ちになってきます。 それにはフローリングにはない畳が持つ優れた機能が関係しています。畳には空気を吸着、浄化する作用があります。 また断熱性や保湿性に優れており、湿度調節をしてくれる性質もあります。 加えて弾力性に優れているので転倒しても安心です。 吸音性もあるので衝撃音が吸収されることで、気になる足音などにも効果的です。そして何よりその独特ない草の香りは鎮静効果があり、心を落ち着かせてくれます。 これらを踏まえて考えると、畳の空間に居るだけで心が穏やかになり快適で居心地がよい理由が分かります。 そんな畳は日頃のお手入れによって長持ちします。しかし、表面がささくれ立ち始めたり濃い茶色に変色してきたら、畳の寿命と考えられます。 早めに交換することでコストも抑えられ快適な空間を取り戻すことができます。 また長年使用していることによってできた表面の汚れや染みなどはカビなどの原因にもなります。そのような劣化を感じた時や、大切なお客様をお迎えする時などにも、畳を貼り替えるだけでお部屋が見違えるほど変化します。 お部屋が新しく生まれ変わったように感じることができます。 また新しい畳の香りはリラクゼーション効果もあり、より私たちの生活を心地よいものにしてくれます。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




京都府京都市伏見区の住環境が今、注目されています。脳科学の研究が進んだことによって、効率良く脳を働かせる方法が発見されるようになりましたが、近年では住環境の改善によって脳の働きを良くする方法が開発されています。その中で、緑豊かな自然に囲まれているのと似たリラックス効果が見込める場所が良いという研究結果が多数報告されており、条件に適した場所として京都府京都市伏見区が挙げられています。現在では、京都府京都市伏見区は癒しのスポットとして有名になっています。
京都府京都市伏見区には居住希望者が集中している理由としては、最近の日本人の脳が持つ機能のクセと強い繋がりがあります。人間は頭の中で何かを考えているときは一つのことに注意が向きますが、このとき脳は緊張状態にあり、長時間使用していると脳細胞に掛かっている負荷が強まり、脳が疲れてしまいます。脳の緊張を解くのに、日本の伝統芸能が役立つとされていますが、ここにも京都府京都市伏見区の環境が役立ちます。それは京都府京都市伏見区の観光スポットに代表されます。
京都府京都市伏見区は日本の伝統芸能技術が見られる場所としても有名です。日本の伝統芸能は、日本人が懐かしいと思う要素が詰まっており、かつ自然環境に馴染みやすい色彩が使われていますから、目に与える刺激が程よく脳をリラックスさせてくれます。京都府には伝統芸能と身近に接しやすい環境にあり、建築物や土地環境で誇れるものは京都府京都市伏見区でも見られます。京都府京都市伏見区の代表的な観光スポットでは伏見稲荷大社と醍醐寺が挙げられます。
京都府京都市伏見区にある緑に囲まれた伏見稲荷大社には千本鳥居の赤が美しく、同じ京都府京都市伏見区にある世界遺産に登録された醍醐寺は桜の名所で、どちらも日本の色彩感覚が表されている観光スポットです。このように、京都府京都市伏見区に住むと伝統芸能に接しやすく、脳にとって良い刺激を与えているということになるのです。京都府京都市伏見区には他にも伏見桃山城や御香宮神社などの観光スポットがあり、ここからも住環境が良いと言えます。
京都府京都市伏見区は運動するのにも適しています。脳に良いことと言えば、適度に身体を動かすのも効果があり、体内の血の流れを調整することでも脳に良い刺激を与えます。京都府京都市伏見区に住む人たちは歴史や伝統を尊び、その心構えが普段の生活習慣に組み込まれていますので、自分自身の動作を周囲と対比するのに適しており、参考になる動きに関する情報が手に入りやすく、ここからも京都府京都市伏見区は脳に良い刺激を与える要素が多いと言えます。

 京都市伏見区は京都市南部にある区で、京都市内にある11の区の中では最も人口が多く、商業拠点であるとともに市中心部や大阪へのベッドタウンとして機能しています。 京都市伏見区は名所もいろいろありますが、まずあげられるのは、全国に約3万社もあるとされる稲荷神社の総本山、「伏見稲荷神社」です。境内には重要文化財となっている本殿をはじめとして非常に多くの見どころがあります。 産業面から見ると、京都市伏見区は酒造業が昔から盛んで、現在も多くの蔵元で日本酒の製造が続けられております。蔵元の中には全国に販路を広げているところも数多いです。特に「月桂冠」「黄桜」などの名前で京都市伏見区を全国区的に広めています。 その酒造に関連する展示施設も多く、代表的な場所には「月桂冠大蔵記念館」があります。 この記念館には貴重な酒造用具類が保存されているとともに昭和初期のコレクションである野球小僧もおさめられています。また、世界最大級の旅行サイトでも高い評価を得ている記念館です。 また黄桜酒造も、昭和初期建築の清酒工房などがあるテーマパークを運営しています。 さらに京都市伏見区は、昔は水運の拠点としての伏見港が存在した地域で、その跡地には伏見港公園がつくられ、テニスなどのスポーツにも利用されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都市伏見区での畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域


 

京都市伏見区 S様邸
畳表替え 襖張替え

 S様邸
畳表替え

 K様邸
畳表替え 襖張替え

 G様邸
襖の張替え 工事

 O様邸
畳表替え 襖張替え

 M様邸
畳表替え 襖張替え

 G様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳表替え 障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

襖ふすまの話

襖は、日本の伝統でもありますが、今では、おしゃれな襖もあります。昔は、白色ので、絵が描いてあるのが襖の代表でした。いまでは、青色、金色、水色、ドット柄など、なんといってもおしゃれです。なので、伝統でもあり、おしゃれな、文武両道のできているものです。
また、襖は障子などと違い日本だけです。only日本です。障子は唐(中国)にあります。なので、日本にはならなくてはならないものです。襖を後世に伝えるのは私たち先祖様から与えられた課題なのではないでしょうか。
また、襖は源氏物語にもでてきます。このころから、おしゃれなものとして人々に認知され始めたのでしょう。また、このころから昔の貴族などに普及しているのがわかります。昔は、とても、インパクトを与えたのでしょう。また、畳と襖はとても合います。室町の時代には書院造といった、和室の元となるものがありましたよね。僕は最初それをみたとき、かっこいいと思いました。なにか、衝動が体の中を走ったのです。日本人は切っても切れない縁があるのではないでしょうか。
襖は、日本人の遺伝子の中に組み込まれているといっても過言ではないでしょう。見入ってしまうときもあります。二条城などのお城にある襖はもう、芸術といってもいいでしょう。それぐらいすごいものということです。