京都市上京区内全域スピード対応!!

京都市上京区での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

(画像はイメージです)

網戸業者のキャンペーンを上手く活用する事ができれば、お得に利用する事ができます。常に実施されている訳では無いので、まずはキャンペーンを実施している網戸業者を選択しなくてはいけないです。インターネットでチェックしていけば、現在行われている網戸業者のキャンペーンを簡単に把握する事ができます。そして魅力的なキャンペーンを実施している網戸業者を選択する事ができれば、お金の節約をする事ができたり、お得なサービスを利用できるようになるなど多くの利点を実感する事ができます。ここで気を付けないといけないのは、網戸業者のキャンペーンを利用する際、期間や条件などに気を付けないといけないです。定められている期間内でないと利用する事ができないですし、条件もクリアしないとキャンペーンを利用する事ができません。そこまで難しいキャンペーン内容にはなって無いのですがきちんと確認しておかないと利用できない可能性が出てくるので注意です。このように網戸業者のキャンペーンを上手く活用する事ができれば、ちょっとでもお得に利用できます。網戸業者もキャンペーンを実施する事で、網戸の問題を解消できるだけではなく、多くのお金や安定した顧客を獲得できるのでメリットが発生しています。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみの文化

日本の伝統的な文化として、畳があります。この上で寝転がったり、お茶をすると、心が落ち着くものです。これは、日本人の心に畳が癒しを与えるからです。昔からのものに触れると自然と気持ちが安らぐものなのです。
そして、この畳は交換をしなければいけません。通常、4年から5年で裏返しというものを行います。さらに、7年から8年で表替を行います。住環境や使い方でこの期間は変わってきます。丁寧に扱えば、その分長く使うことができるのです。
また、交換の目安もあります。それは、イ草の色を見てください。始めは美しいグリーン色です。そしてだんだん銀白色と変化し、黄色となります。さらに、褐色へと変わり赤みを帯びた黄色と変化します。黄色になると、交換の目安です。
しかし、交換となると何かと大変です。まず、畳を準備します。畳は重いので購入店から家に運ぶのに一苦労です。また、交換し終わったものを捨てるのも大変です。他にも、畳替えのための材料をそろえる必要があります。
そこで、業者に替えてもらうと良いでしょう。手間がかからず、値段も手ごろなところが多いものです。また、業者に頼むと様々な畳がそろっています。今は、おしゃれで実用的なものもあるので検討してみると良いでしょう。

畳たたみの効能

畳は、非常に便利な機能を数多く有する床材です。洋風のおしゃれな生活に憧れてフローリングの床にする人が多くなってしまったために、畳が敷かれている純和風の部屋を目にすることが少なくなってしまいましたが、ここ数年、畳が持つ機能を見直す動きが出てきています。
畳は、い草や藁などの天然素材で作られています。最近は、合成樹脂や紙、新建材などが使用され、工場で大量生産される畳が登場してきましたが、昔ながらの手法で作られる畳は、芯材に藁が使用され、畳表にはい草が用いられるようになっています。
このい草は多孔質という特徴を持っていますので、空気中に存在する有害物質やCO2を吸着し、室内の空気を常に清浄に保ってくれます。また、湿度が高すぎる時には湿気を吸収し、室内の空気が乾燥している時には溜め込んである水分を放出するという、調湿機能も有しています。
さらに、適度なクッション性がありますので、足腰が衰えてきた老人やヨチヨチ歩きの乳幼児には、最適な床材だと言うことができます。吸音性もありますので、子供が多少走り回っても、あまりうるさく感じないで済むというメリットもあります。
それらに加えて、畳表に使用されているい草には人間の心を癒す香り成分が含まれていますので、心の底からリラックスすることができます。畳が古くなればその機能も衰えてきますが、張替えによって簡単に機能を回復させることができるので、とても便利です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




京都府には、京都府京都市上京区の他に、左京区・中京区・下京区・伏見区・左京区・北区・南区・西京区・東山区・山科区があり、この11の区に分かれていて、そのうち京都府京都市上京区には、京都府庁や京都御所があります。 まずは、京都府京都市上京区にある「京都御苑」について、ご紹介します。京都府京都市上京区のまちをスイスイ移動するのなら、やはり自転車をおすすめします。細い路地や一方通行も、一般の車が入れない京都御所がある京都御苑の中も、堂々と通ることができます。
京都御苑は、京都府京都市上京区にある国民公園で、京都御所の周辺の地区を指します。その京都御苑は緑の大空間で、芝生の上やベンチでゆったりとくつろいでいる人が多い所です。自転車だと道に敷き詰められた砂利に、ハンドルをとられてしまうのですが、そこで通っていただきたいのが「御所の細道」です。何人もの人が、自転車で同じルートを通るうちに自然と砂利が払われ、細い自転車道ができています。京都府京都市上京区のここを辿れば、いっぱしの京都人気分を味わうことができます。
京都府京都市上京区にある京都御苑は、動物好きの方にもおすすめです。犬の散歩コースですし、ベンチでお昼寝する猫も何匹もいるので、見るだけでも楽しい場所です。京都府京都市上京区にある京都御苑から寺町に出れば、こだわりの書店にお茶の老舗、アジア雑貨のショップなどが並び、こちらも目を楽しませてくれます。 また京都府京都市上京区には、陰陽師である安倍晴明を祀る「晴明神社」があります。平成になると、漫画化映画化もされ、安倍晴明ブームが起こり、全国から参拝者が訪れるようになりました。
京都府京都市上京区にある「あかりデザイン工房」を、ご紹介します。築90年、二条城近くの小さな町屋で和紙照明(あかり)手作り体験ができます。人気ゆえに早めの予約をおすすめします。和紙照明は、当日に持ち帰りが可能です。 京都人には「千本釈迦堂」「釈迦堂」と呼ばれる「大報恩寺」は、中にある釈迦堂が国宝です。この京都府京都市上京区にある「大報恩寺」は、京都を題材にした火曜サスペンス劇場で、よく事件が起こっていた場所としても有名です。
京都府京都市上京区にある「北野天満宮」通称「天神さん」は、学問の神様と呼ばれる菅原道真公をお祀りした神社です。修学旅行の定番スポットでもあります。この京都府京都市上京区にある天神さんには、南から入って本殿に行くまでに黒い牛の像があります。体の病んでる部分を撫でると、治りが早くなると言い伝えられています。 この京都府京都市上京区の北野天満宮東側の上七軒通りでは、舞妓さんや芸妓さんに会える可能性が非常に高いです。京都府京都市上京区にある上七軒歌舞練場に行かれても良いかもしれません。

京都のことを知りたい方や旅行に行かれる方のために京都府京都市上京区にある観光スポットを紹介していきます。まず始めに紹介するのが、京都府京都市上京区馬喰町にある「北野天満宮(天神さん)」です。学問の神がいる神社で、紅葉や梅の名所で有名です。次に、京都府京都市上京区にある「俵屋吉富」です。俵屋吉富は地下鉄鳥丸線「今出川駅」2番出口から徒歩約5分のところにある「雲龍」が名物の菓子店です。次に、 京都府京都市上京区相国寺門前町にある「相国寺」です。相国寺は地下鉄鳥丸線「今出川駅」から徒歩約8分のところにあるお寺で、法堂の中の天井には鳴き龍の絵があります。次に、京都府京都市上京区京都御苑にある「京都御所」です。京都御所は敷地内が広く、散歩やジョギングなどにも利用されています。次に、京都府京都市上京区溝前町にある「千本釈迦堂(大報恩寺)」です。千本釈迦堂(大報恩寺)」は、JR京都駅から市バスで約30分のところにあるお寺で、12月には大根だきという行事もあります。ここまで京都府京都市上京区の観光スポットについて説明してきましたが、他にも色々なスポットがあるのでネットなどで調べてみるのもいいのではないでしょうか。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都市上京区での畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域

京都府施工可能地域

 

京都府上京区 S様邸
畳表替え 襖張替え

京都府南区 K様邸
畳表替え 襖張替え

京都府亀岡市 G様邸
襖の張替え 工事

京都府西京区 O様邸
畳表替え 襖張替え

京都府宇治市 M様邸
畳表替え 襖張替え

京都府城陽市 G様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳表替え 障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

多くの家庭にある畳はとても傷みやすいもので、非常に扱いが面倒なものでもあります。時にはちょっとしたことでも傷がついてしまうもので十分に対策が必要です。交換をする時にも穴が空いていると中のものが出てきてしまうこともあります。畳は外側は割りと強固に編みこまれていますが、それでも近年の机やイスなどを引きずってしまうと汚れがついてしまうことも多いです。そのため、畳の部屋では使う家具もある程度制限されて、お手入れなども必要になります。畳を張り替えるときには古いものでも一度は裏面をよくチェックしておくとよいでしょう。時には裏面は無傷できれいになっていることもあるので、購入しなくてもしばらくはそのまま使えることもあります。お手入れをしていればそれだけ長持ちさせられるものです。
畳を交換するときにはお部屋の雰囲気やその後の使い方にも気をつけておくとよいでしょう。特に負担がかかる使い方をしているようならば交換と一緒に生活スタイルも多少変えてみることが重要です。お部屋の使い方から検討すると長く畳を使用できるようになります。新しい畳でも使い方が悪いとすぐに壊れてしまうので使い方やお手入れについて考えておく必要があります。できる限り長持ちできるように工夫して簡単に穴が開いたり、壊れたりしないようにする必要があり、しっかりと畳に関する知識を付ける必要があります。