京都市左京区内全域スピード対応!!

京都市左京区での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみの文化

日本の伝統的な文化として、畳があります。この上で寝転がったり、お茶をすると、心が落ち着くものです。これは、日本人の心に畳が癒しを与えるからです。昔からのものに触れると自然と気持ちが安らぐものなのです。
そして、この畳は交換をしなければいけません。通常、4年から5年で裏返しというものを行います。さらに、7年から8年で表替を行います。住環境や使い方でこの期間は変わってきます。丁寧に扱えば、その分長く使うことができるのです。
また、交換の目安もあります。それは、イ草の色を見てください。始めは美しいグリーン色です。そしてだんだん銀白色と変化し、黄色となります。さらに、褐色へと変わり赤みを帯びた黄色と変化します。黄色になると、交換の目安です。
しかし、交換となると何かと大変です。まず、畳を準備します。畳は重いので購入店から家に運ぶのに一苦労です。また、交換し終わったものを捨てるのも大変です。他にも、畳替えのための材料をそろえる必要があります。
そこで、業者に替えてもらうと良いでしょう。手間がかからず、値段も手ごろなところが多いものです。また、業者に頼むと様々な畳がそろっています。今は、おしゃれで実用的なものもあるので検討してみると良いでしょう。

畳たたみの効能

畳は、非常に便利な機能を数多く有する床材です。洋風のおしゃれな生活に憧れてフローリングの床にする人が多くなってしまったために、畳が敷かれている純和風の部屋を目にすることが少なくなってしまいましたが、ここ数年、畳が持つ機能を見直す動きが出てきています。
畳は、い草や藁などの天然素材で作られています。最近は、合成樹脂や紙、新建材などが使用され、工場で大量生産される畳が登場してきましたが、昔ながらの手法で作られる畳は、芯材に藁が使用され、畳表にはい草が用いられるようになっています。
このい草は多孔質という特徴を持っていますので、空気中に存在する有害物質やCO2を吸着し、室内の空気を常に清浄に保ってくれます。また、湿度が高すぎる時には湿気を吸収し、室内の空気が乾燥している時には溜め込んである水分を放出するという、調湿機能も有しています。
さらに、適度なクッション性がありますので、足腰が衰えてきた老人やヨチヨチ歩きの乳幼児には、最適な床材だと言うことができます。吸音性もありますので、子供が多少走り回っても、あまりうるさく感じないで済むというメリットもあります。
それらに加えて、畳表に使用されているい草には人間の心を癒す香り成分が含まれていますので、心の底からリラックスすることができます。畳が古くなればその機能も衰えてきますが、張替えによって簡単に機能を回復させることができるので、とても便利です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




襖ふすま について

襖は日本の生活に欠かせないものです。湿気の多い日本の気候風土では、和紙で作られた扉は最適なのです。襖紙は湿気を吸収したり排出することで湿度を調整してくれる効果があります。傷みが激しくなれば安価に張り替えられるのも良いポイントですね。
襖は紙で出来ているため傷みやすいと思っている方も多いかもしれませんが、そのようなことは有りません。きちんと下貼りされたものであれば、日常生活を送る上で十分の強度があります。大切なのは手抜きをせずにプロである業者さんにお願いすることです。
安価に部屋の模様替えがいつでも出来ることが襖の強味なのです。家をリフォームしたりインテリアの雰囲気を変えたいけれど全体的なプランが思い浮かばないと言う時に、まず襖から張り替えるのも良いかもしれません。扉の模様が決まれば全体像が浮かび上がります。
自身が取り替えたい時に自由に張りかえられるのが襖の最大の魅力なのです。お子様やペットのおられる家庭など、取り替えられない扉に落書きや傷が出来た場合、お困りになることが多いでしょう。襖ではただ襖紙を替えるだけで済んでしまいます。
襖紙の種類は多様であり、ご家族で模様を決めても面白いでしょう。紙に備わっている効果も色々あります。防菌防臭など暮らしていく上で大変嬉しい効果です。また縁の種類も幾つか存在しています。スタンダードな茶色い木だけではなく、鮮やかな朱色などお洒落なものもありますので、お選び下さい。

京都市左京区について

日本を代表する古き伝統と歴史ある街、そして観光地として、たくさんの外国人の集まる町、京都そんな京都の中でも、自然が多い地域としての代表地が京都府京都市左京区。そして落ち着いた雰囲気で過ごせる街の代表でもあります。京都の人にどのあたりに住んでいるかと尋ねられた時、京都府京都市左京区だと伝えると、いいところに住んでいるんだなというイメージを持ってもらえる街です。そんな京都府京都市左京区に住む住人から見た京都府京都市左京区という町の良さをご紹介させていただきます。
まず自然。京都府京都市左京区というのは鴨川が流れており、その河川沿いに植えられた桜の木が春にはとても美しい景色を見せてくれる。鴨川の名前の通り、鴨が泳ぐ鴨川と、舞う桜の花びらとを家のすぐそばで見ることができる。十分便利な街のなかに、これほど美しい川が流れている町がどれだけあるだろうか、きっとそう多くはないだろう。季節を身近に楽しめるということもまた、京都府京都市左京区の素晴らしいところではないだろうか。
実は、京都府京都市左京区という地域は住居があり、鴨川が流れている便利な街だけではなく、大文字、比叡山、そして鞍馬山という山々も含まれる。夏には大文字の送り火、夏には比叡山から琵琶湖の花火を見下ろし、秋には鞍馬山の紅葉を楽しむ、冬は大原野三千院の雪景色を見るのもまた圧巻だろう。そうやって、自然があり便利な街であり、すぐそばに季節を感じることのできる美しい自然に囲まれた街でもある。それもまた、京都府京都市左京区という町が恵まれた環境であるという理由の一つではないだろうか。
さて、自然の多さ、季節の移り変わりなどをご紹介させていただいたが、もちろんそれだけではないのが京都府京都市左京区という町である。芸術にも触れることができるのだ、岡崎にある動物園を筆頭に、京都市美術館、京都近代美術館もまた京都府京都市左京区にあるのだ。自然を楽しみつつも芸術に触れることができる、そして文学といえば京都大学もまた京都府京都市左京区にあるのだ。これほどに自然、芸術、文学とそろっている町、京都府京都市左京区でほとんどのことが事足りてしまうのではと思ってしまうほどだ。そして観光する人間として、歴史ある京都で外せない大切なものといえば神社仏閣、町屋ではないだろうか。京都府京都市左京区では平安神宮をはじめ多くの神社仏閣が存在する。銀閣寺をはじめとし、南禅寺、平安神宮、修学院離宮など京都を代表する観光スポットの一部もまた京都府京都市左京区にあるのだ。これだけの素晴らしさがそろった町、京都府京都市左京区。京都に観光に来る人だけでなく、京都に住む人間にとってもしっかりとみてほしい町であると私は思う。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都市左京区での畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域

京都府施工可能地域

京都市左京区 D様邸
畳表替え

京都府左京区 S様邸
畳表替え

京都府南区 K様邸
畳表替え 襖張替え

京都府亀岡市 G様邸
襖の張替え 工事

京都府西京区 O様邸
畳表替え 襖張替え

京都府宇治市 M様邸
畳表替え 襖張替え

京都府城陽市 G様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳表替え 障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

琉球畳 半帖縁無畳

近年多いのが正方形の一畳の半分サイズの畳でいろいろな場所でおしゃれに活用されています。特に若者の部屋やインテリアとして活用できるような部屋で多く、インターネットでも購入できるので個人でも簡単に利用できます。畳は交換する時にはかなり傷んでしまっていますが、ある程度気をつけて扱えば壊れること無くスムーズに張替えができます。個人でも簡単にはがせるので痛みがひどい場合にはしっかり準備をして交換するとよいでしょう。
おしゃれな畳は色が緑ではなく、赤や黒などの色になっていることもあります。そのため、使う場合にはお部屋の雰囲気もよく考える必要があり、できるだけ雰囲気が壊れないように気をつける必要もあり、場合によっては壁紙などと合わせる必要があります。
近年は畳の敷き方も個性的になっており、床一面に敷くのではなく、中心部に合わせておくだけのレイアウトも人気が高くおしゃれです。座卓などと合わせて利用することでもしっかりと活用でき、畳の魅力を十分に引き出すことができます。畳を交換するときには古い畳は早めに外しておき、ある程度床も乾燥させると良いでしょう。ほこりや小さいゴミ、虫の死骸があればしっかりと取り除き、きれいな状態で畳を置けば、新しいものもきれいなまま長く使用できるでしょう。

京都市左京区といえば、言わずもがな誰もが知る京都大学や、国立博物館などがあり京都の中でも特に賑わいをみせて、人の多い印象ですが、以前京都市左京区の旅館に泊まらせていただいた際、それは大変古風な落ち着きのある部屋にとおされたのですが、深夜においてその和室から見える秋の紅葉は大変風流で格別なものであり、人の少ない時間にこそ京都の美しさがわかるのだと知り、それから五年経った今でも大変心に残っております。具体的な話ですが和室に敷かれている畳の縁によって使っている人の身分だとかがわかるといいます。縁がないのが身分のない人、縁の色により、黄緑は地下、紫は殿上人といった風になります。そのため、ぜひ茶屋に入ってみて茶室に通された時などはそこに注目してみるとまた新しい面白みがあって良いのではないかなと思います。京都市左京区に限らず色んな所で拝見できるはずです。余談ですが残念ながら泊まった旅館の畳は地下でした。話が逸れてしまいましたが、言いたいことは 京都市左京区をはじめとして京都市はただ風流な景色や人に囲まれる生活をする地ではなく、こういった日常生活にも細やかな工夫が施されているということです。是非京都市左京区に足を運んでみてください。