京丹後市内全域スピード対応!!

京丹後市での畳ふすま障子の張替えは熟練の技能士が
丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす
ことなく徹底的に
材料代と施工費を見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます

畳たたみの表替え大特価!!

 ■当店通常価格5,000円のところ
   期間限定

  2,200円
  もっと詳しくみるサイズは五八間 
■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産襖
ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え 

■当店通常価格2,500円のところ

 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。  国内産上質しょうじ紙使用 障子の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺

網戸の張替えも激安で請け賜ります。
国内産ダイオ化成竃ヤ使用 網戸の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

【サイズについて】

【襖と障子】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみの良さ

畳は日本の伝統的な文化を元に歴史的な背景が深い床材である。古き時代から存在している為元々は藁を重ねただけの物から始まっている。  平安時代にいたり現代で使用されている畳が扱われるようになり時代が進むにつれて書造院等で利用されるようになる。
茶道の普及により本格的に畳が世に広がりを見せたのは、室町時代に入ってからである。しきたりを重んじる礼儀作法を学ぶ環境において畳は無くてはならないものとなった。畳そのものが重要な建築物としてみなされ畳そのものが無くてはならないものとなったのだ。
伝統的な畳の製造方法の中に乾燥させた稲藁を強く、圧縮して縫いとめ、5p程度の厚さに加工したものを藁床と呼ばれている。  材料の入手が非常に困難なため現代においては、製作は困難を極め非常に難しい物であることから現代では製造そのものは少なくなっている。
畳にも交換時期と言うものが存在している。畳は一度敷くと数10年もつと言われているが、交換時期と言うものがある。  おおよそ10年から15年が交換時期といわれている。しかし半年に一度程度の期間で一度床から剥がし、日差しにあて誇りを取ることで寿命を延ばすことが出来る。
本来日本文化以外ではほとんどの国で使用されてきたことの無い独自の伝統的な文化を持つものである。  しかし日本の生活文化の中には無くてはならないものであり、床のフローリングに敷き詰めて和室として活用することが一般的に利用される方法である。


京丹後市主要産業

京丹後市は京都府の南部で隣県には大阪府と奈良県がを県境にもち、隣市としては八幡市、城陽市、枚方市(大阪)、生駒市(奈良県)2県1府4市に囲まれた地域です。関西でも都市とは離れ、西に生駒山地を臨み、東が木津川に沿う平野部で、人口増加を狙い、京阪神地区の都市部のベットタウンとしての役割を高くするために、精華町、木津町、京丹後市が1市2町の合併で人口10万人を目指した過去がありますが、2町の反対で実現しないという結果となりました。
京丹後市は人口が約70000人とそれ程多い人口ではありませんが、1970年に20000人程度であった総人口が10年後の1980年には40000人弱とほぼ倍増し、1990年には49000人弱と10年前に比べて20%増え、2000年に60000人でさらに18%増え、2010年以降には70000人とさらに15%と1980年以降は、ほぼ10000人規模で人口増加となりました。これには同市に所在する大学に通う学生が増えたことで20代の若者が増えたことが原因の一つとしてあげられます。
京丹後市が市制の施行となったのはそれほど昔のことではなく、1997年と今から17年前のことで、丹後町を市に変更するのですが、和歌山県にある丹後市との区別をつけるため、京都府にある丹後市ということで京丹後市となったのですが、実はこの市名は一般公募による厳選な審査で名前が付けられました。京が頭に付くことで京丹後と言いにくいという意見も多かったのですが後に、語呂に特徴があるという意見も多く、全国的に知れ渡ることとなりました。
京丹後市は奈良に近い京都府南部であることから盛んである産業としてお茶の生産が有名であり、日本3大茶と言われるうちの一つである宇治茶が京丹後市で最も多く生産されています。宇治茶は静岡茶などと同様で、地域で生産されるお茶ということで、その中でも玉露という煎茶としての分類が多く、日本茶特有の渋みを抑えて、逆に甘味を持ち緑茶としてのさわやかな香りが特徴で、とても高級なブランド茶として最も美味しいお茶としての名産品として有名です。
1960年に当時内閣総理大臣であった池田勇人が掲げた、日本国民所得倍増計画を旗印として太平洋ベルトライン構想が急速な勢いで進み、南関東地方から北九州までに日本の工業地帯の大動脈をつくり、そのへそ部分と言っても良い京丹後市にも、日本を代表する企業や産業の中核を担う様々な大手企業生産工場があり、このような産業の発達で労働人口も一気に増え、また昼間はこれらの生産工場の労働者として働く人が通勤し人口増加と京丹後市の発展の一役を担っています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。
携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion
よく聞かれる疑問に
お答えします。

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京丹後市での畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域

  京都府施工可能地域

 

京都府宇治市 N様邸
襖張替え

京都府亀岡市 G様邸
襖の張替え 工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

大阪市西成区 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

大阪市淀川区 S様邸
畳表替え施工事例

京都府左京区 S様邸
畳表替え

奈良県奈良市 H様邸
畳、襖の張替え工事

畳は、和室には欠かせないアイテムの一つです。畳は藁床と呼ばれる基礎になる部分と、畳表と呼ばれる表面のい草の部分の二つで主に構成されています。藁床は、昔はその名前の通り藁を叩いて固めたものが使われていました。しかし最近は藁の入手が難しいことやダニなどの温床になるということなどから、新たな素材が使われることが多くなっています。よく使われるのは木材チップの圧縮材や発泡スチロールの積層材などで、これらは建材畳床と呼ばれています。畳表は昔ながらのい草が使われるものがほとんどです。新しいい草は緑色で独特の香りを放っており、見た目にも鼻からもリラックスできる効果を持っています。い草は日光が当たったり月日が経つことによって、色は落ちていきます。また、い草は使っているとどんどん磨り減っていきます。そのため、3年若しくは5年に一回は畳表を張り替えることをお勧めします。畳職人にお願いすれば、材料の準備から張替え作業まで全てを行ってくれるのでとても簡単です。畳の張替えはその部屋のイメージを一新してくれます。古くなってくすんだ色の畳が鮮やかな緑色に変われば、まるで部屋全体が新しくなったような気持ちになります。新しいい草の香りにはリフレッシュ効果がありますので、寝室にはピッタリです。