全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

松阪市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

いかに安く網戸アミドの張替えを依頼するか

家庭によってタイミングは異なってくるのですが、新築一戸建て住宅や新築マンションを購入して、生活をスタートしていくと、どこかのタイミングで網戸をそろそろ交換しないといけない時期が来ます。生活を始めて一年や二年程度であれば、まだ良いのですが、長く生活していれば、いずれ汚れがかなり目立ってしまって、吹き掃除程度ではなかなか汚れがとれなくなることもあります。さらに、網戸の開け閉めが多いと、いつのまには網戸のふちの部分が破れてしまうこともあります。こうなってしまったら、そろそろ網戸の張替え作業が必要です。ホームセンターにいけば安く網戸の張替えができる道具などが販売されているのですが、素人の網戸交換では綺麗に仕上がらないのが一般的です。綺麗にそして安く網戸を張り替えるのであれば、網戸や障子の張替え作業を専門として行っている業者に依頼するのが良いでしょう。いきなりひとつの業者に張替え作業を依頼するのではなく、二つか三つの業者に連絡して、見積もりをとります。そして、高い金額を提示したところにはもっと安くなるように交渉していきます。このような交渉によって安く対応してもらえるところが見つかり、納得できる張替えができます。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



今こそ見直したい畳の良さ

畳は日本固有の敷物であり、古くから日本の家に使われてきました。近年は生活様式の変化に伴い、和室が減少しており、畳の需要・生産量は減少しています。全室フローリングの家やマンションが増えている一方、客間として利用したい、くつろぎの空間が欲しい、和風のインテリががお洒落だからなどの理由で、1つくらいは畳のある部屋が欲しいというニーズもあります。和室を作るのは無理、でも畳の部屋は欲しい。そんな時は、置き畳が便利です。天然い草を使用したものから、お手入れも簡単な樹脂を使用したもの。縁があるタイプと無いタイプなど、様々なラインナップで取りそろえられています。価格も、1枚数千円からありますので、手軽に購入できます。畳というと、インテリアは和風のみと思われるかもしれませんが、縁のある畳を敷いて、こたつや和風家具で完全に和風な部屋を作り上げる以外にも、縁のない琉球畳などを敷いて、ソファーを置いたりして和モダンなインテリアにすることもできます。アジアンテイストな家具も畳にマッチします。畳は、意外とインテリアの幅が広いのです。ストレス社会の中、現代人はどこか疲れを抱えて生きています。い草の持つ匂いに包まれ、クッション性のある柔らかな畳の上でのんびりとリラックスすれば、疲れも癒せるのではないでしょうか。

襖に使用される織物襖紙の種類について

襖戸は押し入れの戸として使用される本襖のほかに、廊下や部屋との間仕切りとして使用される板襖などがあります。使用し続けることで襖の紙は風合いが出てきますが、ある程度使用年数が経過した場合は襖紙の張り替えが必要となります。その際に新たに使用できる襖紙には色々な種類がありますが、その中の種類として織物襖紙があります。基本的に3つの種類があり、それぞれの特徴に違いなどがあります。まず一番品質がよく高級品となるのが上級織物になります。使用される糸の種類としてはレーヨン糸や絹などが使用されており、個性豊かな種類がとても多いです。また模様や柄などにも様々な技法がとりいれられており、手の込んだ作りの物が多い種類になります。2つ目の種類として中級織物があります。織物襖紙の中ではコスト的にも手ごろな物が多く、和室に使用する際に風合いのあるものが多く人気のあるタイプの織物となります。使用されている糸としてはレーヨン糸が多いです。最後の種類として普及品織物になります。コスト的にリーズナブルなタイプの物が多く、種類が多いという点からも選びやすいタイプの織物になります。織物襖紙を使用する場合は、特徴などをしっかり理解したうえで和室に合った物を選ぶのがコツになります。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


松阪市は、三重県の中部に位置し、伊勢湾に面する、人口約16万6千人の市です。市の面積は623、77平方キロメートルあり、人口密度は1平方キロメートルあたり266人(2014年の統計)です。 市の木はマツ、市の花はヤマユリ。市の鳥はウグイスです。
松阪市の隣接する自治体は、県庁所在地の津市・多気郡多気町・明和町・大台町、奈良県の吉野郡東吉野村・川上村・宇陀郡御杖村があります。 松阪市の面積は、県庁所在地の津市に続き、県内で2番目の面積の広さがあります。
松阪市の南西部は台高山脈などの山地があり、北東部には伊勢平野が広がっています。 1989(明治22年)の3月までは、松坂城下ということもあり、「松坂」と表記されていましたが、同年4月1日からは、町村制の施行に伴い、「松阪」と表記されるようになりました。
1933年に初めて、市制が施行され松阪市となり、直近では、2005年の元旦に、一志群嬉野町・三雲町・飯南郡飯南町・飯南町との合併がありました。 松阪市(松阪市に相当する地域)の人口は2005年までは、微増してきましたが、2010年から微小傾向にあります。
松阪市は松坂牛の産地として、全国的に有名で、市内には松阪牛の加工工場が多く存在しています。 松阪牛を使ったソーセージ・肉まんなどは高評価で、多くがリピーターとなってくれています。 松阪市内は交通の便が良く、鉄道だけでも、紀勢本線・名松線・大阪線・名古屋線・山田線があります。

松阪牛まつさかうし
地元でも高級な食材ですので、一般家庭でもそんなに食卓に並ぶことはありませんし、普段はアメリカやオーストラリアの肉が出てきたりするものです。私が初めて松阪牛らしき物を食べたであろう記憶を辿ると、それは幼少時のすき焼の時だったと思うのですが、何しろおぼろげな記憶にすぎませんので、いくつかだったかも思い出せません。ただ母親が松阪牛だからと言っていたのは確かで、子供ながら松阪牛ってすごいんだなと思ったのは確かです。それでも他の肉と松阪牛の味の差なんてわかるはずもなく、今思えばかなり貴重なことだったのでしょう。そう言えば松阪牛で全国でも有名なお店が市内にあります。私が通った高校の一つ先輩にそのお店のご子息がいました。彼女のような境遇なら、毎日のように松阪牛を夕飯で食べていたかもしれません。もしかしたらお弁当も松阪牛だったのでしょうか。今となっては知る由もありませんが、彼女と仲の良い下宿の先輩がいたので聞いておけば良かったかなと思います。毎日松阪牛を食べて過ごしたら、他の安いお肉は口に合わなくなってしまいそうですが、それはともかく羨ましい限りです。私の両親は共働きでしたのでいわゆる一般家庭の一つでした。しかし私の進学が決まった頃、お祝いということで父が私をその松阪牛のお店に連れて行ってくれました。さすがに家族全員でというほど安くなかったのでしょう。大きな建物のそのお店で座敷の部屋に通されました。うる憶えですが、当時松阪牛ステーキが200グラム8千円ぐらいだった気がします。松阪牛は初めてではなかったですが、松阪牛ステーキは初体験、おそらく父も松阪牛のステーキを目の前にし緊張したに違いありません。松阪牛ステーキを食べた感想は今でも憶えています。それまで家や下宿で特別な日に食べたステーキと松阪牛ステーキはまったく別物でした。松阪牛ってこんなに美味しいんだと思ったのはそれが最初で最後です。とろけるような松阪牛ステーキ、塩と胡椒だけで充分な味付けでした。その後は東京で一人暮らし、さすがに松阪牛をお肉屋で見掛けることはあっても、松阪牛を買って帰ることはありません。私には高校当時の記憶だけが頼りです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 松阪市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え

障子の張り替えについて

障子は日本特有のもので非常に風情があります。目隠しにもなりますし日本人としては落ち着くアイテムのひとつです。雪見障子などもとても素敵です。しかし障子は紙で出来ていることもありとても破れやすく小さなお子さんのいるご家庭では少々厄介なものかもしれません。子供の友達が遊びに来てくれても破らないでと心の中で願うばかりです。時々子供さんがいらっしゃるんでしょうか、障子が破れたままのおうちも見かけます。障子の張り替えは面倒に感じるかもしれませんが一度やると意外と簡単です。一枚¥2000前後で業者に頼むことも出来ますし、今は破れにくい障子もあるので替える機会に丈夫なものに変更するのもよいですね。破れた障子を丁寧に剥がし、水で拭き乾かします。乾いたら障子紙を仮止めして丁寧に外し、ノリを塗る。今はノリもチューブ式のものが出ているので便利です。ノリを塗った枠に静かに再び紙を乗せ余分な紙をカッターで切ります。昔は霧吹きで紙全体に水を吹きかけ乾かしたらピンと張ったものですが今は霧吹きの必要のないものも出ているようです。模様の入ったものを使ってお部屋のイメージを変えるのもいいですね。子供さんと一緒に晴れた休日に障子を替えてみるのも楽しいかもしれません。

お客様のお話

築26年の一戸建てに住んでいますが、最近はじめて畳の交換をしてもらいました。3部屋の和室の畳をすべて交換したので金額的には大変でしたが、それ以上の価値があったと思っています。もっと早く交換すればよかったです。
畳の持つ素材感は、五感で感じる優しさをはぐくみます。イグサの香りは、森林浴をしているような感覚で、本当に癒し効果があると思います。イライラしている時でも、畳の部屋でボーとしているとスッキリした気分になります。
そして畳には、何とも言えないぬくもりがあり足裏のしげきして脳を活性化すると聞きました。これから、高齢になりますが、畳の生活は良いことばかりだと思います。毎日、布団の上げ下ろしをするのもよい運動になり、筋力をきたえる効果もあります。
畳をあたらしくしてから、いぜんよりも家の中が、スッキリしてきました。床の間に掛け軸を掛けたり、お花を飾ったりして、和の空間を大切にして楽しめるようになったような気がしています。こういう生活を大切に思えるようになったのが、嬉しく思います。これから年月がたつとともに、畳も色が変わったりしていくと思いますが、それはそれで趣がありステキな事だと思います。夏は涼しく、冬は暖かく感じられ、天然の空気清浄機のような効果もある畳を、これからも大切にして生活していきたいです。