全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

千曲市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。

(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみ

日常の生活の中でも自然な形でお世話になっているのが畳であり、家の中に和室が一部屋設置してあるだけで気が和み、何処となく落ち着いた雰囲気となって心が休まります。新築当時では入れたばかりの青畳の良い香りが鼻をくすぐります。
家の新築から合わせるように畳にも年月が経つこととなり、毎日使う畳の表面は所々に擦り切れた部分も目立つようになってきます。毎日掃除を欠かさずやっていても目の間には細かい埃や汚れも溜まってきて、それが入梅の季節になりカビの原因にもなりやすいのです。
こういった畳も定期的にメンテナンスが必要になり、表替えや中が傷んでいるようであれば畳そのものを交換するといったことにもなります。一口に畳の交換と言っても一軒家の場合とマンションの場合では違いがあり、厚みの種類があるので一概には言えません。
厚みによっても料金の設定が違うので、それに合わせた料金設定となり価格が違ってきます。現在ではシロ蟻被害の対策用がしてあるものまであるので、普通の畳より専門的なものが重宝しています。交換の際に下から万膳にするのも良い方法です。
交換したばかりの青畳はまだ湿気を含んでいますので、表面を乾いた雑巾で拭いてから風通しの良い状態で使っていきます。上に敷物を敷いたり家具を置いてしまうと通気性が悪くなって、カビやダニの発生の原因になってしまうので上手に使いこなしていきます。

襖ふすま

襖はとても便利な建具です。木製の扉を突き破ってしまうようなことがあれば、扉自体を新しいものに交換しなくてはならなくなるケースが大半です。部分的に修繕してオーケーとなることはまず考えられません。でも襖であれば、交換せずに済む可能性があります。
襖紙を張替えるだけで簡単に破損部分を修復することができますし、内部の組子骨が破損している場合であったとしても、よほどひどい状態ではない限り、補修することが可能です。つまり、最低限のコストでメンテナンスすることが可能なのです。
また、たとえ破損させてしまったような状況ではなかったとしても、傷や汚れが目立つようになってしまった場合、襖紙を張替えるだけで、新品同様の見た目にすることが可能です。わざわざ買い替えたりしなくても、買い替えとほぼ同じ効果が得られるというわけです。
おまけに、適切な時期に襖紙の張替えを行っておけば、襖自体をかなり長持ちさせることができます。つまり、維持コストが、洋風の建具よりも格段に安くあがるというメリットがあるのです。それ以外にもたくさんのメリットがありますので、積極的に住まいに取り入れていくのが得策です。
最近は、洋風建築の家が多くなりましたので、自宅に和室が一部屋もないという人が珍しくなくなってきました。しかし、フローリング敷きの洋室であっても、使用する意匠を工夫すれば、襖は意外なほどにマッチします。興味がある人は、襖業者に相談してみるとよいでしょう。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


長野県千曲市

千曲市はその名の通り、長野県北部、千曲川の中流域に位置しており、2003年9月に市町村合併により、更埴市と埴科郡戸倉町、及び更級郡上山田町が合併して誕生した。市庁舎は更埴庁舎、戸倉庁舎、上山田庁舎に分散している。
千曲市の戸倉町と上山田町は戸倉上山田温泉として全国的に有名である。善光寺詣りの帰りに精進落しをする温泉場として明治初期に開湯されたので、100年以上の歴史を誇っている。近年は近代的な建物への建替えも増えている。
長野新幹線は開通したものの、千曲市は上田駅と長野駅の中間に位置しているため通過されている。千曲市の中心部は旧信越本線であるしなの鉄道線が通っており、北西部はJR篠ノ井線が通っている。高速道路は長野自動車道と淨宇信越自動車道が通っている。
千曲市の森地区はあんずの里で有名である。観光名所となっており、4月上旬にはあんずの花見が楽しめる。あんず刈りは6月20日ころから約1か月間である。あんずは咳止めとした松代藩が奨励したことから、千曲市の森地区で栽培が盛んになった。
千曲市南部の冠着山は別名姥捨山と称され、深沢七郎の楢山節考の元となった姥捨伝説が残っている。JR篠ノ井線の姥捨駅はスイッチバック方式のある駅でホームから見下ろす善光寺平は日本三大車窓の一つに数えられている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。             0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 千曲市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

長野県松本市 G様邸
畳表替え 襖張替え 

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え

 I様邸 畳と障子の張替え 

 K様邸 縁無し畳施工

 H様邸 半帖縁無し畳

S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸 和紙カラー畳表

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

 N様邸 襖ふすま張替え施工