西宮市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
西宮市内全域にお伺いします。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
  無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

  

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

  安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

様々な効果のある網戸が販売されています。

網戸は昔から使われており、部屋の換気時などに重宝します。もし、換気時に網戸を使わず窓を開けると、外からの異物や害虫は室内に侵入します。とても不愉快な気分になり、場合によっては掃除が必要となります。網戸も最近ではとても発達して、いろいろな形状や効果のある製品が販売されています。まず形状ですが、一般的な網戸はパネルタイプと呼ばれるものです。窓の大きさで作られており、はめ込んで使用します。引き戸タイプの製品が多いです。次にアコーディオン網戸があります。これはアコーディオンのように形状を変化させ、開け閉めします。特徴としては収納時にとてもコンパクトになることです。よく玄関の網戸として使用されています。網戸の効果についても説明します。網目の大きさの種類が多くなりました。網目が小さいほど外部からの異物の侵入を防ぎます。とても小さな虫なども入れなくなります。最近では網戸にとりつける花粉フィルターも販売されています。花粉やPM2.5など大気汚染が深刻化しています。それらによってアレルギー反応を起こす方も多いです。この花粉フィルターより、このような症状を和らげつつ、外の空気を室内に入れることができます。

【サイズについて】

【襖障子、網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの
大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。


平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。


和室に合わせやすい畳の種類

和室の空間に映えるのが、いぐさの香りが和の雰囲気をさらに演出させてくれている畳です。畳と一口にいっても価格・品質にも様々な違いがあり、例えば、いぐさの栽培法の違いがあり、国産と外国産の畳では、農薬による規定の違いがあり、国産の天然のいぐさは赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えてくつろぐことができます。さらに、無着色で仕上げられているタイプや、鮮やかなグリーンの色合いを保持させるために、撥水加工などの塗料をはじめ、防カビ剤・脱臭などの加工を施しているタイプもあります。
さらに品種に対しても違いがあり、耐久性をはじめ、風合いや手触り・色合い・香りなどにも細かな違いが出ています。ですから、購入する際には、価格や品質を考慮しながら選ぶのがオススメです。さらに、和室のお部屋に合う畳は、替え時というのもあり、早い段階では3年を目安に行うのですが、畳の寿命は約5年程度で、5年を過ぎると新調するのが望ましく、5年の間に定期的なメンテナンスを行っておくことにより、10年以上も劣化することなく長持ちさせることも可能です。
さらに、畳を良く観察すると縁が存在していることに気付かされます。縁のデザインやカラーは、畳メーカーによって作られていますが、評判の良い業者では、縁を自作していて、希望によってオリジナルで製作してくれることも可能で、世界に1つだけの畳を作ることができます。黒や栗茶などの一般的なカラーの縁をはじめ、アジロ・リンズ・ダイヤ・玉虫などのデザインなど、多彩にラインナップされていて、リーズナブルな価格も魅力の1つです。
さらに現在では縁なしの畳を提供している業者も多く、縁なしは若い世代からも注目されていて、技術を駆使して作られている縁なしタイプは、独自の曲げ加工・裁断技術を使うことにより、コストを下げ、リーズナブルな価格で提供してくれています。縁なしタイプは、洋風インテリアにも合わせやすいことから種類も豊富に用意されてあり、いぐさタイプをはじめ、キズや端の仕上がりが綺麗な和紙タイプ・鮮やかな青畳だけではなく、多彩なカラーを使った和紙タイプなどもあります。
さらに人気の業者では、畳替え後の保証もしっかりしていて、替えた直後に万が一、ダニが発生した場合には原因を調査し、全額返金保証も設けていますし、万が一カビが生えてしまった場合には、安全なカビ取り剤により、即対応してくれる無償のサービスが評判を集めています。さらに、お手入れについてまとめたガイドブックの贈呈をはじめ、時期に合わせたメンテナンスまでを一貫して行ってくれるとあって、今、和室の空間をマイホームに作りたい方々からも話題をよんでいます。

襖が人気を集めた理由と実用性

今は古い家具を使うことで環境にも配慮できます。ここでは特に新しい道具よりも、昔のタイプの方が機能が優れている場合も多いです。例えば襖は長い時間に渡って使われている道具です。それは交換の機能がもたらした結果です。実際に何度も交換すれば襖は長持ちします。そして次の世代も同じ襖を使うことができます。和室の道具の魅力は基本的に美しい部分です。その要素は世界からも高い評価を得るきっかけとなっています。そして襖は伝統的なデザインを採用しているので話題性もあります。この道具に使われているデザインは古いものが多いです。しかしそういった昔のデザインが現代では価値が高くなっています。襖はデザインよりも機能面で注目を集めることが多いです。交換の機能は襖を使う際に重要になります。この機能を使えば古い扉を復活させることが可能です。だからこそ現代の家の中でも襖が活躍できるのです。この扉を使えば家の雰囲気も重厚なものにできます。現代人は美しい家具や機能的な商品を集めています。和室の道具はその要素を全て持っているので人気があります。また実際に襖を家に導入するためには準備が必要です。しかしその問題は業者に頼むことで直に解決できます。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳やふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。

●西宮は関西で住みたい町1位。文化人、財界人に好まれる西宮市。

リクルートの2013年版住みたい町(駅)ランキングで1位になったのは、西宮北口駅である。言わずと知れた阪急神戸線のターミナル駅だ。近年、阪急西宮ガーデンズなど商業施設のオープンもあり、マンションや一戸建てが立ち並び、生活環境がとても良い地域である。南に行けば西宮ヨットハーバーがあり、まるで外国のような町並みが広がっている。その途中にも有名な酒造がいくつもあり、日本酒好きにはたまらないところである。
また、北に行けば夙川、苦楽園などの高級住宅地が広がる。芦屋の六麓荘に負けずとも劣らない地域で道にも多くの外車、高級車を見ることが出来る。この地域は春になると夙川沿いをたくさんの桜が咲き、川沿いの桜見物を楽しめる。非常に美しく数も多い桜を目当てにお花見に訪れる人も多い。苦楽園では効果ではあるが、とてもおいしいパン屋、カフェなどがたくさんあり、食生活にも飽きることはないだろう。住みやすい地域として自宅として居を構えている関西の経営者も多い。
あまり知られていないことであるが、阪神タイガースの本拠地で春夏の高校野球では白熱した試合を繰り広げる甲子園球場も西宮市にある。阪神タイガースというと関西人、大阪というイメージが濃いのであるが所在地としては兵庫県西宮市である、ということを市民は誇りに思っている。住所としては兵庫県西宮市甲子園町1番の82である。最寄りの駅は阪神電車で、タイガースの試合がある日は車両にユニフォームを着た熱狂的ファンを多く見ることが出来る。
毎年1月10日のえべっさんで有名な西宮神社も、西宮市にある。こちらは日本全国のえびす神社の総本山である。福男を選ぶため、毎年早朝から男性が神社をかけるイベントが行われていることで有名。1番になった男性は福男とよばれ、ヱビスビール1年分とお米60キロがもらえる。なお、男女ともに参加は可能であるが、女性が一番になったことはまだない。商売の神様がまつられているため、近隣の企業がこぞって訪れ、商売繁盛を祈願する。
西宮市は武庫川を挟んで尼崎市と西は芦屋市,その先に神戸市東灘区がある。兵庫県の南東部に位置し、阪神間の一部と言われることも多い。北側にはベッドタウンの宝塚市などがあり、大阪にも神戸の三宮にも電車で15分ほどで到着することが出来るため、非常に便利で大学、短大も多く教育環境は比較的整っているが、その環境の良さからマンションの乱立が続き、小学校などで教室が足りないなどの問題があることも事実である。

 西宮北口周辺でブラブラしながら楽しむ

神戸と大阪のちょうど真ん中辺りに位置する西宮。通勤や通学に便利な住宅街のイメージが大きいです。JR、阪急、阪神と交通の便も良い街です。宝塚方面に向かうのも阪急で西宮北口から乗り換えます。近年では西宮ガーデンズが出来たり、阪急西宮北口の構内がリニューアルしたりと、お買い物にもレジャーにも楽しみが増えてきました。通過点だった西宮が身近な存在になり、ブラブラとお散歩がてら出かけて行く事も多くなりました。
そんな西宮の一番の楽しみは西宮ガーデンズです。阪急西宮北口駅から繋がっているのでアクセスも良く、雨の日でも駅から濡れずに行けます。阪急百貨店とショッピングモールの複合施設で映画館もあり、飲食も充実していて一日中遊べます。住宅地という地域柄か20代30代〜のママさん達をターゲットにしたSHOPが多い為か、他のショッピングモールよりも少し落ち着いた感じも好感がもてます。
また、ペットにも優しい環境で駐車場にペット専用の車寄せがあり、そのままデパート内のペットグッズSHOPやトリミング店に連れて行く事も出来、大変便利です。ペットフロアにはグッズやトリミングの他、ドッグランもあり、犬の学校もあって面白いですね。大人から子供だけでなくペットも連れて家族総出で遊びに行ける施設という訳です。ペットを預けている間にお買い物や食事が出来て、画期的だと思います。
そして、西宮と言えば福の神のえべっさんです。西宮神社は阪神の西宮から徒歩十分ほどですが、毎年お正月やえべっさんの時期には大賑わいで楽しいイベントの一つです。お参りも色々な神様があり不謹慎ながらも、面白いな〜と思ってしまいます。よくニュースで見る巨大マグロも見物です。歩いているだけで福を呼びそうな盛り上がりで、近所の店舗やショッピング街もえべっさんにあやかりセールをしていたりして、それも魅力的です。
その他、特に目的がない時で気候の良い時期はJR西宮から阪急西宮北口に向かってブラブラお散歩するのも違った発見があります。幹線道路沿いのお店を見てまわったり、桜を眺めたり街中では味わえないのんびり感があります。大阪にも神戸にも15分程で行け、程々の自然や地域密着感もある西宮は住んでみたい街の一つです。
今はマンションが多い様ですが西宮でゆったりした暮らしが出来たらステキでしょうね。

西宮市は兵庫県の南東部にある都市です。兵庫県の中心である三宮にも、大阪の中心である梅田にもアクセスがよく、また、関西学院大学などの有名な学校があり、アカデミックな雰囲気が漂っています。鉄道の大きな駅を中心として、大型の商業施設が建設され、とても便利であることもあることもあいまって、西宮市はとても人気のある都市となっています。西宮市で有名な施設と言えば甲子園球場です。甲子園球場は、高校野球が開催され、高校球児の憧れとなっている球場です。さらに甲子園球場は阪神タイガースのホームグラウンドとなっており、とても有名な球場です。西宮市の北部には甲山があり、甲山から見下ろす眺めは絶品です。そのせいもあり、西宮市の北部は閑静な住宅街です。西宮市の北部は街並みが美しく、有名な学校もある文教地区となっています。西宮市の南部の海沿いの地域は、海を埋め立てて新たに建設されている新興住宅街です。この住宅街には高層マンションなども立てられ、とても近代的な街並みとなっています。こういった住宅街ができるに従って、新しい大型の商業施設も多く作られており、買い物なども便利で住みやすく、都市部へのアクセスもよい人気の地域です。

西宮市には「キッザニア甲子園」があります。屋内施設のため、雨の日でも遊びやすく、子供たちが職業体験をできるため、子供連れにお勧めのスポットです。西宮市には「関西学院大学」があります。こちらは貴重なスパニッシュ・ミッション・スタイルの近代洋風建築物として知られています。また西宮市の桜の名所としても知られています。西宮市には「武田尾温泉」があります。こちらは裏六甲三大温泉のひとつであり、豊かな自然に恵まれた閑静な場所にあります。西宮市には「新西宮ヨットハーバー」があります。こちらはモーターボートショーを見ることができます。きれいな芝生があり、のんびりとヨットを眺めることができます。西宮市には「兵庫県立芸術文化センター」があります。大・中・小の3つのホールではコンサート、バレエ、オペラ、演劇などが行われています。西宮市には「西宮市大谷記念美術館」があります。こちらには故大竹次郎氏愛蔵の美術品が展示されています。また美術館の庭園の美しさで知られています。西宮市には「東光寺」があります。こちらは「門戸の厄神さん」として親しまれています。毎年1月に行われる厄除け大祭にはたくさんの参拝者でにぎわいます。

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 西宮市での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません施工可能地域

西宮施工可能地域

 

兵庫県西宮市 M様邸
琉球畳に敷き替えました。

兵庫県西宮市 I様邸
畳表替え障子の張替え

兵庫県西宮市 U様邸
畳表替え兵庫県芦屋市 H様邸
新畳は特に強力に
お部屋の湿気を吸収してくれます

 S様邸 
ビビッドな紫色の表です
新鮮ですね〜♭

 I様邸
畳の張替えと
ふすまの張替え 工事 事例


 W保育園様
和紙畳 工事 事例

西宮市 N様邸
畳表替え

 G様邸
障子の張替えでお部屋が
明るく成りました

 S様邸
畳と襖の張替えをしました

 I様邸
畳と障子の張替え工事
粋なお部屋です

 R様邸
琉球畳新調 襖の張替え

 H様邸
畳表替え工事 

 Y様邸
障子の張替え

日本の四季の対応した畳襖障子

建具として、家の部材に利用した、襖ふすま、障子。木と紙や絹・布で作られたものが、日本の四季を通じて非常に柔軟に対応している。この発想が日本人の優れたところで、四季の変化が大きく、また湿度の変化も高いこの国の気候風土に適したものか、今さらながらに関心するばかりである。
唐渡りの屏風から思いついたのであろうが、それを折りたたまずに柱簡に嵌めこむことを思いつき、さらに上下に鴨居・敷居をしつらえ、そこに彫り込んだ溝に滑らせて、開け閉めの出来る工夫をしたのも、高床式の家の構造だったからこそ実現可能だったのだろうが、部屋の仕切りとしては、巧妙な仕組みであろう。さらに、それに絵を描く、あるいは文様のある唐紙を貼ることで、室内空間を飾る効果を作り出したのは、これだけでも日本人の美意識を物語る大きなテーマとなる。鉄・コンクリート・ガラスと言ったハードな材質による近代建築が、ここまで発達してしまった今日、どちかと言うとソフトな材質による日本独自の建築と内装を顧みるにつけ、驚くことばかりである。さらに、この建具ひとつを作る要した職人の手作業の細やかさにも驚かされた。骨組みの材を選ぶのにも気を配り、柾目を表んにして歪みの出ないようにし、下貼りの紙を貼るにも、その日の湿度・温度を体感しながら糊の濃さを調え、張っては乾かし、乾かしては張ってを繰り返しして仕上げるので、災害にあうかよほど手荒に扱わない限り、その上に描かれた四百年も前の顔料を厚く塗った絵画をほぼそのままに見る事が出来る。京都智恩院の長谷川等伯らの「桜・楓図」の壁画が、温度調節装置などを備えたコンクリートの収蔵庫に入れてからのほうが、顔料の剥落が激しくなった様に見える事にも、かっての職人の身に付けた業の確かさを思わざるをえない。

襖はいつ張り替えるべきか

和室に入るとまず見かけるものとして、襖がある。襖はドアのように奥側へ押すわけでもなく、手前に引くわけでもない。横にスライドさせるように「引く」のである。実は襖には苦い思い出がある。小さい頃友人の家に行った時、面白半分に襖を穴だらけにしてしまったことがある。襖は障子と違って張り替えるのは大変である。費用もかなりのものだ。なので人によっては、見栄えの悪い所を、シールや張り紙、ポスターなどを駆使して隠しているのを見かける。
今までの経験からすると、襖は破けた際に張り替えるのが一般的だとは思う。ただし、すぐに交換をするというわけではなく、どう見繕っても応急処置的に張り紙、ポスターなどを使って傷を隠すことが大半ではあるが。
たまに部屋を模様替えするため、襖の模様を替える、なんてセレブな人もいたが、よほどのことが無い限り、もしかしたら一生襖を張り替えることなんてないこともあり得る。
強いて言うならば、柄物の襖よりも、無地の襖の方が張り替える必要性はあまり無いような気がする。柄物だと、それが一枚の絵となって、一種の作品ともとれそうだが、無地であるならば、小さな傷も気にならないようにすることもできるし、そもそも何も描かれていないのだから、そこから何か書き足せば、いちいち張り替える手間も無くなるのではないだろうか。

西宮市おすすめの場所

兵庫県西宮市は、人口488,722人の都市です。西宮市に遊びに行くならおすすめのスポットをご紹介します。まず、小さいお子さんがいるなら、「キッザニア甲子園」がおすすめです。子供たちが大人の仕事を体験できるテーマパークで、楽しみながら、社会のしくみを学ぶことができます。 西宮市で買い物をするなら、「阪急西宮ガーデンズ」に是非一度行ってみるべきです。欲しい物は何でも揃うでしょう。オープン時は西日本最大級で国内では3番目の広さを誇る商業施設でした。阪急百貨店やTOHOシネマズ、イズミヤなどが主なテナントで、ペット用のホテルや病院などを備えた阪急ハロードックもあります。4階にある屋上庭園も見ものです。 西宮市で有名な神社はやっぱり「西宮神社」です。毎年行われる福男選びが有名です。 西宮市で有名な山は「甲山」があります。甲山森林公園では、ハイキングやバードウォッチングなどができます。 西宮市には温泉施設もあります。「えびすの湯一休」では高濃度人工炭酸水が人気です。血流促進効果が高く、治療にも使われるほどです。 西宮市には他にも博物館や公園、ヨットハーバーなどおすすめスポットはたくさんあります。西宮市に出かけるさいは、是非参考にしてみて下さい。