大阪市中央区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪府下全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com  

大阪府下の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と
新調を高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

日本には四季があり、初夏から秋の初めの間は家にいる間は窓を開けて生活する人も少なくありません。しかし、虫が入ってくるために網戸をして風を通すが、虫などの害虫が入ってこないようにしてすごします。網戸はアルミサッシに取り付けますが、経年劣化により網戸が破れたりすることもあります。また、夏の暑い時期に網戸を背もたれにしたりしたりすると、破れ、ほころびが出てきます。網戸は以前でしたら専門の業者が張替えをしていましたが、近年ではDIY人気からか交換部品がホームセンターなどに販売されたり、メンテナンス方法がインターネットで公開されたりしたりして、一般の人ができる環境が整ってきました。網戸のメンテナンスは破れ、穴あきが無ければ、清掃するだけでよいのですが、破れ、穴あきについては交換しかメンテナンス方法はありません。交換する時期としては、暖かくなってきた5月に行うのが良いでしょう。網戸を構成する部品としては、アルミサッシ、網、そして、網を固定するゴムです。あみを固定するゴムをはがすことから始まります。ゴムをはずして網をはずします。新しい網をはめ込み、ゴムで固定していきます。網戸の網はゆがみがあるとカーテン、ガラス戸に触れたりしますので、ゆがみ、たわみが無い様にセットします。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳のメンテナンス

畳を敷いておけば、空気中の湿気を取り除いてくれるので、カビの発生を抑えてくれますし、イグサの匂いに癒される、などという人も少なくはありません。
ただ、そのまま何もしないで放置していても良いのかというと、やはりそれでは畳の劣化を早めてしまうため、毎日少しずつでも構わないので、手入れをしておきたいものです。
まず、畳についたゴミを取り除く際に、掃除機を使うことが多いのだと思うのですが、乱暴にやってしまうと畳を傷つけてしまうことがありますし、中に入り込んでしまったホコリなどを掃除するのにはあまり向いているとは言えないため、できればホウキで畳の目に沿ってはいていくようにしましょう。
それでも十分ではないというのなら、水を含ませた新聞紙を固く絞って千切って丸め、畳の上にまいておき、それをはいて集めれば、チリやホコリ、髪の毛まで絡め取ってくれます。
その後、乾いたタオルで湿り気を取るように拭いていくと良いです。
それから、使わない部屋を閉め切ってしまうことがあるのですが、一日に一回は窓を開けて空気の入れ替えをしておきたいですし、余裕があるのなら、畳を外して直射日光が当たらない、風通しの良いところで干すようにすれば、畳は長持ちさせることができます。

襖紙の素材と種類について

襖の表情や風格は襖紙によって大きく左右され、その絵柄や風合いはお部屋の印象さえも大きく決定づけてしまいます。襖紙は大きく「鳥の子紙」と「織物」に分けられます。鳥の子襖紙は紙の原料や印刷、装飾の仕方によって、織物襖紙は。織り糸の種類や撚糸の数、印刷や装飾の仕方によって最高級品から普及品まであります。
鳥の子紙の最高級品は「本鳥の子」と呼ばれる手すきの雁皮紙です。無地で独特の落ち着いた光沢があります。これを機械すきで作ったものが「鳥の子」です。最近は技術の進歩により、手すきに近い紙の風合いを持つものも登場しています。そして、すべて機械すきで「鳥の子」の普及版といえるのが「上新鳥の子」です。さらに廉価な普及版「新鳥の子」は、製紙も柄付けも機械で一貫生産されます。下地が透けないように紙の裏を茶色にしたものが多く、「茶裏新鳥」とも呼ばれます。
これに対し織物は、上級、中級、普及版の3種類です。「上級織物」は縦糸にレーヨン、横糸に意匠撚糸や絹糸を使い、詰んだ糸目で織り上げられています。絵柄も1枚ずつ丁寧に手加工されます。「中級織物」ではレーヨン糸やスラブ糸、ネップ糸などの意匠撚糸で追っていて、絵柄は手加工や最新技術を駆使した加工により上品な柄が多いのが特徴です。最も低価格な「普及版織物」は、レーヨン糸やマニラ麻糸で織られ、絵柄は印刷機などで加工されます。

障子張替えについて

障子はある程度の時間が経過してくるとそろそろこの障子を何とかしなくてはいけない時期になってきます。それでは、どうするのが良いかというと、障子の張替えを専門的に行ってくれる業者に相談することがとても重要になってきます。張替えを行ってくれる業者は世の中には結構ありますが、一番良いのは地域密着で長年にわたって障子張替え、襖張替えを行っているところが理想的です。そのような業者の方が地域の人びとからも信頼を得ているからなのです。このような業者はインターネットのホームページでまずは情報を収集していくと良いです。どこの張替え業者はどれくらいの実績があるのか、ホームページならある程度内容を確認することができます。特に障子に関しては手軽に家庭でできるようなキッドも販売されておりますが、プロと素人では仕上がり具合にはとても大きな差がでてきます。従いまして、プロに任せてしまった方が良いです。プロなら納得のいく形で素晴らしい仕上がりにしてくれます。障子は紙でできています。そして強度についてはいくつかの種類があります。従いまして、破れる頻度がかなり高い家庭においては、強度が強いものを使って張替えしてもらった方が良いです。


大阪には東京を越える存在になるための歩み

大阪は現在変わらなければいけないときであり、立ち止まっているときではありません。これまで、借金体質の府政がようやく見直しができる環境が整ってきました。既得権益にまみれた現状の体制を切り崩し、正常な状況にしていこうとしている状況が見えてきたのです。大阪は古くから栄えてきた町ですので、こういった状況の根が深いということは仕方のないことです。見方を変えればそれほど特徴のある文化を守り続けているともいえます。ただし、各町に見られるアーケード街が廃れていくように、昔は良かったというようなことをいい続けているうちに、どうにも時代遅れになってしまうということは日本各地で起こっています。東京への一極集中の流れを見れば、大都市大阪でさえその憂き目を見ないとも限りません。というのも、10年ほど前から、大阪の本社が東京に遷っていくという光景をなんども目にしており、大きな収入源となる大企業が大阪で存続していくことは大阪を支えていく大きなウェイトを占めています。一つの大企業が生まれれば、そこに付随する下請企業、関連企業が栄えます。そうなればそこに住む人が増えますし、学校や商店が増えてきます。そういった大企業が東京ではなく、大阪に滞在してくれるためには、人材は既に十分あることを考えれると、情報がスムーズであること、物流がスムーズであること、税制など金銭的に優遇されていることなどが挙げられます。大阪にいるメリットがなければ意味がないのです。そのためにもまずは大阪の無駄な出費をできる限り減らすことは優先順位が非常に高いのです。二重行政ということがよく言われておりますが、まさにこれは最たるものでしょう。民間では生き残りをかけて企業の買収がどんどん進む中で、こういった二重行政ともいえる部分は整理されていっています。その経費削減が図れる上に、さらにお互いの得意分野を手に入れることができるという点で効果がもたらされるわけです。これは民間だけの話ではありません。数年前には市、町、郡の統合などが全国的に行われましたが、次は大阪市、大阪府などの事業の見直しをする番です。何十年も前に整えられた環境の中で同じことをし続けているのは明らかにおかしいわけで、ITも進んだ現在では当然ながら人手の作業は減っていることを踏まえて、管理部門の統合を進めていくべきです。その体制を整えてこそ東京に対抗できる状態になるのです。ここまで放置してきたツケは大きく大変ですが、20年後を踏まえて今しか見直す時期はありませんん。


大阪市について

大阪市は大阪府のほぼ中央に位置する市で、大阪府の府庁所在地である。人口はおよそ267万人、政令指定都市にも指定されている。北区・都島区・福島区・此花区・中央区・西区・港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区・阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区の24区から構成される。大阪市の区の数は政令指定都市の中で最も多く、東京都区部よりも上回っている。大阪市は近畿地方の行政・経済・文化・中心都市であり、京阪神大都市圏の県内総生産は、国内では首都圏に次ぎ、世界的にも上位に位置づけている。瀬戸内海・大阪湾に面し、瀬戸内海と京を繋ぐ水軍の要を担い、大阪の象徴的建造物でもある大阪城が設立された時代より「天下の台所」と称され発展してきた。今日も阪神工業地帯の中核を担っている。気候は大阪市を含め、府内全域が瀬戸内海気候に属しており、年間を通して温暖である。近年は都市化によるヒートアイランド現象の影響で、郊外に比べて夜間の気温が低下しにくく、熱帯夜の増加、冬日の現象が顕著である。冬から春にかけて、中国大陸から流れる黄砂が観測されることがよくある。積雪も一冬に1〜2回程度起こるが、大雪は非常に少なく、冬型による降雪もほぼ積雪に至らないが、強い寒波が来ると氷点下まで気温が下がることもある。また大阪市は日本で最も外国人が多い都市でもある。大阪で最も多い外国人はコリアン(韓国・朝鮮人)で、生野区・東成区・天王寺区の3区境である鶴橋から御幸通り、大池橋を結ぶエリアに集住している。堺筋本町あたりのビジネス街では、インドの人も多い。大阪が紡績産業や商社の街だった経緯から、今でも堺筋本町周辺に関連産業が集まり、インド系ビジネスマンを対象としたショップもある。弁天町あたりではブラジル人が多く、たまり場のレストランではポルトガル語で溢れ、毎晩カーニバルのよう。他に中国人、タイ人も多く、外国人ではないが琉球国という独自の海運王国の流れを汲み、独特の文化を持つ沖縄出身者も内地で多くいる。ニューヨークが「人種のるつぼ」と言われるならば、日本の「人種のるつぼ」はここ大阪ではないだろうか。多種多様の人種によって大阪は日本の中でも独特の雰囲気を醸し出し、お笑い文化、食文化も独自の発展を遂げてきた。人・文化・産業 食がエネルギーに溢れ、観るものを楽しませてくれる。

大阪市の「光」と「影」


国内第二の都市・大阪市。 大阪市は、「光」と「影」の両面がある都市でもあります。 光、それは華やかで煌びやかで活気にあふれている都心のビジネス街・ショッピング街。 影、それは栄枯必衰が肌で感じられる港湾地区や工業地区。 この両極端な光と影をもつ都市は、大阪市以外にあるでしょうか。豊かさの象徴と貧しさの象徴が背中合わせ。 このような都市構造を造り上げたのは、昨今の市政の迷走と低迷にあります。 この10年で大阪市長は3回変わりましたが、2回目以降は「都構想」という住民本位ではない非常に危険な愚策を打ち出しています。そのため、大阪市の財政は悪化し、このまま失政が続くと「スラム化」が始まり貧富の差が拡大する危険もあります。 いまこそ、大阪市民は「政治リテラシー」を一層養うべきです。2015年の「都構想の可否を問う投票」から、大阪市民は市政に対する勉強をしてきました。しかし、その「政治リテラシー」もまだまだブレがあり、それが選挙結果に反映されていません。 もっと危機感を持ち、現在の市政がなにをやろうとしているのかを理解し、それを次の選挙に反映させましょう。まずは大阪市民の「政治リテラシー」の醸成と選挙行動を忘れないことです。

大阪市中央区

大阪市中央区はもともとは別々の区が一つになったものであり、そのため合わさってできた場所と言えます。大阪市中央区が持っている歴史の中に、かつて旧日本陸軍の師団司令部が置かれていたという例があります。その建物は戦後に警察によって使用されていき、その後は博物館として使われた経緯を持っています。なお、様々な目的のために使用されたその建築物は城の近くにありその城については観光スポットになっています。大阪市中央区には警察本部が存在している他、大阪府庁及び国の機関が置かれているといった環境にあります。さらに、中央区は色々な企業が始まった場所としての顔も保有しており現在でも本社を置く会社が存在します。すなわち、大阪市中央区は行政だけでなく商業が集まっている地域であると指摘することが可能です。その他にも区内には様々な鉄道が走っており、その中に異なる鉄道会社同士が相互運転を行っている路線があります。この路線が繋がっていることで、奈良方面から神戸もしくはその逆の列車が走行しているのです。また、この路線には愛知県や三重県へ向かう列車も発着しているなど鉄道と関係がある土地と指摘できます。このように、大阪市中央区は様々な顔を持っている他市内には色々な状況を抱えている状態であると言えます。


今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表






畳Qestion


「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで 
施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします。
施工 事例です 

大阪市 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市中央区 O様邸
襖張り換え

大阪市中央区 E様邸 畳表替え大阪市 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
大阪 N様邸
畳表替え

大阪 N様邸
畳表替え

大阪 Y様邸 
障子張替えで
お部屋が明るくなりました

障子はお部屋のフィルターです。

大阪 F様邸
畳襖張替え工事

大阪市 K様邸
網戸張替え

大阪市 T様邸
畳表替工事

大阪市 O様邸
畳襖張替え工事

大阪についてあれこれ考えてみました

近畿地方の中心都市であり、ひいては西日本の最重要都市である大阪市は、経済はもちろんの事、文化やスポーツも非常に盛んです。その事を裏付ける理由はいくつもありますが、その中の1つとして挙げられるのが、大阪市で毎年1月に開催されている大阪国際女子マラソンです。大阪国際女子マラソンは名称が示すとおり、女性のみが参加できるマラソン大会です。女子マラソンの歴史は意外と浅く、オリンピックの正式種目となったのは1984年に開催された第23回ロサンゼルスオリンピックからです。男子マラソンは、1896年の第1回アテネオリンピックの時から、すでにオリンピック種目でしたから、男子と女子とでは90年近くも歴史に差があります。ただ、日本では昔からマラソンは人気スポーツです。従って、いちはやく女子のマラソン大会を開催していました。それが東京国際女子マラソンです。東京国際女子マラソンは、国際陸上競技連盟(IAAF)が世界で初めて公認した女性限定のマラソン大会で、1979年に第1回大会が開催されました。そして、東京国際女子マラソンをきっかけにしたかのように、翌年には、名古屋国際女子マラソンが開催され、更に1982年には大阪国際女子マラソン(第1回〜第3回の名称は大阪女子マラソン)が開催されました。しかし、東京国際女子マラソンは2008年、名古屋国際女子マラソンは2010年に幕を閉じています。現在、日本陸上競技連盟が主催する女子マラソンは、大阪国際女子マラソン、横浜国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンの3つです(3つともIAAFが認定する大会)。第1回大会の開催は、横浜国際女子マラソンが2009年、名古屋ウィメンズマラソンが2012年です。つまり、1982年から開催している大阪国際女子マラソンは、現在、日本一歴史のある女子マラソンなのです。大阪国際女子マラソンは長居スタジアムをスタートして、中之島、御堂筋、大阪城を抜けて、再び長居スタジアムに戻るコースで争われます。コースの高低差は9mしかありません。つまり、ランナーへの負担が少ないコースなので、良いタイムが期待できる大会なのです。しかも、オリンピック、世界陸上競技選手権大会、アジア競技大会といった国際大会代表選手選考を兼ねている大会ですので、とても重要であり、大変緊張感のある大会です。もちろん、国際女子マラソンですので、トップクラスの外国人選手も参加しています。日本人選手同士のみならず、外国人選手も交えて繰り広げられる激しいレースは、毎年確かな見応えを感じさせます。 

大阪市内がテーマパークです。
楽しく面白い大阪

皆さんは大阪と言われたら何が思い浮かぶでしょうか。たこ焼き、お好み焼き、通天閣、海遊館など大阪には魅力がたくさんあります。見たり遊んだりするオススメの場所はたくさんあり、大阪城や道頓堀、海遊館にユニバーサルスタジオジャパンなど昔からある歴史を感じる所も様々なアトラクションがあるテーマパークもあります。まず大阪独自のものを感じたいなら大阪市南エリアに行ってみましょう。道頓堀には、よく見る大きな蟹やふぐの看板、さらにグリコのマークの看板など見所もあり、またくいだおれの街を体感できるでしょう。他に、大阪のシンボルと言える大阪城天守閣。元々の大阪城天守閣は豊臣秀吉によって本願寺跡に建てられましたが、戦や落雷により度々消失され、現在の大阪城は昭和6年に大阪市民の寄付により建てられたものです。大阪城天守閣に行き、戦国時代の建物の作りや天守閣からの大阪城下の眺めを楽しむというのはどうでしょうか。そしてもうひとつ、こちらもシンボルと言える万博公園にある太陽の塔です。1970年に開催された日本万博博覧会の為に、岡本太郎氏によるものです。ゆったりと緑の中を散歩というのも良いのではないでしょうか。万博公園までは阪急京都線と大阪モノレールで約40分です。そして、大阪の食べ物と言えばたこ焼きだと思います。色々なたこ焼きが食べ比べたい、そんな時は大阪たこ焼きミュージアムがオススメです。有名なたこ焼き屋が5軒揃い、他にもたこ焼きについて知ることができる場所です。さらに、その大阪たこ焼きミュージアムのすぐそばには日本で一二を争うテーマパーク、ユニバーサルスタジオジャパンがあります。ハリウッドの超大作映画をテーマに様々なアトラクションがあり、臨場感たっぷりなライドやショーに大興奮です。そのユニバーサルスタジオジャパンの海を越えた反対側には海遊館があります。巨大な水槽をぐるぐる回りながら降りて行くことで、様々な魚たちと会うことができます。中でも人気なのがジンベイザメです。巨大な水槽の中を悠々と泳ぐ姿は圧巻です。大阪と言えばお笑いも忘れてはいけません。なんばグランド花月で吉本新喜劇を見れば嫌なことも忘れて大笑いできますよ。なんばグランド花月は2012年にリニューアルされ、新喜劇を見るだけではなく大阪ならではの味を楽しむこともできるようになりました。まだまだ紹介し足りないほど所狭しと見所満載な大阪に、是非訪れてみてはいかがでしょうか。