東淀川区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪市東淀川区全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com  

大阪の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸は住宅などの窓にはめ込んで使用する建具の一種で、室内にゴミなどの異物が入り込むのを防ぐ効果があります。室内の換気を行う際に不可欠な建具ですが、その一方で用途の性質上、常に屋外に置くことから日光や風雨などの刺激を受けて劣化しやすい問題があります。劣化した網戸は弾力性が低下して破れやすくなりますが、外見では状態の変化がわかりにくいので定期的な張り替えを行うのが状態を良好に保つための対処法です。網戸の張り替えはすき間が生じるのを防ぐために外枠の寸法と合致させる必要がありますが、素人作業では網戸を綺麗に張り替えるのは難しいので専門業者に依頼するのが無難な対処法です。業者による網戸の補修は短時間で終わるのが利点ですが、同じ補修作業でも業者によって仕上がりの良し悪しが大きく異なる点を注意します。また、網戸の張り替えに使う網の材質も作業料金の金額に影響するので、建物の立地環境を考慮して張り替え作業を依頼することが大切です。網戸はこまめに汚れを落として清潔な状態に保つことで劣化を軽減させることが出来ます。また、室内の換気を行わない季節は網戸を取り外し、刺激を受けない場所に仕舞うのも長持ちさせるための工夫です。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。

畳の張替えはお任せ下さい

日本の家屋も今は昔とは違い、和室を作ることは少なくなってしまいましたが、やはり一室は作っておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。洋室の場合は床はフローリングですが、和室は畳が特徴です。畳は新品のときは色も美しく、香りも良いですが、年月とともに色もあせていきますし汚れも目立ってきます。畳が傷んでくると部屋全体が古く感じてしまいますので、やはり定期的に張替えや表替えはしておきたいところです。ふすまや障子の場合は自宅でも手軽に張り替えられるものがホームセンターでも販売されていますが、畳の場合は特別な技術が必要となりますので、素人では対応するのはかなり難しいと言えます。畳をきれいにするのであればやはり専門の業者に依頼することがおすすめです。畳も様々な種類があり、中国製などは比較的安く作ることができますし、国産のものはやや高価にはなるものの、品質も優れています。最近はかなり低価格で提供している業者もありますが、ただ安いからと安易に選んでしまわず、評判はしっかりと調べできるだけ品質の良い畳を提供しているところ、高い技術力で対応してくれる業者を選びましょう。畳表も様々なグレードがありますので、説明はしっかりと聞き最適なものを選んでいきましょう。

襖を使うことのメリット

 襖を使う最大の目的は部屋の仕切りとしての使用法で、使い方次第で部屋を大きくも小さくも使うことが可能ですが、襖を使う事には他にもいくつかのメリットがあります。
 まずは、襖の素材として使われる木材や和紙などは湿度の高いときは湿気を吸い取り、乾燥すると水分を排出します。したがって、梅雨など湿気が多い時期のある日本に向いていると言えます。湿気を吸うばかりでなく、タバコの煙やシックハウスなどで気になるホルムアルデヒドなどの化学薬品を吸う性質もあると言われており、長く使っていると襖の表面が汚れてくるのはこの機能が果たされているためという場合もあるのです。
 夏の暑い日には襖をあけ放つことで室内に熱がこもるのを避けることもでき、冬は木材の上に和紙を幾重にも貼る構造から保温効果もあります。
 また、襖は天然素材からできているうえに、張り替えなどで何度でも使える構造になっており、リサイクル性にも優れています。
 襖にはインテリアとしての性格もあり、襖の種類や使い方で部屋にさす光の調節にも使えますし、現在では襖に張られる襖紙の柄もたくさんの種類が用意されているので、使う方の希望次第で明るい部屋にも落ち着いた重厚な部屋にもすることができます。

大阪市東淀川区について

大阪市東淀川区はいいかというと評価が高くおすすめできるところです。 住んでいる人に聞いても悪い評価も聞かないですしなかなかショッピングセンターなども立ち並んでいて不便なく暮らすことができる街です。ぜひこちらに住んで置かれると今後良いことがあるかもしれません。また買い物などをしたいと急に思った時もショッピングセンターが多く立ち並んでいますので不便に感じることありませんしレストラン街などもありますので食事等に関しても気を使わずに済みます。バスに関してはそこまで待たずにバスが来るのですぐに乗ることができると思います。ですのでバスや電車などで苦痛を感じたと言うこともありませんしとても良い街です。なかなかオススメできる街なので将来大阪市東淀川区に住んでみたいと思っている方も大阪市東淀川区にようがある方にもおすすめできる街です。ぜひ立ち寄られて見て今後のことなど考えておかれると良いでしょう。またひと人に関してですが話かけにくい人たちが揃っていると言うことだあったり話した時もつんけんとしたような態度でかいされてしまうと言う場合があったらすみたくなくなってしまいますが大阪市東淀川区はそのようなことがなくとても話しかけやすい街なのでお勧めできます。大阪市東淀川区はいいまちです


今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで       

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします。
    
 施工 事例です 

大阪市淀川区 N様邸
畳表替え 襖張り換え

大阪市西成区 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市東淀川区 A様邸
畳表替え 襖張り換え

大阪市淀川区 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
大阪市東淀川区 N様邸
畳表替え

大阪市 Y様邸 障子張替えで

障子はお部屋のフィルターです。

 F様邸 畳襖張替え工事

大阪市 K様邸 網戸張替え

大阪市北区 T様邸 畳表替え

大阪市旭区 O様邸 畳襖張替え

京・大阪の上方歌舞伎と江戸の歌舞伎の関係について

京や大阪を中心とした上方歌舞伎と江戸歌舞伎の違いはその町の住民にあります。京や大阪の歌舞伎であれば、その町人が商いする中で必要な合理性・論理性、あるいは強調性が表現され、江戸の歌舞伎では武家文化を背景に様式美が重視される事にあります。それは演目の表現でも現れており、例えば仮名手本忠臣蔵、六段目での例を一つ上げると、武士の勘平の幕切れでは、京や大阪の歌舞伎では勘平を問い詰めた千崎・原を見送りに這っていき落ち入り、江戸の歌舞伎では勘平は手を組みおかやにだきかかえられて落ち入るなどの違いがあります。全体的な違いとして、京や大阪の歌舞伎には先に上げた合理性・論理性・強調性があり説明や理由が必要となる。対する江戸の歌舞伎は様式美に基づきさっぱり(粋がある)している、となります。当時の京や大阪の町人からすると江戸の歌舞伎は物足りなくなり、上方歌舞伎を見る武士からすると京・大阪の歌舞伎はしつこく・くどいの印象を感じることも合ったようです。江戸時代の頃からすでに京と大阪、そして江戸の歌舞伎は互いに座で公演を行い交流していたことが知られています。当時の京や大阪の歌舞伎の中心地は、京では四条河原の南座、大阪では道頓堀に拠点が有り格の高い中・角を中心にして廉価の大西・角丸・若太夫・竹田などの座が行われていました。この中では今も南座が存在していますが、道頓堀の芝居小屋はほほ消滅しており、今は国立文楽劇場と南座において上方歌舞伎が上演されています。話を戻します。京や大阪で上方歌舞伎が隆盛を誇っていた頃、当時の大阪では新しい大阪独自の文化が生まれています。それが人形浄瑠璃、今の文楽です。この人形浄瑠璃が上方歌舞伎を抑え大人気を博すると、上方歌舞伎は浄瑠璃の演目を歌舞伎化することで乗り切るとともに、当時人気になりその後の主流となる「歌うよりも語る義太夫節」を採用し、義太夫狂言あるいは丸本物などといわれ現在でもその演目が残る重要な変化となっています。さらに上方歌舞伎では義太夫節の導入だけでなくその舞台にも改良を加えています。その改良が廻り舞台・強盗返・せり出しです。廻り舞台は舞台の中央にある円形の舞台を表と裏にわけ、必要に応じて回転させゆっくりと場を変化させる、強盗返は床にあらかじめ背景を描いておくことで必要に応じて引き上げ素早く場を変化させる、せり出しは人力で大道具を上下させたり役者を舞台に登場させる仕掛けです。この上方歌舞伎で発案された仕掛けは、当時互いの座で交流してた江戸の歌舞伎に大きな影響を与え、今現在でも歌舞伎の舞台装置として利用されています。また、戦後の上方歌舞伎が後援者減少、役者育成の失敗、人気歌舞伎役者への集中公演とその後の人材流出によって危機に陥った際、東京の歌舞伎関係者が支援と協力をすることで上方歌舞伎の再建につながっています。