都島区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪市都島区全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com   

大阪府下の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸とは建物の換気や通風を保ちながら、虫などの室内への侵入を防ぐために網を張った建具です。戸以外にも窓に取り付けるものも網戸と呼ばれています。網戸はサッシの室外側に組み込んで用いられます。網戸用の網として、耐久性が高いステンレス鋼が使用された例もありますが、現在の日本国内の網戸の大半は耐候性ポリプロピレンを材質としています。網戸は日光や風雨に常に晒されることで劣化しやすいため、約10年毎に張り替えが必要となります。張り替えは素人でも難しくなく簡単にできるようになっています。張り替える必要がない程度の汚れ、主に土埃や排気ガスなどは掃除で落とすことができます。掃除の際、水だけの雑巾がけでは落ちないことが多いため、重曹を使用します。重曹は程よい研磨力があり、弱アルカリ性で油を分解する働きを併せ持つため、室内からの油汚れに対して最適といえます。また、消臭効果もあるのでタバコのヤニなどにも効果的です。掃除方法は、まず室内側から重曹を網戸全体に吹きかけ、少し時間を置いた後にメラミンスポンジで上から下へ、右から左へ拭きあげます。室内側からの掃除が終わったら外側の網戸に移り、水に濡らしたメラミンスポンジで上から下、右から左へ拭きあげることで綺麗になります。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。


襖を見つめ直してみる

貴方のお家に襖はありますか。
私の昔の実家は和室ばかりの作りでしたので
飾り付けのされた襖がたくさんあり、間仕切りも襖で行っていました。
最近、実家を立て直し襖がなくなった今は、波打つ形の縦型カーテンが襖の代わりをしています。
収納や色褪せなど、さまざまな問題があり
現代の住宅には襖はなくなりかけていますが、
主人の実家には一枚だけ襖が残っています。
やはり和室の出入り口の間仕切りですが、やはり描かれている絵や雰囲気などは、
何処と無く懐かしく落ち着かせてくれる良いものでもあります。
襖をほとんど見なくなった現代でも横開きの扉はたくさんありますし、ふすまの様な形をした物をあちらこちらに見ることは出来ます。
例えば洋間にあるガラス付きの横開きの扉は襖に変えることも出来るでしょう。
この様な形で現代に沿った昔ながらの日本の文化を感じる事が出来ます。
他にもフローリングやお風呂の出入り口の扉も横開きの扉ですから、どこかしこに懐かしさを感じる事も出来ることと思います。
今は新築の家ばかりでなく昔ながらの家を活かして住むということも流行り出していますので、襖だけでなく床の間や神棚、飾り扉なども改めて見つめ直してみる良いタイミングかもしれませんね。

襖の人生

世界が広い。そして、語っている事がよく分からなくてピンと来ない。それが襖という存在。今現在、自分が住んでいる家、アパートには襖はない。存在しない。あれば心がほっこりするのにと何度も感じた。ただ、現実は困難である。目の前に襖がある、襖に囲まれて幸せな空間で生活するのは容易い事ではない。その事実は皆さんはご存知だろうか。やっぱり、襖を用いて自身の生活に潤いを与えたい。自分の悩みを大きな愛情で受け止めてくれる。それが襖である。人生を例えるならば、襖という表現が合致しているのではないだろうか。襖は開いたり、しまったりする。相対的な動きをする。いや、自分からしてくれる。人生も全く同じだ。人生の良い時は襖が空いている状態に似ている何もかもが全開で、全てがいい方向に進んでくれるもの。今の私にはその理想には到底届いていない。しかし、人生を悔いているわけではない。一方、しまっている状況では、人生は暗く、そして沈んでいる状態に似ている。同一という表現があっているのかもしれないが。両者がこの世界に存在する中で、社会は揺らいでいる。誰にでも共通する命題ではないだろうか。この先の将来にかけて、襖のようにしっかりと自分の足で人生を歩んでいきたい。

大阪の隠れた名庭 都島区の旧藤田邸跡公園に行ってみましょう。

大阪城から北へ約500メートル大阪市都島区内。 大都会大阪の真ん中だというのに、ひっそりと静かにただずむ名園、旧藤田邸跡公園はあります。入場無料。大阪市北区天満の大阪造幣局の「桜の通り抜け」で有名な大川の反対側にあり、桜宮公園の一部となっていて、誰でも自由に入ることができます。しかし、あまり知られていないのか、いつ訪れても訪問者が少なく、本格的な日本庭園を貸し切って頂いているような贅沢な時間が味わえます。

大阪市都島区の毛馬桜之宮公園内に在る藤田邸跡公園は、大阪空襲で焼失した、
明治の大実業家、藤田伝三郎の本邸の庭を、大阪市が公園事業として復元したものです。そのせいか、豪邸のバリバリの日本庭園という造りではなく、広い芝生のぽっかり明るい広場を木々が囲むどちらかというと、のんびりした雰囲気ではあります。
近所の方が、小さなお子さんを連れて芝生の上でお弁当を広げておられたり、散歩コースなのかいつもお馴染みの方が、のんびり園内を一周しておられたりして、とてもほのぼのとした雰囲気です。しかし、さすがに旧邸のものを復元したと言われる入口の東門はどっしりと立派で、アプローチの石畳はさえざえしており、ここをくぐるだけで心が洗われる気がします。都島区のこの場所が藤田邸が建てられる前は、大長寺というお寺だった場所だったからでしょうか。いつ訪れても清冽な空気が流れていて、ちょっとしたヒーリングスポットです。
また、楠や樫の大木が枝を張り、夏でもひんやりと涼しい木陰を作ってくれています。庭園の中心部分には、大きな池があり、お弁当を食べるのにぴったりの東屋もあります。梅の頃は、紅白様々な梅が咲き、紅葉の頃も見事ですが、なんと言っても、四月の桜の頃が一番見ものです。園内にもたくさんの桜が咲き誇りますが、庭園から続いて出られる、大川の河原の桜並木に連なって、まさに春爛漫を楽しめます。この公園から見えるレトロな建物は、大阪市都島区に昭和26年に設立された財団法人 藤田美術館です。こちらは、常設展示はされておりませんが、例年、春と秋に3ヶ月ずつ特別展の形で開館されます。伝三郎とその息子達がコレクションした東洋古美術5,000点には、国宝が9点、重要文化財が51点も含まれています。こちらも、知る人ぞ知るといった美術館ですが、シーズンが合えば是非訪れたい興味深い企画展が開かれます。また、大阪のアイドル、ハイヒール桃子さんが披露宴をあげたことで有名な結婚式場の大阪太閤園も藤田邸の迎賓館だったそうです。大阪市都島区に在るこの見所いっぱいの藤田邸跡公園。
大阪城を訪れられたら、一駅足を伸ばして、ぜひ、こちらもお寄りになられてはいかがでしょう。住所:大阪市都島区網島町10番JR東西線 大阪城北詰駅 下車すぐ。大阪環状線 桜宮駅下車 南へ約400m。

大阪市都島区は、最近では再開発が加速化しているところとなっています。昔は大阪の急速な発展と共に、詣損地帯であったところが住宅地や工業地や三業地へと変化してきたところとなっていました。その結果大阪市都島区は、北部でも有数の産業地区となっていました。そして大阪市都島区は、戦後も人口増加が続きます。しかし1970年代にはいると、地価の高騰やドーナツ化現象があったということで、工場が郊外へと移転をしていきます。その結果、大阪市都島区の昔ながらの市街地といわれるところでは、働く人の人口流出という物が発生していました。したがってこの間長い停滞感という物がありましたが、最近ではそれが見直されて再開発が行われています。都心に近いということで交通の便がよい理想的な住宅地の建設が行われるようになり、大阪市都島区ではマンション建設や市街地再開発の速度が速くなっています。その結果、区の人口が2004年に10万人を回復しています。そして現在でもこの地域はさらに発展を続けています。区の全体は、大阪平野にあり非常に平坦なところとなっています。上町台地の東の外れにあるということで、たくさんの川が流れています。北東部は海抜が2メートル以下となっています。

今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表

クリックして下さい
畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで     

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします
 施工 事例です

大阪市都島区 G様邸
襖張り換え

大阪市西成区 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市都島区 A様邸
畳新調

大阪市都島区 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
大阪府豊中市 N様邸
畳表替え

 Y様邸 
障子張替えで
お部屋が明るくなりました

障子はお部屋のフィルターです。

 大阪市都島区 Y様邸
畳表替え

大阪市都島区 F様邸
畳表替え

大阪市 K様邸
網戸張替え

大阪市北区 T様邸
畳表替工事

大阪市旭区 O様邸
畳襖張替え工事

都島区は大阪市にある区で、桃山時代には京街道の宿場町として栄えていた地域です。昭和18年に北区と旭区から分区して行政区としての都島区が発足しました。「宮向島」が転訛して「都島」になったと言われていますが、別の説も存在します。都島区の南部には繁華街が、中部から北部にかけては住宅街が広がっています。北区との境には桜宮橋が架けられており、銀白色に塗られていることから「銀橋」という通称で呼ばれることが多いです。また、飛翔橋という歩行者専用橋も存在し、夜にはライトアップが行われます。区内にはJR西日本、大阪市営地下鉄、京阪電気鉄道の路線が合わせて6線通過しており、中心駅は京橋駅と都島駅です。近鉄バスや大阪市営バスの利用も可能で、阪神高速12号守口線の都島入口もあります。昔は大阪市電も運行されていました。桜之宮公園は都島区を代表する公園で、桜の名所として有名です。その隣には藤田邸跡公園があります。かつては藤田財閥の屋敷があった場所で、大阪市の名勝に指定されています。都島区には寺社も多くありますが、その一つが後白河法皇が創建したとされる都島神社です。境内の石造三重宝篋印塔は大阪府の有形文化財に指定されています。

大阪ではノリツッコミが当然のごとくあるように思われておりますが、実際にはみんながみんな、そのような人だというわけではありません。お笑いもたくさんありますし、大阪のお笑いは本当にプロ以上のプロの技術を持っていると感じられるほど、すごい話術だと感じられます。しかし、それはほとんどが大阪市が主となっている情報だと感じられます。もちろん、大阪全体的にお笑いのセンスを持っていたりしますし、会話ではノッたり突っ込んだりするのが普通にあったりします。しかし、だからといって相手に強制するような話し方は、しない人はしませんし、意外と大阪市内から離れますと、大阪市ほど強いノリツッコミをするようなことは、あまりやらないような気もします。もし、笑いを取ろうとすることがあるとすれば、必死に笑いを取るために人を傷つけるようなことは言わない人は本当に言いません。私も大阪の中では、どちらかと言えば面白く話すことができるほうではないと思っておりますが、大阪から離れますと、話のテンポがすごいと言われるので、大阪の話術は他の地域に比べるとレベルが高いとは感じられるかもしれません。ですが、だからといって、他の地域の人はその話術におびえることは無いと思っております。ただ、大阪の人たちはまっすぐなのです。本当にオブラートに包んで言えば良いことを、本当に本音で正直に伝えてくるので、なれない人は「きつい言い方をする人だ」と思ってしまうのかもしれません。ただ正直なだけなのです。そして、変に大阪の人についていこうとするために大阪人になりきろうとしなくても良いのです。下手になりきってしまいますと、大阪人は下手な関西弁が好きではないため、ストレートに突っ込んできます。堂々と出身地の方言を話してくれるほうが、大阪人は「どこから来たの」と聞いてくれて、そこからコミュニケーションをとることができるようになることもあるのです。大阪はコミュニケーションを本当に大事にしていますので、タクシーもお客と運転手との間の壁がありません。タクシーに乗ってきたお客とコミュニケーションをとるため、犯罪防止の壁をつけていないのです。知らない人とでも会話をすることができることもある大阪ですから、地方から来た人は驚いてしまう人も多く、変に警戒心を前に出してしまわれるかもしれませんが、それだけオープンなところだと理解していただければ楽しんでもらえるのではないかと思います。