西成区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪府下全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com  

西成区の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、
修繕と新調を高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、
料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸アミドの保守管理〜長〜く使いましょう

網戸は室内の換気を行うために窓を開放した際、虫やゴミなどが侵入するのを防ぐ効果があります。用途の性質上、常に屋外に晒されているので日光や風雨などの刺激を受けやすく、次第に劣化してしまうので取り扱いには注意が必要です。網戸の劣化は外見ではわかりにくいので、気づかないうちに破れてしまうケースがあります。網戸が破れると異物の侵入を遮断する効果が無くなってしまうので、網戸が外見に異常が無くても定期的に張り替えを行うのが居住性を良好に保つための心得です。住宅で使う網戸を管理する際は劣化の軽減を心がけることが大切です。網戸の劣化は紫外線や温度変化の他、付着した汚れの放置も原因のひとつなのでこまめに洗浄を行い、清潔な状態を保つことが重要になります。特に埃や花粉などの汚れが飛散しやすい環境の網戸は劣化しやすいので、張り替えの際は耐久性が高い高品質の網を選ぶのが長持ちさせるための工夫です。また、室内の換気を行わない季節は網戸を片付けるのも劣化の予防に繋がります。破れた網戸の張り替えは専門技術が必要なので業者に依頼するのが一般的な対処法ですが、技術力の差が仕上がりの良し悪しに関係する他、費用も嵩みやすい傾向があります。日頃から網戸の状態を確認して丁寧に扱うことで余計な張り替え作業を避けることが可能です。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳の掃除方法

 畳は日本人にとって、とても身近なインテリア用品です。昔ながらの一戸建てはもちろん、洋風の家でも1室は和室になっている…という事は珍しくありません。しかし、だからと言って畳の事を詳しく知っているという事ではないです。例えば、『畳の掃除方法』を知っている方はどの程度いるでしょうか。中には、掃除する…という事自体知らなかった、という人もいるでしょう。今回は、その簡単な掃除方法をご紹介したいと思います。
 簡単な汚れ・ホコリに関しては、掃除機・箒で取る事が出来ます。その際注意するのは、『畳の目に沿う』という事です。当たり前ですが、目が横にある所に、縦方向に掃除機をかけると、それだけで畳を痛める原因になります。一般的な和室は、畳が縦横に配置されていますので、それによって掃除をする方向も変わってきます。
 また、本来であれば余計な湿気を取るために『畳干し』と呼ばれる作業をする必要があります。季節はいつでもよいのですが、一般的には春と秋に行います。屋外で畳裏側を外にし、太陽光に当てます。また、そのときにホコリも除去します。これによって、畳の寿命が延び、清潔に使う事が可能なのです。是非、1度は行ってみましょう。

襖を使っている家のメリット

古い世界では様々な道具が誕生しており、現代でも使えるものが残っています。今になっても使われている家具の多くは、耐久性や見た目の良さが評価されています。それらを使っていると伝統的な暮らしを思い出すことができます。襖もこの国の個性を表現した道具なので、美しいデザインが存在感を発揮しています。今の家庭で襖が使われるのは、単純に見た目の良さが大きいからです。
家の中に襖があると非常に雰囲気も変わります。具体的には落ち着いた雰囲気になるため、そこに高い癒し効果もあります。人間は落ち着いた空間に癒されるため、和室の存在は非常に大きくなっています。襖は華やかなデザインを持っており、家の中を明るくするために便利な道具です。現代では手軽に襖を導入することもできるため、癒されたい場合には商品をチェックするべきです。
古い暮らしには現代と異なるメリットがあります。実際に襖を使うと機能性が高いため、簡単に扉を開けられる良さを感じます。結果的に家の中を楽に移動できるのです。それだけで襖を導入する価値があります。特に年齢を重ねていくと体が弱っていくため、手軽に扱える家具が重要です。この国の襖は人間を助けるようにも設計されています。

障子紙には様々な効果と種類があります

日本の伝統的な文化である障子には、いくつか細かな種類があります。元々は扉を閉じたままでも採光できる機能に注目されました。その後はガラス併用の障子が現れたり、近年では断熱効果や紫外線の軽減効果、紙による調湿効果を備える優れた性能を持つ障子も出現しました。
障子は古くなったり破れてしまった時に張り替え作業を行いますが、この張り替えにもいくつかの種類が存在します。一般的には桟にのりを付けて貼るものが多くありますが、中にはアイロンを使って張り替えるものや両面テープを使って張り替えるものがあります。そして張り替える障子紙にも一般的な障子紙より強度のあるコーティング紙や、プラスチックを素材にしたほぼ破れない紙などいくつかの種類があります。
人によっては何かのはずみで、障子紙にうっかり穴を開けてしまったことがあると思います。そのような時でも全体ではなく、部分的に張り替えて補修することができます。小さな穴の場合は模様に見えるように切った2枚の障子紙を使って穴を塞ぐ方法があります。1マス分の大きな穴の場合は穴が開いたマス目に沿ってカッターで切り抜き、桟にのりを付けて切り抜きより少し大きめの新しい障子紙を接着させる方法があります。


大阪市西成区の事情とと観光スポット

大阪市西成区は、大阪市の南に位置しており、有名な所で通天閣や天王寺動物園がある所です。観光地にもなっており、大阪市へ観光来た方は、多くの方の観光スポットになっております。しかし、ここ大阪市西成区は、イメージ的にも悪いと言う評判があります。それは、昔からある「あいりん地区」と言われるホームレスの貯まり場とも言われている場であるからです。今はそのような事がありませんが、昔は暴動の街で大阪市では有名でした。現在もその面影が残っており、ホームレスの方々が現在も居てる街でもあります。そんな方々も生きて行く為に必死であり、毎日のように日雇いの仕事をしつつ生活をしている状態であります。今は昔と違ってそのように、悪いといったイメージは、無くなりつつある街です。しかし、街並みが昔のままという場が多く、知らない方にとっては、悪いイメージなのかもしれません。観光地であり場として新世界という場があります。ここは、通天閣が立っている場であり、その周りの街は、レトロ感ある街並みです。昔懐かしいという場が多くあるだけに、観光として全国からまた、世界からもここ大阪市西成区の新世界へ多く集まります。そんな新世界で通天閣以外で有名なのが、串カツです。知っている方は、ソース2度漬け禁止というルールがあります。これは、揚げたての串カツを出され、それを直接置かれているソースをつけて食べると言うことです。その為、他のお客さんも共同につけて食べる為に2度漬け禁止ということです。またキャベツもあり、これは食べ放題になっております。そんな大阪市西成区もイメージが悪いと言われつつ、このような観光スポットもあります。また新世界はの夜はまた変わったイメージになります。ネオンが漂う中の通天閣は、立派なものです。また新世界の街は、昼間の街と違ってディープな感じになり、大人の街というような感じに変わるのがわかります。その分悪いイメージということにも取られるかもしれませんが、繁華街としての街という取り方にして貰いたいものです。決して悪いイメージを持たないでほしい街なのです。他にも大阪市西成区では、グルメに関しても安価で食べれる場所が多くあります。色々と点々と歩いてみるのも楽しいかも知れません。また昔ながらの街を色々と楽しむのも良いかと思います。そんな大阪市西成区へ一度来てみてはいかがでしょうか。

親しみやすい街。西成区の雰囲気も大部変わりました。

昔は西成区と聞くと、少し敬遠する人も居ました。一部のドヤ街があまりにも有名だったかもしれません。大阪市西成区には、日本で最も有名だと思っていいドヤ街「あいりん地区」があります(今ではかなり整備され、外国人観光客も多い街に成っています)。でもそれはほんの一部です。西側には玉出など、下町の雰囲気が楽しめる地域があります。普通にマンションもありますし、町工場もあったりします。西成区の東側でも南の方へ行けば、帝塚山と言われるお屋敷街があります。大阪市のの中でも、有名な高級住宅街です。そして東側の北側には、先述のあいりん地区があります。西成区で最も有名な地域です。独特の雰囲気があり、犯罪がひしめくとても安全とは言えない地区で、周辺の人はあまり近づきません。しかし最近は特に外国人旅行者にとても人気だそうです。バックパッカーと言われる低予算で旅行する人たちです。あいりん地区には、日雇い労働者むけのとても安い簡易宿泊所がたくさんあります。そこは彼らにとってとても魅力的なのです。大阪市でも観光名所として有名な、通天閣にも近く、大阪市内どこへ行くにもアクセス良好で、その上安い。外国のスラム街とは比べものにならない程度なのかもしれません。今や西成区は大きなリュックを背負い、片手に地図を持った外国人旅行者が多く行き交い、国際初期豊かな街になってきています。   

今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表


畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで       

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします。
    
 施工 事例です 

大阪市西成区 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市淀川区 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
大阪府豊中市 N様邸
畳表替え

大阪府岸和田市 N様邸
畳表替え

大阪府堺市 Y様邸 
障子張替えで
お部屋が明るくなりました

障子はお部屋のフィルターです。

大阪市東住吉区 Y様邸
障子の張替え

大阪府泉佐野市 F様邸
畳襖張替え工事

大阪市 K様邸
網戸張替え

大阪市北区 T様邸
畳表替工事

大阪市旭区 O様邸
畳襖張替え工事

いつか大阪五輪が開催されたとき、その開催式で見ることができる
大阪独自の文化とは

2013年9月7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われた2020年の五輪開催地を決めるIOC総会により、東京五輪の開催がトルコのイスタンブ-ル、スペインのマドリードを抑えて決定しました。東京五輪の決定から約12年前の2001年7月、ロシアのモスクワで開かれたIOC総会での次期五輪開催候補地に大阪市が立候補していましたが、残念ながら中国の北京に敗れてしまいました。この大阪五輪構想は、大阪湾を臨む大阪北港の一角を占める人工島の舞洲を舞台として、世界初の海上五輪を目指したものでした。もし、この大阪五輪が開催されていたら、その開会式に必ず登場したであろう大阪独自の文化が有ります。それが、文楽です。この文楽は、太夫が語る浄瑠璃の物語に合わせて人が人形を操るもので「人形浄瑠璃」と呼ばれています。この文楽という表現は本来、人形浄瑠璃を専門とする劇場を指して使用されていて、文楽座が元となっています。この文楽座が始まったのは江戸時代で、現在の大阪府大阪市中央区であった大坂高津橋南詰に「西の浜の高津新地の席」という劇場を建てたことが始まりと言われています。この人形浄瑠璃は1955年に文化財保護法により重要無形文化財に指定され、2003年にはユネスコの人類の代表的な無形文化遺産の一つといsて「傑作の宣言」が出され、2009年に開かれた第1回登録で正式に世界無形文化遺産に登録されています。この人間浄瑠璃の特徴として三業があります。この三業とは丈夫、三味線、人形遣いの3つのことを指し、この3つが三位一体となって演じることで物語が進行することをいいます。この三業の中で丈夫が果たす役割は浄瑠璃の物語を語ることです。丈夫は物語の始まり情景描写を始めとして登場人物全てを語り分けていきます。物語が長い作品の場合では、丈夫が途中で交代したり、物語の中で数人で声を掛け合う場合には複数が並んで行います。三味線は物語が進む中で雰囲気を変化させる役割を担っており、使用する三味線は棹のもっと太い太棹の三味線です。そして、人形遣いがあります。この人形遣いは、人形浄瑠璃を遣う役割で、元々は1人で遣っていたといいます。しかし、1734年「芦屋道満大内鑑」の中で首と右手、左手、両足の3つに分けた3人遣いが考案されてから、3人でひとつの人形を遣い分けるようになりました。また、この3人の人形遣いの中で、頭と右手を遣う人形遣いを「主遣い」と呼んでおり、その主遣いの呼吸に合わせる形で他2人の人形遣いが左手と両足をそれぞれ動かすのです。この文楽と言われる人形浄瑠璃は、大阪を代表する独自の文化であり、大阪だけでなくすでに世界無形文化遺産に登録されている重要文化遺産であり、もし大阪五輪が開催されることがあれば、その開催式で人形浄瑠璃を見ることができるはずです。