大阪市天王寺区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪府下全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com   

大阪市天王寺区の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

どんな部屋でも、空気が淀むのはよくありません。換気のためにも窓を開けることは必須といえるでしょう。しかし、そこで問題になるのが外から入ってくる虫です。風は入れたいが虫はシャットアウトしたい、そんな時に役立つのが網戸です。網戸とは、その名前の通り網目状をした戸のことです。虫などの邪魔者はこの網に引っかかり、部屋に入ってこられないのです。この網目の大きさにはさまざまなバリエーションがあり、必要に応じて適切なものを選ぶことができます。網戸とは、いわば窓につけるフィルターなのです。流石に煙や花粉などは防げませんが、大抵「邪魔なもの」は網戸が締め出してくれます。通気性を重視する日本の家屋にとって、網戸は極めて重要な建具だといえるでしょう。高温多湿で虫の多いこの国では、網戸は必需品なのです。そんな網戸ですが、網はポリプロピレンという樹脂でできているため、金属に比べて耐久性は低い傾向にあります。その分経年劣化や雨風によるダメージには強いのですが、物理的な力にはどうしても対抗しきれません。しかし網戸の網は容易に交換が可能なので、そのことはさほど問題になりません。破れたら気軽に取り替えればいい、そんな手軽さも網戸の魅力といってよいでしょう。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳のメンテナンスと日本人の意識

今ではマンションやアパートなどではフローリングの洋式が一般的になってきましたが、まだまだ和式の住宅も人気です。年配の人だけでなく和室の雰囲気や匂いが好きだという若い世代の人たちもいます。なぜ和室は人気なのか、それはやはり「畳」の雰囲気やい草の香りです。伝統的な製法でしっかりとした造りは世界的にも評価が高く、わざわざ取り寄せする外国人もいます。畳は一度購入すれば永遠に使えるかというとそうではなく、日差しや経年劣化により色褪せたり穴があいたりします。大切に使っていても5年〜10年くらいで張替えが必要となります。表面が枯れたら裏面へ返し、また数年使ったところで両面張替えとなります。6畳だとすると安くて5万からくらいの価格です。これを高いと判断するかは個人の感想によりますが、畳には値段以上の価値があると感じる人にとっては値段ではないのです。居住を豊かにしてくれるなくてはならないものと感じている人は畳へ数十万支払う人もいるくらいです。日本ならではの伝統的な和式住居を象徴するものですから、フローリングが良いと感じている人であっても畳が嫌いだという人は少ないはずです。日本人にはそれほど畳が身近なものとして受け入れられているという事なのです。

襖にイタズラ書きをされたときの対処法

襖は外見的な美しさを多分に要求されるアイテムです。そのため、わずかな汚れや破れなどでも雰囲気がぶちこわしになったと憤る人は少なくありません。 そんなデリケートな存在である襖なのですが、小さな子供からすれば、落書き帳の延長に見えることが多いようです。 そのため、子供に襖をメチャクチャに(色鉛筆やクレヨンで落書きされる)されたら、もう張り替えるしかないのかと悩む人は珍しくありません。 何せ襖は紙製品であるため、床にインクをこぼしたときのように、洗剤をつけてこする訳にもいきません。そんなことをしたら、問題箇所のみならず他の部分にまで被害が及び、本当に襖紙を貼り替えるしかなくなります。 では、子供を和室から遠ざける以外に対処法があるのかと言いますと、それはいくつかあります。 まず、色鉛筆で落書きされた場合は、白くて柔らかい消しゴムで汚れた部分を丁寧かつゆっくりとこすってください。これは襖が黄ばんだ際にも使えるテクニックなのですが、それをするだけで遠目からは汚れが分からなくなります。 クレヨンで落書きされた場合は、問題箇所の上に布を当て、低温状態のアイロンをそこに押し当ててください(熱でクレヨンを溶かして布に移す訳です)。 当て布の位置を変えて同じ事を繰り返した後、住居用洗剤を薄く染み込ませた布で拭き取れば、殆どの場合、これで綺麗になります。


長く多くの人に親しまれてきた大阪市立天王寺動物園

大阪市天王寺区の天王寺公園には天王寺動物園があります。日本で3番目にできた動物園で1915年に開園しました。2016年7月には有料来園者数は1億人に達しました。1億人を超えたのは東京の上の動物園に次いで日本で2番目です。天王寺動物園では、大阪市外の小中学生は平成25年4月から有料化されましたが、それまでずっと大阪市内、大阪市外を問わず小中学生以下の入園は無料でした。それでも今も大人は500円、大阪市外の小中学生は200円で入園できます。11ヘクタールもある園内には、ワニ、ニシキヘビやカメ、カエル、トカゲ、イモリなどの爬虫類や両生類、フナやアマゴなどの魚類に、サワガニヤオオサンショウウオ、フラミンゴやアマサギ、ダチョウ、コンドル、ペンギンなどの鳥類、そしてかば、サイ、シマウマ、キリン、ライオン、ゾウ、トラ、クマ、サルなどの哺乳類の動物が200種類、約900点もの動物が飼育されています。ニュージーランド以外では世界的にも珍しいキーウイの飼育を日本で唯一行っているところです。キーウイのほか、ホッキョクグマやコアラ、シシオザル、ワライカワセミが人気者です。キーウイは夜行性です。長いくちばしで土の中の昆虫やミミズを食べます。シシオザルはしっぽがライオンのしっぽのようになっていて、頭の毛はライオンのたてがみのようになっているのです。ワライカワセミは人間の笑い声のように大きな声でなく鳥です。天王寺動物園は北館と南館に分かれていて、爬虫類ばかり集めて展示している爬虫類生態館や夜行性動物舎もあります。またアフリカサバンナゾーン草食動物エリアとアフリカサバンナゾーン肉食エリア、かば舎、さい舎を合わせたアフリカサバンナゾーンもできました。天王寺動物園では動物の生息地の環境をできる限り再現して動物の様子を紹介して「生態的展示」を進めているのです。動物たちのごはんやおやつタイムにはアジアゾウやコアラなどの食べる生き生きとした様子を目の前で見ることができます。開園時間は9時半から17時までで、5月と9月の土日祝日は18時までの延長があります。毎週月曜日は休園で祝日に当たる月曜日は開園し、次の平日が休みになります。年末年始も休みになります。アクセスは便利で、大阪市営地下鉄の「動物園前」駅か「恵比須町」駅、地下鉄とJR「天王寺」駅から徒歩5分のところです。天王寺動物園は大阪市立の動物園です。開園以来、大阪市民のレクリエーションおよび教養、学習の場として親しまれてきました。大阪付近の子供たちの遠足の定番として、また大阪以外からも家族連れなどが大勢訪れています。


大阪市天王寺区は大阪市の南西部

大阪市の南西部にある天王寺区は大阪市を編成する24区の一つで、南東部に位置する区です。聖徳太子が建立した四天王寺さん、天王寺動物園などが有名です。阿倍野区や西成区、生野区や東成区とも隣接し商業地域で栄えている区でもあります。駅前には商業ビルが立ち並ぶ中心的な天王寺区は、陸橋を渡るとあべのハルカスなどがあり、天王寺駅のJR環状線などのJR各線や阿倍野駅などの近鉄南大阪線などの始発駅となっていて大阪の南の地域や、また奈良県や和歌山県などへの交通網が広がっています。大阪市の上町台地から続く天王寺区は難波の宮の最南端と位置付けられ歴史的な建物が数多く残されている区として有名ですが、大阪市天王寺区は戦国の時代には堺と京を結ぶ中心として結ばれた位置で、大阪冬の陣や夏の陣などの戦場となり、真田幸村の首塚なども一心寺近くの神社に祀られています。大阪市天王寺区には四天王寺を始め愛染さんで親しまれる愛染堂はゆかた祭りで有名なお寺です。また玉造通から下寺町の間には数多くの寺院が立ち並び、上町台地を坂で結ぶ天王寺七坂で町中を結び上町台地の頂上には、生魂神社を含め多くの寺院を集めた地域が作られたことでも有名です。大阪市天王寺区は早くから住宅街としても整地され、歴史的な寺院や近代的な商業街の中に住宅街が広がる栄えた地域となっています。

大阪市は経済・文化的に発展しているのか

大阪府とは、日本にある都道府県の中の一つです。近畿地方にあり、関西地区の中では経済・文化の中心です。古くは大坂と表記しました。日本の中では、東京に次ぐ大都市として、経済や文化面などで大きな役割をもっています。住んでいる人もとても多く、通勤している人も多いです。有名な観光スポットもとても多く、日本や海外から観光に訪れる人もたくさんいます。道頓堀や通天閣、大阪城があるのも大阪市です。大阪市は、大阪府の県庁所在地です。政令指定都市にもなっています。大阪市を含めた府全体が、年間を通して温暖な気候になっています。夏の暑さは全国的に見ても厳しい方で、最高気温が35℃を超える日も少なくありません。また、夜も熱帯夜になることが多いです。冬から春にかけての期間は、中国大陸から飛んでくる黄砂が観測されることもよくあります。冬の積雪はほとんどありません。大阪市は経済的にもとても発展していて、全国的に有名な企業がいくつも本社や本店をおいています。その業種は様々です。大阪市には有名な繁華街がいくつもあります。その中には、キタと呼ばれる大阪駅や梅田駅の近辺、ミナミと呼ばれる道頓堀川や心斎橋筋などを基軸に難波駅あたりまでの一帯があります。このあたりは、電車などの公共交通機関も多数通っており、大きな駅では複数の路線の乗り換えがあることも多いです。まわりには百貨店や大きなショッピング用のビル、大型の家電量販店などもあります。新幹線が通過する新大阪駅もあります。梅田スカイビルからは、大阪市街の夜景を眺めることができます。大阪市内には、教育機関も多数あります。以前は大阪市内にも大学は多数ありましたが、近年では市域が狭いなどの理由によって、大きなキャンパスを求めて郊外に移転する大学が多いため、他の都市に比べて市内には大学は少なくなっています。しかし、近年大阪市は市内への大学の誘致や連携を推進しています。専門学校や小学校・中学校・高等学校の教育機関は多数あります。大阪市には、多くのメディア関連の会社も存在しています。新聞・通信社は、大手の有名企業が一通り本社や支社を持っています。外国の企業の通信社も、いくつか支局があります。テレビ放送の放送局も多数存在し、いずれも本社は大阪市にあります。大阪市の電話番号は、市外局番が原則として06が使用されますが、東住吉区と平野区の一部は072の市外局番が使われることがあります。

今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表

クリックして下さい
畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪市天王寺区での畳たたみ襖ふすま障子の張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで       

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします
    
 施工 事例です 

大阪市天王寺区 D様邸
畳表替え 襖張り換え

大阪市天王寺区 T様邸
畳表替え 襖張り換え

大阪市 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市天王寺区 N様邸
障子張替え

大阪市天王寺区 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
大阪市天王寺区 N様邸
畳表替え

大阪市天王寺区 Y様邸 
障子張替えで
お部屋が明るくなりました

障子はお部屋のフィルターです。

大阪市東住吉区 Y様邸
障子の張替え

大阪市天王寺区 F様邸
畳襖張替え工事

大阪市 K様邸
網戸張替え

大阪市 T様邸
畳表替工事

大阪市 O様邸
畳襖張替え工事

日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。