大阪市鶴見区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪市鶴見区迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com   

大阪府下の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸は用途の性質上、常に屋外で日光や風雨に晒されます。そのため、劣化が生じやすくなり、少しの刺激でも破れてしまうのが欠点です。網戸の劣化は外見では分かりにくいので、良好な状態を保つためには定期的な張り替え作業が不可欠です。その一方で網戸の張り替えは手間がかかるうえ、業者に作業を依頼すると余計な出費が嵩んでしまう問題があります。そのため、日頃から網戸の扱いに関する問題点を解消して劣化を軽減させることが重要になります。網戸が傷む原因は日焼けや温度変化に伴う網の変質なので、強い刺激を受けないように工夫することが品質の維持に繋がります。網戸に刺激を緩和させるコーティング処理を施すことで劣化を遅らせることが出来る他、一か所の窓に複数の網戸を用意して定期的に交換する方法もあります。いずれの方法も網戸にかかる負担を減らす効果がありますが、その一方で管理の手間がかかる点を注意します。網戸はひっかけや火にも弱いので、使用する環境にも気を配ることが大切です。特に窓の周囲には網に引っ掛かる固い異物を放置せず、整頓した状態を保つことを心がけます。室内の換気を行わない季節は網戸を取り外して刺激を受けない所に保管するのも傷みを防ぐ工夫の一つです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳の張り替えを業者に依頼しよう

畳は新しいものに交換しなくても、張り替えるだけで見違えるように綺麗に美しく蘇ります。日焼けが目立ち始めたり、傷みが気になりはじめたら、業者に張り替えを依頼してみましょう。一般的に、新しい畳を使い始めて5年をすぎたあたりが張り替えの時期だといえます。日に当たりやすい環境や、和室を使う頻度が多い場合は、早目に張り替えをするようにしましょう。張り替えるだけで、畳は10年以上寿命を長くすることができます。張り替える作業は素人には難しいので、必ず業者に依頼するようにしましょう。自分で張り替えようとすると、かえって畳を傷めて寿命を縮めてしまう可能性もあるので、業者に依頼したほうが無難です。近所に畳の張り替え業者が見つからない場合は、インターネットで探してみると良いでしょう。最近は全国対応の業者も数多く存在しているので、とても便利で簡単です。まずは気軽に見積もりを依頼してみましょう。ただし、畳の上を歩いてデコボコしたり、たわんできたと感じたら、もう張り替えでは対応できないので、新しい畳に交換する必要があります。新しい畳に交換する時期は、一般的に、新調してから15年〜20年くらいが目安といわれています。

美しい住空間を演出するための襖

襖は部屋の間仕切りとしての機能だけではなく室内に鮮やかさを演出することができる。部屋の壁や家具・調度品に合わせてデザインを変えることで家主の美的な主張をすることも可能だ。日本的な襖絵を描けば純和風の趣を、モダンなデザインにすれば明るくて斬新な雰囲気を醸し出してくれる。襖の骨格の上に白い和紙を張りそこに自由に絵を描けばよい。構造的にも軽くて開け閉めも楽になるし、それでいて保温性もある。
襖といえば松竹梅の伝統的な図柄が真っ先に頭に浮かぶが、花弁が描かれた和服のデザインをそのまま張り付けてもいいのだ。白地に薄いピンクの桜の花柄が襖の上からこぼれるように描けば、部屋の中に花の木が植えてあるように見えてとても美しい。これなどは畳が敷いてあるような和室に襖を入れるような設計でなければデザイン的にはとても調和しないだろう。
モノトーンの色調でモダンに仕上げることもできる。床の色に合わせて薄い緑や柿色の色の紙を貼り、襖の縁を黒色で仕上げると全体がしまってシックである。
襖には裏と表があるので廊下側には廊下に合うような、室内とは異なる絵柄を描くことができる。図柄に合わせて引戸も選ぶ必要がある。あくまで壁や床、調度品といったものと調和を考えなければいけないので、業者に相談し襖絵のサンプルを揃えてもらって検討すればいい。


花博記念公園は花と緑に触れ合える大阪の代表的スポット

花博記念公園鶴見緑地は、大阪市鶴見区と守口市にまたがる、大阪を代表する都市公園です。1972年4月に鶴見緑地として開園したこの公園は、1990年4月1日から9月30日まで大阪市鶴見区で開催された国際花と緑の博覧会(通称・花博)のメイン会場となり、開催終了後は市民のための公園として整備されました。敷地面積約120ヘクタールの広大な公園内には、花や緑と触れ合うことのできるさまざまな施設が点在しています。公園のシンボル的存在とも言える風車前の広場には、春はチューリップ、夏はサルビア、秋はコスモスが色鮮やかに咲き乱れます。その他、52,500平方メートルもの広さを誇る大芝生や、約280種ものバラが美しさを競い合うバラ園、梅・桜・栗・柿など、昔ながらの里山の風景をしのばせる木々の中を散策できるふるさとの森などがあり、四季を通じて豊かな自然を楽しむことができます。また、鶴見花博開催当時に建設されたパビリオンのうちのいくつかは、現在も用途を変えて使用されています。総ガラス張りの印象的な外観を有する「咲くやこの花館」には日本最大の温室があり、気候別ゾーンに分けられた展示室内では、およそ2,600種、15,000株の世界各地のさまざまな植物を鑑賞することができます。さらに、各種演奏会やイベントなどに利用されている「陳列館ホール(鶴見花博記念ホール)」及び「水の館ホール(ハナミズキホール)」も元はパビリオンであった建物を活用したものです。その他、鶴見緑地公園内には各種の体験型施設もあります。大阪市立環境学習センター(生き生き地球館)や自然体験観察園では、自然環境の大切さなどをさまざまなプログラムを通じて学ぶことができます。このように花と緑にゆかりの深い鶴見花博記念公園鶴見緑地ですが、それにちなんだ各種のイベントも開催されています。その代表的なもののひとつに、鶴見花博植木市があります。大阪スポーツみどり財団が主催し、大阪市が後援、大阪緑化会が協賛するこの催しは、毎年春と秋に大阪市内各所で開催されていますが、鶴見花博記念公園鶴見緑地もその会場のひとつとなっています。1929年に当時の大阪市長が推進した都市緑化キャンペーンの一環として行われた植木市を前身に持つという、長い歴史と伝統を誇るこの植木市では、実もの・花もの・庭木・盆栽・苗木などが展示販売され、花と緑を身近に感じられるイベントとして、春の植木市・秋の植木市ともに多くの大阪市民で賑わいます。

大阪市で住むのにお勧めな鶴見区

大阪市は、世界中から観光客が押し寄せ主要な、梅田や難波や天王寺などには、宿泊施設も不足するほど、外国人観光客が多くいらっしゃります。特に韓国人の観光客先に一位に大阪市は、選ばれるほどです。それを見越して、大阪市の主要な不動産が上昇しています。不動産があがる事は、いい事なのですが、これから住居を探そうとしている人は、あまりあがりすぎても困ります。そこで注目されて、人気が急上昇しているのが大阪市の鶴見区です。なぜ鶴見区が人気かを紹介致します。一番の要因は、大阪市の中心と近いのに地価がお手頃なのが、大きいと思います。交通アクセスもよくて、電車の他に第2京阪の入り口が出来たので京都に行くのも近く感じるようになりました。近畿道や阪神高速もありますので、大変便利です。それと、鶴見緑地公園があり、緑豊かな環境も人気のひとつで、普段より、ランニングやウォーキングをする鶴見区市民が多く利用しておられます。大阪花と緑の博覧会の開場になったことでも鶴見区は全国的に知られています。まだバラ園などは残っています。手頃な地価からマンション建設も進み、イオンなどの大型ショッピングモールもありますので、大阪市鶴見区の人気はますます高まると思います。鶴見区の中心に鶴見区区役所があり、公共施設が近くに隣接するので各種手続きが、とても便利です。

今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表

クリックして下さい
畳Qestion


「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
大阪市鶴見区での畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理は当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで     

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします。
 施工 事例です

大阪市鶴見区 A様邸
襖張り換え

大阪市西成区 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

大阪市淀川区 S様邸
畳表替、襖張替え工事

大阪市住吉区 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です 大阪府豊中市 N様邸
畳表替え

大阪府堺市 Y様邸 
障子張替え

障子はお部屋のフィルターです。

大阪府泉佐野市 F様邸
畳襖張替え工事

大阪市 K様邸 網戸張替え

大阪市北区 T様邸 畳表替工事

大阪市旭区 O様邸 畳襖張替え

大阪弁においての誤解の話や噂についてのこと

日本の三大都市、東京、名古屋、大阪、とある中でも近畿圏の大阪は特に誤解の多い府に思う。わたしもこの大阪にある市町に住んでいるのだが、旅行で他県の友達のところにでかけたり、話したりすることがあるとそう実感することが多いのだ。一つに、話し方だろうか。大阪弁という特徴があり、全国的にも有名な話方だ。「なんでやねん」、「おおきに」、「ほんまでっか」。これらの言い回しなどはテレビなどでも題名に使われ、代表的になっている(大阪以外の一部の地域によっては「なんでやねん」等の表現を使う場所もあるそうだが)。が、これらのメディアの大阪弁の表現が間違いのまま流出してしまっていることをタの都道府県民の多くは知らないようにわたしは思う。具体的どう間違っているのかといえば、例えば、芸能人の大阪弁――さんまさん辺りがいいだろうか。あれを代表的な大阪弁そのものと勘違いしている方を多く見かける。だが、大阪民からしてみればそれは大きな誤解だ。さんまの大阪弁は大阪弁ではない。もし大阪のおばちゃんにでも聞けば、そう答えるだろう。さんまさんの話し方は、近畿圏でも南のほうの言い回しが強く、大阪南部、奈良北部辺りにかけてのおおよそ大阪弁とは言い切れない独特の者が入っている。ブレンドされているというか、ミックス大阪弁と表現するべきなのか。とにかくあれは間違いだろう。大阪弁というものを間違って覚えてしまう大きなきっかけの一つだと思われる。次に、二つ目を挙げよう。アニメや漫画、小説といったメディアの中に登場する大阪弁のキャラによる誤解だ。大手の漫画家やパターンストーリーが特異な小説家に特に顕著に現れるように思うのだが、濃いキャラ付けを意識するあまりなのか、はたまた無知なのか、キャラにいらない味付けを加えてしまう先生方がいる。それが第二の大阪弁の誤解というやつをどんどん広げてしまっているように思う。ネットを探れば出てくることなのだが、実は「変な大阪弁キャラランキング」というものがある。某掲示板サイトで統計を取ったらしく、上位十位が掲載されているのだ。名前や出てくるメディア名(この場合、マンガや小説)、加えてどう間違っているのか台詞まで載っている。私はあまりそれを詳しく見たわけではないのだが、まあ、台詞だけでも知っておいて損はないと思われる。これが本当に喋られている、と他県民が考えているとは全く思ってないのだが、下部のコメント欄を見ると、「へー」と感心する人も見かけるのも事実だ。だが、これらの弁の話は一部分にすぎない。わたしは大阪という場所が特異に思えてくるほど、周囲の誤認を感じている。他県は知らないが、少なくとも経済の回る都道府県の中では最も誤解や噂が絶えない場所だと思う。

大阪市内でなんといってもおすすめは大阪市鶴見区にある鶴見緑地公園です。とにかく敷地が広く、小さなお子さまだけに限らず、年齢問わずに自然を楽しむことができる公園です。まず、これから夏に向けておすすめする場所は噴水です。特に小さなお子さまがおられる方は、水遊びをして楽しむことができます。また園内には小川(人工)も流れていますので、そちらでも楽しむことができます。子供は水遊び、親は芝生の上でゆっくり休んで、いいですよ。また同じく大阪市、大阪市鶴見区にある温泉もおすすめです。なんと天然温泉。大阪市、大阪市内なのに温泉と思うかもしれませんが、疲労回復、肌あれによいお湯です。露天風呂、岩盤浴、サウナもあり、ちょっとしたプチ温泉気分が、大阪市内なのに味わえます。大阪市内にお住まいでなくても、お車でもお越し頂きたいです。次に、その近くにある鶴見緑地公園内には、バーベキュー広場、キャンプ場もあり、これから夏に向けて、家族連れみなさんで楽しむことができるスポットもあり、またパターゴルフや、少し歩けば、釣り堀もあり、アウトドア派はもちろん、そうでない方も十分楽しめる場所となっています。是非一度、行って見ては。