大津市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳たたみおもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

大津市の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす
ことなく徹底的に
材料代と施工費を見直しました。

畳たたみ表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます

畳たたみの表替え大特価!!

 ■当店通常価格5,000円のところ
   期間限定

  2,200円
  もっと詳しくみるサイズは五八間 
■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

弊社では、輸入畳たたみ表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産襖
ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え 

■当店通常価格2,500円のところ

 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。  国内産上質しょうじ紙使用 障子の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺

網戸の張替えも激安で請け賜ります。
国内産ダイオ化成竃ヤ使用 網戸の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

少しのお金で利用できる網戸張替え業者

多くの人が利用している網戸張替え業者の特徴として、少しのお金で利用する事ができる業者は大きな需要を誇っています。多くの人が網戸に関する問題が発生した時、少しでも支払うお金を少なくしたいと考えています。そこで少しのお金で網戸に関する問題を解決できる業者に依頼する事ができれば、多くのお金を準備しなくてもスムーズに問題を解決してもらう事が可能です。近年は網戸張替え業者の競争が激しくなっていて、少ない費用で依頼を行えるように金額設定をしています。以前は高額なお金を支払わないと利用する事ができなかった網戸張替えに関しても少しのお金で利用できるので、お金にあまり余裕がない方でも十分に網戸張替えなどを実施してもらえます。網戸張替え業者によっては、想像を遥かに超えて安い金額に定められている時もある為、利用する価値は十分にあります。もしも網戸に問題が発生した時もこのような業者を利用すれば、全然問題はありません。気持ちよく利用できるだけではなく、網戸に発生した問題も解決できるので魅力的な業者になります。インターネットなどを利用すれば、速やかに網戸に関する業者を見つける事ができるので、もしも問題が発生した時は前向きに検討してもらいたいです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳たたみ】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳たたみは本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳たたみは4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳たたみやふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。
畳の話
畳はきわめて多目的な造形として、生活空間のなかに溶け込んできたといえます。その一方で、平面構成や生活空間の多様化に応じて、いくつかの種類がみられます。座敷畳というのは、いわゆる座敷用の畳のことです。これには格式空間に使用される床の間の薄縁や、茶事空間に使われる茶室の畳も含まれています。また有識畳というのは、神社仏閣などで使用され、しかも格式空間をつくり出すために当てられる造形ということになります。この2つの違いは、座敷畳がいわゆ生活空間をつくり出しているのに対して、有識畳の方は格式空間をつくり出していることです。この2つの違いは、座敷畳のなかにあっても、生活空間にあてられる座敷と、格式空間や茶事空間にあてられる座敷を分類して、その両者の畳に対する造作の掛け方の違いに見出すこともできます。また格式空間にあてられるものと、生活空間にあてられるものの違いは、そのまま畳技術のうえでも分類されるところとなります。一般の座敷畳が施工技術の面で、多様化の一途をたどっているのに対し、有識畳を主体とした格式空間に対する畳は、もっぱら伝承的な技術体系をみせているのが特色的で、その技術も地方や店によって得意な存在となっています。畳は平面構成のうえで、格式空間と生活空間の2つをつくり出してきたといえます。そして、この格式空間と生活空間の2つの違いは、畳をつくる技術のうえでも違った面をみせており、そこに技術そのものに地方色をつくり出してきたのです。格式空間にあてられる畳の造作については、京都の技術がよく知られています。そこには格式空間をもつ神社仏閣がきわめて多く、また都としての歴史が長かったことも無視できません。そうした地方性は格式空間への造作だけでなく、座敷畳についても、格式空間を設けている茶室や、そこから生じた数奇屋造りへの造作にも、格式と伝統を重んじた技術体系が生かされて技術土壌を育むもとになっています。こうした例は各地でも見られます。とりわけ地方にあっては、城下町だったところに格式空間に対する技術が残っています。そして、それが畳技術の基礎になっている傾向が強いです。技術体系のうえでも格式を重んじ、定紋のあらわし方や紋寸法については伝統的な造作をかけ、一般の座敷畳にはみられない細かい造作を重ねていることで知られています。またカマチの綴じ方や、スミの造りにも地方色がみられますが、畳の世界が座敷の進展とともに広がり、大成させたといえます。
日本の気候風土に見事に適合した 襖・障子
建具として、家の部材に利用した、襖、障子。木と紙や絹・布で作られたものが、日本の四季を通じて非常に柔軟に対応している。この発想が日本人の優れたところで、四季の変化が大きく、また湿度の変化も高いこの国の気候風土に適したものか、今さらながらに関心するばかりである。
唐渡りの屏風から思いついたのであろうが、それを折りたたまずに柱簡に嵌めこむことを思いつき、さらに上下に鴨居・敷居をしつらえ、そこに彫り込んだ溝に滑らせて、開け閉めの出来る工夫をしたのも、高床式の家の構造だったからこそ実現可能だったのだろうが、部屋の仕切りとしては、巧妙な仕組みであろう。さらに、それに絵を描く、あるいは文様のある唐紙を貼ることで、室内空間を飾る効果を作り出したのは、これだけでも日本人の美意識を物語る大きなテーマとなる。鉄・コンクリート・ガラスと言ったハードな材質による近代建築が、ここまで発達してしまった今日、どちかと言うとソフトな材質による日本独自の建築と内装を顧みるにつけ、驚くことばかりである。さらに、この建具ひとつを作る要した職人の手作業の細やかさにも驚かされた。骨組みの材を選ぶのにも気を配り、柾目を表んにして歪みの出ないようにし、下貼りの紙を貼るにも、その日の湿度・温度を体感しながら糊の濃さを調え、張っては乾かし、乾かしては張ってを繰り返しして仕上げるので、災害にあうかよほど手荒に扱わない限り、その上に描かれた四百年も前の顔料を厚く塗った絵画をほぼそのままに見る事が出来る。京都智恩院の長谷川等伯らの「桜・楓図」の壁画が、温度調節装置などを備えたコンクリートの収蔵庫に入れてからのほうが、顔料の剥落が激しくなった様に見える事にも、かっての職人の身に付けた業の確かさを思わざるをえない。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



大津市の地域の様子と大津市の観光地

大津市は滋賀県の南西端に位置する都市です。滋賀県の県庁所在地で中核市に指定されています。人口は約33万人で、現在の市長は越直美です。大津市の伝統産業として松本瓦があります。大津市にある企業は、東レや東洋紡、オプテックスやエネサーブなどがあります。大津市の姉妹都市はアメリカのランシング市、スイスのインターラーケン市、ドイツのヴォルツブルク市、中国の牡丹江市、韓国の亀尾市があります。
大津市は交通の便もよく、新名神高速道路や名神高速道路が通っています。名神高速道路の大津サービスエリアも新しくリニューアルされ、利用する人が増えています。また東海道新幹線も通っています。国道1号線や161号線もあり、大津市民の交通の要所となっています。大津市の名勝地としては白松青松100選として有名な近江舞子や皇子が丘公園というたくさんのスポーツができる施設もあります。
大津市の文化施設として、日吉大社があります。日吉大社は西本宮と東本宮の本殿が国宝で、重要文化財にしていされています。また、天智天皇が日本で初めて水時計を設置した故事にちなみ、時計博物館が併設されている近江神宮もあります。春日大社は本殿が重要文化財に指定されています。このように大津市はたくさんの歴史にふれることができる場所がたくさんあります。このほかにも、大津市歴史博物館、大津市科学館などもおります。
大津市のレジャー施設として有名なのは琵琶湖クルーズです。大津港は琵琶湖汽船が運航する遊覧船やミシガンなど複数航路の拠点となっています。このほかに雄琴温泉やびわ湖バレイがあります。冬のスキーシーズン以外にも初夏の新緑を楽しむ利用者でもにぎわっています。大津市のイベントとしては夏の花火大会が有名です。毎年8月8日にびわこ花火大会がおこなわれます。大津市だけでなく県内でも大きな花火大会なのでたくさんの人が見に来ます。
びわこ花火大会は、琵琶湖上で打ち上げられる水中スターマイン、すなわち湖上自爆が見どころです。湖上で打ち上げられるので、まわりに建物などがなく、また水面に花火が映るのでとても幻想的できれいです。最大斜め30度まで傾けられた筒から打ち上げられる10号玉を含んだワイドスターマインが大きな見どころです。またびわこ毎日マラソンやびわこ大学駅伝などスポーツ活動もさかんに行われています。
彦根城で有名な滋賀県彦根市とは、車を利用した時約75km程の所に位置します。
どちらも京都に近い琵琶湖の湖岸に栄えた商業都市であり戦略都市です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

畳Qestion

よく聞かれる疑問にお答えします。

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳たたみ表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません施工可能地域

 施工可能地域    

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

施工・工事の事例です大津市 M様邸
畳たたみ表替え 襖張り換え

大津市 G様邸
襖張り換え

W保育園様
和紙畳たたみ表の張替え工事例

滋賀県大津市 T様邸
畳たたみ表替え

滋賀県大津市 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳たたみ表 施工事例

 S様邸
畳たたみ表替え施工事例

畳たたみの文化

日本家屋の多くは畳の間があり、日本人の生活のなかにおいて畳は大きく関わっています。正式な場で正座をする日本文化において、畳はあらゆる建造物、家屋に使用されており、家庭の生活の中でも、多く利用されています。
畳には、二酸化窒素を吸収する作用があります。二酸化窒素は人体にとっては良くない影響を与える物質なので、部屋で発生した二酸化窒素を吸収する機能があることで、室内の空気を清浄する効果があるといわれています。
畳には吸湿、放湿の効果も期待できます。梅雨時の湿ったときには水分を吸収し、また逆に室内が乾燥している時は畳に蓄えられた適度の水分を放出する作用があり、室内の湿度を適度に調整することができ、快適に過ごすことができるのです。
伝統的な畳は、イグサで作られており、このイグサの香りが漂うことも畳の部屋の魅力のひとつといえます。イグサは疲れた体を癒し、気持ちをリラックスさせることができます。森林浴にも似たヒーリング効果が期待できるのです。新しい物は特に香りがたっているので、アロマ効果を与えてくれます。また、畳は防音効果も期待できます。フローリングだと音が振動となり伝わっていくのに比べて、音を吸収することができるので、階下に騒音が響きにくいという利点が見られます。テレビやステレオなどの音響も洋室に比べて和室のほうが周囲に音漏れもなく安心です。

田舎すぎず都会すぎない大津市

大津市は滋賀県の南西部に位置し、同県の県庁所在地である。大津市の人口は2016年において約340,000人。日本最大の湖、琵琶湖は同県のおおよそ六分の一を占めるが、この琵琶湖の南西岸から南岸にかけて大津市が広がっている。 隣市の京都市が有名なために存在感は薄れがちだが、天智天皇が近江大津宮に遷都して以来の1300年にも及ぶ歴史が大津市にもある。 琵琶湖の南部から風光明媚な名所八か所を選んだ、近江八景と言われるものがあるが、このうち6か所は大津市内に存在する。比叡山と琵琶湖が存在する大津市は、美しくのどかな光景が広がる、自然と都市が程よく融合した地域であると言えよう。 琵琶湖では夏にウォータースポーツが楽しめ、比叡山では冬にスキーが楽しめるなど、意外にリゾート都市としての側面も持っている。 商業施設としてもっとも大津市民に親しまれているのが平和堂系列のスーパーである。平和堂は彦根市で第一号店がオープンして以来、次々に滋賀県を中心に事業を展開している。しかしJR大津駅前にあった平和堂系列のアル・プラザ大津店は2016年に惜しまれながら閉店している。 大津市内で市民の足となっているのは自動車であるが、琵琶湖線と湖西線のあるJRを利用する市民も多い。京阪京津線も走っていて通勤通学の便は悪くない。 都会すぎず、田舎すぎず、大津市は住むのに程よい環境と言えよう。