全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

埼玉県加須市にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

シールを貼ってみたり色を少しだけ塗ってみたりする事によって網戸を自分でお洒落にする事ができます。これは誰でも簡単に行う事ができる作業の1つになるので、網戸をお洒落にしたいと考えている方は行ってみる事を前向きに検討してみると良いでしょう。シールは自分の好きな物を貼るだけで完成させる事ができます。女性の場合は網戸にハートマークや星のシールを貼る場合もありますし、男性の場合は自分の好きなアニメのキャラクターなどを貼る場合もあります。外から自分以外の人が見ても楽しむ事ができますし、部屋の中から自分で見る事によって楽しむ事もできます。シールはそれほど高い物ではないので網戸をお洒落にしたいと考えている場合でも数千円の費用で行う事ができます。網戸に色を塗ってアートのようにしたいと考えている方は、油性のマジックなどの濡れても流れてしまわないような物を購入して網戸をお洒落にすると良いでしょう。自宅の構造上網戸が雨や雪に直接当たらないので水性でも良いだろうと考えてしまう場合もありますが、湿気などが影響してしまう事もあるので、必ず油性にすると良いでしょう。賃貸物件で生活をしている場合は、大家さんか管理会社から許可を得るようにしましょう。そうでなければ網戸の事で小さなトラブルになってしまう場合もあります。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

地域によってサイズが異なる畳

日本の家屋で使用されている畳は、地域によってサイズが異なります。関東地方から西日本へ移った場合、若干大きく感じると思います。実際にどのくらいサイズが違うのか、意外と知られていないです。そこでここでは、畳のサイズについて詳しく説明します。まずは海外の観光客に人気のある、京都を中心とした関西地方についてです。この地域では京間とか関西間といわれる畳が使われておりまして、サイズは191cm×95.5cmです。安芸間、広島間と呼ばれる畳は、185cm×92.5cmでして主に山陰地方で使用されております。中京地方、北陸地方や東北地方で使用されている中京間は、182cm×91cmです。このサイズは、沖縄の一部の地域でも使用されております。関東間・江戸間と呼ばれる畳のサイズは、176cm×88cmです。地域によっては、田舎間とも呼ばれております。アパートやマンションなどの集合住宅で使用される畳は、団地間と呼ばれておりサイズは170cm×85cmです。最も小さなサイズです。このように、畳のサイズは地域によって異なります。西に行くほど大きいサイズを使用してます。サイズの違いについてですが、関西地方では畳の大きさを基準に家が建てられるのに対し、関東地方では先に家を建てて柱と柱の間を基準にして畳を入れておりました。家の建て方の違いが、畳のサイズの違いを発生させていたのです。

埼玉県加須市 日本一の鯉のぼり生産地

県の北東部に位置している。北は利根川を隔てて群馬県と接している。昭和29年に加須町・不動岡町・三俣村・礼羽村など、その他合わせて8つの町村が合併して市制を施行した。市域は利根川右岸の堆積平野を占め、地勢はおおむね平坦で、かっては利根川の本・支流の乱流地帯であった為、各所に河畔砂丘や自然堤防が散在し、南部は会の川と葛西用水が東流する。中央部には、手子掘りなどの東へ流れる用水路がある。会の川南岸の河畔砂丘上に形成される加須の街は近世初期、奥州街道の幸手宿と中山道の熊谷宿を結ぶ、脇往環沿いに出来た宿場町が起こりとされている。産業面では被服縫製業が盛んで、羽生・行田と並んで衣料の町として、知られている。特に鯉のぼりの生産は80%を占め、日本一で、そして東日本の生産量の70%を占める剣道着・柔道着・野球用具などの生産も盛んである。農業は米の他野菜のハウス栽培やイチゴが特産で、畜産もおこなわれている。
(加須の鯉のぼり)
男児の出世を願って、端午の節句に鯉のぼりを上げると言う風俗が一般に普及しはじめたのは、江戸時代の中期以降と言われている。加須の鯉のぼりは、明治の初め土地の傘・堤燈職人が材料の和紙の余りを使って片手間に造り始めたのが起こりとされる。これが評判を呼び、明治の中期から量産される様になった。
土地の名物としては、加須うどんや和菓子の五家宝がある。昔から河川の氾濫の為、肥沃な土が運ばれ小麦の栽培に適していたと言う経緯がある。
(旧利根川堰提跡)
市の北端、利根川の南岸沿い、古利根川の近くにある。古利根川を利根の奔流が流れていた頃の堤防で田んぼの中に数10mに渡って残っており、県の旧跡に指定されている。今のところを利根川が流下させ、さらに東へ赤堀川をひらいて鬼怒川につないでから以後のことである。為に古利根川流域の旧河道は水田化し洪水の害も少なくなったが瀬良瀬川との合流点付近は、治水対策がなされるまでは、度々水渦に悩まされた。
(加須の浮野)
加須駅の北東約3.5km、葛西用水の北岸にある。四方を細流に囲まれた低湿な原野で大水が出ると土地一帯が浮き上がるので、こう呼ばれる様になった。地層的には利根川流域の大湿原に出来た、ツンドラ地帯の浮島と見られる。湿地植物が多数繁殖して開花期には美しい花園となる。地質・植物学上の貴重な研究対象として県の天然記念物に指定されている。
(名物加須うどん)
加須うどんは、埼玉県加須市とその周辺で食べられているうどんのこと。五家宝と並ぶ加須市の郷土料理となっている。「加須の手打ちうどん」とも呼ばれる。昔は川の氾濫により肥沃な土が運ばれ、小麦の栽培に適している地であったとされていて、米より小麦の栽培が盛んであった。
江戸時代半頃に不動ヶ岡不動尊總願寺の門前でうどんを参拝客にふるまったのが始まりといわれ、明治時代にその地で青縞織りの市が定期的開催され、関東一円から人が集まるようになると、織物職人・商人等の昼食や土産物として広まっていった。また、古くから家庭でも、このうどんが作られていた。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 埼玉県加須市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 埼玉県加須市 T様邸
襖張り換え

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え