全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

相模原市南区全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



日本の伝統的な敷物 畳

畳は知っての通り、昔から使われてきた日本の敷物であり、日本固有の文化です。その作りは板状の畳床(たたみどこ)を芯にして、その表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)をくるんで作ります。その多くは畳表を止めるために、また装飾として畳縁が縫い付けられています。そんな畳の由来は、「たたむ」だと言われています。今現在の形に近付くのは平安時代に入ってからとされ、それまではむしろやござ、菰(こも)などの薄い敷物の総称であり、使わない時はたたんで部屋の隅に置いていたようです。そのたたむと言う動詞が名詞化して「たたみ」と呼ばれるようになったとされています。現在の畳は縦と横の比率が2対1の長方形の物と、その半分の正方形のものがよく使われています。大きさとしては1畳で3尺×6尺(910mm×1820mm)が基本とされていますが、部屋の寸法に合わせての注文生産が一般的とされるため、サイズは一定のものではないようです。使われている有名な規格は中京間(910mm×1820mm)やそれよりも大きな京間、中京間よりも小さい江戸間や団地間の4種類がありますが、実際には地域ごとに様々な規格があるとされています。以上、畳についてでした。

本襖と板襖の張替え方法の違い

襖には、本襖と板襖とがあり、それぞれ張替え方法が大きく異なっています。本襖の場合は、細い組子の上に、複数枚の和紙を順番に張ることで作られています。そのため張替え作業では、劣化している和紙のみを剥がして交換することになります。そして剥がす作業をスムーズに進めるためにも、それぞれの和紙には多くの糊が塗られていません。縁の部分など要所に少量がつけられているだけなので、簡単に剥がすことができます。また、新しい和紙を張る場合も、少量の糊を使用します。その分手軽ですし、糊の水分で和紙がふやける心配もありません。それに対して板襖の場合は、通常は和紙が1枚となっています。そして本襖と異なり、板全体に糊を塗ることで和紙が接着されています。その分剥がすことが困難なので、張替え作業は古い和紙の上に新しい和紙を糊付けするという方法でおこなわれます。本襖の場合は、剥がすことで何度でも張替え作業をすることが可能です。ところが板襖の場合は、新しい和紙を重ね張りすることになるので、その回数が増えるにつれて全体の厚みが増していきます。厚くなりすぎると、開閉することが難しくなるので、板襖の張替え作業は2回が限度とされています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


畳のもたらす効能について

日本人なら知らない人はいないといっても過言ではないほど、畳は昔から和室の床材として使われて来ました。そんな畳には、実は以外と知られていない、様々な効能があるのです。畳には沢山の空気が含まれています。これは畳表に使われているイ草の断面が、スポンジ状になっていることと、畳床に使われている稲ワラが、ストロー状になっていることによるものです。空気は熱を伝えにくいため、冬は温かい空気を保ち、夏は外から高温の空気が入って来るのを防ぐ、断熱材の役割をします。また優れた吸湿性と放湿性があり、湿度の高い梅雨時などには水分を吸収してくれ、乾燥している時には放出してくれるという、自然の温度調整作用があります。まるで天然のエアコンのようですね。これだけでも凄いのですが、さらに空気中にある、二酸化窒素を吸着してくれる働きがあることがわかっています。断熱効果や湿度調整だけでなく、空気を浄化する作用まであるとは驚きです。この他にも吸音効果があり、足音やテレビの音を和らげてくれたり、弾力性があるため、お子さんやご年配の方が万が一転倒した際も、フローリングと比べると安心です。畳のある部屋に居心地のよさを感じるのは、こういった様々な効能によるものなのかもしれません。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 相模原市南区迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え