全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

佐賀市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

スピーディーな対応を行う網戸業者の魅力

同じ網戸業者の中でもスピーディーに対応を行ってくれる業者を選択すれば、短い時間で網戸に関する問題を解決する事が可能です。同じ網戸業者の中には、スピーディーに対応を行ってくれて、あっという間に処理や作業を行ってくれる網戸業者も存在しています。予めそのような業者を選択しておけば、忙しい方もスピーディーに依頼を行えるので、精神的にイライラするケースも減ります。またスピーディーに実施するからといって、いい加減に網戸作業を実施する訳ではありません。一生懸命網戸の問題を解決できるように対応してくれるので、安心してもらいたいです。網戸業者の中には、即日対応してくれて、その日の内に網戸の問題を解消してくれる心強い業者も存在しています。素早く問題を解消してもらいたいと考えている方は、スピーディーに対応してくれる業者を選択すれば、望んでいる結果を得やすくなります。このようにスピーディーな対応を実施してくれる網戸業者を選択すれば、気持ちよく依頼する事が可能です。特に忙しい方ほど短い時間で行ってくれるので、満足しやすいです。金額や対応だけではなく、スピーディーに依頼内容を実施してくれる網戸業者もここ近年は急増しています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



現代こそ畳たたみが重要である

現代社会でこそ畳は必要である。
昔から「死ね時は畳の上で死にたい」と言う諺がある。畳は日本人にとって欠かせないものであった。また畳は生活に密着していた。
ところが近年の日本はどうであろうか。
景気の影響などかも知れないが、心の余裕がある人が少なくなってきている。
その為に、可笑しな事件も多発してきているのが現状である。こんな時だからこそ
今一度日本らしさを思い出す為にも、畳の上で寝ころがり、畳の香りを感じることなどして日頃の喧騒を忘れてゆっくりしてみる必要があるのではなかろうか。
また、2020年のオリンピック、パラリンピック開催に向けて日本が日本らしくある為にもまずは畳という身近かなものから見つめなをす事で、新たな日本らしさが見つけられるかも知れない。もしくは、そこから新し日本が見つかるかも知れない。今一度、私達が先に進む為にも一旦立ち止まり振りかってみるできではなかろうか。今は昔のよう手入れが大変でなくなったので、管理が簡単である。なので、昔のように畳の上に布団をひいて横になってみれば私達が忘れてしまった何かを思い出してくれるだろう。
さらに、畳はフローリングなどと違い断熱効果もあり、畳を置く事によって節電などの節約にも?がる効果も期待出来る。

マイホームを建てる時の襖ふすま選びのポイント

マイホームを建てる時にその建築様式を日本家屋にする時に襖は必ず必要になります。襖と言えど、日本家屋では大事なポイントになります。その歴史も古く平安時代には襖障子として御所と寝所の間切りとして歴史に記載されています。さらにその役割は、部屋との間切りだけではなく、温度の変化に応じ、湿度の調節や部屋の装飾としての役割もあります。押入れに使用する事で湿気対策になる日本の気候にあった物とも言えます。その利点を踏まえてマイホームを建てる際のアイディアの1つにするといいです。<br>
現代に至ってその襖もいろいろなタイプが存在しています。和襖と量産襖に分かれ、その材質や作る工程さらにはデザインでさらに分かれていきます。では、その襖を選ぶポイントしまして、材料選びである程度の材質のグレードを揃えるのが一般的です。ただ、部屋の用途に合わせ襖紙を選べます。例えば、子供部屋には、新鳥の子紙といいまして頻繁に張替が必要時に用いると便利です。その他にも上級織物紙というものがあり、高級で耐久性にも優れています。さらに最上級物の1つとして特上織物紙があり、部屋を一段と格式高い雰囲気をだすために使用する場合があります。このように襖紙も部屋の用途によって使い分ける事も出来ます。襖を理解しますと、いかに日本に合っているか理解できますし、その考え方が変わると思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


佐賀市について

佐賀市は、江戸時代に佐賀藩の城下町として発達した佐賀県の県庁所在地で人口は平成27年9月現在23万5千人余りで佐賀県内最大の人口を擁する市である。平成17年と19年の市町村合併により北は背振山から南は有明海に至る現在の佐賀市となり平成26年からは特例市となった。佐賀市の中心部は、佐賀平野に位置し平坦で起伏はほとんどない、海抜が低く市内には中小河川や灌漑に利用されていた小水路であるクリークが発達しているため以前は大雨による冠水が見られたが、河川の改修や調整池などの整備により近年はほとんど見られなくなった。旧佐賀藩は、幕末には藩立の科学技術研究所ともいえる精錬方を設置し反射炉築造による大砲の製造や海軍修練所の設置などを行い、外国人技術者に頼らない独自の研究開発を行い我が国の科学技術の近代化に貢献した。佐賀市の周辺部は、水田が発達しており、中心部でも有明粘土層という特殊な地盤のため高層建築が少ないという条件を活かし、熱気球の世界大会が毎年10月の終わりから11月初めに開催されており佐賀市の最大の観光イベントである。冬季には九州では珍しい人工スキー場が営業され手軽にスキーを楽しむ人も増えている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 佐賀市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え