全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子、網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

さいたま市大宮区全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳の大敵はカビとダニ

天然素材を利用した畳は、人体に優しいというメリットがある反面、カビやダニが発生しやすいというデメリットもあります。昔は年に1〜2回ほど畳を外し、天日に干して布団叩きで叩く光景がよく見られました。これはカビやダニを防ぐのに効果的ですが、今では近所への遠慮もあって、なかなか実行できないのが現状です。畳にカビを生やさないためには、部屋に湿気をこもらせないことが大切です。夏でも冬でも換気に注意し、必要ならエアコンで湿度を調節します。もしカビが生えてしまったら、大きく広がる前に掃除機をかけて乾拭きし、できるだけ湿らせないようにします。重症のカビは中性洗剤を含ませ、固く絞った布で拭き取ります。それから消毒用アルコールで軽く拭き、さらに乾拭きして掃除機をかけます。ダニも湿度の多い場所を好みます。また食べ物のカスや、人間の髪の毛・フケ・垢などもエサになるので、こまめに畳を掃除することが第一の予防法になります。風通しを良くしたり、防虫シートを利用することも予防効果があります。畳にダニが発生したら、換気を心がけるとともに、燻煙剤などで退治します。燻煙剤は2週間ほどの間をおいて、2回続けて使うのが効果的とされています。

襖の張替を行っていくなら

襖はとても神聖なものと言えます。古くから我が国に伝わっているものであり、襖を見ているだけでもとても気分が落ち着きます。とても豪華なものからシンプルなものまであります。柄に関しても非常に多くの種類がありますので、魅力的です。さて、このような襖ですが、ある程度の年月が経過してしまうと、今度はだんだんと古くなり色があせていきます。場合によっては、子供がよりかかったりぶつかったりして、襖を破いてしまうことだってあります。こんな時には襖の張替をするのがよいです。襖の張替に関しては熟練の技が必要になります。ですから、初めての張替をする場合は、インターネットを使って張り替え専門業者を探します。そして、その業者から見積を取得して、内容的に問題ないようなら実際に依頼してみるのがよいでしょう。このようにすれば、間違いなくレベルの高い襖張り替えが可能となってきます。さて、襖の張替に関してはこのような手順で進めていくのが良いのですが、初めての依頼の場合にはまず業者選びがとても重要になります。レベルの高い業者を探すには、どうすればよいのか、そんな時にはインターネットの口コミサイトをチェックしていきます。これが賢い調べ方です。

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


埼玉県さいたま市大宮区の情報

埼玉県さいたま市大宮区は、同県の県庁所在地であるさいたま市を構成する、10の行政区の一つで、総面積約13平方キロメートル、総人口約11万人の都市です。大宮区はさいたま市の北部に位置し、大宮区と同じくさいたま市を構成する中央区、桜区、西区、北区、見沼区と隣接しています。大宮区高鼻町にある氷川神社は、武蔵国一宮と(三宮とも)される古社で、関東地方を中心として各地に存在する氷川神社の総本社です。大宮区の大宮は、氷川神社の事を大いなる宮と称えたことが由来となっています。大宮区の中心地域にはかつて、中山道の宿場町の一つである大宮宿が設置されて栄えました。廃藩置県後は大宮宿を含めた一帯に大宮県が設置されましたが、県庁は東京の馬喰町に置かれ、後に県庁が浦和宿に置かれると県名も浦和県に改称されました。後に浦和県が忍県、岩槻県と合併して埼玉県となり、明治22年の町村制施行によって大宮町が誕生します。昭和15年には市制が施行されて大宮市となり、平成13年に浦和市、与野市と合併してさいたま市の一部となりました。そして平成15年に区制が施行されてさいたま市の旧大宮市域は大宮区、西区、北区、見沼区に分割され、現在の大宮区が誕生しました。現在大宮区には多数の商業施設や企業の本社が存在し、また文化施設や教育機関も多く存在する埼玉県でも随一の都市として発展を続けています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 さいたま市大宮区迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え