全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理、修繕を
低料金で致します!!畳たたみ2,200円襖ふすま障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

静岡市葵区全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



和室の床に必ずと言っていいほど採用されているのが乾燥させたイグサを使用した畳です。 天然素材の風合いが産み出す自然な感触は、落ち着きと居心地の良さを得られることが魅力となっておりますが、長期間使用することで劣化や損傷が生じてくる場合もあります。
そこで、必要となってくるのが畳の張り替えや交換といった作業です。 一般的な畳は、縦が180cmで横が90cmの長方形の形状となっておりますが、通常の床板とは異なり基本的には床の上に敷き詰めたような状態となっております。
したがって、リフォームのような改修と違って手のかかる工事をせずとも交換することが特徴であると同時にメリットとなっているわけですが、畳そのものを新品のように蘇らせるためには、専門の知識と技術が必要となってきます。
劣化や損傷みが初期の段階であれば、畳表の裏表をひっくり返して張り直すことで新品のような風合いを取り戻すことが可能です。 この裏返しと呼ばれる作業を終えてから更に使い込んだ状態になると、今度は表替えと呼ばれる畳表自体を新品に交換する必要が生じてきます。
なお、畳には畳床という芯のような役目を果たしている素材が必要不可欠ですが、これも当然ながら劣化などが生じてきますので、寿命に達した場合は丸ごと新品と交換という形となります。 定期的なメンテナンスと寿命を迎えた際の新品との入れ替えが、畳とうまく付き合い続けていくコツなのです。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


静岡市葵区

静岡県静岡市葵区は2005年に誕生した静岡市の行政区の1つで、人口はおよそ25万人ほどだと言われています。静岡市葵区は2003年に旧清水市と合併する前の旧静岡市域の内、東海道本線の北から旧長田村域を除いたものでした。
静岡市葵区は政令指定都市の行政区としては日本一の面積を持っていますが、山間部の旧安倍郡をかかえているためです。平坦地だけをみると狭小と言われ、最高地点は標高3189.5メートルの間ノ岳だと言われています。
静岡市葵区の人口の大分は、南部の狭い平野部に集中して中心市街地を形成しているようです。静岡市葵区の北部には南アルプスの山々が並び、人家は少ないと言われています。谷間には温泉などが点在していることから観光客が多いようです。
静岡市葵区の城内、横内は中心市街地で歴史的建築物が多いと言われています。安西や田町、駒形は地場産業の中小木工関係の事業所がおおく、安東、城北、麻機は図書館や学校が多く落ち着いた教育や田園地区となっているようです。
静岡市葵区の井宮、賤機、美和辺りには新興住宅地で交通アクセスに便利だと言われています。大河内や梅ヶ島、玉川、井川などは広大な山間部で、名湯の梅ヶ島温泉があります。服織、藁科、清沢、大川は歴史的な寺が多く、千代田や西奈は中層住宅地で医療施設が多いようです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 静岡市葵区迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 畳と障子の張替え工事

 K様邸 縁無し畳施工

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

N様邸 襖、和紙畳張り替え

襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

私たちは住宅に身を置いて暮らしています。 この住宅は人間が長い間で築き上げてきた歴史の中でつくられた建造物であり、文化の一つです。 住宅は外的環境から身を守る為、プライベート空間を守る為、癒しの空間を過ごす為などがあります。
現在の住宅は洋風のものが主流です。 明治時代に西洋化が奨励されて以来、少しずつ日本に西洋の文化が増加し、その中に住宅がありました。 その後、戦後に海外からの文化が流入されるようになり、そこから洋風住宅は増えたのです。
洋風住宅に対する住宅が和風住宅です。 日本では戦後になるまでは主流だったのです。 和風住宅は日本人が長い歴史の中で得た工夫が沢山注入されています。 その中でも和室は特にその工夫が多いのです。 和室は畳、襖、障子などがあるのです。
畳はイグサで編んだ敷物で表と裏が使えます。 襖は移動式の壁です。 障子は紙で外からの視界を見えなくするものです。 それぞれがそれぞれの役割を果たしながら和室に必要な機能を有しているのです。 このため和室は今でも人々に好まれています。
中でも襖は移動できる特性があり、襖は状況によって空間の広さを変更することができるのです。 襖は長年使用していると消耗品ということもあり、襖に不具合が生じてくることがあります。 その際には業者に依頼して張り替えをするのが良いです。