全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

富士宮市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。

(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳の歴史など

畳は多昔の時代から存在する日本の伝統的な建築用途として利用されてきた文化材である。  歴史の中で一般的に広まっていったのは室町時代に入ってからのことである。 それまでは藁を重ねただけの物であり現代の畳の形状とは製造方法からことなっている。
時代がすすみ江戸時代に入るにつれて畳が本格的に重要文化財として認識され始めることになる。  城や屋敷の改修工事を行うものを畳奉行として役職をつかさどり畳そのものが建築物の中には無くてはならないものとされる。
日本家屋でた畳の枚数で室内の大きさを示す等畳の寸法が重要視されており、江戸時代では六尺が基本の大きさとして成り立っていく。  畳を基準とする方法で寸法を測る方法と柱を基準としてはかる方法が存在しておりどちらも重要な役割を果たす計測方法となる。
交換時期と言うものがあり勿論の事寿命と言うものが存在する。 しかしこの寿命も手入れの仕方によっては数年引き延ばすことが出来るといわれている。 天日干しにして埃たたきなどで全体的に叩くことにより数年寿命を延ばすことが出来る。
畳とは日本の生活文化の中において無くてはならないものとされている、フローリングの床に敷きつめることで和室という日本の建築において重要なものである。 それだけ日本固有の文化において大きな位置付けをされていることになる。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


富士宮市は、世界文化遺産富士山を抱える富士山の町です。昔から富士山信仰の中心地であり、富士宮市という名前も、富士山を祀るお宮である浅間大社に由来します。 市のおよそ半分が、富士箱根伊豆国立公園に属しています。
富士宮市から眺める富士山は圧倒的な大きさで迫り、富士登山の拠点です。富士宮市には四つある富士山の登り口のひとつ、富士宮口があります。標高2400メートルで登り口のうち一番高く、富士山頂に近いうえ、駿河湾を眺めながら登れる人気のルートです。
富士宮市の歴史に触れることができるのが、富士山本宮浅間大社です。 全国にある浅間神社の総本宮であり、富士山を御神体とするコノハナサクヤヒメが主祭神になっています。 現在の地に建てられたのは806年のこととされ、本殿は徳川家康によって1604年に建立されました。
富士宮市には、朝霧高原や田貫湖、白糸の滝など多くの観光スポットが点在しています。自然を満喫できるだけでなく、人穴富士講遺跡のような文化遺跡や博物館、牧場での酪農やスポーツといった体験型施設など、種類もさまざまです。
富士宮市の名物として最近有名になったものが、ご当地B級グルメの富士宮焼きそばです。コシのある麺に肉かすやイワシの削り粉を使用するのが特徴になっています。 また、ニジマスも富士宮市を代表的する味覚のひとつです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。             0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 富士宮市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

T様邸 畳襖ふすま張替え