仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで,東北から九州まで
全国にスピーディーに対応します。

滋賀県米原市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

夏が近づくにつれ、周囲には虫が多く飛び回るようになります。春の訪れを喜んでいるうちは良いものの、そのうち、否が応でも多くの虫が飛び回り、不快に感じるようになります。そんなときに、網戸が破れていようものなら、部屋の中に多くの虫が侵入してくるようになります。侵入してきた虫の多くは、電灯の周りを飛び回り、食べ物の中にはいることさえあります。これらを防ぐためも、網戸をしっかりと整えておく必要があります。網戸は常に外に出ている状態である場合が多く、意外と劣化が進んでいることがあります。掃除をする際のちょっとした衝撃で破れてしまうことがあるのです。海岸部などの潮が当たるような場所では劣化は顕著に進む傾向があります。そのため、定期的に網戸の状態確認をして、状態を維持しておく必要があります。網戸の網は、ホームセンターにいくと販売しています。網目の大きなものから小さなものまであり、用途に合わせて選ぶことができます。網戸が通りに面している場合は、ブラインド効果のあるものを選部ことができます。また、通気性を優先するのであれば、目の大きなものがよいでしょう。網戸に張る網で、快適さが変わることを知っておき、状況に応じて網戸を設置することです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

多くの家庭にある畳はとても傷みやすいもので、非常に扱いが面倒なものでもあります。時にはちょっとしたことでも傷がついてしまうもので十分に対策が必要です。交換をする時にも穴が空いていると中のものが出てきてしまうこともあります。
畳は外側は割りと強固に編みこまれていますが、それでも近年の机やイスなどを引きずってしまうと汚れがついてしまうことも多いです。そのため、畳の部屋では使う家具もある程度制限されて、お手入れなども必要になります。
畳を張り替えるときには古いものでも一度は裏面をよくチェックしておくとよいでしょう。時には裏面は無傷できれいになっていることもあるので、購入しなくてもしばらくはそのまま使えることもあります。お手入れをしていればそれだけ長持ちさせられるものです。
畳を交換するときにはお部屋の雰囲気やその後の使い方にも気をつけておくとよいでしょう。特に負担がかかる使い方をしているようならば交換と一緒に生活スタイルも多少変えてみることが重要です。お部屋の使い方から検討すると長く畳を使用できるようになります。
新しい畳でも使い方が悪いとすぐに壊れてしまうので使い方やお手入れについて考えておく必要があります。できる限り長持ちできるように工夫して簡単に穴が開いたり、壊れたりしないようにする必要があり、しっかりと畳に関する知識を付ける必要があります。

襖のアレンジ方法について

地味になりがちな和室をリメイクする人が増えています。ただし和室を洋室に仕立てる場合、存在感が大きい襖が問題になってしまいます。襖を取り払いドアを新調するとちょっとしたリフォームになってしまいますが、襖紙を張替えるだけであれば簡単にリメイクすることができます。襖紙には薄い色合いのものや上品な模様から江戸切り子をイメージしたグラフィックやモノクローム柄、北欧テイストやチェック柄、ドット柄などバラエティにとんだ専門のショップがネット上にたくさんあります。白レンガ調の襖紙を選べば落ち着いた和室から明るい洋室風に変身し、木材風の襖紙に張替えれば洋風の引き戸のように変身します。また、襖紙を張替える前に木枠や取っ手を好みの色に塗り替えるだけでも雰囲気を変えることができます。そして、最近では襖紙の代わりに壁紙を張替えるアレンジも多くなっています。壁紙は国産、海外製品とたくさんあり、海外のものであれば大胆な色と柄を楽しむことができます。これらは一般的に両面テープや糊で貼ることになりますが、中には生のり付きやシールタイプも、ありこれなら比較的張替えやすく、全体に貼るだけでなく部分的に貼ってもおしゃれに仕上げることができます。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


滋賀県米原市

米原市は滋賀県の北東部、琵琶湖の東岸に位置して人口39千人、総面積250.46km2の市。旧坂田郡にあたる。滋賀県西部の琵琶湖沿いに平坦地が開けるが、東部には鈴鹿山脈の北西端に当たる山々が盛り上がる。米原市北境沿いを天野川が西へ流れ、琵琶湖に注いでいる。天野川の河口左岸、湖畔の朝妻は、古くからの港町で、鎌倉〜室町時代に栄え、木曽義仲・織田信長らも京へ上るとき、ここから出港したという。
慶長8年(1603)、北村源十郎によって米原港が築かれると、中山道を背後に控えた米原港が船で大津に向かう貨客でにぎわった。この米原港は長浜・松原とともに彦根藩領三港の一つとして重要視された。
明治時代になると東海・北陸領本線の連絡駅が開設されて米原は『鉄道の街』として発展した。現在でも新幹線が停車して国道8号、21号や名神高速道路や北陸自動車道などのジャンクションもあり米原は、県北東部の交通の中心地となっている。米原の気候は年間を通じて日本海側気候に近く、特に旧伊吹・山東町は冬季に雪が多い豪雪地帯で、旧米原町も冬季は曇天が多い。1927年2月14日には伊吹山で11m82cmの観測史上最大の積雪量を記録し、これは未だに破られていない世界記録である。
また米原は高山植物の宝庫伊吹山やゲンジボタルの群生地として有名な天野川中流域と三島池、滋賀県・岐阜県にのみ生息する魚ハリヨや希少植物バイカモ(梅花藻)といった貴重な生物が見られる地蔵川も米原には流れている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 滋賀県米原市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

滋賀県米原市 T様邸
畳表替え

滋賀県米原市 N様邸様
畳表替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例


T様邸 畳襖ふすま張替え

 N様邸
襖、和紙畳張り替え