仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで,東北から九州まで
全国にスピーディーに対応します。

滋賀県近江八幡市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸業者によっては、男性スタッフだけではなく、女性スタッフも多く揃えていて、気軽に依頼できるように環境を整えている場合があります。女性によっては男性と話すのが苦手な方もいます。男性が苦手な女性でも女性スタッフを多く揃えている網戸業者を選択する事ができれば、スムーズに依頼を行う事ができます。女性ならではの気配りやサポートなどを実施してくれるので、心強い味方として頼る事ができます。まだまだ網戸業界では、働く女性が少ないのが現状です。しかし多くの女性スタッフを揃えれば、これまで以上に安定した利益を生み出せるようになるので、積極的に採用を行っている網戸業者が増えてきています。女性に依頼したいと考えている方は、予め網戸業者に在籍しているスタッフを確認してもらいたいです。その中でも女性が在籍している事が分かった場合には、依頼する事で女性スタッフに対応してもらう事が可能です。網戸業者の混雑状況によっては、残念ながら依頼する事ができない場合もあります。予め網戸業者に対して予約を実施して、利用できるように環境を整えないといけないです。少しずつ網戸業者で働く女性が増えているので、女性を選択したいという方は自分で調べないといけないです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

襖の張替え

家の中に和室があれば、その空間には襖があることが多いです。この襖は紙でできています。とは言っても、普通に文字を書くときに使う紙ではないので、それなりにある程度は頑丈なのですが、それでも普通の襖は紙であることに違いはないです。さて、襖は新しい状態であれば、見ているだけでもとても癒されます。癒されるだけではなく、その空間の湿度をコントロールしてくれる働きもあるので、実に魅力的なものです。ただ、襖も破れてしまったり、かなり時間が経過してしまえば、だんだんと見た目も悪くなりますし、老朽化していきます。そのままずっと過ごしていれば、湿度をコントロールしてくれる働きもなくなります。これでは、とてももったいないので、襖が破れてしまったり、かなり時間が経過してきたら、そろそろ張替えをしておいたほうが良いです。襖の張替えをお願いする先を決めるときにはどんな方法がよいか、それはまず家から近いところにある襖の張替え業者をいくつかみつけ、それぞれから見積もりを提示してもらいます。そのときのポイントは、見積もり金額だけで襖の張替えの依頼先を決めてしまうのではなく、見積もり作成時の対応など確認しておき、総合的に判断します。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


岐阜県近江八幡市は、滋賀県中部の琵琶湖東岸に位置する。市域は全般に平坦地で、鈴鹿山系に源を発する諸河川により形成された湖東平野の一角をしめる。市内には 、雪野山、瓶割山、八幡山(鶴翼山)、岡山、長命寺山、津田山(奥島山)などの小高い山が平野に浮かぶように点在し、琵琶湖上には同湖で最大の島である沖島と呼 ばれる有人島がある。また市の北東部には、西の湖が水郷地帯を展開しており、「安土八幡の水郷」として琵琶湖八景の一つに数えられている。なお、同区域の一部は 景観法に基づく「景観計画区域」に指定されている。歴史ある街。2010年(平成22年)3月21日、近江商人と水郷で有名な近江八幡市と安土城で有名な蒲生郡安土町が合 併し市制を施行した。近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は全国を渡り歩いた近江商人の発祥の地であるり商業都市として発展した。近世の風 情がよく残る新町通り、永原町通り、八幡堀沿いの町並みおよび日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保 存地区として選定されている。2006年1月26日には「近江八幡の水郷」として重要文化的景観の第1号に選定された。また、「近江八幡」を冠する神社があるとしばしば誤解を受けるが、地名のもととなった神社名は「日牟禮八幡宮」である。
(安土城)
安土城は、琵琶湖東岸の滋賀県近江八幡市安土町下豊浦にあった山城である。城址は国の特別史跡で、琵琶湖国定公園第1種特別地域になっている。
安土城建設前の安土山には、当時明智光秀の配下で、近江守護佐々木氏に仕えた目加田氏の居城である目加田支城があった。
安土城は、織田信長によって、現在の安土山に建造され、大型の天守は、この城が初めて備えた。建造当時は郭が琵琶湖に接していた。村高重、大工棟梁には岡部又右衛門、縄張奉行には羽柴秀吉、石奉行には西尾吉次、小沢六郎三郎、吉田平内、大西某、瓦奉行には小川祐忠、堀部佐内、青山助一があたった。
この城を築城した目的は、岐阜城よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて北陸街道から京への要衝に位置していたことから、「越前・加賀の一向一揆に備えるため」あるいは「上杉謙信への警戒のため」などと推察されている。城郭の規模、容姿は、太田牛一や宣教師の記述にあるように信長の最終目標である。天下布武を象徴し、一目にして人々に知らしめるものであり、山頂の天主に信長が起居、その家族も本丸付近で生活し、家臣は山腹あるいは城下の屋敷に居住していたとされる。
1582年(天正10年)、家臣明智光秀による本能寺の変の後、まもなくして何らかの原因によって焼失し、その後廃城となり、現在は石垣などの一部の遺構を残すのみだが、当時実際に城を観覧した宣教師ルイス・フロイスなどが残した記録によって、焼失前の様子をうかがい知ることができる。
日本の城の歴史という観点からは、安土城は六角氏の観音寺城を見本に総石垣で普請された城郭であり、ここで培われた築城技術が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて相次いで日本国中に築城された近世城郭の範となった。
城郭遺構は安土山の全体に分布しており、当時の建築物では仁王門と三重塔が、現在 城山の中腹に所在するハ見寺の境内に残っている。また二の丸には信長の霊廟が置かれている。滋賀県は1989年(平成元年)から20年にわたって安土城の発掘調査を実施した。南山麓から本丸へ続く大手道、通路に接して築造された伝羽柴秀吉邸や伝前田利家邸、天皇行幸を目的に建設したとみられる内裏の清涼殿を模った本丸御殿などの当時の状況が明らかとなり、併せて石段・石垣が修復工事された。調査は当初予定通り2008年(平成20年)度の予算をもって2009年に終了した。20年間で調査が実施されたのは史跡指定面積の約20%(17ヘクタール)にとどまったが滋賀県の財政事情から事業継続には至っている。

滋賀県近江八幡市

県の中南部、琵琶湖の東岸に位置する市。昭和29年3月、八幡町・岡山村・金田村・桐原村・馬渕村の1町4村が合併して市制を施行、近江八幡市となり、同30年3月に北里村、同33年2月に武佐村を編入、今に及んでいる。市域北部の琵琶湖岸に長命寺山、その南に八幡山などの丘陵が盛り上がる以外、地勢はおおむね平坦。南西境沿いを日野川が北西へ流れ、琵琶湖へ注いでいる。市内には、多数の古代遺跡が散在し、開発の歴史は古い。が、現在の中心市街は天正13年(1585)、豊臣秀次が八幡山(鶴翼山)に八幡城を築き、その山麓に、信長の安土の城下町をそっくりそのまま移して営んだ町屋が、起こりとされている。城は文禄4年(1595)廃されたが、城下町は近世を通じて、湖東地方有数の商都として栄え、多くの「近江商人」を生んだ。今も碁盤目状に整理された街並みや、小路に沿って建ち並ぶ白壁塗りの家々などに、当時の面影を残している。
基幹産業は「近江米」作りを中心とした農業で、古い伝統をもつヨシ製品・八幡瓦製造、淡水真珠養殖も行われ、国道8号線沿いには機械・電気工場が立地する。沖島では内水面漁業が盛んで、コイ・フナ・アユなどの水揚げがある。見どころとしては長命寺・日牟礼八幡宮・瑞龍寺・願成就寺といった古社寺がある。
「長命寺」市の北西端、琵琶湖岸に盛り上がった長命寺山(333m)m南腹の、海抜250m付近にある天台宗系の単立寺院。山号を姨掎耶山といい、西国33ケ所霊場の第31番札所になっている。寺歴は古く、今から1800年余り前の景行天皇の時代、景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5帝に仕えたという武内宿禰が、長命寺山に登って長寿を祈願。推古天皇のころ(592〜628)来山した聖徳太子が、その旧跡に一字を造立、宿禰の長寿延命にちなんで長命寺と名づけた。これが開基とされている。天智天皇の勅願所になるなどして栄えたが、のち衰退。平安初期の承和3年(836)、頼智法橋が諸堂を再興。延暦寺西塔の別院となった。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 滋賀県近江八幡市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 N様邸様
畳表替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

T様邸 畳襖ふすま張替え

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工