全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

静岡県全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみを長く使う

畳が駄目になったら買い換えれば良いと考える人も居る様ですが、畳は正しく手入れをしてやると長く使い続ける事が出来ます。 その為には張替え等に力を貸してくれる店等を予め探しておく良く、親しくなっておく必要もあると言えます。
こうする事で畳に関する困り事や悩みについても気軽に相談出来る様になりますし、また張り替え等の知識についても正しく教えてくれたりもするのです。 場合によっては維持管理の方法も詳しく聞いておけば尚良いと言えます。
ただ畳は丈夫であるのも一つの特徴であるのでそう簡単に駄目になる事も無いのですが、逆に気付いたら手の施しようが無い状態になる事も少なく無いと言えます。 そうなる前に見せる方が本来は良いのですが、定期的な張替えが一つの答えとなります。
すなわち畳を専門店などに定期的に見せる事で問題になる前に整備してもらえるので、小さな問題なら早い段階での解決が期待する事も可能なのです。 この様にして畳は適切なタイミングで処置をすると問題が大きく成るのも防げると言えます。
どちらにしろ畳は専門店などの力を借りなければ修復等を行うのは難しく、そう言った確かな手が入る事で更に長期的な使用にも耐えられると言えます。 これを無視して消耗品扱いすると結局高く付く事になるので、ある年数毎に決めて見せてもらう様にするのが最適なのです。

障子・襖の普及

近世には「障子」と言えば、かって「明障子」とか「紙障子」とよんでいたこの建具を指す様になっているが、この桟格子に白紙を貼っただけの建具の出現はそれほど早いものではなさそうだ。何しろ紙と言うものが昔は貴重品とも言うべきもので、一度で使い捨てられるものではなかった。今の時代の祖父や曾祖父でも紙を無駄にすることは戒めたものである。
古く八世紀には廃棄された公文書は、東大寺写経所の例に見るようにその裏に写経に用いられ、その後の貴族の日記等も暦や手紙をを裏返して書かれている場合が多く、和紙は丈夫とは言っても、外の光を感じる事が出来るほど薄くて、うっかりすれば破れる恐れのある一枚の白紙を貼っただけの建具は、紙の生産がよほど豊富にならなければ出来なかったのだろう。
その後九世紀頃から紙の生産量もふえだして、十世紀ころから皇族・貴族・寺社の私領である荘園の拡大に伴って、領内での収益を増す為に各地で特産品を造り出す努力が重ねられて行く中で、紙は大きな商品価値のある生産物として注目され、各種の紙の生産が工風されていった。
ことに水田耕作の難しい山間部では、コウゾなどの栽培によって紙を漉き、材料や製紙法に改良を加えて、「輸入される中国の紙よりも強靭な和紙」を作ることに成功している。北には「陸奥紙みちのくかみ」と呼ばれる厚手の紙が特産物として平安貴族の間で愛用されるように成っている。
十一世紀の「新猿楽記」では諸国の名産を列挙した中に「但馬紙」をかかげている。こうして都に諸国の紙が集められるようになって、ようやく障子を建てても内部が暗くならない薄くて丈夫な紙を貼った「明障子」が出来たのだと考えられる。もちろんこの紙の生産が増えたことは、ふすま障子を多用するようになったことの足場ともなっている。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳やふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


静岡県は、中部地方もしくは東海地方に含まれ、人口では全国第十位の県になります。静岡県は、大きく東部、中部、西部の3つの区域があります。東部は富士市や沼津市などが含まれる地域で、伊豆半島を含めると、熱海市や伊東市、伊豆市がある地域になります。東部の気候の特徴としては、東部内陸部の御殿場市などでは積雪が多くなることがありますが、夏は比較的涼しい場所となっています。東部には、日本でも有数の温泉街である熱海市があります。
熱海は、東京から近いこともあり、首都圏などからの温泉客でにぎわう街で、首都圏以外にも国内や海外からの旅行客も多く訪れる場所となっています。静岡県の中部は、県庁所在地である静岡市や、島田市、焼津市などが含まれる地域になります。静岡市を中心に都市化が進んでおり、県内では人口も集中している地域になります。静岡県の西部は、浜松市や掛川市などがある地域になります。静岡県では静岡市と浜松市が政令指定都市となっています。
その為、浜松市も人口が集中している都市になっています。静岡県は、東部と西部で様々な区切りとなる個所があります。例えば、電気は富士川を境に県の東部が50Hz、西部は60Hzとなっています。その為、東部は東京電力管内、西部は中部電力管内に分かれています。また、鉄道では熱海駅を境にJR東日本管轄とJR東海管轄に分かれています。静岡県の産業の特徴としては第二次産業の割合が高いが、農業や漁業なども盛んであるということがあります。
特に、緑茶やみかんは静岡県を代表する農産物となっています。また、各地域それぞれ観光資源をもっており、サービス産業も盛んになっています。例えば、熱海市や伊豆市などの温泉街があるため観光客を集めていたり、富士宮市や富士市、御殿場市など富士山周辺の街では富士山観光が盛んであったり、浜松市では浜名湖だったりします。サービス産業以外にも、静岡市ではプラモデルの会社や工場が集中しているということや、富士市では製紙産業が盛んです。
さらに、浜松市や磐田市では、楽器製造やオートバイ製造の工場が多くあります。このように静岡県内各地、産業面においても様々な特徴を持っています。また静岡県は、東海道新幹線や東名高速道路など、東京と名古屋や大阪方面など東西の要所を結ぶ路線を有しており、日本の大動脈としても重要な役割を果たしています。静岡県では、富士山の世界遺産登録を機に、今後増々、国内のみならず、海外からの観光客も増えると予想されています。
静岡県の名勝・見所

静岡県には本州でもっとも早く咲くと言われている桜があります。そのため春を先取りすることができ、新しい季節の訪れを感じることができます。この桜は、一般的に知られている桜よりもピンクの色が濃く華やかな印象があります。川沿いの道を覆うようにして咲く桜は、頭上を覆い桜のトンネルができているようです。そして地上には黄色い菜の花が咲き、空の青と黄色とピンクのコントラストの風景を楽しむことができます。この桜は例年2月上旬頃から咲き始めて、3月上旬が見ごろになります。
そして約1ヶ月間にわたって咲くので、人々を長い間楽しませることができます。この桜の歴史は、1955年頃に偶然発見された苗を育てたものです。その後、増殖して現在の桜並木が完成しました。このように静岡県は一足早く春を感じることができますが、それ以外にも山や海といった美しい景観を楽しめます。まず世界遺産に登録された山をいたる場所から見ることができます。静岡県では、数多くの種類の紅白梅が約1000本咲く高台からこの雄大な山を観賞することができます。
静岡県の春の時季は、江戸後期から続く雛人形を吊るした飾りが有名です。当時、雛人形を飾ることができなかったため、和裁細工で作られた人形たちを吊るしたこと始まりになります。次に静岡県は海の幸や景色を満喫することができます。静岡県は数多くの温泉宿がありますが、太平洋に面した立地を活かして入浴できる温泉宿が多いです。それは大海原を見ながら浸ることができ、地平線に沈む夕日を眺めることができます。そして温泉に入りながら海と空の雄大な自然美を体験できる温泉宿が多いです。
静岡県は湾で獲れた新鮮な海の幸を堪能でき、様々な種類の魚介類が獲れます。そして高級魚として有名な魚もあり、年間を通じてあらゆる魚を食べることができます。さらに静岡県でしか食べることができないのが深海魚です。静岡県は深海魚が豊富に獲れることで有名で、それらを食べることができる飲食店があります。このように静岡県は未知の魚を食べることができ、海の醍醐味を堪能することができます。静岡県は一足早く春を感じ、山や海の恵みを満喫するだけではありません。
古都の情緒が漂う街並みを散策したり、歌人や文学者が居住していたと言われている街を巡ることができます。また歴史的建造物が建ち並ぶ場所は、レトロな雰囲気が漂います。そして珍しい自然現象を体験することができるスポットがあり、そこは干潮時には島まで歩いて渡ることができます。静岡県は本州でもっとも早く咲く桜を愛でることができ、一足早く春の訪れを感じることができます。そして花やグルメや温泉を全て満喫でき、大自然を肌で感じることができる県になります。


施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。   0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 静岡県迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

静岡県浜松市 Y様邸
畳表替え 襖張替え

静岡県静岡市 T様邸
畳表替え 襖張替え

静岡県浜松市 G様邸
障子張替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え