全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

北本市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

値段も安く、家の中に昆虫が侵入しないようにするための道具として、網戸は多くの家庭で活躍しています。ほとんど破れることもなく、長年使える点でも、非常に重宝するものです。しかし、一方できれいな状態を保つことは難しい面があります。表面積が大きいため、洗剤で洗おうとしても実際には難しく、一見きれいになったように見えても、角度を変えてこすると、また汚れが浮き出している、といった具合です。そんな網戸を洗浄する際には、粘度の高い洗剤をスプレー上にして吹き付け、洗剤が触れる時間を長くし、そのあとこすり洗いが有効です。しかし、網戸は両端を張って固定されているため、しっかりと力をかけることがしにくいものです。力を入れすぎると、網戸の枠と網が当たってしまい、傷がついてしまうのです。網戸の枠に傷がついている場合など、網が切れやすくなってしまいます。網戸が紫外線や度重なる風雨などで、劣化しているときには、思った以上に簡単に網が切れたり、破れてしまうことがあるのです。こういった場合は、全面的に網戸の張替えを行う必要があり、自分で張替えることもできますし、もしくは、網戸張替え業者に依頼して、張替えてもらうことになります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳の特徴

日本家屋に無くてはならない畳。 この畳についてですが古くは、藁を重ねただけの物でした。 現代の形に近づくのは、平安時代に入ってからでクッションのような物として使われていたが、室町時代に入り、書院造が登場すると部屋全体に畳が使われるようになり、江戸時代に入ると畳そのものが重要な建築物の要素になりました。 畳の構成についてですが、主に心材としての畳床、表面の畳表、縁に巻く畳縁の3つからなります。 心材は、乾燥させた藁を厚さ5cm程度の板状に圧縮加工するのが伝統的な製法で、藁床とも呼ばれています。 近年では、軽量化や防虫の面から発砲スチロールやインシュレーションなどが使われていて、藁床に比べてふみ心地や通気性に劣りますが、安価であることと、軽く防音性に優れているので殆どの心材は、建材畳床と呼ばれる物で作られています。 表面に使われる素材は、イ草と呼ばれる植物を乾燥させて編みこんだものを、使っています。 この表材は、3年から5年経つと傷んでくるので一度、表と裏を入れ替えて使い、7年から8年たったら表材を取り替え、新品の表材は、イ草の爽やかな香りがするので、部屋の中が爽やかな香りで満たされます。 表材を固定するのに使う縁は、色や柄などによって部屋の雰囲気が変わり昔は、身分によって使える柄が決まっていました。 このように畳は、部屋全体の雰囲気を決める重要な役割を持っていると言えます。

業者に襖の張り替えを頼むメリットについて

 襖の張り替えをするためには、広い作業スペースが必要になります。襖を立てたままの状態で張り替えすることもできますが、あまりキレイに仕上げることはできません。歪みやたるみを生じさせずにキレイに襖の張り替えを行いたいのであれば、襖を寝かせて作業する必要があります。でも、都市部の住宅事情を考えると、そのようなスペースを確保することができないケースが大半です。狭いスペースで無理に張り替え作業を行って、みっともない仕上がりになってしまうケースがよくあります。  部屋が狭いために自分ではキレイに襖の張り替えをすることができないという人は、業者に張り替えを依頼してしまうのが一番です。業者は、取り外した襖を店舗に持ち帰って張り替えてくれますので、部屋が狭くて作業スペースの確保が難しい場合でも何の心配もありません。また、室内で職人が作業するということになると、外出することができませんし、お茶などを出す必要も生じます。何かと煩わしい思いをすることになりますから、業者を呼ぶことを躊躇してしまう人が少なくありません。でも、ほとんどの業者が店舗へ持ち帰って襖の張り替えをしてくれるようになっていますので、余計な気遣いは無用です。気軽に利用することができますので、襖の張り替えを希望している人は、業者に相談してみることをおすすめします。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

埼玉県北本市についての情報

北本市は埼玉県の東部の、中央に位置している市です。
北本市の面積は19.82平方メートルで総人口数が、2015年5月の時点で6万7070人となっています。
北本市に隣接している自治体は北部や東部に鴻巣市、南部に桶川市と西部に比企郡吉見町、南西部に比企郡川島町と隣接しています。
北本市には日本五代桜としても有名な、石戸蒲ザクラがある東光寺を始めとして多くの桜の名所があります。
特に石戸蒲ザクラは国の天然記念物としても有名で、樹齢が800年以上にもなる古木を見物しようと、毎年春の時期は多くの見物客が訪れています。
また北本市では町おこしに北本の名産である、トマトを使ったカレーをご当地グルメとして推進しており、幅広い年代への北本市の認知度の向上を図っています。 カレーだけではなくトマトを使った、様々な商品の開発なども力を入れています。
北本市の一大イベントとして有名なのが、毎年11月の第1週目に行われる北本まつりで中でも、宵まつりは流し踊りなどで幕が開き伝統のお囃子の中を、大小様々なねぷたや山車が練り歩き、大いに盛り上がるまつりとなっています。
翌日に行われる産業まつりと共に、市民に愛されているイベントとなっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 北本市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

皆さんのお宅では、どの様な種類の畳を使用しているでしょうか。今回は、様々なメーカーから色々な種類が販売されている、「畳の大きさや種類について」を書いてみたいと思います。 畳の大きさは、地域によって主に使用される大きさなどが違ってきます。 関西地方や九州地方などの主に西側の地域では、本間と呼ばれる比較的大きいサイズのものが使用される事が多いです。 関東地方や東北地方などの主に東側の地域では、五八と呼ばれる比較的小さいサイズのものが使用される事が多いです。 畳の種類とは、畳表と呼ばれる表面の部分の違いにより、多くの種類のものがあります。 畳表の素材の違い・色の違い・編みあげ方の違いなど、様々な種類のものが販売されています。 現在の日本の住宅は、洋風の住宅の割合が非常に増えている為に、洋風の室内の雰囲気に合う、琉球畳や琉球風のものが非常に人気があり多くのお宅に採用されています。 また、昔ながらのい草を使用したものでは無い、和紙を使用したものや、人工的に作り出された化学の素材を使用したものなどがあります。 この様に、現在は畳の種類が豊富にあるので、畳の表面が傷んでいたり経年により変色などが目立ってきたら、専門の業者にお願いして畳の交換や表替えなどを行って、好みのものにしてみてはいかがでしょうか。