仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から鹿児島県まで、
全国にスピーディーに対応します。

千葉県習志野市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 海津西蒲圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機海津です この機海津が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機海津の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)
<

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



受注実績の一例です。毎日の実績も別ページで公開しています。

襖の張り替えで気分一新

襖は平安時代にはすでに存在し、長い歴史を経て、絵師がその腕前を競った芸術品としても進化していきました。
西洋風の建築様式が主流の現代でも、家に和室があると言う方も多いはずですし、その襖は家を購入した時、あるいは建てた時のままと言う家庭がほとんどではないでしょうか。
襖の張替えにはいくつかのメリットがあり、日光や蛍光灯で退色した表面を張り替える事で、自然光や照明が映えて部屋が明るくなるのも一つです。 また、簡単に模様替えができると言うのも嬉しいメリットで、部屋の雰囲気をがらりと変えたい時にも便利です。

模様替えで壁などを塗り直すとなると、専門業者に頼んでの大がかりな工事となって、費用もかかってしまいますが、襖の張替えなら表面の布や紙を取り替えるだけなので、比較にならないほどの低予算でできてしまいます。
ホームセンターで道具や材料を揃えて自分で張替えると言うのも一つの手段ですが、シワが寄ったり、接着剤のムラで全面をきれいに貼り付ける事ができなかったりと、残念な結果に陥りがちです。 専門業者に頼んでも1枚2000円未満で請け負ってくれる場合がほとんどで、ごく短期間で終了しますし、もちろんプロの仕事ですのでシワも張りムラもなく、襖は新品同様に甦ります。

襖ふすまを選ぶ

仕切りや扉といった機能も大切ですが、情緒や優雅さを感じる襖は、見る人の心を和ませる効果も期待できます。和紙と言う日本の工芸品を使用し、部屋をモダンにインテリアする襖は、豊かな暮らしを提供し質を高めます。
襖の張替え価格は1枚から計算されます。襖の形や襖紙のグレードにより、価格は異なります。紙のグレードを決める際には、どのような部屋に使用するのか考えると良いです。借家向きや子供部屋向き、見栄えが良い等、部屋に合わせてセレクトできます。
襖張り替え作業の流れは、建具全体を解体する事から始まります。まずは引き手を外し枠を取り外します。次に襖本体に破損がある場合は修復を行います。本体のサイズに合わせ、襖紙をカットします。紙を本体に巻きつけながら張りつけていきます。
張りつけた紙が乾燥するまで放置します。ここでしっかり乾燥させないと、仕上がりがたるみます。乾いたら引き手を取り付け、枠の汚れやはげている部分を塗り直し、取り付けます。最後に仕上がりをチェックしたら、作業は完了です。
流れに沿って作業は進みますが、下地紙をもっと厚くして欲しい場合や、骨組みを強固に作って欲しいと希望する場合は、加工作業が増えます。しかしこの部分で強固に仕上げる事で、丈夫な襖が出来上がるため、重要な作業と言えます。

畳は非常に優れた日本の文化

近年では、生活様式が欧米化しつつあることで、日本古来の畳の数が減少しているといわれています。最近の若い人は、畳の部屋は古くさい、フローリングの方がお洒落と感じる方が多いです。しかしながら、畳にはフローリングにない優れた効能がたくさんあります。 たとえば、畳にはリラックスさせてくれる効能があります。これは、畳の原料であるいぐさにフィトンチッドという香り成分が含まれているからです。この成分は、天然の木に多く含まれています。よって、部屋にいながら森林浴と同じリラックス効果があります。その他にも、畳には天然の抗菌作用があります。そのため、臭いの原因となる微生物や水虫の予防効果があります。 上記のような畳が持つ効果は、経年劣化した畳だと効果が半減してしまいます。そのため、畳の機能を生かすためには、十数年ごとに定期的な交換が必要といえます。もしも畳の表面が褐色になってきたら、業者に相談して交換することが大事です。業者では、基本的に1年間の無料保証やアフターケアサービスなども充実しています。なので、安心して依頼を行うことができます。もちろん見積もりは無料なので、交換したいならば気軽に相談してみると良いです。

畳たたみの部屋

日本人の家屋に欠かせない床材というと、畳があります。畳は、はるか平安時代の昔から重宝されてきたものです。
昨今では、海外でも畳がブームとなり、その効能に注目が集まっています。 畳の一番の効能というと、部屋の調湿機能です。畳のイグサには、スポンジのように部屋中の水分を吸水する性質があります。
よって、夏などの高湿の時期には部屋の水分を吸い込んでくれます。よって、部屋を快適に過ごせるように調整してくれます。
その他の畳の効能としては、部屋全体の断熱効果です。空気には熱を伝えにくい性質がありますが、イグサにはたくさんの空気があります。なので、寒い冬の時期には畳の保温効果で温かく過ごすことができます。
また、逆に夏には外からの熱を除去できるので室内を涼しく保てます。 その他にも畳には、騒音などの吸音効果もあります。これは、イグサに含まれる空気が外に音が漏れるのを防いでくれるからです。
上記のように、畳には非常に優れた作用があります。しかし、これらの作用は古くて品質がよくない畳だと全く効果がありません。なので、定期的に交換を行う必要があります。業者に依頼すれば、事前の見積もりや荷物の移動などを無料で行ってくれます。非常にリーズナブルにできるので、気軽に相談してみると良いです。

習志野市は谷津干潟とにんじんで有名な街

習志野市は千葉県の北西部に位置し、千葉市や船橋市などと隣接している自治体です。習志野市の総人口は約168000人で、千葉県内では10番目の多さとなっています。習志野市から東京は、30キロ圏内となっています。
習志野市の東京湾に面する海岸側は、埋立てられ住宅や工業地帯となっています。一部だけ旧大蔵省所有の土地だったため、埋め立てられないで残った場所があります。そこは40ヘクタールもの広さを持つ、谷津干潟となっています。
習志野市にある谷津干潟は、東京湾に飛来する渡り鳥の生息地になっています。渡り鳥の種類は、シギ類やチドリ類、カモ類などで、サギ類やカモメ類などは1年を通して見ることができます。1933年にはラムサール条約登録地とされました。
習志野市には谷津バラ園があります。谷津干潟に隣接しており、700種7000株ものバラが園内に植えられています。大正時代は塩田地として使われていましたが、遊園地として開設されました。今は習志野市が谷津バラ園を買収し運営しています。
習志野市の特産品は、にんじんです。習志野市に住んでいた松丸秋蔵が東京葛西から種を仕入れて、大正初期からにんじん栽培が行われていました。にんじんの生育に適した土地であったため、戦前からにんじんの特産地として普及していきました。

習志野市は首都圏のベッドタウンとして昭和中頃より大型住宅団地が建てられていきます。昭和29年8月に市制施行され、県内で16番目の市として誕生します。習志野市誕生より平成4年まで、公有水面埋立地などを編入していきます。習志野市は平成28年10月時点で17万1389人の人口を有していて、男女の人口はほぼ同じであるのが特徴です。習志野市の人口は、昭和30年より今日まで増加傾向にあります。習志野市の高齢化率は22.3パーセントと、県平均より2パーセント程低いです。習志野市は20.97平方キロメートルの面積を擁し、宅地が市の面積の半分を占めています。習志野市の地形の高低差は29.8メートルで、北部は下総台地、南部は埋立地となっています。市内谷津・秋津地区にある干潟は、多くの野鳥が飛来し、自然観察センターが設けられています。センターではミニ観察会が開催され、自然に関する書籍なども閲覧することが可能です。習志野市は巨人軍発祥の地であり、谷津バラ園内には碑が存在します。習志野市の気候は年間通して温暖で、年間日照時間が約1895時間と長いのが特徴です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。     

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

 施工可能地域
   

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

千葉県千葉市 H様邸
畳表替え

千葉県習志野市 T様邸
畳表替え 襖張替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 S自治会様
障子張替え

 Y様邸
障子張りえ

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例