高砂市内全域スピード対応!!

高砂市の畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張替えと新調は、
業界最高クラスの技能士の施工と全国でもトップクラスの激安の当店に
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
  無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!


網戸の張替えも激安で請け賜ります。
国内産ダイオ化成竃ヤ使用 網戸の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

網戸を使う人々の様子について

価格や性能を見て家具を選ぶことは普通です。そういった選択で重要なのは条件に合っていることです。例えば網戸を選ぶ場合も色々な条件を設定することができます。網戸は長く使える部分が大事なので、素材やサイズを確認することがお勧めです。そして家のサイズに適しているなら網戸を買うべきです。今の人々は様々な条件を出して家具を見ています。またその条件は家庭によって異なるのが普通です。特に網戸を使う家は古いことが多いので、この道具の耐久性も重要になっています。そして網戸の耐久性は現代の中で向上しています。そういった最新の網戸を使えば家族も安心感を得られます。家庭の中には様々な問題や課題があります。それらの問題や課題を解決するためには、身近な家具に対する知識が必要です。特に和室での生活は道具に関する情報が意味を持ちます。実際に網戸を使う時も様々な工夫をすることができます。またここでは網戸の修理に関する知識を持っていると便利です。その知識があれば扉が壊れた際にも安心して対処できます。環境の変化は常に人々に大きな影響を与えます。しかしそういった急激な変化の中でも、以前と同じように使える道具があります。特に伝統的な和室の道具は流行に左右されないので重宝します。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子,網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳のある部屋の素晴らしさ

日本に生まれ育ち、生活している者として、畳のある和室は世界に誇れる素晴らしい場所と言えます。背筋を伸ばして正座すれば、気持ちも整います。いわゆる「禅」の世界へつながる部屋と言っても良いのではないでしょうか。
海外でもクールジャパンが席巻している昨今、日本らしさを表す部屋と言えばやはり畳のある部屋です。和室の持っているあの静けさは、海外の人から見るととてもミステリアスでオリエンタルな雰囲気があるのでしょう。
そんな和室での暮らしをもっと快適なものにしてくれるのが、新しい畳です。自然素材で作られているものなので、畳は日当りなどの経年変化で色も褪せます。毎日使っている場所ならなおさら、表面がざらざら毛羽立ちます。
そこでおすすめしたいのが、畳の交換です。DIY流行りの最近でも、なかなか個人ではできないのでこちらはやはり専門の業者さんに相談するのが一番です。畳の素材やサイズ、へりの有無、へりの模様など、豊富な種類があります。
自宅の部屋に一番似合う畳を選んで、和室をもっと素敵な場所にしてみましょう。新しい畳の香りはなんとも贅沢な気分にさせてくれるものです。部屋の模様替えをするなら、ぜひ畳を交換してみることをおすすめします。

畳のある部屋は、日本の風情を感じ取られる趣のある風習を感じられます。日本家屋には必需品であり、家屋には無くてはならない貴重な役割を果たしています。現代では、畳の形にもこだわりがあり、様々な形が揃っています。
また、たくさんの住宅の日本間には、京間、江戸間、本間という大きさがあり、それぞれに広さが異なりますが日本の家屋には必要な畳です。また、カラーも豊富にあり、お洒落な空間が誕生する和の形が最近では流行っています。
和室が現在見直されている現状で、落ち着きを感じられる日本の奥ゆかしさが漂う和室には、襖、障子などの建具も必要とされており、これらの建具も畳の間を引き立てる重要な役割を果たしており、日本の風情が感じられます。
畳は、そのい草の質感は昔から重んじられており、手作りで作られる畳表などにはい草の香りも一段と香りが放ち独特な香りは和を象徴するものです。日本人が愛する畳は、職人の手によって造られています。交換、張り替えなども行われます。
畳が古くなると表面が傷んでくるので、畳表の交換や張り替えが必要です。職人の行う張り替えは、丁寧な施工で、高い技術の職人の手で行われます。綺麗で目が揃った美しい仕上がりは、職人に任せることで実現できます。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


兵庫県高砂市

高砂市は兵庫県の播磨南東部に位置している工業都市です。漁業や採石も盛んで、特に高砂市にある宝殿石と呼ばれる火砕流堆積物が堆積したものは大きな岩の山のようになっていて高砂の風景の一つとしてよく見られます。この石材はどちらかというと軟質で加工がしやすいため、現在でも造園や建築用として利用されています。江戸時代頃には城の石垣にも使われていましたし、全国にも広がっていっていたほどでした。また山によっては尾根に昔の石切り場の跡を見ることもできます。
また高砂市には有名な伝説があります。それは昔、高砂の神社で1本の木の根から雌雄の幹が左右に分かれた松が生えて2つの神が現れ、夫婦のあり方を説いたというものです。それ以降はこの木は相生の霊松と呼ばれるようになりました。そしてこの2つの神を縁結びや夫婦和合の象徴として信仰されるようになったのです。結婚の時には定番の能の衣装をつけた老夫婦が熊手とほうきで松の葉をかき寄せるという人形や絵画、彫刻がお祝いとして見られますが、あの形はこの高砂の伝説がもととなっているのです。
また同様に謡曲の高砂もこの伝説がもとになっています。内容としては神主が上京をしようと歩いていると高砂の辺りで相生の松の精である老夫婦に出会うというものです。長寿や夫婦の愛を表しているので結婚式などではよくうたわれます。このように能に興味がある方にとっても高砂は訪れて楽しい場所となります。またこの伝説の老夫婦が模様となっている染物がありますので、そちらをお土産にするのもおすすめです。模様は老夫婦の他に松の葉や松かさがモチーフとなっています。
また高砂へ行ったらぜひ食べていただきたいのが高砂風のお好み焼きです。一般的なお好み焼きとは少しだけ違います。薄くのばした生地にキャベツやすじ肉、さらに甘辛のじゃがいもやこんにゃくを乗せて焼き、そこに甘めのソースを塗って折りたたみます。その上にまたソースをぬり、あとはお好み焼きのように青のりなどをかけて食べます。これは昔から親しまれている食べ物ですから、この土地でしか食べられないものとして記念に一度は食してみるのも思い出になります。
また面白いものとして江戸時代の学問所の復元があります。この学問所は実際に200年前に高砂に庶民が勉強できる場所として作られていたものをそのまま再現してありますので、歴史が好きな方は特に楽しめます。町の子供たちが大人から中国の古典を教材にしていろんなことを学んでおり、特定の休み以外は毎日早朝からお昼ごろまで授業が行われていました。こちらは高砂市の指定文化財となっています。公開されているのは土日と祝日のみで、午前10時から午後4時までですので時間に注意をして訪れてみてください。

兵庫県高砂市について

高砂市は、兵庫県の播磨南東部に位置する市です。東には、兵庫県内最大の河川である加古川が流れ、南には、瀬戸内播磨灘を臨んでいます。電車で姫路まで約15分、神戸まで約30分という、都市部へのアクセスが良い地域です。高砂市は、加古川の豊富な工業用水があることや、埋め立てしやすい遠浅の海岸線、そして大阪、神戸などの大都市圏に近いという、企業立地の好条件に恵まれた結果、現在では、工場が次々と進出し、播磨臨海工業地帯の中核として発展しています。高砂市は、古来より採石業が盛んで、「石の宝殿」と呼ばれる竜山石の岩盤を掘り込んだ遺構があります。竜山石は、古墳時代から現代まで採石活動が行われており、多くの採石場や、石造物の製作に携わった石工集団が存在していました。高砂市内にある生石神社は、石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物を神体としています。近年は、パワースポットとしても有名なところです。石の宝殿は、JR西日本「宝殿」(高砂)の駅名の由来にもなっています。高砂市は、日本式の結婚披露の場や、めでたい時に謡われる、「たかさごやこの浦舟に帆を上げて・・・」で始まる謡曲「高砂」の発祥の地です。これを現代に受け継ぎ、昭和63年に、ブライダル都市宣言を行っています。

高砂市は兵庫県の播磨地方の南側にあります。高砂市と隣接する自治体は姫路市と加古川市です。高砂市の地理を説明すると加古川の河口で形成された沖積平野が大部分をしめます。北側に播磨アルプスと呼ばれる山地が広がり南側は播磨灘に面しています。高砂市はおだやかな瀬戸内海式気候で雨がすくないのが特徴です。高砂市の歴史は古く縄文時代の貝塚遺跡や日笠山貝塚が有名で、ほかにも多くの古墳があります。鎌倉時代には塩田の生産が始まり江戸時代には加古川流域開発が盛んになり加古川の物資の集散地として栄えます。戦前は恵まれた水資源と海岸が遠浅で埋め立てに向いた地形から工場建設が相次ぎ軍需産業が盛んになり戦後は軍需工場の跡に重化学工業や食品製造業の工場進出が盛んになり現在は播磨平野部臨海工業地帯の中核のひとつとして高砂市の財政を支えます。高砂市は多くの企業や工場が臨海部にあることから住宅サービスや行政サービスや公共施設も充実していて暮らしやすい町として人気があります。次に高砂市のおすすめグルメを紹介致します。高砂市で有名グルメは焼き穴子です。瀬戸内海の穴子は品質がよいと評判でお土産としても人気です。他にも高砂にくてんもご当地グルメとして人気があります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230


クリックして下さい
お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 高砂市内全域にお伺いします。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで

お見積もり無料 出張料も要りません施工可能地域

クリックしてください
施工・工事の事例の
施工・工事の事例です一部が御覧頂けます。 
T様邸
畳表替え 襖張替え

 O様邸
襖張替え施工

 K様邸
畳表替え

 O様邸
畳襖張替え 

 K様邸
畳表替え

 S様邸
畳襖障子張替え工事

 T様邸
畳表替え

 T様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

 S様邸
襖の張替え

 T様邸
畳、襖の張替え工事

 H様邸
襖の張替え

高砂市は兵庫県の東播地区にある市です。ゆるキャラが松ぼっくりを模したキャラクターから分かる通り、高砂市は緑にあふれています。北側にはハイキングコースとして最適な山々があり、南には瀬戸内の豊かな海が広がっています。広い土地には工場が多くあり、全国的に有名な醤油の工場もあります。そのことから高砂市の名物に『にくてん』があります。『にくてん』とはジャガイモやこんにゃくなどを牛スジと一緒に甘辛く煮込んだ食べ物で、関西名物のお好み焼きなどに混ぜて食べられます。全国放送の番組でも取り上げられたほど、高砂市民にとって重要な食べ物でほとんどのお店で食べることが出来ます。高砂市は他にも名物があり、秋になると神輿が出る秋祭りがあります。屋根の上に座布団が重なった独特な神輿は高砂市でしか見ることが出来ません。高砂市は神社も有名であり、その神社の柏餅を目当てに毎年多くの人が参拝をしています。遠い人では県外からも訪れるほどおいしい柏餅を提供しているためです。高砂市のシンボル花はキクであることから、慎ましく誠実な市民性が表れています。他にも和歌やひな人形や能を始め、日本文化が多く根付いているため、世界で活躍する人を輩出していることでも有名です。