全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの
激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、関東、関西から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

南河内郡千早赤坂村全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみのある部屋の配色方法定

畳がある部屋で和風に配色をするのは難しいと思っている人が多いです。襖がある部屋なら白いソファーなどを置いても畳がある部屋と相性が合う可能性があります。畳と合う家具類の定番色としてはナチュラル系の色や、色が濃い緑もしくは薄い色の緑、橙色や茶色系などが定番色です。モダンをイメージしたいなら低彩度色の紫やグレイなどを入れるとモダンっぽくなります。畳のある部屋のコーディネートは基本的には畳の色に合わせるとあまり悩まなくても済みます。畳の色が薄い緑なら濃い色の家具類を、畳の色が薄い茶色ならトーンを統一した、色が濃い緑の家具を置くと自然に見えます。濃い系の色だとネイビー系の色やパープル系の色が定番色です。ただ気をつけたいのはギラギラとした空間になるのは避けたいところです。ギラギラとした色となると色彩理論では、色相で向かい合った色を補色関係の色と言います。この補色は一番簡単な例では赤と緑で、二つ並べると色が冴えて見やすく、よく商品などを置くときに見栄えがいいので利用されます。ただギラギラとするので、部屋で使うには不向きな配色なので中には落ち着かないという人もいます。補色などの色を置くのは畳がある和風部屋を目指すには中々難しいので、基本的に畳と合う色は、色のトーンなどを合わせるとベストです。

定期的なお手入れで畳たたみ長持ち

日本らしい、落ち着いたお部屋を演出する畳ですが、お手入れの仕方によって寿命がかなり変わります。せっかくの畳ですから大事に使って長持ちさせたいですよね。今回はご家庭でできる畳のお掃除の仕方やお手入れの仕方をご紹介します。まずは普段のお掃除です。掃除機をかける際は、畳の目に沿って優しくかけましょう。また、雑巾をかける際は濡れ雑巾を使うと黒ずみの原因にもなりますので、乾いた雑巾で目に沿って拭きます。畳の縁が汚れた時は、ブラシに洗剤を付けて叩き、その後布で拭き取ります。また、カビやダニの発生を防ぐためにも日頃から換気に気を付けましょう。特に夏場は室温も湿度も高くなりがちですので毎日窓を開けたり、外出する際は各部屋の入口を全部開けておくといった工夫も大切です。そして、半年に一度は日に干すことで湿気だけでなく害虫の対策にもなります。日に干す際には畳表が直射日光で傷むのを防ぐために裏側を4〜5時間日光に当て、裏から竹等で叩いて埃を取った後に陰干しします。そして綺麗な畳を維持するために、購入して2〜3年を目安に畳表を裏返す「裏返し」、畳が日焼けして色が変わってきたり、傷みが激しくなってきたら畳表を張り替える「表替え」を行いましょう。

襖紙を自身で貼り替える良い部分

大晦日になると、襖紙の貼り替えをやっていく家も数多くあるのではないでしょうか。自身でやっていく際には、実際のところ季節は夏に貼り替えをやっていくことが一押しとなります。襖紙の貼り替えを夏の季節にやっていく良い部分にはどんなものがあるかというと、程よい湿気があるということです。襖については、おわかりの通り紙が用いられています。紙は、湿度が関係して縮んだり伸びたりしていきます。湿度が高い季節については紙が冬よりも伸びていくため、襖紙を貼るのが容易になり、貼り替えが終わって時間が少し経過するとピシッとなり美しく仕上がります。一年を通し、梅雨辺りから夏に差しかかるくらいが襖紙の貼り替えをやっていく最高の季節です。「室内が汚くなっていかないだろうか」あるいは「襖紙の貼り替えをやっていくのが面倒に感じる」といった感情が芽生え、襖紙の貼り替えを試しにやってみたことがない方も数多くいるでしょう。試しにやってみることで、想像以上に容易にできてしまうこともあります。襖紙については、専門にやっている業者に頼む方が数多くいるでしょうが、意外と簡単に自身の家にて襖紙の貼り替えをやっていけるので、試しにやってみてはいかがでしょうか。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


楠木正成ゆかりの南河内郡千早赤坂村

大阪府南河内郡千早赤坂村は、奈良県との県境に近くにあり、南河内地域に属します。南河内郡千早赤坂村の村域の多くは金剛山地の麓にあり、その自然の恵みを活かした農業や林業が盛んです。南河内郡千早赤坂村は、西には大阪府富田林市や河内長野市、東には五條市や御所市等が隣接し、霊峰金剛山や棚田の美しい風景が有名です。中でも奈良県御所市との境目にある金剛山は、修験道の修行場として歴史上名高く、山頂には開祖である役行者が開いたとされる転法輪寺があり、近くにある葛城神社とともに府の内外から数多くの観光客が訪れています。南河内郡千早赤坂村は、大阪府では唯一の村として知られています。今では自然が豊かで静かな農村といった印象の南河内郡千早赤坂村ですが、鎌倉時代末期から南北朝の間では、一躍この地が注目を集めていたのです。それは、この南河内郡千早赤坂村が南朝の武将楠木正成の出身地であり、居城を置いていたからです。楠木正成は、この南河内郡千早赤坂村より後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府を倒し、その後天皇が行った建武の新政を助けた忠臣として知られています。現在でも南河内郡千早赤坂村には、居城であった千早城等の城跡や南木神社といったゆかりの遺物が残っています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 南河内郡千早赤坂村迅速に
対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え