東京都全域スピード対応!!

全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でも
トップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
関東圏から近畿圏、九州圏まで、全国にスピーディーに対応します。

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

  

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす
ことなく徹底的に 材料代と施工費を見直しました。

畳たたみ表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます

畳たたみの表替え大特価!!

 ■当店通常価格5,000円のところ
   期間限定

 2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳たたみ表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産襖ふすま
ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え 

■当店通常価格2,500円のところ

 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。   

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺

網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

今年の大掃除でも網戸を洗いました

一年間の雨風により、網戸はかなり汚れています。しかし、汚れていると分かっていながらも普段の掃除ではなかなか手に付かず、毎年大掃除の時だけ網戸を洗うようにしています。そして今年も大掃除の季節がやってきたので、カーテンを洗濯しガスコンロの周りを掃除するなど少しずつ大掃除をしていますが、クリスマス前にようやく網戸を洗い終えることができました。当たり前のことですが、窓の数だけ網戸があるので、正直かなりの数があります。そのため一日では洗いきれず、毎日数枚ずつ洗うようにしています。大掃除グッズの中に網戸専用の汚れふき取りシートがあり、網戸を取り外さなくても良いので一度使ったことがありますが、正直完璧に汚れを取り除くことは難しいと思います。そのため、面倒ではありますが一枚ずつ取り外し、洗剤と靴を洗うブラシを使って洗うようにしています。洗っていると洗剤の泡が真っ黒になり、毎年汚れがひどいなと感じています。しかし、ブラシを使うとあっという間に洗い終えることができますし、何より隅々まできれいに汚れを落とすことができるので、水で汚れを流すときは爽快な気持ちにさえなります。網戸を洗い終えると、大掃除が終わったなと実感できます。今年も全ての網戸を洗い終わり、良いクリスマスと年末を迎えることができそうです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖ふすまの天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳たたみは本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳たたみは4帖半から襖ふすま、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

東京都下 全域にお伺い致します。

千代田区  中央区   港区  新 宿 区  文京区   台東区  墨田区 江東区
品川区 目黒区 大 田 区 世 田 谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区
北 区 荒川区 板橋区 練 馬 区 足立区 葛飾区 江戸川区
昭島市 あきる野市 稲城市 青 梅 市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市
小平市 狛江市 立川市 多 摩 市 調布市 西東京市 八王子市 羽村市
東久留米市 東村山市 東大和市 日 野 市 府中市 福生市 町田市 三鷹市
武蔵野市 武蔵村山市 奥多摩町 日の出町 瑞穂町 檜原村

 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳たたみやふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳たたみには、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳たたみ1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳たたみは適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳たたみは、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖ふすまや障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳たたみ、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳たたみや襖ふすまを工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳たたみや襖ふすま、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳たたみの弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳たたみや襖ふすまの大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳たたみやふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳たたみ、襖ふすま、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳たたみ、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみから感じる日本の良さと畳たたみを未来に残したいと思う心

畳は日本が誇る伝統あるものの一つであり、この先の未来に残していきたいと思うものです。実際にこんな言葉を聞いたことがあります。畳のにおいっていいよね。そう言ったのは若い人で、そう思う人がいるのであれば必ず未来に残っていくのだろうと思ったのです。しかしながら逆に畳というよりはイグサのにおいが苦手という人もいるのが事実です。昔にくらべ畳の需要が減少していることもありますがその逆も然りで残していこうという動きもあります。
以前、私の友人が新築の家を建てました。その友人と奥さんの二人で暮らすつもりで建てたそうですが間取りを考えているときに両親に和室の部屋は作るように言われたそうです。洋風な雰囲気やインテリアが好きな友人は始めは否定的な意見でしたが両親の強い意向で和室を作ることに決めたといっていました。そして両親が家に来て泊まっていくときには畳のある和室に泊めてあげようと言っていたのを聞いてやはり畳は落ち着くものだと再認識しました。
最近は様々な種類の畳があると聞いたことがあります。従来よりも薄くなった畳や色づけを施された畳や模様のあるもの等、用途やインテリアによってもある程度選ぶことができます。そういった選択肢ができてきたことによって若い人も受け入れやすい環境になったと思います。座敷に今までとは違う畳があったら訪れた人はきっと目に止まり日本の良さを再認識するのではないでしょうか。時代の変化により減少してきた中でも日本の良さは減少しない、それが畳の魅力の一つなのかもしれません。
畳の需要の減少にともない畳職人が減少していることもあります。生活の中では洋式化してフローリングになっている部分が昔に比べ増えていますので職人が減っているのも仕方ないことです。畳に限らず言えることは物が減っているから職人が減っているのではなく職人が減っているから物が減っていくのだと思います。日本の伝統を受け継いでいく職人に期待するだけではなく自分自身も受け継いでいく一人の人間だという気持ちを持っていたいです。
今まではなくてはならなかった畳はこれからも日本の文化、伝統として残していくべき大切なものであると思うのは私だけでしょうか。もし畳を知らない外国人に畳とは何ですかと問われたら、畳の良さや魅力を伝えると共に未来に残していきたいものですと答えたいものです。日本人なら誰でも同じ答えを教えてあげたいですね。これからの未来も畳を残していきたいという一人一人の気持ちが日本を支えていくことと思います。私もその一人であることを嬉しく思います。

畳たたみのメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。
平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました
現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。
芸術性と機能性を兼ね備えた建具・襖
 部屋を仕切る建具として、古来より日本人になじみの深い襖ですが、和室にはなくてはならない存在です。和室の減少に伴い、最近は襖の無い家というのも増えてきましたが、襖には様々な利点があります。
 襖の最も素晴らしい点とは、建具としての機能性と装飾品としての芸術性を兼ね備えているところです。襖はただ単に部屋を仕切るだけではなく、その描かれている絵柄や色彩等により、部屋を様々に演出する効果も持っているのです。
 また、和紙を何枚も重ね合わせたその構造は、湿度の高い日本の風土にぴったりと合ったもので、水分を吸収することにより水分調節の役割を果たしているのです。和紙は同時に保温性も備えており、暖かみのある部屋を実現しています。
 さらに、閉めることにより部屋を区切るだけではなく、開け放すことで大きな空間を出現させたりと、部屋の大きさや間取りを自由に変えることができるという側面も持っています。張替えることで何度でも新しく、美しく生まれ変わり、部屋を彩ってくれるのです。
 このような素晴らしい利点を備えている襖を、活用しない手はないでしょう。襖替えが面倒、という声も聞かれますが、襖替え専門業者の手を借りれば、驚くほど簡単に生まれ変わった襖と出会えます。ぜひ一度、襖の美と機能を体感されてください。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳たたみやふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖ふすま紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖ふすま、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。


世界屈指の大都市東京都の魅力と歴史、東京都の役割

言わずと知れた日本の首都東京都は、世界屈指のビジネスと金融の街として繁栄しています。世界に名を轟かす日本の大企業の本社が集中しており、世界屈指の経済の中心地でもあります。東京都23区内は、高層ビルが多数並び、日中は首都圏近郊から多数の人たちが仕事にやってきます。オフィス街は日中は人口密度が高いですが、反対に夜間は閑散とします。オフィス街の周囲には数多くの飲食店が立ち並び、日本全国の食が楽しむことも可能です。
現在では東京都内の至る所が高層ビルが乱立していますが、現在の渋谷区や新宿区も昔は東京の片田舎でした。新宿はかつての東海道の宿場町でしたし、渋谷も畑が広がるのどかな風景でした。西側はのどかな風景でしたが、皇居を中心とする東側が政治や金融の中心地としてかつては栄えていました。近代的な東京都の姿は、畑が広がっていた西側を中心に開発され、東側は昔ながらの文化や様式を壊さないようにしたので、歴史的な建物は東側に集中しています。
人口の集中により、東京都内の不動産価格は世界屈指の地価になっています。日本に訪れた外国人観光客がまず驚くことは、ホテルの部屋や自宅の居住スペースが狭いにも関わらず、ホテル料金や家賃が信じられないほど高いと言う点です。このことからも、東京都は世界でも指折りの物価が高い場所として有名になっています。就職や進学の為に上京してくる人が多く、人とモノが集まる場所の為旺盛な消費が見込めるので物価が高くなっています。
江戸時代以降、日本の中心として栄えてきた東京都には歴史的建造物はもちろん、文化や芸能が集約されています。これらの伝統を楽しむために国内外から観光に訪れる人が多く、観光名所と一緒に買い物が楽しむことができるのも東京都の魅力です。全国各地へ鉄道や飛行機でアクセスする事が容易なので、海外からの観光客の活動の拠点にもなっています。また、東京都にいながらにして日本全国の名物料理を堪能することができるので、全国各地の文化も垣間見ることができます。
東京都の交通インフラは他の大都市に類を見ることができないほど緻密で便利なものです。正確な時刻に電車がやってくることは他の国では考えることができないサービスです。しかし、大雨や雪などの自然災害にめっぽう弱いのが欠点でもあります。一度トラブルが起きれば復旧までに時間がかかり、他の交通手段で移動するのが難しいのが実情です。下水道整備も世界屈指と言われていますが、近年の予測不能の自然災害が処理能力を上回っているので、早急の対策が求められています。

施工事例

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域
   

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

東京都台東区 T様邸
畳たたみ表替え 襖ふすま張替え
障子張替え

T様邸 襖張り換え
Y様邸  縁無し半帖畳新調

Y様邸 障子張替え

東京都大田区 G様邸 畳表替え

東京都品川区 T様邸
襖ふすま張替え

東京都港区 W様邸
畳表替え

 D保育所様
和紙畳表の張替え工事例

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え

 I様邸 畳と障子の張替え工事 

K様邸 縁無し畳施工

 H様邸 半帖縁無し畳

M様邸 和紙表畳張替え

S自治会様 障子張替え

 Y様邸 障子張りえ

お茶室の畳表替え工事

O様邸 畳ふすまの張替え

S様邸 和紙カラー畳表替え

S様邸 畳表替え施工

昔は、普通に暮している家には、例えば障子がなかったとしても、襖のない家は皆無といってよかったと思います。最近は洋間ばかりの家も珍しくなく、襖の無い家も特別珍しいことではなくなっているのかもしれません。
まず、引き戸の無い家があるのでしょう。ですが、ちょっと考えればわかることですが、ドアを開けるという事はその扉の前に、開閉のために必要なスペースを確保しなければなりません。これは、結構なスペースになります。
引き戸、すなわち襖で仕切ることにしますと、このスペースを考えずともよく、大きなものも襖を一旦外すことで、かなり自由度の高い収納スペースを作ることが出来ます。ドアの大きさは、結構邪魔。それはもう、皆さんもご存知のことですね。
デザインや色など、和室の枠に収まらない自由度が、今の襖にはあります。難しそうな紙でも、プロに依頼することで綺麗に張りかえられます。家でやるもの、と思っている方がいるかもしれませんが、そうした内装、表装を仕事にしているプロは実は町のソコここにいらっしゃいます。
多分、考えているよりは安価で引き受けてくださると思いますよ。美術品を表装するとか、掛け軸にするとか、そうしたこともとは違う、暮らしの中に快適とデザインを持ち込んでくれる襖。軽くて、とりかえが簡単で、湿度の調整もしてくれる、襖。洋間にも、いかがですか。