全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

取手市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

周囲の扉を見るとその状態が分かります。綺麗な状態の扉は見た目も良いので、その家が手入れされていると感じます。また家を手入れする際は家具の状態も確認すべきです。網戸は破れている可能性があるので見逃さないことが大事です。そして網戸の状態が悪いならメンテナンスを考えることです。基本的に網戸を修理するなら素材を買うことがお勧めです。今は網戸の素材が売っているので直に修理できます。こういった修理は網戸が破れている際に有効です。そして網戸を綺麗に見せるためには、個人の判断で行う定期的なメンテナンスが重要です。今のマーケットの中には様々な種類の扉が売っています。大人たちはその中で高性能な商品を探すことが大事です。網戸は和室の中で高い機能を発揮できるので、最新の商品をチェックすることに意味があります。また最新の網戸は使いやすいのでメリットが多いです。このように商品の現状を知るだけでも優れた道具が購入できます。網戸を見分ける際には他人の意見が重要になります。一般ユーザーは様々な家具に対して評価を書いています。そしてそういった意見を読めば人気の家具が分かります。新しい網戸は需要が高いので、人気の種類も判断しやすくなっています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖についてと襖の張替えのご紹介

襖は日本家屋で利用されている建具の一つです。古い時代は部屋に仕切りがなくだだっ広かったこともあり、間仕切りとしても襖が利用されていたと言われています。洋室が多くなってきていますが、和室の畳や襖のよさが見直されているようです。
襖は畳や障子などと同様に長い間使用していると老朽化してきます。専門の業者では、高い技術と経験を持っている職人さんによる張替えサービスをおこなっています。自分での張替えは難しいため、利用されている方も多いようです。
襖に使用されている紙は、さまざまな種類があると言われています。伝統的な和紙には本鳥の子と呼ばれる薄い黄色っぽい鳥の卵のような和紙があるようです。その他にも再生紙を利用したタイプまで取り揃えられているようです。
業者に張替えを依頼される場合、丈夫なタイプに人気があるようです。織物襖は大変丈夫で合成繊維を使用して織られたものから、天然素材の麻や絹、木綿などを使用した高級品などまでさまざまな種類があると言われています。
古くから親しまれいる伝統的な襖として、本ふすまが挙げられます。板ふすまは骨組みにベニヤ板が貼られているもので重量がありますが丈夫だとされています。その他にも芯材に発泡プラスチックを用いているようなタイプもあります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


群馬県取手市

 取手市は、茨城県の南部に位置し、利根川と小貝川の二大河川の流れる水と緑豊かな地域です。東京から40Km、県庁所在地の水戸市からは60kmの距離に位置しています。取手市は、JRや関東鉄道の駅を中心に市街地が広がるとともに、田園風景もまだまだ残っています。また水戸街道の宿場町としての歴史を持つことから、多くの歴史的建造物、史跡なとも取手市には存在します。取手という地名は、戦国時代大鹿太郎左衛門の砦がこの地にあったことから、名付けられたとも言われています。  東京、つくば、成田を結ぶ三角形のちょうど真ん中に位置する交通の要としての性格も取手市は有しています。70年代から80年代にかけ、交通アクセス の利便性から宅地開発をすすめ、首都圏のベットタウンとして多くの人たちが移り住みました。  また、市内に東京芸術大学取手キャンパスが開校し、特に先端芸術表現科が開設されたことをきっかけに、市民・大学・行政が一体となり、文化創造・情報発信の都市となるような、まちづくりを進めてきました。平成17年には隣接する藤代町と旧取手市が合併し、新たな市として生まれ変わりました。豊かな河川と自然と共栄する、首都圏の近郊都市としての性格を取手市は持っています。

取手市は茨城県の南西部に位置する市で、人口は約10万6千人、人口密度は平方キロ当たり1530人の地域です。東京からは約40キロ、水戸市からは約60キロで駅を中心として市街地が広がり一方で田園地帯も残っています。関東平野に位置し2つの川に面しているために過去水害も多く見られました。利根川の水運もあって古くは宿場町として栄えて来ました。1970年代からは東京都心のベッドタウンとして開発され、人口も増加して行きました。2005年には町との合併によって人口も10万人を越えるとともにまちづくり特例市に認定されました。現在では駅周辺で再開発や土地区画整理事業、宅地開発などが行われています。取手市の人口は1970年以降1995年までは逓増して来ましたが、この年を境として2010年までは減少に転じて来ています。1970年に市制施行で取手市が発足しました。取手市の特産品としては米や日本酒、漬物やネギがあります。取手市の鉄道ではJR東日本の常磐線や関東鉄道常総線が通り、中心となる駅は取手駅となっています。路線バスでは関東鉄道や大利根交通自動車、JRバス関東、コミュニティバスなどが運行しています。取手市の観光スポットとしてはサイクリングロードや八十八カ所霊場、古墳などがあります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 取手市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え