全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

土浦市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳は良い業者によって生きてくる

畳は専門に扱う店もありますが和室の建具を総合的に扱っていてその業務の一つとして扱っている所も多く、それぞれに良さや拘りがあって使い分ける必要も時と場合によってはあります。 ただ気を付けるべきは張り替えは出来ても多くの対応能力が備わっているかどうかであり、特に専門的な技術と経験を必要とする畳の場合はその当たりを重視する必要もあるのです。 実際に畳の張り替えに関しては襖や障子と言った物よりも高い技術と専用の工具等が必要であり、また張替えを行う人間の技量にも左右される面もあるので実績を調べる必要もあります。 これらを考えるに畳の張替え業者は慎重に選ぶべきでもありますが作業後に長期的な判断も必要となるので、一回や二回程度の利用ではなかなか業者の見極めも難しい事情もあります。 こう言った事を無くす為に近年では畳を扱う店舗の多くが様々な媒体を通じてのアピールに乗り出しており、価格面だけではなく業績や保証といった物に関しても言及する様になって来ているのです。 選ぶ場合にはそれらを参考として多くの専門店を見比べて行けば良いのですが、最近では更にネットへも進出してきているので検討するのも簡単なので活用すると良いのです。

襖の主な役割と襖の張替えのすすめ

襖は1000年以上も前から日本文化に根付いている伝統のある建具です。部屋の空間を仕切るという役目をしていますが、機能面ではとても優れています。部屋の温度を一定に保ち寒い時期には部屋を保温し足り、湿度調節をする働きがあります。
部屋を美しく彩るというインテリア的な役目もしていて、日本文化の変遷につれて襖紙のデザインも様変わりしてきています。洋風のデザインでおしゃれ感を出したり、斬新なデザインで現代建築に合うような個性的な襖も多く見られます。
近年では技術の発達により、より機能面で強化された襖が存在します。シックハウス対策が成されていて安全性と安心感があるものや、消臭機能で部屋の嫌な臭いを吸収してくれたり、防炎加工がされている物もあります。
襖も経年劣化によって色褪せや退色が進んだり、汚れが付着したりしてきます。快適な生活を送るためにも、襖に傷みが出てきたら張替えするのが懸命です。たった一枚の襖紙を張替えるだけで、部屋の雰囲気がぐっと変わってきます。
機能性のある襖に張替えたり、オリジナルデザインの襖にするなど、張替えをするなら業者に依頼するのがおすすめです。デザインを選ぶ楽しみもあり、気分を変えることも可能です。1枚から張替えを受け付けてくれる良心的な業者もあります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


茨城県土浦市について

 土浦市は、西に日本百名山のひとつでもある筑波山を抱き、東には日本第二の面積を誇る霞ヶ浦を望む、茨城県南部に位置しています。東京から60キロ圏内、成田国際空港からも40キロ、そして筑波研究学園都市に隣接するなど、地理的条件に非常に恵まれた場所に位置します。  太古の昔から、ここ土浦市とその周りの地域は、海の幸、山の幸に恵まれた豊かな土地でした。その証拠となるのが、旧石器時代の遺跡が市内50箇所に点在すること、そして、縄文時代の上高津貝塚があります。この貝塚は全国でも有数の大規模な貝塚で、霞ヶ浦と人々の生活を伝える貴重な遺跡となっています。  時代は移り、現在の土浦市の基盤が出来上がるのが、江戸時代です。時の藩主土屋氏は、積極的に交通網の整備を図りました。水戸と江戸を結ぶ水戸街道がこの土浦を通るようになり、また、霞ヶ浦、北浦をとおり利根川にぬけ、海路江戸湾に至る水路も整備されました。こうして水陸交通の要所として土浦市は 商業の町としてその礎を築くことになりました。当時町なかには、本陣・旅籠・問屋が置かれ、多くの商家が立ち並んでいました。また、商業発展による経済力は、庶民を中心とした文化の花をさかせるようになりました。寺子屋による教育も当時からすすんでいたようです。  このように土浦市は、水と緑に恵まれ、それらを生かし発展してきた、茨城県南部の中核都市です。

土浦市は茨城県南部に位置し、国際会議観光都市でもある町です。南には、国内二番目となる面積を誇る霞ヶ浦の湖があり、釣りや遊覧船などのクルージングをする方が、多く訪れています。釣りスポットとしては知る人ぞ知る有名な湖で、夏には観光帆曳船を楽しむ方や、冬には多くの渡り鳥が飛来することもありバードウォッチングとしても、全国からたくさんの方が、色々な目的で訪れています。そんな土浦市の歴史は室町時代に築かれた土浦城の城下町だったこともあり、茨城県南部地区の商業中心地となりました。今でも多くのショッピングスポットがあり、若者からお年寄りまで年齢問わず楽しめる町です。中でも、毎年10月に行われる土浦全国花火競技大会は日本三大花火大会のひとつで、全国の花火師たちが日本一を競い、土浦市に集結し、土浦市の秋の夜空を華麗に彩ります。地元では夏に行われる各地の花火大会の締めくくり的な位置付けでもあり、土浦と言えば花火と連想される方も多いくらいです。それほど花火職人が腕を競いあう本大会は圧倒的なスケールを誇っています。土浦市にお越しの際は、是非この花火大会と合わせて来られる事をお勧めします。きっと記憶に残る時間になると思います。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 土浦市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸 和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

N様邸 襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

良い障子と言うのは和室を構成する上で欠かせない物ではありますが居心地の良さを生む事も重要で、その為には日頃から手入をすると言った事も必要となって来ます。 障子で一番問題となるのが大部分を覆う紙が使われた面となりますが材質的な点で破れ易く、ある意味で維持管理においてもっとも頻繁に手がかかる部分ともなります。 それら障子紙の張り替えにおいては便利な商品も出て来ていますが業者の手による物とは比べ物にならず、仕上がりも含めた全体の良さを手にする為には専門職の力こそが一番となるのです。 障子の張り替え交換修理は単に行えば済むという物では無く木の傷みや均一な施工が必要など、細かな気配りと緻密な作業によって初めてもたらされる部分が数多くあります。 また障子紙を張り付ける部分その物が繊細である事も気を付けるべき点であり、しっかりとした技法を用いなければ直ぐに剥がれたり綺麗な仕上げも難しくなって来るのです。 特に最初の障子紙を張る為の糊等が木に付いている場合はそれらも落とす必要もありますが、細い部分だけに力技で行うと破損する危険性や凹凸を生み出す事さえ考えられれます。 綺麗にする為の張り替えが障子その物にダメージを与えてしまうのは本末転倒であり、長持ちさせたい事も考慮すると業者の力は必須とも言えるのです。