宇陀市内全域スピード対応!!

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
宇陀市内迅速にお伺いします。
国産畳おもても激安で!


本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす
ことなく徹底的に
材料代と施工費を見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます

畳たたみの表替え大特価!!

 ■当店通常価格5,000円のところ
   期間限定

  2,200円
  もっと詳しくみるサイズは五八間 
■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産襖
ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え 

■当店通常価格2,500円のところ

 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。  国内産上質しょうじ紙使用 障子の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺

網戸の張替えも激安で請け賜ります。
国内産ダイオ化成竃ヤ使用 網戸の張替え 

■当店通常価格2,300円のところ

  1,450円
           サイズは三六尺

ゴム交換が必要な場合は、別途実費必要です。

 (画像はイメージです)

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳・襖・障子見直してください

日々の生活の中で、ついつい見落としてしまい、忘れがちなのが、畳、障子、襖等ではないでしょうか。襖が傷んでいたり、障子が破けてはいませんでしょうか。畳がすっかりすり減って傷んでいたり、色が褪せてはいませんか。
なんとなくそれでも生活できるからと、そのまま放置を続けていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていくものです。家を改めてチェックしてみると、意外にも修繕の必要な部分が発見できるものかと思われます。
後回しにしてしまっていた方も、障子、襖、畳等の張り替えを決断してはいかがでしょうか。思い立ったらスグがお勧めです。なぜなら年末が近くなると、依頼が立て込み、なかなか希望通りにはいかなくなってしまうからです。
障子、襖、畳の張り替えは、専門業者さんへご相談ください。「餅は餅屋」と言いますし、プロに任せるのはなんといっても安心。仕上がりも断然違います。インターネットを使用すれば、近所の業者さんがすぐに探せます。
障子、襖、畳等の張り替えを依頼したら、今度のお正月は新しい気分で過ごせるようになるでしょう。障子、襖、畳等、今まで目をつぶっていたものが、きれいになることで気持ちにも張りがでてくると思います。障子、襖、畳の張り替えで気分一新。決断するなら、お早目をお勧めします。

畳たたみのこと

畳はその素材の良さや匂いと言った面で他の床材には無い良い部分の持っており、特に日本家屋の雰囲気を大事にしながらも実用性も持ち合わせている大事な生活品とも言えます。しかしそれも畳の状態が良ければの話だと言えるのです。
畳が傷んだ状態ですと流石にその良さを実感するのは難しく、時には気になって居心地の悪ささえ感じてしまう事もあると言えます。自分が気になっている場合は来客者にとっては尚更であり、それらを感じさせない為にも畳は定期的に張替えを行うべきなのです。
畳の張替えをするならやはり確かな腕を持つ職人に頼むのが一番なのですが、大抵の専門店にはそう言った知識も経験も豊かな職人が揃えられているので安心だと言えます。近年では畳も用途に応じた選び方が出来るのでまずは相談するべきです。
専門店にはそう言った形で素材を選ぶ事も出来ますが、金額に合わせた形で畳を選び出す事も出来るのでより便利だと言えます。何よりこう言った専門店を利用する事で、美しく保つ事が出来るのが最大の利点だと言えるのです。
畳というのは本来頑丈な物ではありますがそれらは人の手による整備が入った場合の話しであり、放置されたままだと予想以上に痛む事も理解しておくべきです。そうならない様に職人などの手を借りて畳を正しく管理する事は重要な事と言えます。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


万葉の香り漂う奈良県宇陀市

奈良県宇陀市は、面積247,6平方キロメートルの大和高原の南部にあたる山間の市で、奈良県の北東部に当たります。奈良県宇陀市に隣接する市町村は奈良市、桜井市、吉野町、東吉野町、山添村、曽爾村、それに三重県の名張市があります。奈良県宇陀市は平成の大合併で、榛原町・大宇陀町・菟田野町・室生村が合併して宇陀市と成りました。地域自治制を取り入れ、それぞれの旧町、村役場が区事務所と成っていますが区の呼称は取っていません。また2006年1月に制定された市章は、この旧4町村を4つの花弁で表し、宇陀市の「う」をモチーフにしています。また宇陀という名称は古く万葉の時代から用いられていて、歌人・柿本人麻呂が「東の野にかぎろひの立つ見へて返り見すれば月傾きぬ」という歌を詠んだことでも広く知られています。そして榛原地区も本居宣長が宿泊した宿が今も現存しています。また、菟田野、室生地区も多くの遺跡や文化財が残っていて、多くの歴史的建造物が存在しています。そして宇陀松山地区は2006年に重要伝統的建造物群保存地区に指定され約200軒の商家などが残されています。先にも述べました様に奈良県宇陀市は大和高原の一角で、市域の7割以上が山林で占められており豊かな自然環境に恵まれ、田舎暮らしを求めて都市部などから移り住んでいる人も多く見受けられます。奈良県宇陀市は、観光客も多く訪れていて、万葉の世界を満喫しています。この様に奈良県宇陀市は、歴史好きにはたまらない大和の里です。

宇陀市のこと

宇陀市は、奈良県北東部の市で、北は奈良市、山添村、西は桜井市、南は吉野町、東吉野村、東は曽爾村、三重県名張市に接している。人口31700人、総面積247.62km2。平成18年の1月1日に大宇陀町・菟田野町・榛原町・室生村が合併して誕生した。
宇陀市は、奈良県初の地域自治区制を導入し、旧榛原町・旧大宇陀町・旧菟田野町・旧室生村はそれぞれ榛原区・大宇陀区・菟田野区・室生区となり、旧町役場・村役場は地域事務所となった。宇陀市役所は旧榛原町役場を使用した。尚、地域自治区制度は2011年3月31日をもって廃止された。その位置は、奈良県北東部、大和高原の南端に位置し、四方を山に囲まれた高原都市である。市内を近畿日本鉄道大阪線や国道165号、 国道166号、 国道369号、 国道370号などが通る。その大半が森林。旧菟田野町域・旧大宇陀町域・旧榛原町域の旧市街地は平地に位置するがその他は山地、狭隘地に集落が点在する。旧榛原町域の北側、旧室生村域の北側・南側、旧菟田野町域の南側は標高も高い山岳部につながっている。「宇陀」という地名自体は万葉の時代から存在し、歌人・柿本人麻呂が現在の大宇陀の阿騎野で「東の野にかぎろひの立つ見へて返り見すれば月傾きぬ」という秀歌を詠んだことは非常に有名である。また、大宇陀は城下町としても栄えた。榛原も万葉の時代からその名を残しているが、伊勢街道が本街道と青越え道に分岐する分岐点にある宿場町として近世に栄えた。本居宣長が宿泊した宿など、歴史的建造物も現存する。また、菟田野、室生も歴史上古くから存在し、多くの遺跡や文化財が存在する。吉野葛 秋の七草のひとつ“クズ”の根から精製される澱粉で、全国生産量の約半分を大宇陀で生産される。森野家と黒川家はその老舗で、森野家は南朝の遺臣。元和2年(1616)大宇陀に移住して葛粉を製造、幕末まで幕府に献上していた。黒川家は元和年間(1615〜24)、京都の黒川道安が製法を発見して朝廷に献上、万治年間(1658〜61)この地に移住して本格的な製造に着手したと言う。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230


クリックして下さい

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
宇陀市内の施工地域を迅速に
ご訪問致します。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

 施工可能地域
 施工可能地域
   

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

 Y自治会様
障子張替え

 K様邸
縁無し畳工事

 H様邸
縁無しカラー畳表

 S様邸
畳とふすまの張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

襖に起きた問題を解決する

 襖の張替えと言えば、専門業者に頼んでそれを行うものだと考えている人が珍しくありません。  これは襖の張替えに必要とされる知識や道具がなく、また滅多なことで張替えなどしない、という人が世の中の過半を占めているからです。  しかし、僅かに襖紙が破れただけで張替えるのは勿体ないし、かといって破れたまま放置するのも気に入らないとなると、個人でそれに対処する必要が生じます。  では、そういう場合は一体どうすればよいのかと言いますと、穴が開いた部分だけ塞ぐ、というのがあります。  これは段ボールなどで済ませると悪目立ちをするため、シールなどを貼って飾り付ける、という格好にしましょう。  この襖修復方法を用いるメリットは、簡単かつ手軽なことです。襖の修復と言えば、手間暇がかかるというイメージがありますが、これならば子供に頼んでも可能なため、すぐに終わります。  また、傷ついた襖を無理矢理治したのではなく、意識的に飾り付けているのだ、という形になるため、心理的な障害を感じる必要がないのもメリットです。  襖は部屋と部屋を仕切る存在であるのと同時に、和室を彩るインテリアでもあります。  襖が傷だらけだと、それだけで室内の雰囲気が悪くなるので、普段からメンテナンスを心がけるようにしましょう。