宇治市内スピード対応!!

宇治市内での畳ふすま障子網戸アミドの張替えは
熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳表(おもて)も激安価格で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

家の補修など得意な人は、次々に工作物を作ったり、直したりをするものです。休日と言わず、平日でもホームセンター巡りをして、良いものがあれば試してみるという行動パターンで、最新情報にも詳しいものです。こういった人は、たいていの物にチャレンジしているので、質問すれば、たいていのことには答えてくれます。その中でも網戸の張替えなどは、簡単に入門できることであるので、一度チャレンジしてみるとよいでしょう。網戸は、普段生活していると、その構造さえわからないものですが、網と枠、そして固定するゴムから成り立っています。網戸を外したこともなければ、外すところから始める必要がありますが、全体を上に持ち上げてずらせば、簡単に外せます。そして、網戸についているゴムを外せば、網も外れます。あとは、新しい網を網戸につけ、ゴムを押し込めば完了するのです。もちろん、網を購入する際には網戸の大きさを測ることは必要で、ゴムが劣化している場合は新しいものを購入するほうがよいでしょう。あと作業する際には、網戸を寝かす必要がありますので、どこで作業ができるかは、予め決めておきましょう。どうも雲行きが怪しくなった場合には、ベテランに手伝ってもらいましょう。それができない場合には、専門の網戸張替え業者に依頼しても、まったく問題ありません。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメリットについて

近年は、洋風の住宅が増えてきておりフローリングが主流ですが日本に古くからある畳は日本特有の環境に適しておりメリットがたくさんあります。今回は、その中から三つ紹介していきたいと思います。 一つ目は、部屋の湿度を調整してくれるということです。畳の元となるイ草は保温性や断熱性に優れていますので湿気を勝手に吸収してくれるという働きがあります。室内においても畳を置けば乾燥や湿気を自動で調整してくれるので快適な空間を過ごせます。 二つ目は、防音効果です。畳には、空気が多く含まれていますので音を吸収してくれます。お子さんが遊ぶ音や足音などの音を軽減してくれるので周囲へ音がうるさいということは、少なくなるでしょう。 三つ目は、色々な用途に使えることです。洋室は、ベッドやテーブル等が固定されなかなか動かしづらいことがありますが、畳を使う場合は、布団や座卓などをすぐに収納できますので結果として部屋を自由に幅広く使えることができます。また急な来客があった場合などにもすぐに部屋を模様替えして客間や来客用の部屋へとチェンジできるのでそういった面でもおすすめです。 以上が畳を使うことのメリットです。最近は、畳を使った部屋というものが少なくなってきていますが畳は日本に適した素晴らしいものです。ぜひ使ってみてください。

海外で人気が高まる和室の襖と畳の良い点

禅をはじめとした日本に昔から存在する文化に対し、海外での評価が高まっているのと並んで、いちいち手間をかけて和室を作る方もたくさん現れてきています。アニメや漫画のような日本の新たな文化の浸透も、和室の存在を海外に影響を与える大きな理由となっています。実のところ、海外のユーザーをターゲットとした襖や畳を売るサイトもたくさん現れました。当然ですが、襖や畳の独特のスタイルに惚れ込んだユーザーが大半でしょうが、襖や畳といった日本から昔から存在する建具には、色々な良い点があるのを知っているでしょうか。畳にはどんな良い点があるかというと、抗菌効果やリラックス効果、そして防音効果といった良い点があります。そして、襖も畳と同じような調湿効果や空気を清潔にするフィルターのような役割があったり、機能的に楽に襖の取り外しが可能なことにより、仕切った部屋を広さのある部屋へとシフトできるといった良い点があります。このような機能も、海外で徐々に認知されている理由のひとつになります。日本の風土により作られてきた文化が海外に広がっていき、たくさんのユーザーに利用されていることは、張替え職人やメーカー側にとっては非常に喜ばしいことでもあります。


日本のかつての中心、京都

京都は、794年に日本の首都に定められた平安京であり、当時の文化や政治の中心となって栄えた場所です。「京」という言葉は東アジアでは古来より、首都を意味する名詞として用いられいて、そこから「京の都」、「京」、「京都」と呼ばれるようになったと言われています。1867年の大政奉還まで、京都は日本の首都として機能していました。世界的な観光名所としても有名な都市で、歴史ある建物が数多くあり、毎年多くの観光客で賑わっています。第二次世界大戦の戦災に合わなかったため、国宝の約2割、重要文化財の14パーセントが、京都市内にあります。清水寺をはじめ、いくつかの文化財がユネスコの世界遺産にも登録されています。お寺などが非常に多い土地ですが、京都タワーなど、近代的な建造物で有名なものもあります。変わったところでは、ゲームメーカーの任天堂本社があることでも有名です。地元の人で知らない人はいないくらいで、京都駅でタクシーに乗り「任天堂まで」と言えば到着できます。土地によっては道が直線で構成されており、東西南北がキレイに交わっています。住所の記載も独特で、町名とともに街路名も併記するよういなっていたため、一般的な住所よりも長い記載となっていました。しかし、郵便番号の7桁化により、郵便番号と町名と番地さえしっかり書かれていれば、きちんと郵便物は配達されるようになりました。現在では、街路名を用いた住所は、インターネットやカーナビなどで対応していないことが多いため、企業などは使い勝手を考慮して、街路名を含まないように住所を記載するパターンが増えてきています。その歴史を感じさせる特殊な街並みから、景観に関する論争も耐えません。京都タワーをはじめ、バブル期による家屋の建て替えにより京町家(職住一体型の住居形式)による街並みが徐々に変貌していった際、大きな論争となりました。現在は山並みも重要な景観と位置づけていたり、派手な広告看板を禁止する景観条例なども施行され、歴史ある景色を守るための意識が強まっています。山といえば、大文字焼きも有名な行事のひとつです。山間に、大の字を松明の炎で描く「送り火」です。京都では、毎年8月16日に如意ヶ嶽(大文字山)で「五山送り火」として行っています。当日は全国から観光客が押し寄せてくるほどの賑わいをみせます。ただ、地元の人は「大文字焼き」という呼び名を嫌っている人が多いようです。日本の中でも特殊な位置づけの都市と言えるでしょう。

 京都人と観光客で作り上げる『京都』という場所

海外から日本をみた時、真っ先にでてくる言葉に『京都』というものがあります。近年はグローバル化、ネットの普及、海外旅行が簡単にできるようになったため、現代でも『京都には侍がいる』と思っている外国人は減りました。しかしそれでもゼロではありません。それは『京都』という場所が今なお古い建造物多く残し、それを世界遺産として大切に保管し世界へ発信し続けているからでもあります。
一方で、実際京都に暮らすことになると、逆に外国人を多く見ることになります。加えて国内からの観光客も多く、桜の季節と紅葉の季節はさらに混雑を極めます。地元ではその季節になると交通手段を車から電車や自転車に変更したり、なるべく駅に近づかないようしたりと、人によって様々な工夫をしながら、毎日の生活が営まれています。そのため、普段生活をしていると、観光客を見はするものの、直接関わることはほとんどありません。
この観光客と、京都人がお互いに作り上げている場所、それが京都の三大祭りです。特に7月に行われる祇園祭では毎年大通りを車両通行止めにした鉾の巡行が行われ、その数日前からは京都の大通りを夜、車両通行止めにし、両脇には様々な夜店が集まり、この時期には巡行する前の鉾を見物することも可能です。観光客にとっては一番のメインイベントとなりますが、この準備期間にも京都各地には、祇園祭ならではの風物詩が数多く見られます。
その代表的なものが、7月の夕方になると響いてくる、お囃子の練習の音です。鉾保存会のある建屋で毎年行われており、子どもと大人がまざって練習を繰り返しています。それに風鈴や蝉の声が混ざり、この音を聞くたびに、京都に住んでいる人は『夏がくる』と毎年実感するのです。鉾を見に行ったり、夜店にいったりしなくても、京都の暮らす人々は、生活の中で、祇園祭を感じることができるのです。
このさりげない京都の夏を感じるには、やはりなるべく毎年、京都に赴くのが一番です。そうする間に少しづつ、メインイベントから時期をづらし、普段の京都や、街全体で準備に向かっている京都の姿を感じることができるようになります。祭は観光客なしには始められませんが、準備段階から見たり感じたりすることで、
『祇園祭』や『京都』という街を、また別の視線でとらえられるようになります。

宇治市の概要について

宇治市は京都府の南東に位置する市で、東側は滋賀県との府県境になっています。宇治茶の産地として全国的に有名です。 宇治市の面積は67.54平方キロメートル、居住人口は2016年10月1日現在で約18万9千人となっています。府内では京都市に次ぐ人口規模を有しています。 宇治市が誕生したのは1951年3月のことで、近隣の2町3村が合併して市制を施行したことによるものでした。その後2度の境界線変更を経て、現在に至る宇治市の市域が確定しています。 宇治市一帯は、平安時代には貴族の行楽地としての性格を有していました。世界遺産にも登録されている平等院をはじめとして、高位の人々が建立した寺院や別荘が数多く存在していました。 一方、宇治市の代表的な名産品として知られる宇治茶は鎌倉時代初期から生産が始められ、今もなお宇治市の主要産業となっています。観光面における貢献度も高く、宇治市も全国的にも珍しい市営の茶室を設けるなどして、積極的なPR活動に努めています。 現在の宇治市は観光都市として繁栄しているほかに、住宅都市としての側面も有しています。京都市内への交通アクセスが良いことから、ベッドタウンとして1960年代ごろから盛んな宅地開発が行われました。

京都府宇治市について

宇治市は、京都府の南部に位置している市です。宇治市の西側には、干拓地があり、農地と住宅街が広がっています。また、市内を宇治川か流れています。宇治市は、京都市、城陽市、宇治田原町、久御山町、滋賀県大津市に隣接しています。宇治市の人口は、2017年4月時点で183337人となっています。京都府内で京都市についで2番目に人口の多い市です。1960年代に京阪神の住宅都市として脚光を浴びて人口は増加しました。1998年に人口は19万人を超えましたが、それ以降は、微減傾向が続いています。宇治市の誕生は、1951年になります。2004年に京都市との境目を変更し今の形になりました。宇治市の経済は、農業では、茶の栽培が盛んに行われています。宇治茶は、宇治市の代表的な名産品となっています。その他にも家庭用ゲーム機メーカーや繊維メーカーの工場もあり、宇治市の経済を支えています。宇治市内は、JR奈良線、京都市営地下鉄東西線、京阪宇治線、近鉄京都線が走っています。京都市内へのアクセスも良く、3割程度の人が京都市内で働いています。宇治市の観光スポットは、宇治平等院鳳凰堂、宇治上神社などがあります。観光都市としても栄えており、京都府内で京都市についで2番目に観光客が訪れる市となっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域


 

京都府宇治市 M様邸
畳襖張替え

京都府宇治市 N様邸
畳表替え

京都府宇治市  M様邸
畳表替え 襖張り換え

京都府宇治市 G様邸
縁無し半帖畳新調

京都府宇治市 A様邸
障子張替え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸 畳表替え施工事例

 S様邸 襖の張替え

近年、洋風の家が増えてきていて畳がある和室がある家も少なくなってきています。しかし、一室だけは落ち着く場所として和室になっている一戸建てやマンションもあります。気軽にごろ寝や、大切なお客様を迎え入れる部屋は和室の方が向いています。和室といえば、畳が敷いてありますがある程度したら交換しなければなりません。畳は、昔ながらのい草のほかに最近は和紙畳というのもあります。特殊な技術を和紙に施して、い草の自然な風合いはそのままでカビなどに強い畳になっています。
また、畳といえば緑色を思い浮かべますが、現在は実にカラフルな色が豊富に揃っています。薄い桜色や白色、濃い茶色など和室以外でも通常のフローリングの上に置いても、全く違和感がないので、ちょっとしたデザインを変えたいときにも便利です。
畳の敷き方で伝統ある昔ながらの和室を演出したり、流行りの和モダンな部屋や洋室の一部だけに敷きつめるだけで、いつもと違ったオシャレな部屋に変えることが出来ます。お手入れも、濡れた雑巾でさっと拭き取るか掃除機を目に沿ってかけるだけです。古い畳も引き取ってくれますし、近年のものは自然環境に配慮して古い廃屋建材などを材料にして作られています。日本人にとって、最も落ち着く場所でありながらも、現在のスタイルに合わせて進化しているので交換をしてみてはいかがでしょうか。

お客様のお話

私が住んでいるエリアは、冬になると物凄く湿度が高くなります。そしてそのような高い湿度があったことと、旅行に行っていて暫く布団を上げること無く、畳に敷きっぱなしだったこともあって畳にカビが生えてしまったことがありました。
旅行から帰ってきて布団をあげると、そこには白っぽくなったカビの生えた畳があったのです。
また、白っぽくカビが生えていただけでなく、ぐにゃぐにゃとした手触りもあり、畳が腐り始めているようにも感じました。そのままだと体にもカビなどの悪影響があるのではないかと感じた私は、その時に畳の張替え業者を初めて利用することにしました。畳を張替える時には剥がす必要がありますが、ホコリアレルギーがあったので私には出来ません。なので私に変わってくれる張替え業者さんに頼むしかその時は選択肢がありませんでした。そして、業者さんにを利用してその張替えを依頼をした所、コレが物凄くスピーディーで丁寧な対応をしてくれたので感激してしまった記憶があります。
料金も明朗会計で後から追加料金などが発生することがなく、安心して任せることが出来ました。また畳の調子が悪くなってしまったら、そんな業者を利用していきたいと感じています。